「第29回HOTDOG大運動会」5時間耐久レース お疲れ様でした!

Taikyuspider2017
先週末の日曜は、「第29回HOTDOG大運動会」5時間耐久レースに今年もお馴染みの水色スリッパ・・・もとい水色スパイダー73番車でエントリーの山陰は白猫#35さんチームのお手伝い。
去年はマサカの決勝DNS、そのトラブル発生時の担当ドライバーだったにもかかわらず、そんなコトなど一切不問、むしろ逆にそのリベンジの機会として、今年も耐久ドラ5人衆の一員に加えていただいたことに深く感謝の28番車。いつまでたっても慣れない左ハンドルとかいいつつも、早いものでこの度で4回目の搭乗、さらに今回は地元セントラルサーキット開催となれば、前回は繋ぐどころかスタート地点にさえ持っていけなかったタスキを今度こそは・・・てな意気込みで臨んだ5時間の長丁場。
途中自身担当の2スティント目でヒヤリとした場面はあったものの、丁度ペースカー周回中のスロー走行時だった幸運も手伝い、チームスタッフの速やかなトラブル対処で見事に戦列復帰。終わってみれば総合7位の成績にて無事5時間完走のお疲れ様でした~!!
・・・てな具合で、チームオーナー白猫#35さんご夫妻はじめ、ドライバー・チームスタッフの皆様のおかげをもって、普段慣れ親しんだベローチェとは一味も二味も違う、軽量低重心&ショートホイールベースのパッケージングがもたらすアルファスパイダーの楽しい操縦性を、存分に満喫させていただいた秋晴れの爽やかな一日・・・。
重ねまして本当にありがとうございました!!
Taikyuspider20171

| | Comments (0) | TrackBack (0)

OB演奏会 今年もお世話になりました。

Obkai2017
先週末の土曜日は神戸三宮のライブハウス「Kobe SLOPE」にて、母校軽音楽部OB会主催の定期ライブ。
一昨年の初参加から数えて早もう3回目、今年もいつもの先輩方にメンバーに加えていただき、今年のお題として選曲したチョット懐かしのロックナンバーを中心とした5曲を、30分の持ち時間にてキンチョーの中にも楽しく演奏。メンバーそれぞれが日頃忙しい中、いつものごとく限られた練習時間となれば、粗削りながらも(便利な表現ダ・・・)まぁマズマズの出来だったのではナイカト・・・。それに比べてイマドキの現役生の皆さんのそらまぁ上手なコトといったら・・・てな驚きも含め、大先輩のジャズナンバーから、ゴキンゴキンのロックまで、1年ぶりのOB会の生演奏を堪能させていただいたような次第。
OB会、現役生をはじめスタッフ関係者の皆様方、今年も本当にお世話になりました~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チャオイタリア2017 決勝車載映像

Ciaoitalia20173
先日行われた「CIAO ITALIA 2017」、前回の予選に続き、クラシックカーチャンピオンレース決勝の車載動画(↓)
毎度毎度ニガテなスタート、それもポールポジションからとなれば、いやさらにも増すプレッシャーということで、後にフライングと判明する予選2番手「アルファロメオスパイダー」Mさんの先行にも、その場ではナンの疑いもなく納得してしまうカナシサよ・・・。
とはいえココまではまぁ慣れた展開、レースはまだまだ始まったばかりと開き直ったのが功を奏したか、その後数ラップで一気に差を詰めたところまではヨカッタものの、「あれ?コレこのままイケるかも?」との慢心がチラとでも心を過ると、もうイケマセン。続く裏ストレートエンドで半ば強引にインに飛び込んで前に出てからは攻守逆転、トップ引きで引き離すどころか今度はコチラがベタ付けで追い立てられるという防戦一方の展開に・・・。
それでも後方からのプレッシャーを受けながら、時にはエゲつないブロックを繰り出しつつ(Mさん、その節はスンマセンでした・・・)、どうにかこうにかレース終盤までは先頭で踏みとどまったものの、残り1周となった一番のフンバリ所で、あろうことかミスを連発してしまい、アッサリと抜き返されてしまったところで10周終了のチェッカーフラッグ。
その後のペナルティの裁定で、リザルトは決勝1位となったものの、レース内容としては反省しきり・・・。またラップタイムもベストは辛うじて1分33秒911を記録するも、それ以外のほとんどの周回が1分34秒台に留まってしまったコトも含め、技術面、メンタル面共にマダマダということを、また改めて思い知らされた今年のチャオイタリアでありました・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チャオイタリア2017 予選車載映像

