« 外付けハードディスク | Main | 春のクラシックカーミーティング in 松江 »

ユーロカップ2006 クラス区分変更

Hondas800
ユーロカップ主催者「ツーアンドフォー」より先日届いた案内によると、28番車が参戦中のカテゴリー「ユーロ&ジャパンクラシックカーチャンピオンレース」の車輌規則が、次回5月21日(日)開催予定の第2戦から一部変更となるんだそうな。
改訂された車輌規則にざっと目を通してみたところ、28番車に直接関係するのは排気量によるクラス区分変更の部分のみ。今までの1300ccを境に二クラスに分けるというやり方を、1000cc以下、1001cc~1300cc、1301cc~1600cc、1601cc~2000ccそして2001cc以上というよりきめ細かいクラス区分に変更するというもの。28番車の場合、排気量1962ccのT車輌なので今後は「T-2000」クラスということになる。
恐らくこれにより従来の大雑把な排気量区分ではどうしても不利になってしまっていた車種、例えば今まで1.3リッタークラス相手に苦しい戦いを強いられてきた排気量1000cc以下の車輌などにもより多くエントリーしてもらおうというのが主催者のネライと思われる。写真はそんな「アンダー1リッター車」の代表格、28番車も昔っからお世話になってますクラシックカーレースの大先輩Hさん駆る「ホンダスポーツ800」。
今回の異例ともいえるシーズン途中での車両規則の変更、はてさて今後第2戦以降への影響は果たして如何に?

|

« 外付けハードディスク | Main | 春のクラシックカーミーティング in 松江 »

Comments

毎度です。ご紹介有難う。
ブログ楽しく拝見させていただいています。D-5も
ぼちぼちですが、還暦までの年齢を考えると、「いまやらんで、いつやんねん」を合言葉にメンバーを鼓舞しています。5月21日はS8で2カーエントリーできそうです。潰したGTV6も復活途上。さてどうなりますやら・・・。
また、サーキットでお目に掛かりましょう!
S8命、でもAlfa大好き!

Posted by: Masaru Hayami | May 05, 2006 at 09:11 PM

コメントありがとうございます。
その昔、中山サーキットのパドックでD-5のYさん特製「流しそうめん」をご馳走になって以来十ウン年・・・「永遠の若造」と呼ばれた私たちも40の大台を越え、最近「残り時間」を考えるようになりました。同じく「やれるうちにやっとこ」の心境です。
還暦の時には当然赤いヘルメットとレーシングスーツで出走ですよね?なんて冗談はさておき、これからも「クラスを超えた戦い」よろしくお願い致します。

Posted by: 28ばん | May 05, 2006 at 11:30 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54708/9799908

Listed below are links to weblogs that reference ユーロカップ2006 クラス区分変更:

« 外付けハードディスク | Main | 春のクラシックカーミーティング in 松江 »