« February 2007 | Main | April 2007 »

March 2007

「STREET VWs」に・・・

Unovw
いつもの「CAFE UNO」でコーヒーを啜りつつ雑誌「STREET VWs」をパラパラと眺めていると、そこに見覚えのあるお顔を発見し思わずページをめくる手が止まる・・・見ると載っていたのはユーロカップのクラシックカークラスではお馴染み、パドックでお会いすれば自分達ロメオチームにもいつも気さくに声をかけてくれる陽気なオヤジさんでもある「ガレージ辻本」主宰、VWのTさん。そのTさんの呼びかけで普段は「Y’s CUP」なるワンメイクレースで共に戦うVW仲間の方々が昨年のユーロカップ最終戦参加のため遠路はるばるセントラルサーキットまでやって来られた様子が紹介されており、どうりでこの時はビートルのエントリーが多かったワケだわ・・・と今頃になってミョーに納得。
↓はその勢揃いしたVWたち・・この時ばかりは仲間とお揃いのビートルで参戦のTさんが普段ユーロカップに持ち込まれているのが同じVWのカルマンギア。この車がまた今年からどえらく戦闘力アップされているようで楽しみなようなオソロシイような・・・。
Vwsineuro

| | Comments (6) | TrackBack (1)

えぇっ!?希少サイズなの?!

Vista200703
3月も終わりに近づき、ぼちぼちヨメグルマ「ビスタ」装着のスタッドレスタイヤを通常のものに戻す時期なのだが、モトからついていた鉄チンホイールにスタッドレスを組み合わせたままだったので夏タイヤ用のホイールがいまだ未調達。とは言え国産車用の14インチ、恐らく大量に出回っているであろう中古ホイールの中から適当に見繕って・・・と訪れた近所の中古パーツショップでのこと・・・・。
「14インチの114.3ですか?ありますよ!・・・えっ!?5穴スか!?14インチですよね?う~んソレは無いなぁ~・・・お車何です?」ときたもんだ。おいおいヴェローチェならともかく、こちとらいたってフツーのトヨタのビスタやっちゅうねんホンマ・・・。訊けばドレスアップ目的の外品アルミホイール市場では最早14インチなんちゅう小径ホイールの5穴というのはもうほとんど需要が無いそうで、試しに帰りに寄ってみたオートバックスでも店員さんが売場中から苦労して探し出してくれた「お手頃価格品」はイマイチ風采の上がらないデザインのヤツが1種類だけ・・・。こりゃ鉄チンの方がナンボかマシや・・・なんて思っていたらたまたまヤフオクでドンピシャサイズの鉄チンホイールを発見。早速コレ幸いと落札を依頼したような次第。
またしてもいつもながらの「浦島太郎」ぶりを遺憾なく発揮してしまった1日でアリマシタ・・・。

追記:「ミョーなアルミやったら鉄チンのほうがマシ」繋がりで「こんちく日記。」さんにトラックバックさせていただきました。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

思い出のアルフェッタGT

Alfettagt
今から20年以上も昔、もしこの車との出会いが無ければアルファロメオなんて恐らく興味の対象にすらならなかったろうし、ましてやいまだに首までドップリ浸かっているなんてことにはなっていなかったハズ・・・。
高校時代からの悪友Kから久しぶりに連絡があったのは少し前のこと。諸般の事情で乗ってあげることができなくなって久しいご自慢のアルフェッタGT、もう10年来ずっと不動のままガレージ保管の状態が続いていたのだがここにきて一度区切りをつけたいとのこと。ならばここはやはり餅は餅屋、蛇の道はヘビということで早速相談に乗っていただいた「柳原メンテナンス」さんに引取の快諾を得てつい先週こちらにやってきたところ。
所謂「納屋で眠ること10ウン年」というヤツ・・・サスガに機関系はそれなりの経年劣化があるもののそのたたずまいはあの頃のまんま。運転席の窓から顔を突っ込むとかすかに残る旧車ロメオ独特の懐かしい匂い・・・。
元オーナーとなったKには勿論のこと28番車にとっても思い出のアルフェッタ、はたしてどんな「第二の人生」を歩みだすのでありましょうか?

