« November 2005 | Main | January 2006 »

December 2005

2005年度全リザルト

PROGRAM2
「あっ!」と言う間に2005年も残すところあと1日。トシとる度に月日の流れは速くなるというがコレ、どうもホントのハナシのようで、おまけにここへきて加速度さえついてきたような気が・・・。
ともあれ、相も変わらぬ拙い内容の当ブログを本年も暖かいお心を持ってお付き合いいただきました皆様におかれましては、ホント感謝の気持ちで一杯であります。また来年も何卒ひとつよしなに・・・。
ということで2005年のラストも昨年同様、今年度28番車全リザルトで締めくくりたいと思います。来年も皆様にとりまして良き1年でありますように!それでは、よいお年を!

ユーロカップ2005 ユーロ&ジャパンクラシックカーレース 第1戦
2005年3月13日 セントラルサーキット(ドライ→ウェット)
T2クラス 予選3位(4) 1’36.604  決勝2位(4) BT 2’02.487

アルファロメオチャレンジ2005関西 第1戦
2005年3月20日 岡山国際サーキット(ドライ)
HRクラス 予選3位 1’56.665  決勝4位 BT 1’56.808

ユーロカップ2005 ユーロ&ジャパンクラシックカーレース 第2戦
2005年5月29日 セントラルサーキット(ドライ)
T2クラス 予選4位 1’37.076  決勝2位 BT 1’39.538

アルファロメオチャレンジ2005関西 第2戦
2005年6月26日 岡山国際サーキット(ドライ)
HRクラス 予選3位 1’56.065  決勝3位(4) BT 1’56.573

アルファロメオチャレンジ2005関西 第3戦
2005年8月21日 岡山国際サーキット(ドライ→ウェット)
HRクラス 予選1位(2) 1’57.559  決勝1位(2) BT 2’09.719

ユーロカップ2005 ユーロ&ジャパンクラシックカーレース 第3戦
2005年9月4日 セントラルサーキット(ドライ)
T2クラス 予選3位 1’36.100  決勝 豪雨の為順延

チャオ・イタリア2005 イタリアンクラシックカーチャピオンレース
2005年10月16日 セントラルサーキット(ドライ)
BS-3クラス 予選1位(3) 1’35.254  決勝 リタイヤ

ユーロカップ2005 ユーロ&ジャパンクラシックカーレース 第3戦
2005年11月13日 セントラルサーキット(ドライ)
T2クラス 決勝3位 BT 1’35.396

ユーロカップ2005 ユーロ&ジャパンクラシックカーレース 第4戦
2005年11月13日 セントラルサーキット(ドライ)
T2クラス 予選4位 1’35.681  決勝4位(5) BT 1’37.221

※カッコ内は総合順位 BT→BEST TIME

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005年 28番車の○と×

28GARAGE
今年も残すところあと2日・・・ということで、28番車の2005年総括を○と×で。

毎年の目標である「参加全レースの完走」こそできなかったが、この1年を通して他車との接触も、単独クラッシュもなく無事故でシーズンを終えることができた。
「今現在ちゃんとしたカタチで28番車が存在している。」この一点に感謝。
×
年初に表明した2005年の目標は結局何ひとつとして達成できず。
また成り行き上、シーズン途中から急遽投入することになった2リッターエンジンのセッティング出しに思いのほか苦労させられた1年で、かねてからの懸案事項である足回りの抜本的見直しには終に手を着けることさえ叶わず。
・・・といった具合だが、ホンネを言えば明日をも知れぬサラリーマンがリストラもされず、トバされもせず、今年もこんなゼータク極まりないアソビをナントカ続けることができました・・・というのが正直なトコロ。
どうか来年も今年同様、無事走り続けることができますように・・・と願わずにはおれぬ年の瀬であります・・・。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

