« April 2006 | Main | June 2006 »

May 2006

「やったぁ~!おじさん」の正体は・・・

Arc20060528
闘い済んで日が暮れて・・・アルファロメオチャレンジ関西2006第2戦の表彰式。
以前にも書いた和やかな雰囲気がそうさせるのか、今回のAR150クラス表彰式では爆笑のニューキャラ「やったぁ~!おじさん」登場!
そのお立ち台での天晴れなパフォーマンス振りにギャラリー一同ヤンヤの喝采となったわけだが、ナントその「やったぁ~!おじさん」の正体はリンクサイト「イタリア車が好き!スパイダー&スパイダー」のS字カーブさんだった!そうと知っていればもうちょっとツッコんでたのに・・・と早速トラックバックさせていただきました。「や・・・」で絶妙な間をとりつつ「った~!」と両手を高々と挙げるその見事な晴れ姿コチラにてトクとご覧あれ。
その流れで後に続くヒストリックHRクラスの表彰式でも司会役の「走ってしゃべって笑いもとれる」145マイスターY選手にそれとなく「なんかヤレ」との空気を作っていただくも、つい「テレ」がでてしまい中途半端な動きで思いっきりスベルという関西人としてもっともやってはならないパターンに・・・・。
マダマダ修行が足りませんですハイ・・・。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

アルファチャレンジ2006関西Rd.2 お疲れ様でした!

Giabittokun5
朝からの曇天で心配されたお天気も結局降雨にまでは至らず、「アルファロメオチャレンジ2006関西第2戦」昨日無事終了。お疲れ様でしたー!
ヒストリッククラスの総合上位2台は前回の開幕戦と変わらず優勝は「オートコニサーアルフェッタ」のIトーくん、総合2位・HRクラス優勝は「キョーヤマ2000スパイダー」のYさん。それぞれの決勝ベストラップが1分52秒台、54秒台と他車を圧倒しての開幕2連勝おめでとうございます。
28番車は予選3番手、決勝は先週のユーロカップでのエンジントラブルから見事復活された「ペットバルーンGTA」のUさんに続いての総合4位にて無事完走。とはいうものの決勝ベストラップは1分55秒949と全参加車両中6番目のタイム・・・今回は幸運にも予選結果と決勝の展開に助けられたレースだったといえそう。
それはともかく思わぬ過密日程となった巡り合わせを呪いつつ、無理を承知で押し切った今回のユーロカップ+ロメオチャレンジの2週連チャン参加。28番車はナントカ無事無傷で乗り切るも運転手のフトコロは満身創痍。しばらくはおとなしく潜伏いたします・・・。
微速潜行・・・ズブズブズブズブ・・・・・。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

明日天気になぁ~れ!

Bluesky911_1
明日5月28日(日)は岡山国際サーキット(旧TIサーキット)にてアルファロメオチャレンジ2006関西Rd.2。
当日の岡山県北部地方のお天気は予報によると「曇り」で降水確率30%・・・ビ、ビミョー・・・。折角高いお金を払って走るのだから少しでもいいお天気の下でレースを楽しみたいというのが我ら素人草レーサーの人情。ウェットレースともなろうものなら「なんでカネ払ってワザワザこんな怖い思いせなアカンねん・・・」というのが偽らざる心境。ということで明日の好天を祈って写真は先週のユーロカップ2006で見かけた爽やかな青空カラーリングのポルシェ911。
明日の岡山国際サーキットにもゼヒこんな素晴らしい青空が広がってくれますように!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

アルファチャレンジ関西2006 Rd.2にエントリー

Arc20060219
来る今週末の5月28日(日)、岡山国際サーキットにて開催の「アルファロメオチャレンジ関西2006」第2戦にエントリー。先週末のユーロカップ第2戦からの2週連チャン参戦となる為、当然今回も28番車のコレといった仕様変更は無し・・・クルマは現状維持で後は運転手がガンバロー。
まだまだ寒さの厳しかった2月の開幕戦に比べ、いよいよシーズン到来といった感じで気候も良くなってきた中開催になる今回のアルファロメオチャレンジ関西第2戦、暑さ寒さに敏感なヒストリッククラスのエントリーも前回よりドカッと増えて賑やかなレースになりそうな予感・・・。エントラントならびに関係者の皆様方、当日はよろしくお願いします。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