| | Comments (5) | TrackBack (1)

アシの短いヤツ

Gascharge
通常28番車で高速道路を走行する時はだいたい5速の3000rpmくらいで淡々と巡航・・・といったパターンがほとんど。スロットル開度はほぼ一定のまま終始キャブのスロー系のみを使っての走行となるので燃費はすこぶる良好。なので軽量化の為こんな小さな燃料タンクに変更していても大阪の自宅から岡山国際サーキットまでくらいの距離ならば楽々無給油でイケてしまうほど。ところが先日のようなナラシ運転のときだけは話は別。エンジンに少しづつ繰り返し負荷をかけるということは頻繁に混合気の流速を上げてシリンダー内に盛大にガソリンを送り込むことになるので燃費はサイアク・・・。そこでただでさえ苦手なガソリンスタンドでのやりとりを少しでも少なくするべくパーキングエリアにて「増槽タンク」から給油を行うの図・・・これはこれでかなり面倒くさし。
アルファロメオのGTVなのに、「グランツーリズモ」失格デス・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

KCR125

Kcr125
「暑さ寒さも彼岸まで。」てなワケで、ここのところ毎年春が近づくと発症するのが花粉症ならぬ「バイク欲しい病」。とはいえ免許・任意保険等等、諸般の事情で自動二輪は「小型に限る」の28番車にとって所謂「普通のミッション付バイク」で125cc以下となると手軽な国産車は皆無というのが現状・・・。ところが先日勤務先近くの路上で見かけたのがそんな街乗り&通勤にちょうど良さそうなピンクナンバー。「お!?コレなかなかエエがな!」と帰宅後調べてみると出てきたのが↑の台湾KYMCO社製「KCR125」なるバイク。HPの写真を眺めつつ「こんなバイクで通勤できたらなぁ・・・」なんて考えてみるも現実は最寄駅の駐輪場は原付スクーター以外お断り、自宅アパートでさえこんな状況では何をかいわんや?
昔っから乗り物に関する最大の悩みは何時だって「置き場所」なのデス・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ナラシ運転の週末(その2)

Narashi200703_1
先週末の土曜日に引き続き翌日曜日は「ナラシの旅」二日目。今回目指すは大阪より東方向。丁度その日の朝に東海環状自動車道・美濃加茂SAにていつもブログ上でお世話になっている方々も参加されている集まりがあるという情報をおかんの頭の頭さんから教わっており、この機会にご挨拶がてら道中飛び入り参加を画策するも生憎大阪は早朝から雪混じりのお天気・・・。さてどうしたものか?と思案するうちに時は過ぎ、結局今回は本来のナラシ運転に専念することに。出発時は心配していたお天気もお昼ごろにはすっかり回復、折角なので昼食は美濃加茂SA名物!とのうたい文句に惹かれ「ケイチャン丼」780円也をいただいた後そのままトンボ返り。その帰路の名神高速道路上、当日の集まりに参加されていたMr.Mさんの2000GTVを先頭にES30のSZ、aysy35sonoさんのジュリアスーパーと続く3台のロメオの方々と偶然出くわしたのは意外なハプニング。しばし前後して走行させていただいた後、先を急がせていただく・・・その節は失礼いたしました。
肝心のナラシ運転も公道でできる範囲では一応完了。ただ今回新たに表面化した課題も若干あり、まずはそいつらを片付けてから・・・・ナントカ5月には臨戦態勢にもっていきたいトコロであります。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

ナラシ運転の週末(その1)

