« December 2005 | Main | February 2006 »

January 2006

強化セルモーター

STARTER
75用セルモーター繋がりで「でら・べっぴんな車たち」さんからのトラックバック。
28番車の場合、同じアルファロメオの75用セルモーター(正確には同等品の最終型スパイダー用)を歯数の違うピニオンギアだけを変更して強化版セルモーターとして流用。
オリジナルの「PARIS」製セルモーターは、エンジンの圧縮比を上げてからというもの、回りが悪くなる度に修理に出していたが、本来の性能自体がイマイチパッとせず・・・。朝イチの始動時はイグニッションをオンにした後、祈るような気持ちでスターターボタンを押すと・・
「グウッ・・グウッ・・グウッ・・グッ・・・・(一瞬の沈黙)・・バァ~ン」とエンジン始動。
「ふ~っ・・今日もナントカ無事にエンジンかかりました。クルマの神様ありがとう。」
・・・てな具合だったのが、現在のセルに交換後は「キュルキュルバァ~ン」と一発始動で、最初はあまりのかかりの良さにうれしさよりも先に呆気にとられてしまったホド。
やっぱ電装品は少しでも新型のヤツに限るワ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カニカニツアー2006

KANITOUR
先週末は「柳原メンテナンス」「プロバメカニカ」合同のちょっと遅めの新年会「チキチキ!1年分喰うぞ!突撃カニカニ合宿in宮津」。・・・ということで今年も8人乗りのレンタカー2台に分乗、一路丹後方面へ。
昨年もお世話になった民宿で皆ワイワイガヤガヤやりつつおいしいカニさんをたらふくいただいたワケだが、こんな時いつも不思議に思うのが翌朝の朝食。普段家庭では朝食担当の28番車、毎朝ヨメハンコドモの朝メシをこしらえておきながら自分はヨーグルトとコーヒーのみで済ませてしまうのに、こういう時に限って昨晩散々飲み食いしたにもかかわらず、出された朝食はすっかり平らげてオマケに御飯のおかわりまでしてしまうのは・・・アリャ一体どういうことなんだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブリーザーパイプ

breezer_pipe
サーキットやイベント会場で「何ですかコレ?」とよく訊ねられる、Cピラーに貼り付いた黒いゴムホース・・・。実はコレ、燃料タンクのブリーザーパイプ。
JCCAクラシックカー特別車輌規定(だったっけ?)の燃料タンクの項
「全ての燃料タンクには、ブリーザーパイプと燃料逆流防止のためのワンウェイバルブを装着すること。ワンウェイバルブの取り付け位置は、燃料給油口と同高または高い位置に取り付けられること。また、ブリーザーパイプは車外に通気しなくてはならない。」
に準じて設置したもの・・・というかコレ読んだだけでは、「じゃあ具体的に何をどうすりゃいいのか?」が全く解らなかったので、実際にサーキットで現車を見学させていただいたり、雑誌に掲載されている写真を参考にしたりして、ヒストリックカーレーサー諸先輩方のやり方をチャッカリ真似させていただいたもの。車輌規定に適合させる為に行う実際の作業内容は、規則書を何度も読み返すより「ゲンブツ」を見せていただく方が遥かに話が早いし。
「百聞は一見にしかず」ってヤツデス。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

トコロ変われば・・・

JIKKAPC
先日実家に帰った折、初めて自宅のPC以外で当ブログを覗いてみたところ、普段見慣れているのとはなんだか違った感じがするのにチト驚く。画面の微妙な色合いや文章の改行位置、それに余白の広さなどが自宅PCの画面上とは若干変わって表示されている為で、同じブログでも閲覧するPCによって結構違った雰囲気になるというコトに初めて気付いた次第。
また自宅では「う~っ、ナカナカ出てこんぞ・・・」と毎度毎度イライラさせられるヤフーブログも、実家だとマァ比較的サクッと姿を現わす・・・・ウチのインターネット環境にも若干の問題アリだなこりゃ。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

