水彩画にしていただきました。

Akarigahaku1
ひょんなコトがキッカケで、学生時代からの軽音同級生(諸般の事情で同窓生ではナイ・・・。)の娘さんに描いていただいた28番車の水彩画。
こんな車に長いこと乗っていると、本当にイロイロな出来事があるもので、まさかマサカ28番車が、美術の道を志す友達夫婦の子供さんによる習作の題材にしてもらえるなど、全くもって思ってもみなかったこと。関東在住のため、直接現車を見てもらうワケにもいかず、事前に送らせていただいたいくつかの候補の写真に、前後正面と側面から撮影したスナップを加えた数枚のみを見ただけで描いてもらったとはとても思えぬ素晴らしい作品とのご対面に、送られてきた宅配便の包みを開けたこちとら、感謝の念とともにまぁ驚いたのナンのって・・・。
また偶然とはいえ、28番車のこの外観も、恐らくこれで見納めとなるであろうという、ちょうど区切りのタイミングで、想い出に残るかけがえのない記念の品となったことにも、何か不思議な巡り合わせを感じたりもする今日この頃・・・。
重ね重ねも本当にありがとうございました!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヨメグルマ「ファミリア」 キースイッチ交換

Keyswitch
この夏のバッテリー交換後も、ごく稀にエンジンがかからない症状が出るらしいヨメグルマ「ファミリア」。
その際のヨメハンの対処法曰く、「キーをガチャガチャ回してみる」もしくは「キーをグッと奥まで突っ込んでみる」。また最近は「キーを裏返しにしてみたらエンジンかかった!」・・・と聞けば、コリャどうやらイグニションキーシリンダー周りの接触不良が原因ではなかろうか?と見当をつけ、いつもお世話になっている「プロバメカニカ」Kやんにご相談。
「ほなキーシリンダーのスイッチのトコだけ部品で出るから、いっぺんソコだけ替えてみる?」
とのことで、早速純正部品(↑)を手配いただき、先週末の日曜日、ガレージ前にて交換作業をば・・・。
とはいっても、運転席の足元にゴソゴソ潜り込み、ステアリングポストのカバー下半分をパカッと割れば、後はカプラーを差替えた新しいスイッチをネジ1本で固定するだけのコトで、素人の手でもモノの数十分で無事終了。
とりあえずはしばらくコレで様子を見てもらいましょ~。
Keyswitch1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カールファンネルを逃げ加工

Almifunnel1
今年の夏に交換したキャブレターのエアファンネル
カールファンネルの形状に加え、全長75mmのロングタイプのため、スペース的に苦しい一番後方の4番シリンダーは、ファンネルの先端部とエンジンルーム内壁とのクリアランスがギリギリの状態・・・。とはいえ折角吸気効率の良さげなファンネルの吸込口に逃げ加工を施してしまうのはどうにも気が引け(値段がお高かったことも多分にありマスガ・・・)、とりあえずは干渉しそうなボディ鉄板部分にハンマーどつき加工を施したくらいの対策で参戦したのが先月の「チャオイタリア」。ところがその直後、翌々週に控えた「AR-CUP」前の点検で、懸念していた4番ファンネルがボディとの干渉により根元のフランジ部分からボッキリいってしまっているのが発覚。
そこで止む無く、4番ファンネルの折損部分は金属用強力接着剤で応急補修した上で、先端部のボディと干渉しそうな部分をカットしてナントカ間に合わせたものの、それでもその「AR-CUP」決勝終了後は↑のごとし・・・。
本来このテの対策は、ボディ側の板金加工で行うのが常道とは知りつつも、見るからに剛性に影響しそうなエンジンルームのサイドメンバー付近を盛大にカットするのも・・・やっぱ止めとこ・・・てなワケで、片側だけ新調した同じファンネルを今度はかな~り大胆にカット。
こんだけ切っときゃ、まぁ大丈夫・・・でしょ?
Almifunnel

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018年 ライセンス更新

Licensehagaki4
地元開催の「チャオイタリア」クラシックカーレースからJAF公認が外れたのが、今から丁度10年前。
以来、特に使う機会が無いにもかかわらず、「折角取得したものを失効させるのもナンダカもったいないし、いずれまた・・・」なんて漠然とした思いのみで毎年更新し続けてきたJAFモータースポーツライセンス。・・・が、ここへきて明日をも知れぬ窓際サラリーマン、その窓際具合にいよいよ拍車がかかるにつれ、分不相応ながらこれまでナントカしがみついてきた旧車レースもいよいよ年貢の納め時。
となれば今まで自分では思ってもみなかった心境の変化というのはあるもので・・・。
というわけで、手続きは毎度同じながら、今年ばかりはいつもとは全く別の思いを抱いてのJAFモータースポーツライセンス年度更新であります・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