安全タンク

FUELCELL
「イタリア車が好き!スパイダー&スパイダー 」さんからのトラックバック。
28番車の安全タンクは現在のもので2代目。初代は今を去ることウン年前「チャオイタリア」立ち上げの頃、当時チューニングクラスは安全タンクがないとダメということで、なけなしの予算を2年越しではたいて購入したATL製30リッタータンク(1年目の予算はロールバーに消える)。スペアタイヤ収納スペースの底を平らに加工し、さらにアルミコンテナの角が当るところをハンマーでドツいて押し込む。
その後軽量化の為、より小型の樹脂製タンクに変更。その際に円形の収納部分をFRPで自作、併せて少しでも重量バランスをマシにすべくトランク内レイアウトの見直しをはかる。容量はコレクタタンク分と合せて約20リッターとなり、遠出の際のガソリン携行缶は必需品に。
昨今関西でも多数見かけるようになった「レース参加を前提にドンガラのボディから綿密に造り込まれた車輌」からは程遠く、「街乗り&レジャーのアシ」の延長のまま常に「こしらえながら走る」という自転車操業的変遷を辿る28番車。
いつまでたっても「暫定仕様」デス・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

ドライバッテリー

DRYBATTERY
28番車が軽量化の為ドライバッテリーを導入したのは5~6年前か、いやいやもっと以前のことだったような・・・。
どうせなら少しでも軽いモノを、ということで当時のラインアップでは最小の12V/15AHを選んでみたのだが、エアコンレス、オーディオレス、ヒーターレス、コンピュータなんて勿論レスの電装品無い無いづくしの28番車ゆえか最近までバッテリーに関しては全く問題なし。ところが今年のARC2005第2戦をオルタ無し状態で走ってしまって以来、それまで元気だったバッテリーが急に弱ってしまったようで、朝イチ自力でエンジンがかからないこともしばしば・・・やっぱ1回アゲちゃうとアカンみたい。
それ以来レース前は必ず一晩バッテリー充電機に繋いでナントカしのいでいたのだが、折角高いカネ払ってエントリーしたレースを突然の始動不能でリタイヤするのは絶対にイヤなので、この際思い切ってサラを購入。
というコトで2006年イッパツ目の作業はバッテリー交換の予定。

追記:あちゃ~!こんな安いヤツあったんや~知らんかった・・・と後悔しても後の祭り・・・ということでドライバッテリー繋がりでトラックバックさせていただきました。

追追記:同じくドライバッテリー繋がりでユーロカップを共に戦うコチラにトラックバックさせていただきました。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

同時点火のピックアップ

PICKUP
同時点火繋がりで「LOTUS RENAULT 54」さんからのトラックバック。
28番車で使用しているワコーの同時点火キットは、点火信号をデスビのプラグコード差込部からそのまんま取り出してくるタイプ。写真左、黒い箱状のピックアップユニットから伸びた赤いコードが4本デスビに繋がっているが、実は取り込んでいるのは1番上死点のタイミングだけだったりする。これだとデスビ内部は改造不要なので素人にも楽々取付できる分、見た目は・・・まあナントモ取ってつけたようでブサイクではある。
プラグへの点火そのものはデスビを介さなくなった為か、はたまたCDIのマッチングが良かったのか、火花自体はキョーレツになっており高負荷時のドライバビリィティ向上に幾分なりとも貢献しているのは確かだが、点火時期は依然としてデスビによるガバナー進角のまま・・・。
この辺が今後の課題でアリマス。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

年末のご挨拶

Y-MAINTE2_2
昨日はクリスマス・イブ・・・といっても四十路のくたびれたオッサンである28番車にとっては取り立てて何がどうということも無い単なる年末の土曜日。
何となく気忙しい師走の週末。夕方の渋滞でごった返す中、愛用のスクーター「グランドアクシス」ですり抜けすり抜け・・・今年もお世話になりまくった「柳原メンテナンス」へ年末のご挨拶に。
事務所でいただきもののミカンの皮なんぞ剥きつつ「ホンットこの冬は寒いッスねえ~・・・」などと世間話に花咲かせているとケータイの呼び出し音・・・。
「アンタ!ケーキどーすんの!先食べるで!」
へいへい・・・ただ今帰りましてござりまするよ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ユーロカップ2006 日程発表