SCENE IN THE 60’s

510BLUEBIRD4
今シーズンも地元セントラルサーキットで開催されるユーロカップをメインに、アルファロメオチャレンジ関西、チャオイタリア等できる範囲で参加していく予定の28番車だが実はそれ以外にもう一つ、以前からずっと出てみたかったレースが、岡山県は中山サーキットにて開催される「SCENE IN THE 60’s」
毎年春と秋の2戦プラスそれぞれにテストデイが設けられており、今年は4月19日(日)と10月22日(日)の予定。残念ながら10月はチャオイタリアとバッティングしてしまっているが、4月は今のところ空いているので今年はとりあえず1度観戦に行ってみるつもり。
写真はその「SCENE IN THE 60’s」の常連さんで、その昔’98~’00年に開催されていたJAF公認「セントラルビッグチャレンジレース」のクラシックカークラスでは28番車がその後姿をナントカ拝める範囲内でゴールしようと目標にしていたアコガレの常勝510ブルバード軍団の一台。
昨年の「TIPO OVERHEAT MEETING」で久しぶりに見かけた時の1枚だが、それにしてもヒスリックレーサーってのは皆ホント息が長いッス。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

ルマン・クラシック・ジャパン

LEMANSCLASSIC
JAFライセンス所持者を対象に毎月送られてくる「JAFスポーツ」誌。その2006年1・2月合併号をパラパラと眺めていてフト目に止まったのが、昨年10月末にMINEサーキットで行われた「ルマン・クラシック・ジャパン」の記事。
本場フランスにて開催された過去のル・マン24時間で活躍した往年のマシンが一同に会するレースイベントの日本版だそうで、本チャンも本チャン・・・準国際格式のバリッバリのクラシックカーレース。旧いクルマによるレースとはいえ28番車とは全然別世界のハナシやなぁ・・・なんて思いながら読んでいたら、ありゃ!チャオイタやロメオチャレンジの常連さんで当ブログにも何度かコメントをいただいている白猫#35さんがナントご夫妻揃ってお出になっているじゃぁあ~りませんか!いやはや皆様多方面で活躍されているなぁと改めてビックリ。
さらにご主人の白猫35番さんは見事クラス優勝とのこと。遅ればせながらオメデトウゴザイマス!

追記:この記事やはり「JAFスポーツ」誌の中では異彩を放っていたようで・・・「ルマン」繋がりでコチラにトラックバックさせていただきました。
追追記:さらにご本人ドライブによる当日の珠玉のレーシングカーの雄姿はコチラにて・・・ということでトラックバックさせていただきました。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

レーシンググローブ

GLOVE
かなりくたびれてきた28番車のレーシンググローブ。
もうかれこれ7~8年前、現在のアルファロメオチャレンジ関西の前身、スクーデリア・ヴェルディ主催の模擬レースでの恒例行事だった表彰式後の「お楽しみじゃんけん大会」で、クジ運ゼロの28番車を尻目にヨメハンが手に入れてきたもの。
それ以来ずっと愛用してきたが、サスガにここ最近指先部分のほつれや穴が目立つようになってきており、レース前車検でオフィシャルの方に指摘される前にエエ加減新しいモノに買い換えたいところ。
そんな折、ユーロカップ主催者「ツーアンドフォー」のHPに「EURO CUPサポート企画」なる記事を発見。それによるとDIXCELというメーカーのブレーキパッドを入れてユーロカップに出ると、オマケにOMPのレーシンググローブがいただけるらしい。
次回のパッド交換時には要検討だなこりゃ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スナップオンの道具箱

TOOLBOX
スナップオン繋がりで「でら・べっぴんな車たち」さんからのトラックバック。
28番車が所有する唯一の「Snap-On」がこのオレンジ色の道具箱。大きさも手頃で使い勝手もいい為、サーキットへ持っていく工具はコレに収納。ホントはあらゆるトラブルに対処できるようピットに持ち込む工具類は多いに越した事は無いのだが、28番車の限られた積載スペースではなかなかそうもいかず・・・・。そのぶんなるべく使用頻度の高そうな工具類を厳選しているつもりだが、それでも工具が足りずピット内のご近所さんへ出向いてお借りしてくる・・・なんてこともしばしば。まあ時には逆の場合もあるワケでこの辺はお互い様ということで・・・。
箱もスナップオンならトーゼン中の工具類もスナップオンで揃えて・・・いるわけもなく、作業の必要に応じてその都度買い足したモノから解体屋で拾ってきた車載工具にいたるまで中身は全て国産の普及品。
つまり「ガワ」のみがスナップオンというワケで、ミーハーな事この上無しデス。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

