SPIRALパフォーマンスシートカバー

Harikae
Harikae1
オーバーパンツ着用時の「おしりツルツル問題」対策、燃料タンクの滑り止めパッドに続いてはコレ。
以前からビニールレザー製のシート表皮が、経年劣化でカチカチに硬化し、弾力を失った部分から亀裂が生じており、いくら補修用のパッチを当てても、その下から新たな裂け目が拡がってくる・・・というような状態の繰り返し・・・。そこで今回その抜本的補修も兼ねて選び出したのが、SPIRAL製「パフォーマンスシートカバー」。
WEB情報によると、モトクロスの世界では定評のある、適度に滑り止めの効いた素材のシート表皮ということで、通販で入手後、早速ガレージにて張替作業(↑)。自身初挑戦ということもあり、慣れぬ手つきで四苦八苦しながらも、どうにかシワもなく、ほぼほぼ満足のいく仕上がりになったような・・・ならんような?!
ともあれチョット近所を回ってみた試運転でも、お尻がツルツル滑り過ぎることも無く、またかといって動きにくくも無しという、絶妙な滑り止めの効き具合は十分に体感でき、先のタンクパッドの効果とも相まって、普段の乗り心地は随分とラクになったような印象。
当初は純正シートのサラ購入と迷っていた、外品シートカバーへの張替え・・・今回はどうやら吉と出た模様デス。
Harikae2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

PROGRIP「サイドグリッピングパッド」

Progrip
アレッ・・・!?っという間に11月も早くも最終週ということで、寒さには滅法弱い(最近は暑さもヤバくなってキマシタガ・・・)28番車にとって日々のバイク移動は、何かとツラい季節にいよいよ突入・・・。
そんな中、これからの下半身の防寒に欠かせないナイロン製のオーバーパンツ着用時、昨年の冬も困っていたのが、乗車中お尻やヒザがやたらツルツル滑ること。とりわけブレーキング時には、元々しっかりと姿勢をホールドできていない上に滑るモンだから、体全体が前につんのめるを無理やり腕の力で支えなければならず、まぁシンドイのなんのって・・・。てなことで、この冬はナニかしらの対策を・・・と検討していたところ、近所のバイク用品店で見つけたのが↑のプログリップ製「サイドグリッピングパッド」。
滑り止めの凸凹がついた樹脂製のシートを、適当なカタチに切り抜いてタンクのヒザ周辺が当たる場所に貼り付けるという簡単な仕組み。その手軽さとシート自体が透明で目立たないこともあり、試しに使ってみたところ、ツルツルのオーバーパンツ着用時はモチロンのこと、普段のズボンでもシッカリとヒザ周りのグリップが効くため、乗車姿勢の安定に十分な効果を確認できたようなこと。
ただ目立たないとはいえ、見た目(↓)はう~ん・・・イマイチなれど、ココは実用車らしく、あくまで日常の使い勝手重視ということで・・・。
Progrip1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第26回福知山マラソン お疲れ様でした!!

Fukuchiyama1
一昨日の11月23日(祝)は、京都府は福知山市にて自身1年ぶりのフルマラソン、「第26回福知山マラソン」に参加。当日は寒空の下、ときおり冷たい雨にも見舞われる悪コンディションながらも、お陰様で無事完走・・・お疲れ様でしたー!
事前の練習不足もあり、とにかく「歩かず無理せずイーブンペース」を目標に臨んだ今回の42.195km。前半はキロ5分10~20秒台前半をなんとかキープしつつ、できれば後半もやや落ちくらいのペースを維持できれば・・・・との当初の思惑は、走り込み不足の上に加齢の身では、残念ながらとてもとても・・・。てな具合で実際は30km過ぎまでキロ5分20秒台を維持して来るのが精一杯。その後はヘロヘロのキロ5分30秒台から、トドメのラスト1km、福知山マラソン名物ともいえる登り坂の連続にさらにヘロンヘロンになりながらも、どうにかゴール地点までたどり着いたようなコト。
まぁそれでも今回も無事に怪我なく最後まで走りきれたことにまずは感謝感謝・・・・の気持ちではありつつも、齢50もとうに過ぎ、いつまでたっても俄かなんちゃってランナーの域を出ない28番車にとって、フル42.195kmの距離はやっぱりキツく、ここ1、2年は走る度にタイムはジリジリと下降傾向一直線・・・サスガにもう次は4時間切れんかもネ~。