vwvw
今年もいよいよ残すところ1週間余り・・・そんな中、早くも来年度「ユーロカップ2006」の日程が主催者「ツーアンドフォー」のHP上に発表されているのを発見。それによると28番車がお世話になる「ユーロ&ジャパンクラシックカーレース」は、’06年度も引続きセントラルサーキットにて全4戦が開催される予定。日程は3月19日、5月21日、9月17日、11月12日のいずれも日曜日。
去年もココに書いたバラエティ豊かな車種構成による「ごった煮旧車レース」の魅力への思いは今シーズンを終えた現在も変わらず、よって来期の28番車もなんとかガンバッてこのシリーズを追いかけられるだけ追いかけてみるつもり。我らがロメオはモチロンのこと、ロータス、ポルシェにVW、BMWにトヨタ、日産等等等、はてさて来期はいかなる顔ぶれが集まりますやら?・・・なんて言ってるうちに「あっ!」という間に気がついたら開幕戦・・・というのが例年のパターン。
来年こそはしっかり準備して・・・などと考えつつも・・・ま、シーズンオフはとりあえずコタツでみかんじゃ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

同じところが・・・

BB2000-4
先日行われたライブイベント「ACC2005」の会場、原宿・アストロホールの楽屋での1枚。
ほぼ同時期のものと思われるギター&ベース。向かって左側のギター、ヤマハSC-2000(だったっけ?)とその隣が28番車所有のベースで同じくヤマハのBB-2000。ギターはカッティング、ベースはチョッパーと奏法は違えど、演奏時に指先が当たる部分の塗装のハゲ具合がさも似たり。
横に並べてみて「同じようなトコが色変わっちゃってますよね~。」なんて持ち主同士で話しつつパチリ。
お互いに年季入ってます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

エンジンオイル

PENNZOIL
28番車のエンジンオイルについてのお話。
ノーマル時代は一貫してアマリー、その後モチュールの300Vを経て去年の後半からNUTECを使用。銘柄を変更しているのはオイル自体に問題があったワケではなく、当時の供給面での都合によるもの。
で、今シーズンの後半から使い始めているのがペンズオイルの100%化学合成タイプで粘度は5w-50。今年のチャオイタリアとユーロカップ最終戦で使ってみた感じはなかなか良好・・・・と言うか28番者の場合、その日のエンジンの調子(特にトップエンドでのフケ上がり等)は当日の気象条件に左右される部分がかなり大きく、運転手が鈍感なことも相まってエンジンオイルの違いのみによる性能差はほとんど体感できないというのが実際のところ。それよりもむしろ安定した油圧・油温で常時エンジンをベストな状態に維持できる性能の方をより重視。
そういう意味で今後は同じペンズオイルの中でもよりコストパフォーマンスに優れた鉱物油との部分合成タイプも試してみる予定。何せ容量が7リッター近くもあるので、100%化学合成はオイル代がタイヘンなのデス。

追記:「PENNZOIL」繋がりでいつもコメントをいただいているコチラにトラックバックさせていただきました。

追追記:同じくコチラにも・・・。ペンの愛用者って結構多いのね・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

ACC2005お疲れ様でした。

ACC20052
先週末行われた年末恒例のライブイベント「ACC2005」は、今年もいつものごとくの大盛り上がり大会にて無事終了。お疲れ様でしたー!
本年度も大変楽しませていただき、お世話になったスタッフ並びに出演者の皆様方には感謝感謝であります。つきましては来年もゼヒ!とお願いしたいのはヤマヤマなれど、2003年末の昔やってたバンドの再結成、そして去年と今年の「ジノ・ヴァネリ」コピーバンドと続いた所謂「企画モノ」は今年をもってひとまず終了、ということで28番車も本年にてお役御免と相成った次第。
ホント久しぶりに思い出させていただいたライブの楽しさ、ならばいっちょパーマネントなバンドで・・・なんて考えも一瞬よぎるが、年がら年中クルマも音楽もなんてゼータク極まりないハナシが通るワケも無し。そないに何でもカンでもと遊び呆けてたらホンマにオマンマの食い上げ、せめてどっちかはガマンせんとね・・・と自分に言い聞かせる。
来年は客席にてよろしくお願いします・・・あ、それから打ち上げと・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