’06 アルファロメオチャレンジ関西

ARC20057
ひょっとして今年は無いのではないか?
いつまでたっても発表されないレースカレンダーに、そんなコトすら囁かれて始めていた2006年の「アルファロメオチャレンジ関西」だが、ここへ来てようやく開幕戦の日程のみオフィシャルHPにて発表された。
それによると今年のアルファチャレンジ関西開幕戦は2月19日(日)、場所は例年どおり岡山国際サーキットにて。さらに詳細については後日発表ということらしい。
う~しかしそれにしても2月19日とは・・・ヒーターレスで自走参加の28番車としては、せめてもう少し暖かくなってからにして欲しいものだが、まあ今年も引続き開催していただけるだけありがたいというもの。ゼータクは言えまへん。
とにかくそうと決まれば、シーズンに向けてボチボチ動き出さんとアカンなぁ・・・って、もうあと一ヶ月やがな?!

| | Comments (6) | TrackBack (3)

MINEサーキット閉鎖

MINECIRCUIT
相方27番車からのトラックバック。MINEサーキットが来月一杯で営業を終了するらしい。
28番車で走ったことはないが、’03年度アルファロメオチャレンジ九州最終戦に当時の柳原メンテナンスワークスカー「25番車」の、またその次の年’04年度の同じくアルファチャレンジ全国統一戦に相方27番車の、いずれも積載車運転手兼お手伝い係として訪れたことがあるMINEサーキット。
確か両日ともオンシーズンの日曜昼間にも関わらずコース上全く誰も走行していない時間帯があり、「TIやセントラルでは考えられんなー」などと思っていたが、それにしてもあまりに突然の「閉鎖のお知らせ」に驚きを禁じ得ない。
外から見る立場で一番印象に残っているのは、長大なメインストレートの後半部分にピットロードが設置されているレイアウト上、ピットサービスから4速の全開全負荷、正真正銘目一杯で走るクルマの姿を間近で感じられたコト。
コンクリートウォールで固唾を飲んで見守る中、やや上り勾配のストレート前半部分を駆け上がってきたヴェローチェが忽然とその姿を現わしたかと思うと・・・
かぁぁぁぁぁぁぁっ!!!・・・・こぉぉぉぉ~ん!と4速のゼンッッカイッから5速に放り込んで走り去るその快音といったら・・・あの音はTIやセントラルでは聞けんなあ・・・なんて思い出す。
そんな想い出深いサーキット・・・何とか存続への道を探っていただきたいものだが・・・。

追記:同じく旧車ロメオでMINEを走られているコチラにもトラックバックさせていただきました。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

厄除け祈願

YAKUHARAI2「28番車も行ってまいりました。」ということで「Casa Mia」さんと「Panda-JAZZ_Club+Super」さんからのトラックバック。
しかし普段はナーンモせんくせに、こんな時だけはまあ御都合のよろしいことで・・・と我がコトながら呆れつつも、まあ「気はココロ」ということで厄神明王様には何卒ご容赦いただきたく・・・。
写真のお札はその厄神明王様のご分身だそうで、東もしくは南の方角に向けて置いておくよう教わって帰ってきた次第。
磁石による方位測定に余念が無いヨメハンに、「アンタ!折角お参りしたんやから、ちゃんと毎朝拝んどきや!」とドヤされつつ、本年も28番車家族共々どうか無事で過ごせますよう・・・合掌。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

