« ドライバー識別用カラーリング | Main | ユーロカップ2005第2戦にエントリー »

行ってきました「ノスタルジックカーレース」

510BLUEBIRD
去る5月3日(祝)好天のセントラルサーキットで行われた「ノスタルジックカーレース」。
地元開催の旧車レースなのでぜひ一度走ってみたかったのだが、参加資格が「昭和63年前後までに生産された国産車」なのでアウト。残念ながら観戦オンリーとなった次第。
写真は当日パドックで見かけた外観のインパクトが一番強烈だった510ブルーバード。エンジンは日産のSRだったかな?グリルのド真ん前に鎮座する巨大なインタークーラーが何をかいわんや。決勝では惜しくも2番手だったがそれでもベストラップは1分33秒台。はっや~!
その他にもエンジンスワップ車輌やTS、N2仕様といった巨大オーバーフェンダー装着車輌が多数エントリーしており、パドックは往年のチューニングカーレースといった雰囲気。
いつかは28番車もオバフェンにして過給器つけて・・・だから出られへんっちゅうに。

追記:翌2006年の「ノスタルジックカーレース」にも元気な姿を見せておられたようでコチラにトラックバックさせていただきました。それにしてもこのレースは毎年お天気に恵まれてるなぁ~。

|

« ドライバー識別用カラーリング | Main | ユーロカップ2005第2戦にエントリー »

Comments

510ブルですか、懐かしいですね~。年に1回はまれに見ることがあります(確か廃車置場で...)。写真の510は巨大なインタークーラーなどで、一瞬サバンナGTに見ました(笑)。それにしてもレースは楽しそうですね!私ももう一台ジュリアがあれば、レース仕様車がほしいのでが、でもそうできない事情はみな同じですよね。

Posted by: ナイアガラ@スーパー | May 07, 2005 01:04 PM

510ブルは28番車にとって永遠のライバルです!(きっぱり)
って昔っから延々とヤラれっぱなしのパナシちゃんですが・・・。
フルオリジナルと完全レース仕様車の2台体制は、究極の理想型のひとつでしょうねえ。
叶わぬユメです・・・。

Posted by: 28ばん | May 08, 2005 12:39 PM

こちらで拝見してましたブルでした。
スーパーTIのライトアミアミルックよりも激しいですね。
走りもよかったですが、残念ながらレース最終ラップで石が当ってフロントガラスが割れてしまいました。
こういったのは旧車にはキツイですね!

Posted by: ますけん | May 06, 2006 12:19 AM

ギャラリーから観てて分かったということは、部分強化ガラスだったんでしょうか?・・・だとすると割れた瞬間に目の前がヒビだらけになって初めてだと結構ビックリします。私もKPとヴェローチェで1回づつやっちゃっております。→http://no28.cocolog-nifty.com/no281750gtv/2004/09/post_3.html
因みにJAF戦ではフロントは「合せガラス」が必須。昔は純正で設定の無い車種が多かったのでTRDとかから競技用パーツとして合せガラスが出てました。コレ高かった~!

Posted by: 28ばん | May 06, 2006 10:48 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 行ってきました「ノスタルジックカーレース」:

« ドライバー識別用カラーリング | Main | ユーロカップ2005第2戦にエントリー »