明日は年末恒例 ACC2005 Vol.4

ACC2005
明日12月17日(土)は、28番車の年に1度の「おのぼりさん」。「懐・夢 Aka Cho Chin 2005-We have dream-」というライブイベントに参加の為、ベース担いでお江戸は原宿「アストロホール」へ。
今年で4回目ということで年末の恒例行事となりつつあるこのイベント、その運営の手際よさについては以前にも書かせていただいた通りで、今回のVol.4も昨年同様楽しいライブになりそう。また1年ぶりとなるたくさんの方々との再会も楽しみ楽しみ・・・。出演者&スタッフの皆様、またまた今年もお世話になります!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

クーラント交換

COOLANT今年の夏、サーキットでのオーバーヒート対策の一つとして導入した高効率クーラント「ワコーズ・ヒートブロック」。
レース用ということもあってか凍結防止効果の方は全く無いこのクーラントを、ここ最近冷えこみが厳しくなってきた今の今までウッカリ入れっぱなしだったコトを思い出し、慌てて仕事帰りにホームセンター「コーナン」へ。不凍液としての効果もある通常のクーラントを購入したその足でガレージに直行、遅ればせながらのクーラント入替作業にかかる。
オーバーヒート防止の為のクーラント、冬場に凍らせてエンジンやラジエター壊しとったらシャレにならんし。
クーラント交換後、エア抜きの為エンジンをかけようとしてふとインパネを見ると水温計の表示は僅かに2℃ときたもんだ。深夜の賃貸ガレージ内に暖房設備はモチロン皆無・・・・寒さが身にしみいりマス・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヒトのフリ見て・・・

HEATBLOCK
相方27番車のブログにこんな記事を見つけ、「そう言えばあのヒト、今年の夏はオーバーヒート対策でそんなクーラントも入れとったよなぁ・・・。」などと半年ほど前の事を思い出す・・・・せやせやワコーズのヒートブロックは不凍液としての機能が無いんやった・・・確か「お互い冬になったら忘れんと普通のクーラントに戻しとかなアカンなぁ。」なんて話し合ってたっけ・・・・アレ!?
あっ!そや!アルミラジエターに替えたついでやからってあのクーラント、28番車にも入れたんやった!あちゃー、コロッと忘れとったし。エライコッチャ、ここんとこメチャクチャ寒いがな・・・こりゃ早急に28番車のクーラントも交換だわ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ライブ本番1週間前

SOUNDHALL
この土日は今週末のライブに向けての最後のバンド練習。
初日は上永谷の「STUDIO TWO UP」、続いて横浜アリーナ横「SOUND HALL」という貸スタジオで行われた今回の練習。ギター担当、20ウン年来の先輩による28番車の点数は「75点」。
お~っ!ナントカ及第点ではありませぬか。やれやれよかったよかった・・・と練習を終え、関東在住の先輩の「スバル・レガシー」にメンバー各々の機材を積み込む。
新横浜の駅まで送っていただく帰り際・・・
「あのー、帰り荷物になるんでボクの楽器、来週まで積んどいてもらってイイすか?」
「ホンマにオマエというヤツは・・・・ええワケないヤロ!ちゃんと持って帰って練習しとけ!」
ス・・・・すんまそん・・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

本番1週間前の練習へ

BB2000-3来る12月17日(土)、東京原宿は「アストロホール」にて行われるライブイベントを1週間後に控え、いよいよ本番前最後となった練習に参加の為、新幹線ではるばる横浜の貸スタジオへ。
現在参加させていただいているバンドのメンバーが、関東・中部・関西とバラバラに散らばっている為、練習場所も各方面持ち回り。前回は他のメンバーに関西方面までご足労いただいた分、今度は28番車にとっては遠く横浜での練習となったというワケ。
前回の練習後、「毎日寝る前にせめて10分でもいいから、楽器には触っておくように・・・」と念を押されていたのだが、実はその後触っていたのは専らスパナやドライバーの類いばかり・・・。結局あれから一度たりともケースから出さず終いのまま今回の練習に向かおうとしていることなんて・・・ゴメンナサイ、口が避けても言えません・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お見事!フルエントリーで全戦完走