Ciaoitalia20172
先週末行われた「チャオイタリア2017」クラシックカーチャンピオンレースの予選車載映像(↓)
2年前の同じ「チャオイタリア2015」以来、久々のサラタイヤをフンパツして臨む朝イチの予選は、絶好のドライ路面に恵まれたこともあり、目指せ自己ベスト更新!あわよくば1分32秒台!!・・・と勢い込んでのコースイン。さらにはそのアウトラップ直後、1周目の手元計測が1分33秒1とくれば、「こりゃ今日はイケそうダ・・・!」と喜んだのも束の間、その後の続く周回では、はやる気持ちを抑えきれず、折角のサラタイヤのグリップ力を、雑な運転の帳尻合わせで無駄遣いしてしまい、結局は1周目を上回るタイムを出せずに予選終了・・・。
それでも肝心の予選順位の方は、比較的クリアラップに恵まれたこともあり、ポールポジションをナントカ確保。
公式タイムは32秒台までもうあと一歩・・・の1分33秒047でアリマシタ・・・。

ラップ記録(手元計測)
LAP1  1:56.27 
   2  1:33.10  ※BEST
   3  1:33.33  
   4  1:33.56
   5  1:34.22  
   6  1:34.07  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チャオイタリア2017 お疲れ様でした!

Ciaoitalia2017
例年の10月末開催が、今年は10月アタマということで、28番車2017年シーズン後半戦の一発目となった年に一度のイタリア車のお祭り「チャオイタリア2017」、幸い絶好のお天気にも恵まれ一昨日無事終了、お疲れ様でしたー!!
今回の「イタリアンクラシックカーチャンピオンレース」の総合優勝は、お陰様をもちまして「柳原メンテナンス1750GTV」、この日はゼッケン46の28番車(↑)・・・とはいえ、その内容は薄氷の勝利でアリマシテ、実は決勝レースの着順は「アルファロメオスパイダー」(↓)Mさんに続いての2番手フィニッシュ。「か~っ!!今年はヤラレタ~!!」・・・と悔しがっていたところ、レース後そのMさんがフライングのペナルティによる1周減算となり、思わぬカタチで大きなボタモチが転がり込んできたような次第・・・。
戦前の予想通り、決勝レースはスタート直後から一騎打ちの競り合いに終始した中、こちらも結構エゲつないブロックをしてしまったりしていただけに、「フライングしたらしゃあないわな~!まぁそれでも面白かったわ!!」とレース後にこやかにお声かけいただいたMさんには、救われる思いと共に本当に感謝。今後とも年来の天敵としてよろしくお手合わせのホド・・・。
また毎度毎度のことながら、運転手のワガママ勝手にも、忙しい中イヤな顔ひとつせず真摯に向きあっていただき、この日のために28番車の点検整備をしていただいた「柳原メンテナンス」おとーさん&Jr.にもモチロン感謝感謝の意を表しつつ、ラッキー極まりない経緯はともかく、また数多くの反省点については、とりあえず一旦は横に置いといて、まずは素直に望外のリザルトを喜びたく思う今日この頃。重ね重ねも本当にありがとうございました~!!
Spider2017