ブラックアウトでスタート

START3
レースで何が苦手かって、スタートが大のニガテ。1周目の1コーナーに予選と同順位で飛び込めれば28番車としては大成功!というくらいで、要するに駆動輪のグリップを感じ取れないコマッタチャンなのだが、ここ最近さらに困ったことが・・・。
というのはスタートシグナル。以前は5秒前→レッドシグナル→グリーンシグナルでスタート!が一般的だったと記憶しているのだが、最近は5秒前→レッドシグナル→ブラックアウトでスタートというのが通例のようで、どうもコレにいまいち馴染めないのデス・・・。
常日頃から青信号でスタートする習慣が潜在意識に染みついてしまっているからか、赤ランプが消えた次の瞬間、どうしても一瞬間があいてしまう。ヒドイ時などは5秒前から「黒でスタート、黒でスタートや・・・」と念じておきながら、イザ真っ黒になったランプを「あ、消えてる・・・」なんて一瞬ボッサーと見つめてしまいエライ目にあったことも・・・。
「うわーっ!ちゃうわ!ちゃうわ!スタートやがな!」などと慌てふためいてみてもあとの祭り。
消灯でスタートというのは、どー考えても人間の本能には合わないような気がするのだが、他の人達は皆平気でスタートしてはるもんなあ・・・28番車がよほどニブイのであろう・・・グッスン。
でもやっぱり「進め」は青信号にして欲しいと思うのはワタクシだけでしょうか・・・。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

サンビームアルパイン

SUNBEAM
「カーマガジン」繋がりで「Tipo105」さんからのトラックバック。
「本年もお世話になります。」とご挨拶がてらお邪魔した「柳原メンテナンス」。その日の仕事を終え事務所に引上げてきた御大「ウチのおとーさん」、よっこらしょと腰掛けて手近にあった「カーマガジン」2006年2月号をパラパラと眺めつつ・・・
「お~懐かしい~、キレイなカタチしたええクルマやったな~。」と手を止めたのが意外や意外、「サンビームアルパイン」のページ。
「へ~、昔乗ってはったんスか?」
「いやいやコレ昔整備しとったんやで。」
聞けばその昔、アルファロメオの正規ディーラーだった伊藤忠オートではこのサンビームも扱っていたのだそう。
「ほなその頃の伊藤忠オートって”ロメオ班”と”GM班”だけやなかったんですか?」
「そうそう”ルーツ班”ちゅうのがあったんやで。」
へー・・・ちーとも知りませんでした・・・というお話。
写真は柳原メンテナンス豪華ショールーム内の接客スペース・・・なワケ無く、「カーマガ」は毎号ココで見させてもらっております「CAFE UNO」のカウンター・・・コチラにも「本年もお世話になります。」

| | Comments (2) | TrackBack (0)

昨年のユーロカップ最終戦にて・・

74CARRERA
つい先日のこと、28番車と同じユーロカップ・クラシックカークラスに「クレヨン74カレラ」で参加されている「ガレージクレヨン」さんのHPにこんな記事を発見。それによると去年のユーロカップ最終戦にて、文中「赤に鼻先黄色のアルファ」こと28番車との競り合いが原因で怖い思いをされたとのこと。
そう仰られると確かに身に憶えアリ。
うーん・・・ただコチラとしてもストレート区間では全く歯が立たないコトは重々承知していたのだが、周回遅れで追いつかれたわけでもないので少し牽制させていただいた程度のつもりだったのだが・・・・。結果として一緒に走っておられる方に危険を感じさせる原因となってしまったことには反省。
「あくまでも草レースで走行会の延長」と規則書の冒頭にもうたわれているユーロカップ、当然「無事安全に」が第一。とはいえ折角「並んでヨーイドン!」するのだから少しは競り合いや駆け引きも楽しみたいし・・・。
そこら辺の兼ね合いが難しいところデス。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

ロメオ風?スクーター

ROMEOSCOOTER
たまたま仕事帰りに見かけたスクーター。
サイドにアルファロメオのロゴと三角のクワドリフォリオ、フロントにはおなじみの蛇さんステッカーというお約束の3点セットに思わずパチリ。もしかしてこのスクーターの方も旧車ロメオのオーナーさん?もしくはオーナー予備軍の方か?
自分でも同じようなコトをしているので、ふとそんな風に考えてしまった次第。
さすがロメオの定番ステッカー、街乗りのアシにもバッチリとハマります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

