« 元ジェミニ乗りには目ウロコ | Main | 意外なトコロで・・・ »

オオゴトになる前に・・・

Engine
一昨年の換装以来、深夜のナラシ運転を皮切りにアルファロメオチャレンジ7戦、ユーロカップ6戦、チャオイタリア2戦の計15戦、さらにイベント参加や普段の街乗りを含むほぼ2シーズン、その間日常点検とオイル交換等の通常のメンテナンス作業のみで無事走りきってくれた28番車のエンジン。とはいえノーマルのレブリミットを遥かに超えた回転域を常用してのサーキットでの全開全負荷走行の繰返しはエンジン各部にかなりの負担を強いているハズで、特にパワーをモロに受け止める軸受周りの疲労は、それなりの加工を施しているとはいえクランクやコンロッドはノーマル加工品を使用する28番車のエンジンにとって放っておけばエンジンブロー等の大損害の原因にもなりかねないため特にその消耗具合が気になるところ。以前の1750エンジン時代も、念のために行った腰下の点検でコンロッドメタルの張りがほとんど無くなっていたことが発覚したなんてこともあり、「結構走ったみたいやし、そろそろ一回診とこか?」との御大の鶴の一声で年明け早々「柳原メンテナンス」にドック入り。
実は今でも開けるのがもったいないくらいの絶好調だが、過去レース前のピットで「今のトコなんとも無いけど今日帰ったら一応エンジン開けてみますねん。」なんて話してた正にそのレース中にブローしてしまったエンジンを何度見てきたことか・・・。今後28番車と同じような仕様で組まれるエンジンのオーバーホール時期を見極めるデータ取りも兼ねての開腹点検。
はてさて実際のところ開けてみた中身は一体どうなっているやら・・・?

|

« 元ジェミニ乗りには目ウロコ | Main | 意外なトコロで・・・ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54708/13496577

Listed below are links to weblogs that reference オオゴトになる前に・・・:

« 元ジェミニ乗りには目ウロコ | Main | 意外なトコロで・・・ »