« April 2007 | Main | June 2007 »

May 2007

遠路はるばるお疲れ様でした。

Okan2000gtv_1
先日のユーロカップ第2戦、「ユーロ&ジャパンクラシックカーチャンピオンレース」では恐らく最遠方の岐阜県から参加のアルファロメオ2000GTVは「おかんの頭の頭」さん。28番車とは以前からブログのコメントやトラックバックのやりとりでお世話になっていた間柄でも、実際にお会いするのは今回が初めて・・・ということで当日は初対面にもかかわらず大変お世話になりました&お疲れ様でした。甚だ僭越ながら、もし当ブログがこの度遠路はるばるエントリーされたキッカケの一助となっていたのであれば、コレはもうホント嬉しい限り。それもツクバやモテギなどの全国区イベントならともかく、こんなマイナーなローカルレースなれば尚更のことでアリマス。
またイタリア旧車を中心としたイベント「Italian Job」を毎年主催されていることで旧車ロメオ界ではよく知られた存在の「おかんの頭の頭」さん。今年も来る9月16日(日)岐阜県は藤橋城駐車場にて開催されるということでコチラへトラックバック。昨年は無念の雨天中止とのこと・・・今年こそ晴天の下でのイベント大成功を陰ながら応援しております!

| | Comments (2) | TrackBack (2)

油圧計トラブル

Oilpless
先日のユーロカップ予選走行中、通常なら4~5キロあたりを指すはずの油圧計の針が突如下がりだし1.5キロあたりをフラフラ・・・。「ゲッ!?よりにもよってこんな時に・・・」と慌ててスローダウンしてパドックまでたどり着くも、さて原因は当の油圧計か?はたまたエンジン本体か?
「それやったらもう1個別の油圧計付けてみたら?」ということで急遽お隣のパドックの「Omega★サクラオート★GTV」Sさんから機械式油圧計をちょこっと拝借して、サンドイッチブロックから油温計センサーを外した跡に仮装着。油圧計二丁掛けでエンジン始動してみたところ原因はメーター本体と判明しホッと一息・・・。で、決勝ではウソと判っているとはいえ精神衛生上ヒジョーによろしくない値を示す油圧計は↑のようにガムテで目隠しして出走せり・・・とはいえ決勝レース中にメータートラブルが発生していればその時点で万事休す、ましてやもっと重大なエンジン本体の油圧落ちが発生していたら・・・・そういう意味では予選中のトラブルでツイていたのかも・・・?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ユーロカップ2007Rd.2 お疲れ様でした!

Mexcsx19
朝イチから抜けるような快晴に恵まれた反面、日中は5月とは思えぬ暑さにも見舞われた「ユーロカップ2007」第2戦も昨日無事終了。お疲れ様でしたー!
今回の「EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース」の総合優勝は「mexc-s FiatX1/9 1600 VOLPETTA」のA選手。その速さはクラシックカークラスでは最早「ベツモノ」の風格、終始余裕の一人旅での優勝おめでとうございます。予選4番グリッドの28番車は、決勝スタート直後から相方27番車と抜きつ抜かれつの化かし合い・・・じゃなかった駆け引きの末、最終ラップの最終コーナーにて苦し紛れにエイヤと繰り出したウッチャリが運よく決まっての文字通り「ハナ差」での総合2位。真夏を思わす暑さの中、お互い使い古しのSタイヤでの壮絶な「タイヤ温存合戦」・・・キツかったけどオモロかった~。
2728eoro2007rd2

| | Comments (11) | TrackBack (4)

明日はユーロカップ2007 Rd.2

28inymaintenance
明日、5月27日(日)はユーロカップ2007の第2戦。気になる兵庫県南部地方のお天気は今のところ「晴れ・降水確率0%」と願っても無い予報。明日はこのまま予報どうりになってくれることを切に願う地元セントラルサーキットでの28番車本年度一発目。「無事行って楽しく遊んで無事帰る」という最大目標は今年も変わらず。そんでもって「パドックでは和気藹々の旧車レース談義、コース上では目ぇサンカクの真剣勝負」という基本姿勢も今までと何ら変わり無し。
どうか明日は楽しい一日となりますように!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

賞味期限切れ・・・。

Gelcoat_1
ただいま鋭意取組中のFRP工作。今週末のユーロカップには間に合わないまでも、少しでも作業を進めておこうと会社帰りに足りなくなったゲルコート樹脂を購入。早速深夜のガレージで蓋を開けてみたところ、あれまぁ既に中身がカッチンコッチンに硬化しちゃっているじゃぁあ~りませんか?!翌朝連絡して取り替えてもらうことにしたものの、またお店まで足を運ばなければならん羽目に・・・。まぁツイてないときなんてこんなモン・・・次回からはちゃんと買う前に確認しよ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ユーロカップ2007Rd.2 エントリーリスト発表

Sibusud_1
来る5月27日(日)セントラルサーキットにて開催されるユーロカップ2007第2戦のエントリーリストが主催者「ツーアンドフォー」のウェブサイトにて発表。
今回の「EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース」はエントリー総数26台とほぼ平年並みだが、その丁度半数の13台を我らアルファロメオ勢が占めるという事態には驚いた。参加カテゴリー別の内訳は「LT-2000」クラスの参加6台全てと、28番車の属する「T-2000」クラスが8台中5台、さらに1983年式までの「NEO」クラスのアルファスッドが2台といった具合で、そういえば関西のレースでスッドが2台揃うのも久しぶり・・・ということで写真はこの週末「サクラオート」たかもっちゃんと久々の「アルファスッド対決」と相成ったFRP職人「アウトデコ」Sぶちゃん号。
それにしても旧車ロメオ乗りってホンマ走るの好きなヒトが根強く多いなぁ・・・なんて改めて感じ入る今日この頃でアリマス。

| | Comments (8) | TrackBack (1)

