« ジャコパスと言えばジョニ・ミッチェル | Main | ジュリエッタSZのブレーキ »

リア車高調整

SARA
ショートホイールベース+超フロントヘビーのFRゆえ、車高の前後バランスで操縦性が激変する105系ヴェローチェの28番車。
リアホイールのインチダウンに伴い後輪の外径が大幅に小さくなった(195/55-15→185/55-14)ので併せてリア側の車高調整。
リアは車高を変えても基本的にアライメント変化しないのが、リジットアクスル車のいいところ。なのでホントはサーキット等でこまめに車高の前後バランスをチャッチャと変更して色々と試してみたいが、そうもいかない理由あり。
28番車には所謂「シャコチョー」などという便利なモノはついていないので、写真のように2種類の厚さのコイルスプリングの皿とラバー、及び自作のスペーサーを用意。これらを順列組み合わせでとっかえひっかえして車高調整する。
大雑把に車高の低い順から、何にも無し→薄い皿のみ→薄い皿+ラバー→厚い皿のみ→厚い皿+ラバーの4種類。そんでもって更に自作のスペーサーを使って微調整・・・・するのだがその度にジャッキアップして、ダンパーとトレーリングアーム、更にスプリング外して皿の厚さを違うものに替えたり、ゴムのシートを入れてみたり外してみたり・・・。その度に組み直してはジャッキを下ろして車高をチェックして・・・の繰り返し。あーしんど。
こんなこといちいちピットでやっとったら日が暮れるし・・・。

|

« ジャコパスと言えばジョニ・ミッチェル | Main | ジュリエッタSZのブレーキ »

Comments

車高バランスも大事だが
リアサスアームの角度が大事♪
良い角度を維持できる様に組めるハズ。

セントラルでお会いしましょう!

Posted by: みぃ | May 23, 2005 at 08:06 PM

「リアサスアーム」ッスよねー・・・。
角度の設定とストロークの関係で悩んでおりますデスはい・・・。
理想は激速ハチロクのケツ路面に張り付けるようなコーナーリング姿勢なんですケドねえ。

激戦必至のBMWクラス!がんばってね!

Posted by: 28ばん | May 24, 2005 at 08:11 AM

折角のナロートレッド。
タイア面圧を稼げるボディと考えよう。
リアアームを水平にスプリングを硬くして
ロール規制する。ロールによる対地キャンバー
変化を最小にするのが主眼。
スプリングは15ミリ程度遊ばせて組む。
ショックは柔らかく柔らかく。

BMクラスはノホホンとヤリます。
もちろんナロートレッドなのだ。

Posted by: みぃ@休日出勤ちう | May 24, 2005 at 09:19 AM

おー!素晴らしいプラス思考!
さらにいつもながらの的を得たヒントに多謝。
アリモンの組み合わせでも少しマシなセットを探ってみます。
相変わらず忙しそうやネ。

Posted by: 28ばん | May 25, 2005 at 01:27 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54708/3999349

Listed below are links to weblogs that reference リア車高調整:

« ジャコパスと言えばジョニ・ミッチェル | Main | ジュリエッタSZのブレーキ »