2017新春鈴鹿ゴールデントロフィーレース

Goldentrophy2017
先週末の日曜は「2017新春鈴鹿ゴールデントロフィーレース」ヒストリックP・Sクラスに参戦の相方27番車の応援&お手伝いのため、三重県は鈴鹿サーキットまで。
いつものJCCA富士・ツクバへの遠征と違い、近場の鈴鹿サーキットということで、毎年1月の新春ゴールデントロフィーは往復の積載トラック運転手役は無く、後発サポート隊の一員として現地入り。ただ1月真冬のド真ん中、早朝万一の交通トラブルに備え、スタッドレス装着の仲間内の車に相乗りで、前夜のうちには仮眠室付の健康ランド、四日市「ユーユーカイカン」のお風呂にドボ~ン・・・とか言いつつ、ただ単に露天風呂の温泉&広々サウナ(水風呂も広し!!)が目当てだけだったりもして・・・?!
・・・てな冗談はさておき、肝心のレースの方は、今年も寒さ厳しい中ながらも予選・決勝ともに晴れのお天気に恵まれたヒストリックP・Sクラス。トップクラスは軒並み東コース1分を切る(!!)という驚異的ハイレベルな争いとなった中、我らが「柳原メンテナンス2000GTV」27番車も懸命の力走を見せ、S1クラス予選9番手、決勝はクラス8位にて無事完走のお疲れ様でした。
当日は通常であればシーズンオフとも思える厳冬の時期にもかかわらず、PSクラスだけでも20台近くのエントリーを集めた「新春ゴールデントロフィー」。ここ最近エントラントの高齢化もあってか、やや参加メンバー減少気味のヒストリックカーレース界にあっても、さすが「鈴鹿」の求心力はマダマダもって健在なり・・・なんて思いつつの、寒いながらも楽しい冬の1日でアリマシタ・・・。
Goldentrophy20172

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「HONDA APE100」115ccにボアアップ。

Boreup
夜な夜なのキャブセッティング徘徊の気晴らしと、年始早々ファッキンな第3四半期決算進行前のせめてもの慰みに・・・と、先日の正月休みの楽しみとしていたのが、ウチの「HONDA APE100」115cc化計画。
遠乗りの際のチョットした山越えなどで感じていた、登坂時のトルク不足解消策の切り札として、115ccへのボアアップは以前から画策してはいたものの、僅か15ccながらモトのカマがカマだけに、アップ率では15%となる排気量の上乗せは(ヴェローチェなら2.3リッター化ダ・・・)、やはりそれなりのお膳立てが必要とのことで、マフラーキャブ・カムCDIクラッチなどなど排気量アップに見合った補機類の強化をコツコツ積み重ねつつ、ようやくココまでたどり着いたようなこと。
・・・てなワケで、満を持して買ってきたのは、オールアルミめっきシリンダーに鍛造ピストンを主とした「ヨシムラ」の中でも一番シンプルな入門版ボアアップキット。で、コレをば年末年始のガレージにて一人、付属の取説に加え、キタコの「縦型エンジン虎の巻」ともニラメッコしつつ、慎重の上にもシンチョーを期して組み付けるの図(↑)。とはいえ、なにぶん小型シンプルな空冷単気筒、エンジン降ろしも「よっこらしょ・・・」と手持ちでいけるし、水抜く必要も無けりゃ、ピストン周りの組付作業その他モロモロも当然ながら1個分で済むワケで、休日の日がな一日、1/1のプラモデル感覚で楽しむには丁度いい具合のところで作業は無事終了。
そんなこんなで只今はエンジン組付け後のナラシ運転中・・・ユーウツな休日出勤の行き帰りにも、ささやかな楽しみとしつつ、今はまだ左車線をトコトコと行くのでありマス・・・。
Boreup1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016年のママチャリ改通勤

Mamachari2017
束の間の正月休みが終わったかと思えば即、続く成人の日の連休なぞ無かったかのごとくドタバタ始まる第3四半期決算進行・・・というワケで、今年も始まる28番車ママチャリ改通勤の年始恒例、昨年度の振り返り。
まぁナントモ「年を喰うとはこういうことか・・・?!」とつくづく思い知らされる、ジワジワと伸びる一方の通勤時間。対して「う~ん・・・今日はもう電車でいっか?!」なんてツイツイ楽してしまって縮む一方の走行距離・・・となれば当然の帰結として、お腹周りにはその代償がデップリまとわりつくという・・・。
今年からはチョット早めに家を出て、ゆっくりノンビリのチャリ通勤・・・せめて距離だけでも戻していこー。

月間総走行距離
 1月  445km  
 2月  397km
 3月  591km
 4月  436km
 5月  251km
 6月  323km  
 7月  400km  
 8月  386km
 9月  250km
10月  324km
11月  410km
12月  198km  
 計  4411km

通勤路平均時速
 1月  往路 22.8km/h  復路 20.4km/h
 2月  往路 23.0km/h  復路 20.6km/h
 3月  往路 23.1km/h  復路 20.7km/h
 4月  往路 23.4km/h  復路 20.5km/h
 5月  往路 23.4km/h  復路 20.4km/h
 6月  往路 22.9km/h  復路 19.8km/h
 7月  往路 23.0km/h  復路 20.2km/h
 8月  往路 23.2km/h  復路 19.7km/h
 9月  往路 23.0km/h  復路 20.2km/h
10月  往路 23.1km/h  復路 20.0km/h
11月  往路 22.7km/h  復路 19.9km/h
12月  往路 22.3km/h  復路 19.8km/h
年間   往路 23.0km/h  復路 20.2km/h

| | Comments (0) | TrackBack (0)

微かな光明が・・・?!