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「チャオイタリア2017」にエントリー

Centralrensyu
先週末の土曜祝日は、先日修理していただいたミッションに加え、ナンだカンだでかれこれもう1年、エエ加減に決めてしまいたいキャブレターセッティングの最終確認のため、地元セントラルサーキットにて試運転。
早起きして行きの道中で試してみたものの、マッタクの裏目に出てしまったマフラーの小細工を元に戻すのにやや手間取り、朝は2枠目の走行から・・・。ミッションの操作具合と空燃比計の表示を確かめながら、途中チョコっとジェットを入れ替えたりしつつの10周回。とりあえず肝心のミッションは大丈夫そうなれど、1コーナー手前と立体交差辺りがやや湿っぽかったとはいえ、ラップタイムがベストから1秒以上の落ちとなれば、コレはチョットこのまま帰るワケにはいかぬ雰囲気。
てなワケで、その後同じくこの日走行に来られていたRSハマダさん(ユーロカップでは随分とモンでいただきました・・・)にコレ幸いと運転のアドバイスをいただき、燃調ももうアトひと押し、エアジェットを気持~ち絞って走ってみた”おかわり”の4枠目。路面も完全ドライになっていたこともあり、ようやく古タイヤとしてはマズマズのラップタイムが出たところでソソクサと撤収。・・・で、試運転帰りにいつも立ち寄る、サーキット出てすぐのコンビニ内にあるイートインコーナーにてお昼ごはん休憩の図(↓)
そんなこんなのお陰様で、なんとかギリ間に合った2017年シーズン後半戦。一発目は当初の予定通り、来る10月1日(日)、セントラルサーキットにて開催の「CIAO ITALIA 2017」イタリアンクラシックカーチャンピオンレースからでありマス。
Centralrensyu1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

間に合った・・・クロスミッション。

Mission4
先日来懸案となっていたミッショントラブルの原因について、柳原メンテナンスでの診断、および御大自ら症状元の部品を携え、製造元のOS技研まで出向いていただいた結果、ようやくにして判明。
結局ミッション本体の問題ではなく、28番車のシフトレバーがシートポジションを後方に移動させた関係上、通常のシフトレバーではなく、後方からリンクを介して遠隔操作する仕組みになっており、この新設したシフトレバーがストローク規制を行わない構造上、前後のシフトストロークがギアの位置決めの金属球が収まるべき溝のところからビミョーにオーバーしていっちゃうコトによるもの。以前のポルシェシンクロなら特に問題にならなかったのが、現行のワーナータイプではその一瞬の僅かなストロークオーバーがシンクロに過度の負担をかけてしまっており、特にダブルコーンになっておらず、使用頻度も高い1速がまず不具合として出てきてしまったような模様。
自分としてはそんなに力任せでギアチェンジしている意識はないとはいえ、確かにサーキットでの全開走行中はとにかくシフトミスせぬよう、一旦ニュートラルで一呼吸置くものの、それからは奥、もしくは手前にドンッ!と力を込めてレバーを操作していたワケで、そういわれれば身に覚えはアリ・・・。そこでとりあえずシフトレバー根本付近の1、3、5速側に簡単なストッパーを取り付けてもらったものの、ご本尊のミッション側が走行中にマウントラバーのつぶれ分は動くことも考え合わせると、あまりレバー側でギチギチにシフトストロークを規制してしまうワケにもいかず、当面は運転手が優し~くギアチェンジするコトで少しでもカバーできれば・・・と言うは易しで、コレについては当人一旦スイッチが入ってしまったら実行できる自信全くナシ・・・。
てなワケで、若干の不安要素を残しつつも、痛んだシンクロナイザー、ベアリング等を交換してもらい、秋のシーズンインにはナントカ間に合わせていただいたような次第。ホントいつもながらお世話になりっぱなしでゴザイマス・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヘッドライト光量対策