P-LAP反応はしたけれど・・・

Plap22
今年のセントラルサーキットでのユーロカップ開幕戦では全然作動しなかったP-LAPⅡ。そこで車体側磁気センサーをさらに低い位置に取付け直して臨んだ第2戦だったが、残念ながら今回もアウト。センサーと路面が近づいたからか反応するにはしたのだが、今度は過敏に反応し過ぎ。計測地点を通過する際に微妙にダブってセンシングしてしまうらしく、通常の周回の間に写真のような一周0秒012なんていうスーパーラップが挟まってしまい全く用を為さんし。
今度は路面に近づけ過ぎた?とにかく原因がハッキリせんと対策の打ちよう無し・・・。まずは以前から正常に作動していた岡山国際サーキットではどうなるか?来週のロメオチャレンジはとりあえずこのままで行って様子みよ・・・。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

ユーロカップ2006 Rd.2 お疲れ様でした!

Fiatx192
絶好のお天気に恵まれた「ユーロカップ2006」第2戦も先日無事終了。お疲れ様でしたー!
「EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース」の総合優勝は「mexc-s FiatX1/9 1600TC チームVOLPETTA」のA選手。赤旗中断で僅か3周の決勝となってしまうも開幕戦からの連勝おめでとうございます。
予選2番グリッドから決勝スタートの28番車は、赤旗中断時点では110サニー、ポルシェ911に続く3番手。ところが今回再スタートは無くこのままレース成立となった為、中断直前の周回終了時点での順位が正式結果となり、サニー、X1/9に続いての・・・あっ、やっぱり総合3位か・・・・と思いきや、予選3番手スタートの「APRORTS・サニー」M選手がフライングの為1周減算のペナルティ・・・ということで結局28番車は総合2位というリザルトに落ち着く・・・・あぁややこしい。まあ何にせよ今回はどこも潰さず無事に帰って来れてやれやれといったところ。
それにしても2005年はロータス・ヨーロッパのドラシャ折損、そして今年はX1/9のミッショントラブルと・・・毎年5月のユーロカップ・クラシックカーレース第2戦はポールシッターのトラブルで荒れる?!

| | Comments (5) | TrackBack (0)

明日はユーロカップ2006 Rd.2

Eurocup20064
明日5月21日(日)はセントラルサーキットにてユーロカップ2006の第2戦。
朝8時30分開始の「EUROフレッシュマンレース」の予選から始まり、最終第11レースの「MINI-T1300-チャンピオンレース」決勝終了予定時刻が夕方の5時10分という相変わらずの過密スケジュール。今回の「EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース」はかなり遅めの11レース中の9番目で予選開始予定が11:10、決勝スタートが15:55の予定。予選・決勝はゆっくりの時間帯でもゲートオープンは当然いつもと同じ早朝6時30分・・・・明日は長い1日になりそうダ。
ともかく毎度変わらず28番車の最大目標は「無事行って楽しく遊んで無事帰る」。当日お世話になりますエントラントの皆様方におかれましてはいつもどおりの「パドックでは和気藹々の旧車レース談義、コース上では目ぇサンカクの真剣勝負」でよろしくお願いします!
気になる兵庫県南部地方の天気予報は今のところ「晴れ」降水確率0%・・・よっしゃカンペキや!このままいけば明日は一番の大荷物「雨用タイヤ」は持って行かずに済みそう・・・何卒そのまま、そのまんまで頼んまっせ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

車戴ビデオテープ

Videotape
以前このブログがキッカケでセントラルサーキットのパドックで声をかけていただき、それ以来チャオイタリアやユーロカップの車外からの映像DVDでいただくなど何かとお世話になっている「ますけん」さんより「過去のインカー映像があればお願いします。」とのご依頼アリ。「じゃ、次のユーロカップのとき持って行きます」とお約束させていただいていたのを思い出す。
そこで過去の車戴映像が入ったビデオカセットを放り込んであった段ボール箱を押入れから引っぱり出し、風呂上りのビールなぞ飲みつつおもむろに年代順に並べてみる。改めて見ると誰かに貸したまま忘れてしまったものや、引越しのドサクサで失ってしまったものがあり、ところどころ歯抜けになってしまっているのは悪しからずご容赦のホド・・・。
とりあえず今ある分だけ持って行きます。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

