« KCR125 | Main | 思い出のアルフェッタGT »

アシの短いヤツ

Gascharge
通常28番車で高速道路を走行する時はだいたい5速の3000rpmくらいで淡々と巡航・・・といったパターンがほとんど。スロットル開度はほぼ一定のまま終始キャブのスロー系のみを使っての走行となるので燃費はすこぶる良好。なので軽量化の為こんな小さな燃料タンクに変更していても大阪の自宅から岡山国際サーキットまでくらいの距離ならば楽々無給油でイケてしまうほど。ところが先日のようなナラシ運転のときだけは話は別。エンジンに少しづつ繰り返し負荷をかけるということは頻繁に混合気の流速を上げてシリンダー内に盛大にガソリンを送り込むことになるので燃費はサイアク・・・。そこでただでさえ苦手なガソリンスタンドでのやりとりを少しでも少なくするべくパーキングエリアにて「増槽タンク」から給油を行うの図・・・これはこれでかなり面倒くさし。
アルファロメオのGTVなのに、「グランツーリズモ」失格デス・・・。

|

« KCR125 | Main | 思い出のアルフェッタGT »

Comments

ジュリエッタはバカでかいタンクであります。
大きいのは100ℓです。ウチは60ですが軽いので燃費はラクですねぇ。

Posted by: アルサロ | March 24, 2007 at 07:17 PM

でかっ!2000のヴェローチェでも確か50リッターちょいだったと記憶しております。昔は皆その長大な航続距離をもってして大陸をグランドツーリングしてはったんでしょうか?優雅ですよねぇ。
ちなみに実はさる高名なGTA乗りの方でご自身の安全タンクの容量のあまりの小ささに業を煮やし、ホントに「増槽タンク仕様」にしちゃったヒト・・・ワタシ知ってます。

Posted by: 28ばん | March 25, 2007 at 12:03 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54708/14366403

Listed below are links to weblogs that reference アシの短いヤツ:

« KCR125 | Main | 思い出のアルフェッタGT »