レースリザルト

RESULT
レースリザルト繋がりで「ARcup Blog」さんからのトラックバック。
およそ「モノを収集する」という行為からは全くもって縁遠い28番車が唯一集めているのがコレ。レースイベントや走行会での模擬レースなど、サーキットで「並んでヨーイドン!」する際に配られる予選グリッド表&決勝リザルト。
さすがにPFジェミニKP61時代のものはほとんど残っていないが、28番車のリザルトだけでもバインダー4冊に約10年分、模擬レースを含めると軽く50戦を越すリザルト・・・まあ我ながら飽きもせんとよーやるワ・・・。
ちなみに28番車の場合、運良く入賞できた場合にいただくトロフィーなどは持ち帰ってもいたずらにヨメハンの怒りを誘うだけのオブジェになりかねない為、表彰式が終わり次第コチラへ直行となりマス・・・。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

正月休みも早や終わり・・・。

HATSUMOUDE
所詮お休みなんて何日あろうがアッちゅう間。
特に今回は去年のようなのんびり寝正月も決め込めずナンダカンダとバタバタしているうちにハイ終了。それでも今年はいよいよ「ホンヤク」というヤツに突入するので、初詣だけは実家近くの神社にて念入りにいっときましたの図。さらに「厄落とし」とかにもチャンといっといた方がエエかな?と周りに訊ねてみたところ・・・
職場の先輩曰く、「もし何かあった時にイロイロ言われるのがイヤやろ?せやから一応な。」とのこと。
確かに・・・妙に説得力あり。
さらにウチのヨメハン曰く、「アタシの時は子供産んだから、それで厄落ちてるねん。」
それはワシにはできんわ・・・。

| | Comments (8) | TrackBack (2)

2005年 年間アクセス数

ACCESS2
週末ともなれば毎夜仲間内で集まっては「クルマがあーだ、レースがこーだ」と延々ヤリ合っていたのも今や昔。サスガに最近はそうもいかず、かといって家庭内でこのテの話題など持ち出そうものなら・・・・ガクガクブルブル・・・・。
「ならいっそのことPCに打ち込んだれ。」と軽い気持ちで始めてみたのが2004年9月のこと。その後「ブログ見たよ!」と声をかけていただいたりするうちに果たして自分のブログがどれほどアクセスされているのかが気になりだし、簡単なアクセス解析機能を追加したのがその年の11月8日。ちなみにその記念すべき第1日目のアクセス数は「1」。
それ以来約1年余り・・・ということで昨年2005年1年間のアクセス数を月毎に振り返ってみると・・・
1月:4,082  2月:6,201  3月:7,956  4月:7,701  5月:7,808  6月:9,517  7月:10,110  8月:10,448  9月:12,494  10月:14,259  11月:13,424  12月:10,429
以上、2005年の年間総アクセス数は114,429。やり始めたキッカケがキッカケだけに、自分としてはまさかこんなにアクセスしていただけるとは夢にも思わなかったというのが正直な感想。
ご贔屓にしていただいている皆様、本年も何卒よろしくお願い申し上げますデス・・・はい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006年 明けましておめでとうございます

28EURO4
明けましておめでとうございます。
2006年も昨年同様、当ブログ「NO.28-1750GTV」を何卒ひとつご愛顧のホド、よろしくお願い申し上げます。
というワケで、今年の新年一発目も昨年同様「言うだけやったらタダ」、28番車の本年度目標から・・・。
1.参加全レースの無事故完走
2.岡山国際サーキット 1分54秒台
3.セントラルサーキット 1分34秒台
とここまでは去年と何ら変わりなし。なんせ何ひとつ達成できなかったモンで・・・。
さらに昨年は
4.今年は何とか1回遠征をやってみたい(MINEか富士あたり)
というのがあったが、コレは地元でのフルエントリーを前提とすれば、日程的にも金銭的にも28番車には到底不可能ということが判明。今年もやっぱり地域密着、ドメスティックにガンバリマス。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

« December 2005 | Main | February 2006 »