Ledlight5
バッテリーレス仕様の宿命か?はたまた、いよいよ夜目が効かなくなってきた運転手側の問題か?いずれにせよウチのエイプのヘッドライトといえば、文字通り「昼間の行燈」。街灯明るい市街地ならばともかく、ちょっと郊外に出る夜間走行や、昼間でもツーリング中、田舎道の照明の無いトンネルに入った瞬間などは、暗闇に目が慣れず、一瞬完全に視界が真っ黒になりヒヤッとしたこともしばしば・・・。
そんなワケで、以前から懸案だったヘッドライト光量不足の対策としたのが↑のLEDヘッドランプキット。近所の量販店のお兄さんによると、明るさで選ぶなら、高熱を発するLEDの冷却フィンの役目をする金属リボンがナントモ特徴的なこのキットがイチオシとのことで、丁度セール期間対象品になっていたこともあり、つい先日買ってきたような次第。取付作業については、当初ヘッドライトケースに押し込むつもりだったコントロールユニットがどうにも収まらず、やむなく燃料タンクとフレームの隙間に固定したこと以外は、まずまず順調に終了。
で、早速日が暮れるの待って試運転に出かけたところ、確かにこりゃ明るいワ・・・(↓)てなことで、ひとまずはめでたく無事成功・・・。ただ車と違ってヘッドライトはこの1個のみ・・・ということは夜中の故障イコール即真っ暗闇となるワケで、当然元の電球仕様に応急復帰できるようにはしているものの、気になるのはその耐久性。コチラについては現状まだまだ未知数といったところでありマス・・・。
Ledlight4
Ledlight2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

行ってきました「AE86 Festival 2017」(その2)

Tuning86
先週末の「AE86 Festival 2017」観戦に向け、出不精28番車の背中を押してくれたのが、「AE86チューニングカー王者決定戦」に「CF亜衣☆P&P☆レビン」(↑)で参戦のHさん。
キッカケは意外なトコロにあるもので、初めてお会いしたのがレースとはナンの関係もない28番車所属のおやじバンド「FULL COUNT」のライブ会場。ひょんなことからお互いレースをしていることを紹介していただき、さらにはホームコースも同じ岡山国際サーキット、また双方共に決して新しいとは言えない車輛での参戦ということでスッカリ意気投合させていただいたようなこと。当日は本調子とは言えないマシンコンディションながらも、予選上位タイムグループによる決勝Aレースで、終始抜きつ抜かれつの大バトルを展開しての無事完走、お疲れ様でした~。
で、86フェスといえばお会いしたかったもうお一方が、ロータリーターボ搭載のモンスター「ワールドプランニング レビン」(↓)のIさん。こちらは28番車も散々お世話になった「CAFE UNO」常連さん繋がりで、その節はカウンターでコーヒー飲みつつ、レースの話題に限らずいつも楽しいお話を聞かせていただいたり、いつぞやは格安でホイール塗装をしていただいたこともあったっけ・・・といったお方。
その後のUNO閉店以来、トンとご無沙汰してしまっているので、「自分のコト、覚えてはるかな~?」なんて心配しつつピットにお邪魔したところ、当時とマッ・・・・ッタク変わらないテンションでお相手していただき、感謝感謝。レースの方も「タイヤ失敗した~っ!!」なんて仰いながらも決勝Aレース堂々の総合第2位入賞、おめでとうございました~。
Rotary86

| | Comments (0) | TrackBack (0)

行ってきました「AE86 Festival 2017」

86fes2
いよいよ秋のシーズンインを目前に控えるも、今はジッとガマンの身ということで、先週末の9月10日(日)は、以前から一度行ってみたかった「AE86 Festival 2017」を観戦に、岡山国際サーキットまで。
常日頃から暇さえあればYouTubeで夜な夜な繰り返し視聴している「AE86 N2決戦」でお馴染みの車輛に加え、とりあえずハチロクベースでFRならほぼなんでもアリという86フェス名物、「AE86チューニングカー王者決定戦」仕様の魔改造マシンの数々も一同に会してのレースということで、朝イチ予選前のピットから夕方の決勝レースまで、期待通りの見応えタップリの内容で楽しませていただいたような次第。
また自身のラップタイムとは7秒~10秒以上(!)というあまりにも大きなレベル差があるとはいいながらも、それでも28番車と同じリジッドアクスルのFR車。その今や熟成されつくしているであろうノウハウの何か一部でもヒントになるようなことがあれば・・・とパドックをウロウロ・・・。そんな中、普段はナカナカ実際にお会いして聞くことのできない有名チューナーの方々からの貴重なナマのお話を頂けたのも、この日の大きな収穫のひとつ。
その節はお忙しい中にもかかわらず親切に教えていただき、本当にありがとうございました。
86fes3

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«ちょっと厄介なトラブルかも・・・。