第26回福知山マラソン
記録:3時間54分40秒
Net:3時間51分47秒

GPSウォッチ(Net手元計測)
1k 5'42"
2k 5'32"
3k 5'32"
4k 5'15"
5k 5'22"
6k 5'21"
7k 5'15"
8k 5'18"
9k 5'21"
10k 5'26"
11k 5'18"
12k 5'19"
13k 5'24"
14k 5'20"
15k 5'26"
16k 5'25"
17k 5'24"
18k 5'28"
19k 5'26"
20k 5'25"
21k 5'24"
22k 5'22"
23k 5'22"
24k 5'17"
25k 5'24"
26k 5'23"
27k 5'19"
28k 5'22"
29k 5'26"
30k 5'24"
31k 5'27"
32k 5'21"
33k 5'25"
34k 5'32"
35k 5'31"
36k 5'39"
37k 5'33"
38k 5'35"
39k 5'39"
40k 5'31"
41k 5'38"
42k 5'49"
42.525k 3'00"
total 3:51'48"
Fukuchiyama

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ガレージごもりの週末

Sabiotoshi
秋のシーズンど真ん中、各地で様々なイベント開催たけなわなれど、まぁ諸般の事情ありまして、この週末は一人のんびりガレージにて、チマチマとした作業・お掃除・片付けなどなど・・・。
ヨッコラショ・・・と28番車をウマに掛け、シーズン中のバタバタでは、気になってはいてもナカナカ手の付けられなかった、タイヤハウス奥のチョットした浮錆などに、ペタペタと気休めの防錆塗料を塗りたくったり、先のアイドラーズ筑波にて1コーナー・アウト側のサンドトラップへ盛大に飛び込んだ際、オイルパンの冷却フィンの隙間に詰め込んできた大量の小石を、暇にまかせてホジホジしたり・・・。
その他モロモロ、気がつくままにチョコマカやってるうち、あっという間に日の暮れる日曜日の午後は、11月も半ば過ぎとは思えぬ暖かさ・・・。
本日仕上げはエイプでぷらっと・・・気晴らしにその辺走って来ましょかね~。
Garage21

| | Comments (0) | TrackBack (0)

紅葉の嵐山・高雄へ・・・。

Tsm2016
Tsm20161
絶好の行楽日和の陽気に誘われ、先週末の日曜は「嵐山-高雄パークウェイ」駐車場にて開催の2つのイベント「高雄サンデーミーティング」と「Ciao! autunno」にお邪魔虫。いつものサーキットとは違い、普段あまり馴染みのないイベントながら、今回は双方「イタリア車」がメインということで、見た目の品のあまりよろしくない28番車の場違い感も、まぁ幾分は少なかろうということで・・・。
「嵐山-高雄パークウェイ」といえば、自身「フロムセブンミーティング」「京都高雄マウテンマラソン」など、冬の寒い時期にしか訪れたことが無かったのに比べ、この日はちょうど紅葉見ごろのド真ん中。事前に「混むよ~」と言われていた京都市内の渋滞を考慮して、朝は早めのガレージ発。まずはサンデーミーティング会場にて、普段ナカナカお目にかかれない珠玉の名車の数々をしばし見物。で、お昼前には「Ciao! autunno」に河岸を変え、のんびりとチョット早めのシーズンオフ、楽しい談笑のひとときを過ごさせていただいたような次第。
で、蛇足ながらイタ車イベント帰りならではの京都市内でのワンショット(↓)。道行くスーパーカー世代と思しきオジサンたちの視線がアツかったデス。
Tsm20162