LOTUSEUROPE6
29CIAO
「無事コレ即ち名馬なり。」
3月は雪の開幕戦に始まり、赤旗再スタート後大荒れの決勝となった5月の第2戦、そして豪雨延期の第3戦に締めくくりはダブルヘッダーの最終戦・・・・と、思い起こせばなんとも波乱万丈だった今年のユーロカップ2005・EURO&JAPANクラシックカーレース。
その全戦にエントリーを果たし、なおかつ全レースを無事完走にてシーズンを終えられた、いわば今年のユーロカップ・クラシックカークラスを最も堪能し尽くしたと思われるのが写真の御両名。ブログ「LOTUS RENAULT 54」でもお世話になっているLR54さんのロータス・ヨーロッパS2と、手前味噌にはなるが我らがチーム「柳原メンテナンス」、アルファロメオ2000GTV「29番車」。
「三振かホームラン」的レーススタイルもそれはそれで見事な「オトコの生き様」ではあるが、やはり我ら草レーサー、たっかいエントリーフィー払った分しっかりモトはとって帰りたいモノ。とはいえ30年も前のクルマをシーズンを通して好調を維持しつつ過酷なサーキット走行をこなすというのは実はなかなかタイヘンなコト。これもオーナードライバーさんのみならず、サポートされたスタッフの方々の努力のタマモノかと・・・ホンマ、レースは一人ではできまへん。
28番車が毎年まず第一番の目標としている「無事に行って、無事帰る!」はチャオイタリアをリタイヤしてしまった為、今年は残念ながら達成できず・・・・来シーズンこそは参加全戦完走を目指してガンバロー!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

年末ジャンボ宝くじ

TAKARAKUJI
先日、偶然にもリンクサイト「Oh My Giulia」さんの丁度20,000アクセス目の入場者になった28番車。嬉しいことに管理人様より何か記念の品をいただけるということで楽しみにしていたところ、送られてきた一通の封筒。早速開けてみると中身はナント今年の年末ジャンボ宝くじ(幸運を呼ぶ四葉のクローバー付)。それも当選確率ベスト3との呼び声も高い名古屋駅前宝くじ売り場、通称名鉄チャンスセンターにて購入の1枚とのこと。
なるほど、こりゃナントモ粋な計らいやね~!ということで「Oh My Giulia」管理人の「おかんの頭の頭」様、どうもありがとうございました!年明け早々当ブログのタイトルが「NO.28-1750GTAm」に変わっていたら・・・それは「おかんの頭の頭」様!アナタのおかげです。
ちなみに写真手前の黄色い封筒は、いただきものが宝くじと聞いてヨメハンが早速用意した「Dr.コパの開運!お宝封筒」。
「この封筒に入れてなるべく家の中心に近いトコに置いとくとええねん・・・あ、それからクジ運と金運がアップするシールも貼っといたから。」・・・ってアンタ、こういう時だけは協力的なのね・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

ラップタイム表示板

LAPCHART
祝!セントラルサーキットにP-LAP導入」なんて書いてたら思い出した。
そういえば昔はこんな便利なもんがセントラルサーキットのピット上にはあったんだっけ。上位6位までのラップタイムをリアルタイムで表示するラップモニター。本来は観客席向けの設備だが、メインストレート走行中の車内からも確認でき、特に予選中は他車のラップタイムも含めたその時点での自分の順位が一目瞭然なのでえらく重宝した覚えがある。
写真は’97年チャオイタリア予選中のスナップ。PPを獲得したカーNO.1、マルティニカラーのワークス・ランチアラリー037に続いて2番手に着けていたのは関東の超有名ドコロ、「ガレージゴトウ」ワークスのゼッケン75番。当時すでに激速マシンとして何度も雑誌等に紹介されていた段付きの実物を初めて目前にして、目の色変えて喰いさがった28番車は僅かに届かず予選3番手・・・。地元の利を活かせずあえなくヤラレちゃいましたの図。
このタイムボード、その後システムの不調からか文字番の表示が一つ欠け、また一つ欠け・・・、現在ではただの黒い物体に成り果ててしまっている様子だがコレ、できれば復活させてほしいッス。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