AR-CUP2017 第7戦 決勝車載映像

Arcup7
先月行われた「AR-CUP 2017」第7戦。前回雨中の予選に続き、同じく雨の決勝車載映像(↓)
画像は赤旗中断後の再スタートから・・・。
「赤旗が出たら予選のグリッドに戻って再スタート」との事前のドライバーズミーティングでの打合せ通り、仕切り直しもポールポジションからのスタート。つい今しがた折角無難にまとめた苦手なスタートダッシュの2回目ということで、この日は出張帰りの休みを潰して応援に駆けつけてくれた相方27番車の「もう1回しっかり集中して!!」の掛け声に応えるべく、再度大胆かつシンチョーにクラッチミート。
おかげで2回目も自分としては上出来のスタートで、先頭キープで1コーナーに飛び込めば、あとは赤旗中断後の減算で僅か7周の超スプリントレース。とにかくスピン、コースアウトにだけ気をつけて、タダひたすらにすたこらサッサと逃げを打つ作戦にて、おかげさまにてトップチェッカー。
無事帰ってきた今にして思う、雨のツクバも貴重な経験。
ベストラップは3周目に記録した、1分15秒503でありました・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

DUNLOP DIREZZA ZⅡ

Direzza
先日の「第29回HOTDOG大運動会」5時間耐久レースで乗せていただいた、白猫#35さんチームの73号車、水色スパイダーの足元に装着されていたのは、いつもとは見慣れぬダンロップの「DIREZZA ZⅡ」というタイヤ。
聞けば普段サーキットで慣れ親しんでいる所謂「Sタイヤ」ではない一般のスポーツラジアルながら、耐久レース用タイヤとして各所で高評価を得ていることから、今回初投入してみました・・・とのカントクの弁。一般ラジアルでのサーキット走行といえば、遥か昔の「セントラルビッグチャレンジ」以来の20年ぶりとなる28番車にとっては、まぁ初めてみたいなモンで、朝イチのテストランは恐る恐るのコースイン。
で、実際に走ってみたところ、絶対的なグリップ力はSタイヤほどではないものの、ソコさえ気を付ければ不安な挙動は一切無しと判明し、まずは一安心。また続く5時間耐久の決勝中に驚いたのは、その性能の落ちの少なさ。いつもならある程度のタイヤのタレを覚悟して乗り込む2スティント目の乗車時でも、「タイヤは全然大丈夫!!」との前ドラの言葉に半信半疑でコースに出ると、いやはや全くもってその通り。1回目に乗った時とほぼほぼ変わらず健在なタイヤのグリップ力に感心するやら、驚くやら・・・。さらには5時間の長丁場を無交換で乗り切ったレース後のタイヤのトレッド面を見ても、「え!?コレまだ全然イケるやん・・・」となるほどの持ちの良さにもチーム員一同またビックリ・・・てなワケで、加えて浅溝のSタイヤと違い、レインセットを別に用意する必要も無いとすれば、少々のラップタイムの落ちを補って余りある利点の数々・・・。
こりゃ今後しばらく耐久用のタイヤはコレで決まりデスナ・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

AR-CUP2017 第7戦 予選車載映像

Arcup6
先日の28番車ツクバ遠征「AR-CUP 2017」第7戦の予選車載映像(↓)。
当日は予報通りのフルウェットコンディションということで、新調したばかりの雨用タイヤでコースイン。
まずは初めてとなるADVAN A050 「G2/Sコンパウンド」のレイングリップを確かめながら慎重に慎重に・・・。なんせ直近の雨のツクバではコースアウト→クラッシュの苦い苦い思い出があるだけに、今回の遠征についてはいつにも増してとにかく無事に帰るコト・・・を念頭に入れつつ、ビビリミッター全開での予選13周回。
結果は予選時間終了間際、やや慣れてきたところの11周回目に記録した1分16秒495がベストラップとなりました・・・。

ラップ記録(手元計測)
LAP 1  1:19.99
    2  1:17.53
    3  1:20.87 
    4  1:20.42
    5  1:23.29  
    6  1:19.40
    7  1:19.10
    8  1:19.19 
    9  1:17.95
   10  1:16.54 ※BEST
   11  1:22.81
   12  1:20.39  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ツクバ2週目はお手伝い。

