« ユーロカップ2006 Rd.4 お疲れ様でした! | Main | 4ナンバー積載車紀行(その3) »

ハブベアリング

Hubbearing
先日行なわれたユーロカップ2006第4戦を直前に控えたある日、28番車のレース前恒例「柳原メンテナンス」での最終点検にて発覚したハブベアリング不良。
「左の前。もう大分音が出始めとったから換えといたよ。」とのこと。
あらま~全然気付かんかった。で、早速現物を見せていただいたところ既に虫食い状態となっており、確かにこりゃアカンワ・・・。
考えてみれば28番車が常日頃お世話になっているセントラル・岡山国際両サーキットは共に「右廻り」。
やっぱ左側を酷使しとるのね~。

追記:同じくレース前の事前点検で事なきを得られたのがコチラ。場所は違えどお互い頼りになる修理工場でホント助かります・・・繋がりでトラックバックさせていただきました。

追追記:因みにこのハブベアリング、ヴェローチェの車格に対する容量としては、コスト的に随分ゼイタクなサイズのものを奢られているそうデス。詳しくはコチラにて・・・ということでトラックバックさせていただきました。

|

« ユーロカップ2006 Rd.4 お疲れ様でした! | Main | 4ナンバー積載車紀行(その3) »

Comments

トラバありがとうございました。
ほんと、僕も今回助かりました。
主治医サマサマでございます!(笑)

Posted by: funa54 | April 27, 2008 at 01:09 PM

大事に至る前で何よりでした。
こういう地味ながらも肝心な部分をしっかり診ていただけているとやはり心強いですよね。我ら素人はついつい派手なパフォーマンスアップパーツばかりに目を奪われてしまいがちで・・・。

Posted by: 28ばん | April 27, 2008 at 11:14 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54708/12692791

Listed below are links to weblogs that reference ハブベアリング:

« ユーロカップ2006 Rd.4 お疲れ様でした! | Main | 4ナンバー積載車紀行(その3) »