Jetseting
シロウト見立ての悲しさ、年末の時点では正月休み中にある程度のメドをつけるつもりだった、28番車のキャブレターセッティングは、その後一向に進展をみせず、結局のところ3が日の夕方から夜にかけてはほぼ全て、ベンチュリーやジェットの組み合わせをアレコレ変更してみては、ガバゲベガバ・・・!!パシュパシュ!!・・・ゴボゴボゴボゴボ・・・・!!と試運転に乗り出していたようなコト・・・。
現状での燃調が濃いか?薄いか?を判断できる経験も持ち合わせず、とにかくナニか一カ所ダケを変更しては走ってみて、また元に戻しては確かめる・・・の繰り返し。幸い暖かなお正月だったおかげで、吹きっさらしの中での細々とした作業も、そう苦にはならなかったものの、アレコレ試してはみてもただただ不調を繰り返すだけの連夜の出動にはサスガに疲れ果て、「う~・・・もう全部チャラにもどすか?」と挫けかけていたところ、ダメモトで試してみた最後のもうひと押しで、思わぬ改善の兆しアリ。
現状維持なら、この先しばらくはまだいつでも元に戻す余裕はあるシーズンオフ・・・ならば肝心の運転手が衰えていく一方という状況下、僅かに残された28番車の「伸びシロ」をナントカしてヒネリ出すべく、もう少しの間だけガンバッテみるつもり・・・。
こうなったらもういっそのこと、空燃比計買うかっ・・・!?
Settingkit

| | Comments (2) | TrackBack (0)

年明けは「ぜんざいマラソン」

Zenzai2017
28番車の新年一発目は、まずは人間様が走る方・・・というワケで、昨年に続きお正月3が日の最終日は、武庫川河川敷にて開催の「2017 武庫川新年走ろう会」10km走の部に参加。
毎年走り終えた後には、参加賞として焼きたて餅入りぜんざいが主催者よりふるまわれるため、自分の中では「ぜんざいマラソン」と勝手に命名して楽しみにしているこの新年走ろう会。いつもおやじ一人で寝正月という気楽さを満喫できる分、おせちもお雑煮もいただけない身としては、年末年始のお休みラストにチョットとだけでも正月気分を味わえる貴重な場でもあったりしつつ、2017年の正月休みもアッという間に過ぎにけり・・・。
さぁまた今年も一年、元気でガンバッテいこー!!

2017武庫川新年走ろう会
10km走の部
Net手元計測:49分06秒
GPSウォッチ(Net計測)
1k 5'29"
2k 5'05"
3k 4'58"
4k 4'47"
5k 4'46"
6k 4'55"
7k 4'47"
8k 4'42"
9k 4'40"
10k 4'34"
10.050k 0'16"
total 49'06"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017年 明けましておめでとうございます。

Cabset1
年末に山陰実家へ帰省するヨメコドモを見送った後は、実家などとうの昔に消え失せたこちとら、開けて新年の生存確認も兼ねた挨拶がてら、地元兵庫の老人施設の実父を亡き母親の墓参りに連れていけば、あとは自宅にて一人気楽に年末年始を過ごすという例年のパターン。
今年は正月早々昨年からの持ち越し課題、キャブレターのリセッティングのため、正月休みでガラガラになった夜のビジネス街を、コレ幸いとあちこち走り回っては、目についたコンビニ駐車場にてあーでもない、こーでもないと四苦八苦(↑)。ただいつまでたってもガバゲベボゴボゴ・・・で煮詰まっているのは、サスガに疲れ果ててしまうので、そんなときの気晴らしにと、1/1のプラモ感覚でジックリ楽しめるアイテム(↓)も、この正月休みのためにフンパツしておいたような次第・・・。
まぁ我ながらエエ歳こいて、いつまでたってもマ・・・・ッタク進歩の無い日常から始まってしまった2017年のお正月・・・。
新年明けましておめでとうございます。
かような具合で相変わらずの当ブログではございますが、よろしければ本年もゼヒお付き合いのホド、どうかよろしくお願い申し上げます。
Engineoroshi

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2016年度 全リザルト

Noukai2016
2016年も残すところあと数時間・・・。
今年はやり残した宿題もあり、いつにも増して年末ギリまでバタバタやってた28番車。一昨日の年末恒例「柳原メンテナンス」納会でも、夕方いつもの仲間内がリラックスムードで三々五々集まる中、一人切羽詰まった顔してキャブレターのミクスチャー調整などをお願いしたりして、その節はご迷惑をばおかけいたしました・・・。てなワケで、いつまでたっても相変わらずの七転八倒が続く「おやじサラリーマンの草レース的生活」、本年ラストもやっぱり大晦日恒例「今年度28番車全リザルト」でシメさせていただきたく・・・。
今年もお世話になりました。どうかよいお年をお迎えください!!