| | Comments (0) | TrackBack (0)

idlers Games 2016 スプリント第3戦 筑波 予選車載映像

Bankinchu1
ココロのダメージもようやく落ち着いてきたので・・・。(フトコロのダメージはマダマダこれからデスガ・・・。)
2ヶ月前の9月18日(日)、茨城県は筑波サーキットにて行われた「Idlers Games 2016series」スプリント第3戦「TM/K」レース予選車載映像(↓)。
初めての雨のツクバ、ピットロード出だしからいきなり「アレ!?カブってる・・・?!」なんて慌ててみても時すでに遅しでバラバラバラ・・・ッとコースイン。実は後日プラグの1本が突然死していたのが原因と判明するも、そんなコトとは露知らず、とりあえずしばらくは様子見のつもりが、1周目の1コーナーからスピンアウト・・・。
「いかんいかん・・・こんな時こそ落ち着かねば・・・」なんて自らに言い聞かせていたつもりが、さらにあろうことかメインポストから出ていた黄旗区間をキレイに見落とし、やらかしてしまった追い越しで2グリッド降格のペナルティ。挙句の果てには1コーナー手前のブレーキングミスで、先にコースアウトされていたクラシックミニに衝突してしまうというテイタラク・・・(ドライバーの方が脱出された後だったのがせめてもの救い)。
遠く関西からはるばるやって来て一体ナニやってんだか・・・。その節は本当にたくさんの皆様に多大なご迷惑をかけてしまい、改めまして本当に申し訳ありませんでした。この度の一件を重々に反省し、今後とも自らの肝に銘じ続けておく意味も込めましての動画アップでゴザイマス・・・はい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チャオイタリア2016 決勝車載映像

Ciaoitalia20164
前回の予選に続き、先日の「チャオイタリア2016」イタリアンクラシックカーチャンピオンレース決勝の車載動画(↓)。
朝8時40分始まりの予選から、長~い待ち時間を経ての決勝スタートは午後3時過ぎ。絶好の行楽日和に緩みきったメンタルを、「そもそも今日はナニをしにココに来たのか?!」を改めて自らに問いかけ、もう一度引き締めつつの決勝はポールポジションから・・・。
いつもの苦手なスタートをナントカ無難にまとめて、どうにか先頭キープで1コーナーに飛び込みさえすれば、後はタダひたすらに逃げを打つ・・・という単純極まりない作戦が、今回はうまくハマり、その後も大したトラブルもなく、ほぼほぼ安定したペースにてお陰様でのトップチェッカー。
決勝ベストラップは3周目の1分34秒011と、マダマダ本調子とはいえないものの、病み上がり初戦としては出来過ぎもいいところ。思えば自己ベスト更新あり、はたまた大落ち込み大会のクラッシュありと、相変わらずのバタバタ続きだった2016年シーズンも、ラストの地元「チャオイタ」でナントカ良い締めくくりにすることができました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チャオイタリア2016 予選車載映像

Ciaoitalia20163
先週末行われた「チャオイタリア2016」イタリアンクラシックカーチャンピオンレースの予選車載映像(↓)。
故障明け一発目の予選ということで、まずはジックリ様子見から・・・といきたいのはヤマヤマなれど、ココは「チャオイタ」。レースと違い、走行時間が予め定められている走行会がプログラムに多数組まれている関係上、例年タイスケは常に押し気味にならざるをえない事情もあってか、レース枠の予選・決勝中のアクシデント発生による赤旗中断は、間髪入れずに即走行終了となる可能性が非常に高し・・・。「コリャ1周目からある程度はいっとかんと・・・」ということで、車のお調子伺いはアウトラップで手早く済ませ、早々にタイムアタック。
その1周目を運よくクリアラップで終えたところで、手元計測機の表示でナントカ34秒台が出たのを確認しつつ、続く2周目は先行車に若干ながらひっかかたものの、さぁこれから・・・といったところでアリャ!?ホントに出ちゃったヨ・・・の赤旗中断。
あ~コレはそのまま終了やろな~・・・という予想はヤッパリその通りとなり、結局予選は2周のみ。それでも真っ先にコースインして2周できた28番車はいい方で、後続のエントラントのほとんどの方は、僅か1周しかできなかったとのこと。
そんなこんなの事情もあって、その後出てきたリザルトは、28番車の記録した1周目の1分34秒129が予選ベストラップでポールポジション・・・終わってみれば、結果オーライの予選となりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チャオイタリア2016 お疲れ様でした!