Jcca2017_2
先週末の土日は、前週自身のAR-CUP参戦に続き2週連続のツクバ遠征、今度はいつものサポート役ということで、「JCCAクラシックカーフェスティバル エンデュランス筑波ミーティング」Sスプリントレースに参戦する相方27番車のお手伝い。
今年の10月は本当に「梅雨か!?」というほど雨の多い月で、折角の秋の関東遠征行も2週連チャンでのウェットレース。それも今回はツイ1週間前のような秋雨のシトシト降り・・・なんちゅうナマヤサシイもんではなく、折から接近中の大型台風の影響で、朝イチから土砂降りの大雨・・・。こうなってしまえばサポート隊としては、却って悩む必要も無く、タイヤはレイン一択。後は通常のルーティン作業にガラスの曇り止めが加わるくらい・・・どころか参戦以来初めてドライ用タイヤは積載トラックから降ろしもしなかったくらいで・・・。
そんなヘビーウェットの難しいコンディションの中、出走26台中ナント10台がペナルティで最後尾スタートを言い渡されるという荒れた予選をクレバーに乗り切り、続くさらに雨の激しくなった決勝では、8番グリッドという好位置からのスタートを生かしつつ、後続から襲い掛かる並み居る強敵の追撃をしのぎきっての13周。終わってみれば総合第6位、「S68-2」クラス2位入賞の好リザルト。
手持ちの使い古しのレインタイヤでは、チョット勝負は難しいか・・・との当初の懸念は、続くプログラムラストの決勝2レースが中止となってしまうほどの豪雨が、幾分なりともその性能差をカバーしてくれた面もあったとはいえ、それでもその手持ちのカードをしっかり自分の味方につけて、難しいレースをまとめてくるのはいつものことながらサスガですわ・・・。
まぁそれにしても前日の練習走行から、台風に向かっ突っ込んでいくことになった帰路の高速道路まで、ホンマによぉ~降った週末でアリマシタ・・・。
Jcca20171

| | Comments (0) | TrackBack (0)

AR-CUP2017 第7戦 お疲れ様でした!

Arcup2
先週末の日曜日は、今年3月に続いての28番車関東遠征行その2発目、茨城県は筑波サーキットにて開催の旧車アルファロメオによるワンメイクレース「AR-CUP」に初参加。
クラシックミニではお馴染み、三和トレーディング主催のサーキットイベント「SUPER BATTLE of MINI」第3戦の1カテゴリー、1980年式までの英・仏・伊車で行われる「EUROPEAN CLASSIC CHALLENGE」内で行われた今回の「AR-CUP」2017年度の第7戦。総合及びAR-CUP・Rクラスの第1位は、お陰様でこの日はミラノオートサービスからエントリーの「柳原メンテナンス1750GTV」28番車。
事前からの予報通り、曇り空は早朝のみ(↑)で後はベッタリ終日そぼ降る雨の日曜日・・・。雨のツクバといえば、使い古しの雨タイヤでエライ目に遭ったトラウマを、この機会にナンとしても払拭すべく、急遽思いっきりムリして購入した新品雨タイヤ、YOKOHAMA ADVAN A050「G2/Sコンパウンド」の威力炸裂。予選ポールポジションから決勝トップフィニッシュ、さらにはファステストラップも記録するという望外のリザルトも、コレひとえに「道具」がもたらしてくれた恩恵の賜物というワケでして・・・。
・・・てな良き想い出に加え、遠くアウェイの新参者にもかかわらず同じパドックの並びで暖かく迎え入れてくださった、ミラノオートサービスのスタッフを始めエントラントの皆様方には本当にお世話になりました。
また来期の遠征時にはどうかよろしくお願い申し上げます。
Arcup5

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「第29回HOTDOG大運動会」5時間耐久レース お疲れ様でした!

Taikyuspider2017
先週末の日曜は、「第29回HOTDOG大運動会」5時間耐久レースに今年もお馴染みの水色スリッパ・・・もとい水色スパイダー73番車でエントリーの山陰は白猫#35さんチームのお手伝い。
去年はマサカの決勝DNS、そのトラブル発生時の担当ドライバーだったにもかかわらず、そんなコトなど一切不問、むしろ逆にそのリベンジの機会として、今年も耐久ドラ5人衆の一員に加えていただいたことに深く感謝の28番車。いつまでたっても慣れない左ハンドルとかいいつつも、早いものでこの度で4回目の搭乗、さらに今回は地元セントラルサーキット開催となれば、前回は繋ぐどころかスタート地点にさえ持っていけなかったタスキを今度こそは・・・てな意気込みで臨んだ5時間の長丁場。
途中自身担当の2スティント目でヒヤリとした場面はあったものの、丁度ペースカー周回中のスロー走行時だった幸運も手伝い、チームスタッフの速やかなトラブル対処で見事に戦列復帰。終わってみれば総合7位の成績にて無事5時間完走のお疲れ様でした~!!
・・・てな具合で、チームオーナー白猫#35さんご夫妻はじめ、ドライバー・チームスタッフの皆様のおかげをもって、普段慣れ親しんだベローチェとは一味も二味も違う、軽量低重心&ショートホイールベースのパッケージングがもたらすアルファスパイダーの楽しい操縦性を、存分に満喫させていただいた秋晴れの爽やかな一日・・・。
重ねまして本当にありがとうございました!!
Taikyuspider20171

| | Comments (2) | TrackBack (0)

«OB演奏会 今年もお世話になりました。