還暦レース大会2016
2016年1月31日 岡山国際サーキット(ドライ)
Mbクラス 予選1位(5) 1’53.771  決勝1位(5) BT 1’53.808

アイドラーズ・ゲームス2016 スプリント第1戦筑波 TM&Kレース
2016年3月13日 筑波サーキット(ドライ)
TM2Tクラス 予選2位(2) 1’07.379  決勝2位(2) 1’07.375

第19回 ミニ・ジャック ヒストリックカーレース
2016年5月15日 岡山国際サーキット(ドライ)
クラス1 オーバー1500 予選2位(2) 1’55.372  決勝2位(2) BT 1’54.076

アイドラーズ・ゲームス2016 スプリント第3戦筑波 TM&Kレース
2016年9月18日 筑波サーキット(ウェット)
TM2Tクラス 予選4位(9) 1’17.030  決勝 DNS

チャオ・イタリア2016 クラシックカーチャピオンレース
2016年10月30日 セントラルサーキット(ドライ)
BT-3クラス 予選PP 1’34.129  決勝1位(1) BT 1’34.011(FL)

さんさんCLUB走行会2016
2016年12月15日 セントラルサーキット(ドライ)
1本目ベストラップ 1’33.746 2本目ベストラップ 1’33.681

※カッコ内は総合順位 BT→BEST TIME FL→FASTEST LAP

| | Comments (0) | TrackBack (0)

年の瀬の悪あがき・・・。

Venturi
早いもので気がつけばアッ!という間に2016年も残すところあと3日・・・。振り返れば3月のツクバ自己ベスト更新を除けば、その他のサーキットでのラップタイムはいずれもパッとしなかった28番車の今シーズン・・・ということもあり、シーズン終了後の年末最後のひとあがきで思い立ったのが、キャブレターセッテイングの再度見直し。
どうにかしてアトもうチョットだけでも中速トルクが厚く出るセットを探れんモンかと、現行と手持ちのアウターベンチュリーに加え、新たに通販で取り寄せたモノも含めて、それぞれの口径をとっかえひっかえ・・・。その度に、各種ジェットの詰め合わせにプラグレンチやその他工具を放り込んだ道具箱を傍らに、師走の街中から郊外をウロウロ走り回っては、道端であーでもないこーでもないとやるコトしきり・・・。この際街乗りの極低速域は少々ギセイにしても・・・なんて当初の思惑のその「少々」の塩梅がどうにも出せずに四苦八苦。
ナカナカそう簡単にはいかんモンですなぁ・・・。
Setting

| | Comments (0) | TrackBack (0)

迷った末に結局今年も・・・

Licensehagaki3
ライセンス更新・・・。
この先また再び使う機会が訪れるか?・・・といえばその可能性については甚だ疑問ながら、もしや?あわよくば?イザ鎌倉!(ナンのこっちゃ?)の想いはナカナカ捨てきれず・・・。
また今年も期限ギリでの納付でゴザイマス・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヨシムラ F.C.C ヘビーデューティ クラッチキット

Clutch
チョットした遠乗りなどで感じるトルク不足解消にと、以前から画策していたウチの「HONDA APE100」ボアアップによる115cc化計画。ただその恩恵をフルに堪能するには、それなりの下準備が必要デスヨ・・・とのアドバイスを受け、すでに換装済みの排気系に加え、キャブ&カムの吸気系に点火系・・・と少しづつ揃えてきた、お次のアイテムは「伝達系」というワケで、買ってきたのが強化クラッチ、「ヨシムラ FCC ヘビーデューティー クラッチキット」。
「エエ加減どんだけヨシムラ好きやねん?!」と我ながら思いつつも、コレまでの経験上、製品の精度・取付時の作業性・補修部品の供給などなどでマイナスポイントがマッタク思い当たらず、今回も迷わずヨシムラ一択となったような次第・・・(ちなみに単なる偶然ながらヴェローチェの温度計もコレコレ)。
で、早速ガレージにて取付にかかったところ、交換前のノーマルクラッチ板がすでに結構な減り具合となっており、通常のメンテナンスとしてもイイ頃合い。作業自体も手こずったのは、クラッチカバーにこびりついたガスケットはがしくらいで、あとは取説どおりに組み上げればなんなく終了。サスガに強化版だけあって、試運転当初はクラッチレバーの握りの重さにややビビったものの、使うのは発進時とシフトダウンのみということもあって、すぐに慣れてしまい特にモンダイ無し。それよりもオートシフター作動時の各ギア間のつながり具合が、以前より断然滑らかになったのがウレシイ誤算。
てな具合で、28番車の日常のアシとして、もはや欠くことのできない存在になりつつある、ウチの「HONDA APE100」。少しづつ・・・ホンの少しづつではありますが、乗り物としての楽しさを増しつつありマス・・・・。
Clutch2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«第12回宝塚ハーフマラソン大会 お疲れ様でした!!