ユーロカップ2006 Rd.2 エントリーリスト発表

Simpleauto02
来る5月21日(日)セントラルサーキットにて開催されるユーロカップ2006第2戦。主催者「ツーアンドフォー」のウェブサイト上にて、恒例のエントリーリスト発表。
今回から細分化された排気量別クラス分けが効いたのか、「EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース」は年4回開催になってからは過去最多の28台がエントリー。その中で28番車の属する「T-2000」クラスは総勢6台、アルファロメオはいずれも105系ヴェローチェの段付きが2台にフラットノーズが3台、それにBMW2002が1台という内訳。
写真はそんな我らアルファロメオ勢が圧倒的多数を占めることになった「Tー2000クラス」の中にあって、唯一孤軍奮闘のBMWは「シンプルオート」さんちの「BMW2002」。このマルニも昔っからの超常連さんの一台デス。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

缶コーヒーでちょっと一服

Minicar
来週のユーロカップに向けて準備中。ラップタイム計測器「P-LAP」の電池交換するつもりだったのを思い出し、休憩がてらガレージ近くのコンビニへ。あいにく電池売場の棚にお目当てのリチウム電池「CR2354」は無かったが、その横にミニカーのオマケ付缶コーヒーなるものを発見。2本セット売りだったがちょうどノドも渇いていたし、どれを買ってもフェラーリのミニカーが入っているようだったので、ホナひとつ試しにと購入。エエ年したオッサン、持ち帰って「何が入っているかなぁ~?」なんて開けてみたところ出てきたのは「てっちゃん」ことフェラーリのテスタロッサ。
オマケのミニカーを眺めつつ深夜の賃貸ガレージ内、缶コーヒーでちょっと一服タイムであります。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

耐久ジュリエッタ打ち上げ

Taikyugiulietta3
先週末は大阪梅田の串カツ店にて行われた「柳原メンテナンス耐久ジュリエッタ」チームによるユーロカップ3時間耐久レースの打ち上げに参加。今更一ヶ月前のレースの打ち上げもないモンだが、まぁ何かと理由をつけては飲みたいワケで、耐久ジュリエッタをサカナにメートルを上げつつ次第に話題はいつものごとくなんだかワケのわからない方向へ・・・。ただ柳原メンテナンス御大親子と相方27番車だけはアルコールは全く×の下戸トリオ。お三方の素面の目には前夜の我等酔っ払いチームのヘベレケ振りが一体どのように映っておるのやら・・・・ま、今に始まったコトじゃござんせんが・・・。
で、翌日はお決まりの二日酔い・・・・繋がりでコチラにトラックバックさせていただきました・・・う~頭痛いし・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

P-LAPセンサー位置変更

Plapsensor_1
昨年末から磁気センサー式ラップタイム計測器が使用可能になったハズのセントラルサーキットなのに、今年3月のユーロカップ開幕戦ではなぜかウンともスンとも反応が無かった28番車搭載の「P-LAPⅡ」。サーキットオフィシャルHPの「磁気感知式計測ご利用にあたってのご注意」によると「HKS製サーキットアタックカウンター以外の製品ご使用のお客様、下記を参考に今一度取付位置の再考をお願い致します。」として
①路面とセンサーとの距離は可能な限り近くに設置
②オーディオ類など磁気を発する部品から出来る限りセンサーを離す
③磁気感知センサーと路面との間に一切の介在物が存在しないこと
以上3つの注意点が提示されているが、とりあえず現時点で28番車に該当すると思われるのは「路面とセンサーの距離」。そこでガレージに転がっていたアルミアングル材の切れ端を使い、センサーを従来の取付位置からキモチ下方へ移動させてみる。コレで30ミリほど以前より路面に近づいたことになるのだが、ハテこんなんでかわるモンやろか?「可能な限り近くに・・・」といわれても、これより下げるとなるとステーを折畳式にするかもしくは普段はセンサーを外しておいて現地にて装着ということにならざるを得ない。
どっちゃにせよメンドクサイし・・・・とりあえず次回第2戦はこれで実験してみよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