Ciaoitalia2016
前日の予報からして雨の心配一切無し!!そんな朝イチから絶好のお天気に恵まれた先週末の日曜日、兵庫県はセントラルサーキットにて行われた地元関西での年に一度のイタリア車のお祭り「チャオイタリア2016」が無事終了、お疲れ様でしたー!!
今回の「イタリアンクラシックカーチャンピオンレース」の総合優勝は、お陰様をもちまして「柳原メンテナンス1750GTV」、この日はゼッケン12の28番車。開始早々の赤旗中断で僅か2周しかできなかった朝の予選にもかかわらず、運よく1周目でまずまずのタイム1分34秒129が出てポールポジション。で、その後およそ6時間の長~い待ち時間を経ての決勝、苦手なスタートをナントカ無難に乗り切り、先頭で1コーナーに飛び込んだ後は、スタコラサッサとただひたすらに逃げを打ってのトップチェッカー。決勝ファステストラップ1分34秒011は、昨年の自己ベストにははるかに及ばぬものの、先月の大失敗から大急ぎで修理していただいての病み上がり初戦ということで、正直今度ばかりは順位はともかく、無事に完走できればそれでヨシとしていただけに、マッタクもって望外のリザルト。
思えばコレもひとえに、微動だにできぬ28番車を前にひとりぼっちで途方に暮れていた中、親切に積載車まで運んでくれたツクバのコースオフィシャルの方々に始まり、その日曜深夜にもかかわらず工場に受け入れてくれるや、この日のためカンペキに修理を間に合わせていただいた「柳原メンテナンス」おとーさん&Jr.を始め、鈑金・塗装・部品調達その他様々な形で助けていただいた皆様方、また本番前週の開催ということで、今回ばかりは不便を承知で単身JCCAツクバに乗り込んでくれた相方27番車、そして貴重な右ハン用のステアリングギアボックスを快く提供していただいた「オートコニサー」Iトー君にも大大の大感謝。
・・・にしても、良きにつけ悪しきにつけ、レースっちゅうのはホン・・ットにナニがどう転ぶか分からないというのを、改めて感じ入った一日。重ね重ねも本当にありがとうございました~!!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

明日は「チャオイタリア2016」

Bankinchu
明日10月30日(日)は、セントラルサーキットにて「チャオイタリア2016」。
毎年欠かさず参加している、関西地区、年に一度のイタリア車のお祭りということで、今年もナントカ出たかったものの、今度ばかりはツイこの間まで↑のような状態だったことを考えれば、周りの皆様方のご尽力のおかげで、まずは参戦にこぎつけることができただけでも深く感謝感謝。
・・・てなワケで、どうにかギリギリ間に合った病み上がりもエエところのブッツケ本番で臨む今年の「チャオイタ」。今回ばかりは順位はともかく、とにかく無事に完走できますようにと願いつつ、この度の28番車路上復帰計画、最後の最後のシメは板金塗装の際に剝がされていた、カットオフスイッチの車外操作場所を示すスパークシートの貼り直し(↓)。
幸いにも明日の兵庫県南部地方のお天気は「晴れ」降水確率0%と、絶好のレース日和となりそうな予報。今度こそ・・・今度こそどうか笑って帰れるレースとなりますように・・・。
Sparksheet1

| | Comments (2) | TrackBack (0)

«Do You Have a HONDA?