« 明日はユーロカップ2006 Rd.2 | Main | P-LAP反応はしたけれど・・・ »

ユーロカップ2006 Rd.2 お疲れ様でした!

Fiatx192
絶好のお天気に恵まれた「ユーロカップ2006」第2戦も先日無事終了。お疲れ様でしたー!
「EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース」の総合優勝は「mexc-s FiatX1/9 1600TC チームVOLPETTA」のA選手。赤旗中断で僅か3周の決勝となってしまうも開幕戦からの連勝おめでとうございます。
予選2番グリッドから決勝スタートの28番車は、赤旗中断時点では110サニー、ポルシェ911に続く3番手。ところが今回再スタートは無くこのままレース成立となった為、中断直前の周回終了時点での順位が正式結果となり、サニー、X1/9に続いての・・・あっ、やっぱり総合3位か・・・・と思いきや、予選3番手スタートの「APRORTS・サニー」M選手がフライングの為1周減算のペナルティ・・・ということで結局28番車は総合2位というリザルトに落ち着く・・・・あぁややこしい。まあ何にせよ今回はどこも潰さず無事に帰って来れてやれやれといったところ。
それにしても2005年はロータス・ヨーロッパのドラシャ折損、そして今年はX1/9のミッショントラブルと・・・毎年5月のユーロカップ・クラシックカーレース第2戦はポールシッターのトラブルで荒れる?!

|

« 明日はユーロカップ2006 Rd.2 | Main | P-LAP反応はしたけれど・・・ »

Comments

ユーロカップお疲れ様でした
日曜日はお天気良かったですねー
僕は仕事で応援にも行けませんでしたが
引越しも一応は終わりましたし
次戦か次々戦には参加したいと思っております
せめて応援くらいには行きたいものです
ほなほな

Posted by: カラシ | May 23, 2006 at 12:19 PM

お疲れ様でした。
お忙しい中アドバイスありがとうございました。
初参戦、初コース、練習しようと思った予選も3周で赤旗。
やはり黄色クリオのポテンシャルも発揮することなく終わってしまいました。
もっと走り込まないとダメですね。

Posted by: いとう | May 23, 2006 at 03:01 PM

お疲れ様でした。

いや~しかし良いお天気でしたね。

実は友人のプロカメラマンを誘ってたので
ですがドタキャンとなってしまいましたので
ショボいデジカメの写真しかありませんが
またUNOに持って行きますね~。

Posted by: d-tech tanaka | May 23, 2006 at 07:22 PM

お疲れさまでした〜!
コチラも今回は無事でホっとしております。
帰りの中国道では28ばんさん、29ばんさんと束の間の
ランデブー走行が出来まして、渋滞にハマるまでは
とても気分よく帰れました。
次回は9月ですね。またヨロシクお願いいたします!

Posted by: LR54 | May 23, 2006 at 10:34 PM

カラシ様
ユーロカップ皆待ってるよ~!1600ccクラスもできたことやし早よおいで。それと引越お疲れさんでした。私からのささやかなお祝いの品を「柳原メンテナンス」に置いてありますんでゼヒご笑納くだされ。

いとう様
こちらこそ先日はお疲れ様でした。ついエラそうに講釈たれてしまいましたが、あくまでも素人の参考意見とお考えください。デヴュー戦としては上々じゃないッスか!お互いマイペースでガンバリマショー!

d-tech tanaka様
お疲れさんでした。てっきりあの初代ランサー乗ってきたと思ったわ!なんて冗談はさておき・・無理いって写真頼んじゃって申し訳なかったッス。今度「cafe UNO」でコーヒーご馳走させていただきます。

LR54様
お疲れ様~。帰りはヴェローチェ×2+ロータスヨーロッパの異色ツーリングになりましたね。それにしても改めて高速道路で見るヨーロッパってホンマに平べったくて低いな~。インターチェンジの看板とか見えてる?

Posted by: 28ばん | May 23, 2006 at 10:35 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54708/10177591

Listed below are links to weblogs that reference ユーロカップ2006 Rd.2 お疲れ様でした!:

« 明日はユーロカップ2006 Rd.2 | Main | P-LAP反応はしたけれど・・・ »