こんなハコスカもアリやなぁ・・・。

Skyline2
先月行われた「春のクラシックカーミーティングin松江」で見かけたハコスカのエンジンルーム。L型エンジンといえばソレックスかSUキャブしか見たことがない28番車、見慣れぬシングルキャブに思わず・・・
「このキャブってノーマルですか?」との問いに
「そうそう、フツーに街中走るダケならコレで十分よ。」とのこと。
さらに見せていただくと、これまた珍しいオートマチック仕様でさらにクーラー完備。
「昔ながらの雰囲気で現代の道を快適に・・・」というコンセプトだそうで、ビカビカに磨きこまれたボンネットの中とは対照的に外観はチョイ車高短以外はフルオリジナル。切れ目の無いサーフィンラインに「アルミよりこっちのほうがよっぽど探すのが大変だった」というコダワリの鉄ッチンホイールがなんともイイ感じ。
こんな旧車の楽しみ方も絶対に「アリ」。もし28番車やったらロメオのベルリーナでコレ、やってみたいッス。
Skyline

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ユーロカップ2006第2戦にエントリー

28200605_1
3月のユーロカップ開幕戦で顔面を潰してしまった28番車、その後の板金及びフロントグリル製作作業を経てナントカ復旧完了。・・・ということで、来る5月21日(日)セントラルサーキットにて開催されるユーロカップ2006「ユーロ&ジャパンクラシックカーレース」第2戦にエントリー。
今回はとにかく現状復帰することだけで精一杯。前回と全く同じ仕様で臨む2ヶ月ぶりのサーキット走行は果たして如何なるコトに相成りますやら・・・。次こそはどこも潰さずに行って帰ってきたいものデス。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

オイルパン

Oilpan
オイルパン繋がりで「Casa Mia」さんからのトラックバック。
仲間内では1、2の車高の高さを誇る28番車もナンダカンダと各所でオイルパンヒットを繰り返してしまっているようで、折角のアルミ冷却フィンもこの通り・・・。
「ぶつけるぐらいやったら冷却はオイルクーラーにまかせて、いっそのことフィン全部削り取ったら?その分ロードクリアランスも稼げるがな。」
「そもそも今のご時世、2リッタークラスの4気筒エンジンにこないな巨大なオイルパン必要なんか?横に広がったトコだけでもカットしたら?軽量化にもなるやん。」
・・・なんてご意見もゴモットモ。
でも正面から見て、アノ独特の冷却フィン付オイルパンがおらんっちゅうのも・・・何だかサビシイ気がするのデス。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

節電グッズ

Ledlump
28番車は全開時のオルタネーターとウォーターポンプの過回転対策でクランクプーリーを小径化している為、アイドリング状態ではどうしても水温上がり気味の充電不足気味。さらにこれからの季節、サーキット帰りお決まりの渋滞の中では電動ファン回しっぱなし&灯火類点けっぱなしで、運転手は暑さに耐えながら電圧計・水温計とのにらめっこ・・・・・。そこでそんな時に少しでもバッテリーの負担を軽減すべくLED式のブレーキ&スモールランプを購入。
「ハヤリもの」にはめっぽう弱い28番車、LEDには以前から目をつけていたものの、街で見かけるのはイマイチ光量不足のものが多くて導入には二の足を踏んでいたのだが、たまたま近所の量販店で見かけた「車検対応」の文字にひかれて「じゃひとつ試しに・・・」と購入に至る。
早速取り付け、あたりが暗くなってからスモールを点けてみたところ・・・(↓)。
ま・・いいんじゃないスカ?
Taillump

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヨンドクのニーナナ

Te27trueno
先日見学に訪れた「春のクラシックカーミーティング in 松江」でのこと。TE27トレノのオーナーさんにお話をうかがっているうちに話題は安全タンクからリアサス周りへと・・・
「・・・ええリアは脚回りをかなり改造したんでノーマルの燃料タンクの行き場が無くなっちゃったんですよ・・・」
そう言われてフト後輪に目をやると・・・アレ?!ニーナナやのに後にもキャンバーついてるやん!え~っ!どないなってんねん・・・と下を覗かせてもらうと・・・
うわーっ何やコレ!リアサス独立になってるやん!
TE27オリジナルのリーフスプリングとホーシングを撤去、代わりにS13シルビアのマルチリンク式リアサスをサブフレームごと移植されたそうで、同じリジッドのFRに乗る者としてはその気持ち分かるワ~。昔っから話のネタには出るけれども実際に現物を見るのは初めて・・・・ただ28番車の場合、コレやっちゃうとリアサスの形式が根本から変わってしまうことになり、現行ほとんどのヒストリックカーレースにおいてレギュレーション違反となってしまう為、現実的には不可能。
ただそれでもヴェローチェの四輪独立化・・・見果てぬ夢ではあります。
Te27trueno2_1

| | Comments (4) | TrackBack (0)