パソコン本体の入替

PASOCON
お互い「CAFE UNO」の常連ということで、パソコンに関してはすっかりお世話になってしまっている「Mっちゃん」から連絡あり。以前「そろそろDOS/V機いっときましょか」ということで手持ちの中から見繕っておいてくれる手筈になっていたPCが用意できたとのこと。早速「CAFE UNO」へ現在使用中のPCを持ち込み、データ移行作業をしていただく。毎度のことながらお世話になりっぱなしで・・・ありがたいことデス。
今回はPC本体のみを今時レアな「CASIO」製に交換。ディスプレイは以前と変わらずNEC・PC98モデルから引続き使用するが、98用マウスは使えなくなったので、余っていたIBMのPS/2マウスをUNOマスターからおすそ分けしていただく・・・で、本体CASIO、ディスプレイがNECでマウスがIBMという和洋折衷(?)仕様と相成った次第。ホント皆様のおかげでゴザイマス。
それにしても「CASIO」がパソコン造ってたなんて初めて聞いたし・・・。

追記:コチラはどーんと「サラ」に入替!うらやましいッス。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いまだ機種変更できず。

KEITAI3
「Panda-JAZZ_Club+Super」さんからのトラックバック。
以前④・⑤・⑥のボタンが効かなくなる等の不調の為、思い切って携帯電話の機種変更を考えたのがほぼ半年前
ところがテンキーが反応しないときは電話本体をむんずと掴み、「ふんっ!」とばかりに若干ヒネリを加えてやると一時的に復活することが判明するや、持ち前のモノグサな性格が顔を出しナンダカンダ言いながらもいまだにそのまま使い続けてたりする。ただ最近バッテリーのモチがかなり短くなってきているような・・・。
今度こそ機種変更かな・・・なんて思いつつも、結局完全に壊れてしまうまでこのまんまのような気がする。
根が面倒くさがりなもんで・・・。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

ロメオは赤!とは言うけれど・・

MIZUIROSPIDER
アルファロメオと言えばやっぱり赤!というのは定番のようで、特にサーキットで見かけるヴェローチェの場合、出走車の半分以上が赤いクルマなんてこともしばしば。28番車もご多分に漏れず、元色のグリーンから赤への全塗装車輌。そういえば昔、鈴鹿東コースで開催されていたヒストリックカーレースのスタート直後、場内アナウンスが
「あ~っ!1コーナーで1台のクルマがコースアウト~!・・・・赤のアルファロメオだ~!!」
と叫ぶのを聞いても、28番車を含む出走していたほとんどのロメオが赤だったので、ピットでは誰がトんでいったのやらサッパリ判らなかった・・なんてコトもあったそうな。
最近はサスガに「赤ではかえって目立たん。」ということもあってか、それ以外の塗色で仕上げられたロメオも増えてはきているが、主流はやはり赤・白・黄といった原色系。そんな中、そのあたりを敢えてハズした中間色のボディカラーで抜群のセンスを見せるのがこちらのスパイダー。ボディカラーだけでなくクルマ全体の醸し出す雰囲気がハラ立つほどキマッっている1台。
この感じをナントカ出したいと28番車もイロイロやってはみるものの・・・う~ん何か違う・・。
センスっちゅうモンはなかなかマネできんのよね・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

記念に1枚!イっときまひょか?

ALLSPORTSCOMMUNITY
直前までアトラクションや乗り物で楽しんでいた人たちの姿を収めた写真をお帰り口にて展示、「記念にいかがですか?」と販売中・・・なんてのは遊園地やテーマパークでよくある光景。
何となくそんなことを思い出してしまったのが、「全ての参加者のためのアマチュアスポーツメディア」と銘打たれたこちらのサイト、「ALL SPORTS COMMUNITY」。要するにありとあらゆるアマチュアスポーツの大会にカメラマンを派遣し、そこで撮影した参加者の写真をネット上で公開・販売するというもので、アマチュアレースの写真も多数あり。
普通「レースが好きで写真撮影が趣味」なんて友達がうまい具合にいない限り、我ら草レーサーが自らのサーキット走行中の写真を手にするというような機会は滅多に無いが、コレだとレース後ゆっくりとウェブ上でサンプル画像をチェックしつつ気に入った写真を購入できるというワケ。お値段がチト高いのがタマにキズだが、サンプル眺めてるだけでも充分に楽しめマス。
これから年末にかけてのこの時期、「年賀状用にひとつ・・・」なんて需要が結構あったりして。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

« November 2005 | Main | January 2006 »