Narashi200701
先週末の土日を使ってのナラシ運転、一日目の土曜日は大阪から西へ向けて足を伸ばす。3000rpm付近での巡航から始めて、エンジンのご機嫌をうかがいながら徐々に徐々にと負荷をかけつつ500回転刻みを目処に回転を上げていく・・・。道中の登り坂・下り坂も利用しつつ、エンジンが回りたさそ~な感じの時にはジワ~っと負荷をかけてみたり、イマイチ重たそ~うな雰囲気の時はちょっと負荷を抜いて休ませてみたりと、普段の移動の時と違って数段気を遣う走行は正直ツカレル・・・。
さらにここ最近の冷え込みで、なるべく陽のあるうちに・・・と家路を急ぐもやっぱりつかまった中国道上り西宮北IC付近から始まる休日夕方お決まりの事故渋滞・・・・。
翌日曜日はナラシ2セット目、ガンバッテイッテミヨー!(カラ元気)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ボチボチ始動・・・の予定

282007
初っ端から出鼻をくじかれ、すっかり出遅れてしまった感のある28番車の2007年シーズン。なんて言ってるうちに気がつけば3月も半ばを過ぎ、エエ加減そろそろ動き出さないと・・・ということでまずは年初にOHしたエンジンのナラシ運転から始動することに決定。28番車の場合、ナラシは最寄の入口から高速道路に入り、ぐる~っと1周大回りしてきてすぐ隣の出口で下りてくるというのがいつものパターン。前回のような急ぐ旅ではないので天気さえ良ければこの土日を使って短めのコース設定で2周回ほどこなす予定。ついでに同じところをトレースするのはツマラんので新ルートの開発も画策中。
近場をチョコマカ動き回ったりはしていたものの実質的には今年の初乗り。いいお天気の下ノンビリと行きたいモンだが予報では今頃になってこの冬一番の寒波襲来とのこと・・・。う~・・・決心が揺らぐ・・・。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

ウインカーレバーその他モロモロを調達

Winker
以前より懸案だった運転席周りの操作系向上計画をボチボチ実行に移すには先ずは部品の調達・・・ということで先週末はツナギ着込んで久々の解体屋巡り。
ヤフオクの写真を頼りに適当そうな中古部品をエイヤで購入するテもあったが、なにぶん今回は他車種用の部品を加工流用する予定なので、実際の部品の大きさ、現車への取付状態や動作の具合などを現物を見て確かめられる方法を選択。さらに解体車両から取り外す際にカプラーから先の配線や周辺の必要となりそうな部品もまとめて入手できるのも好都合。で、写真は持ち帰った部品をザッと分解・洗浄してみたところ・・・十分吟味して選んできたつもりだがはてさて思惑通りに首尾よくコトが運びますやら否や?
それにしても10ウン年ぶりに訪れた京都八幡の解体屋通りがずいぶんとキレイになっていたのには驚き。ただし店のオバチャンとの壮絶な値切り交渉だけは昔と変わらずでアリマシタ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

4ドアセダン王国

Taiwanvolvo
前回の二輪車編に続いてお次は台湾四輪車編。かの地ですぐ気づいたのは路上における乗用車全体に占める4ドアセダンの割合がやたら多いこと。どうやらセダン大好きのお国柄のようで、ワゴン・ミニバンの類はほとんど見かけることがなく、街行くシビックやカローラもそのほとんどが4枚ドアのノッチバックタイプ。日本ではワゴンの代名詞のようなボルボですら台湾滞在中に見たのは全てセダン、さらに驚いたのは↓の日産K11マーチ・・・トランク付いてるし・・・。
まさに「トコロ変われば品変わる」。日本車のクセして異国情緒タップリの一台デシタ。
Taiwanmarch
オマケに台湾で見かけた面白乗り物をもう一つ↓。
Kaohsiung2
ど・・・どないやって曲がるんやろ・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

突然の訃報

「ユーロカップ」や「チャオイタリア」といったレースイベントで28番車がいつもお世話になっている㈱ツーアンドフォーのウェブサイト上で発表されていた突然の訃報。つい昨年までセントラルサーキットで元気なお姿を拝見していただけに驚きを禁じえず・・・。思えばパドックで顔を合わせる度に、やれエントリーフィーが高いだの入場料取り過ぎだのと喰ってかかってばかりいたっけ・・・。そんな文句ばっかりブータレつつも28番車、気がつけばもう10年以上ツーアンドフォー主催のヒストリックカーレースに参加し続けてきたワケで、やっぱりナンダカンダいってもツーアンドフォーが関西のヒストリックカーレースシーンに寄与してきた功績はコレはもう皆が認めるところ。
今まで自分たち旧車レースファンに走る場を提供し続けていただいたことに改めて感謝するとともに謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