フロントグリル製作中(その2)

Frpgrill
自作FRP製フロントグリル、とりあえず1個目。
あくまでも「GTA」なのでグリル側面の奥行きはあえてオリジナルよりかなり薄くしてこしらえてみた。重量は未塗装時でおよそ115グラム。1750GTV用のアンチモニー製ノーマルグリルに比べるとフロントオーバーハングの軽量化になるような、焼け石に水のような・・・・まぁ「気はココロ」ってコトで・・・。
因みに今回材料として使用したゲルコートとポリエステル樹脂は、FRPの本職「Sブちゃん」からおすそ分けいただいたもので、この場を借りまして多謝御礼・・・・なんだけど、それにしてもSブちゃん
「足りんとアカンやろ、せやからちょっと余計めに持ってきといたから・・・」
ってアナタ一斗缶2個にそれぞれ1キロと4キロて・・・。
わしに何個こしらえさすの・・・?

| | Comments (6) | TrackBack (0)

お宅拝見(山陰ヘビの穴編)

Saninhebinoana
先日の松江でのイベント行きに備え、山陰のロメオ乗りと言えばこの方!ということでチャオイタリアやロメオチャレンジではいつもお世話になっている白猫#35さんに尋ねてみたところ、当のご本人も地元主催者のお手伝いも兼ねて参加されるとのこと。その際「もし時間があればウチにも寄っていって下さい。」とのお誘いをいただき、「29番車編」に続くお宅拝見シリーズ第2弾となった次第。
詰めたら6台分くらいかな~?とおっしゃる広々としたガレージはお知り合いの大家さんが木製電信柱の廃材を使って建てられた納屋をご自分で改装されたのだそうで、お友達価格とはいえお家賃は28番車の狭~い賃貸ガレージの半分以下・・・う、うらやましいッス・・・。ここ最近飛躍的にラップタイムを伸ばしておられる奥さんのスパイダーを整備作業中の時間をお邪魔して、ついベラベラと話し込んでしまううちに気が付けばあたりはもう真っ暗。聞けば新兵器「OS技研のLSD」を得て近くテスト走行の予定とか・・・。
「もうそろそろTIのベストラップ抜かれそうでマズイです・・・」と仰りながらも、先に奥さんのクルマにノンスリを入れてあげるココロ優しい白猫#35さん。
自分なら確実にこっそりフツーのデフに戻します・・・。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

春のクラシックカーミーティング in 松江

Matsuemeeting2006
ゴールデンウィークを利用して里帰りするヨメハンより、「毎年この時期、松江のほうで旧いクルマのイベントやってるみたいよ。」との情報を入手。調べてみたところ丁度ヨメハンコドモを実家に送り届ける連休初日の4月29日、それもうまい具合に道中ちょっと寄り道しただけで行けるところがイベント会場になっているようで、「こりゃ寄ってみるしかなかんべよ・・・」と見物にやって来た「第5回春のクラシックカーミーティング in 松江」。
島根県は松江浜乃木自動車教習所の教習コースを使用しての所謂「置き」のイベント。当日はお天気もよく、ローカルイベントらしいのんびりとした雰囲気の中、連休のひとときを家族で楽しませていただいた次第。ブラブラと参加車両を見学したり、オーナーさんに色々お話を聞かせてもらいつつ、このテのイベントでいつも思うのは皆ホント親切に説明してくれるということ。もしかして同じ旧車乗りの匂いを嗅ぎつけられているのであろうか・・・?!
「・・・で、今日は何処から見えられた?」
「大阪から来ました。」
「へ~っ!わざわざ大阪から!それじゃコッチの言葉は訛っとるでナカナカ通じんでしょ。ガハハハ・・・」
ふっふっふ・・・それはヨメの実家で鍛えてるゼ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2006 | Main | June 2006 »