二種スク王国

Kaohsiung
先週仕事で訪れた台湾は高雄。到着した空港を出てまず一番に驚いたのが道路の右側車線を埋め尽くすがごとく流れる夥しい数のスクーター群。特に朝の通勤時間帯に見られるスクーターの奔流たるやコレはもう圧巻の一言。同じく最寄の駅まではスクーターで通勤する28番車もおのずと見入ってしまったが、彼の地のスクーターで圧倒的多数を占めるのは日本の路上ではマイノリティーである排気量51~125ccのいわゆる「原付二種」。日本では50ccスクーターとして見慣れたビーノやスクーピーも台湾で見かけたそのほとんどが90cc仕様。その為もあってか路上を行くスクーターの半数近くが2人乗り、たまに3人乗り、子供込みで4人乗りなんてのも・・・。とにかくざっと見たトコロ歩いている人数より路上を走るスクーターの数のほうが遥かに多いといった感じの高雄市街。町の中心部の大通りには↓のような路肩に延々と続くバイク駐輪スペースが整備されているのも、日本より遥かにバイクが市民権を得ている証拠かも?
個人的には大阪は御堂筋の路肩にも、駐車バイクを目の仇のようにして撤去する前にゼヒ設置していただきたい施設であります。
Kaohsiung3

| | Comments (2) | TrackBack (1)

帰って参りました。

Smog
先週末からの台湾出張を終え、ほぼ一週間ぶりに無事帰国・・・やれやれ。現地で面倒を見てくれたのは台湾出向3年足らずの職場の元後輩。突然の海外赴任が決定した頃はサスガに不安そうだった彼も今や北京語を流暢に使いこなすその姿は正に現地人。元々アタマの良いヤツとは思っていたがそれにしても相当ガンバりよったハズ。「男子3日会わざれば剋目して見るべし」なんちゅう言葉を地でいくその彼とは、昔は彼女と連れ立って28番車のレース観戦に来てくれていたような間柄。「まだ走ってはりますの?」との問いに近況を伝えると、「は~・・・相変わらずですねぇ・・・」なんて溜息をつかれる・・・・まぁ「男子」にもイロイロおるワケですよ。
写真は滞在先のホテルから望むスモッグに煙る高雄市内。滞在中はず~っとこんな天気で晴れてるんやら曇ってるんやらよー判らん。結局この後初めて澄んだ青空を拝めたのは帰りの飛行機が雲上に出た時のことでアリマシタ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ユーロカップ動画

Petbaloongta33
明日3月4日(日)、セントラルサーキットでは「ユーロカップ」、岡山国際サーキットでは「アルファロメオチャンジ関西」とそれぞれの開幕戦をもって2007年度シーズンもいよいよ始まり始まり~。あいにく今年は同日開催となってしまった為、両方へのエントリーは物理的に不可能・・・・・ということはこの日からの出張のおかげでどちらも参加できなくなってしまったのがココに約一名おるワケで・・・。せめてブログ上だけでもレース気分を・・・ということで↓に貼り付けてみたのが昨年のユーロカップ最終戦での車載映像の一部。新しいパソコンのおかげでやっと動画がアップできるようにナリマシタ。画面中、前を行くのは↑の写真、今年もお世話になります「PET-BALLOON-GTA」のUさん。明日はロメオチャレンジの方にエントリーとのこと、ガンバッテください!さらに両レースにエントリーの皆様におかれましてもナニトゾ充実した開幕戦になりますように!と願いつつ明朝より一人台湾へ旅立ちマス・・・シクシク・・・。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« February 2007 | Main | April 2007 »