セントラルサーキットのお天気

After
スズカ等の一部例外を除いて大部分は人里離れた山の中にある・・・・というのがサーキットというトコロ。28番車の地元セントラルサーキットもご多分に漏れず兵庫県は西脇市の山中に立地している為、レースともなればパドックで天を仰ぎつつコロコロ変わる山の天気に一喜一憂なんてこともしばしば・・・。そんなことを何度も繰り返すうちに思うのは、どうもセントラルサーキットのお天気は北から南へと変わっていくことが多いような気がしてならないということ。
つまり↑の1コーナー側に向かって見上げる南西方面の空がついさっきまでのセントラル上空の天気だとすると、その場で回れ右して見る最終コーナー側、↓の北東の空模様が今から数十分後のコース上の天気を予言していることが多いような気がするのだが・・・。乏しい経験のみに基づいた何の根拠も無い推測なれど、それでも出走前俄かに上空の雲行きが怪しくなってきた時などはつい最終コーナー側の空模様が気になって気になって・・・なんて気を揉んだところで特にどうなるワケでもアリマセンが・・・。
Before

| | Comments (2) | TrackBack (0)

FRP工作大失敗の巻

Frp
先日のアルファロメオチャレンジで岡山国際サーキットに落っことしてきてしまった左側補助灯のライトリム。幸いレース仲間のたみぃさんが予備として手持ちだったものをお借りすることができたので、早速それを元にして新たにFRPでライトリムを製作すべく前回の自作フロントグリル同様まずはシリコンで型取り。で、借り物のライトリムを抜いた後のシリコン製メス型に順次FRPを積層・・・していくまではよかったが、その後どういうわけだか待てど暮らせど積層したポリエステル樹脂が一向に硬化する気配無し・・・・。そういえば樹脂に混ぜる硬化剤をケチって大昔のものを使用してしまったのが悪かったか・・・?なんて考えるうち、心配になってFRPの本職「autodeco」のSぶちゃんに電話して状況を説明したところ
「あ、そりゃアカンわ、ハイやり直し~」
とのこと。
こりゃ来週のユーロカップには間に合いそうもないわ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ユーロカップ2007第2戦にエントリー

Bmwlotusalfaromeo
いよいよ今月末の5月27日(日)に迫ったユーロカップ2007・ユーロ&ジャパンクラシックカーレースの第2戦にエントリー。今年は開幕戦を欠場しているので28番車にとってはコレが地元セントラルサーキットでの本年度一発目。どうか今年も無事シーズンを全うできますように・・・。またエントラント並びに関係者の皆々様におかれましては今シーズンも何卒よろしくお願い申し上げます。というワケでパドックでのアサイチのご挨拶はもちろん「あけましておめでとうございます!」デス。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ANDARE156

Andare156_1
昨年までアルファロメオチャレンジ関西MR200クラスでは上位常連組のアルファロメオ145として御馴染みだったANDARE19さん。2007年度からは車輌をアルファロメオ156にチェンジすると共にカテゴリーもロメオチャレンジ最高峰SRクラスに移行して参戦中のその名も「ANDARE156」。以前の145ではトレードマークだったイエローのカラーリングが印象的だったが今回の156の塗色は964ポルシェ純正色のルビーストーンレッド。「なかなかエエトコに目ぇ付けはったなぁ~!」なんてしげしげと眺めているうちに156特有の滑らかな楕円形のフォルムと光の当たり具合で赤紫っぽくも見えるカラーリングとがあいまって、ついついちょっと旨そうな「サツマイモ」を連想したりして・・・。
そんなコトを考えつつカメラを向けると
「あ~っ!!どうせヤキイモとかナントカ言うてブログに載せる気やろ~!!」とコチラを指差すANDARE19さん。
「そうそう、二つに割ったら切り口は黄色くて美味しそうな湯気出てましたって書いとくワ!」
「シ、シツレイな・・・!」
「そんでお尻には根っこも生えてましたって・・・」
「エエ加減にさらせ!!!」
・・・なんてパドックで軽口を叩き合うのもアルファロメオチャレンジの楽しみのひとつ。
で、肝心のレースでは並み居るショップワークス勢ひしめくSRクラスにあって決勝4番手はオミゴト、さらに予選ではキッチリ1分50秒フラット台を叩き出すなんざサスガ元145マイスター。今後のさらなる活躍に期待大ッス・・・ってチャンと褒めといたからねっ!って今更遅いか・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

電子進角式デスビ

Distributor
「より良い火花をより正確なタイミングで・・・!」をモットーに現状の点火系改善を日々画策中の28番車。そんな2ヶ月ほど前のある日のこと、知り合いの仏車系メカKさんから「こんなデスビあるんやけど、アルファロメオでも試してみる?」と紹介していただいたのが↑の電子進角式デスビ。
通常デスビ内部に組み込まれている機械式のガバナ進角機構の代わりに内蔵のLSIでエンジン回転数に応じた最適な進角を電気的に司るというしくみで、従来構造上どうしても不安定になりがちだった点火タイミングを現行車並にビシッと安定させようというもの。ただ肝心のアルファロメオ用の設定が無く、「柳原メンテナンス」御大に相談したところ「なかなか面白そうやね」ということでとりあえず寸法の近い他車種用のものを加工、同じくロメオに合いそうな進角パターンをもつLSIを見繕っていただきプロトタイプとして28番車に装着。さらに街乗り・サーキットでの試運転を経て、先日のアルファロメオチャレンジでは相方27番車にも製品版を装着、確認してもらった結果ほぼ最終版が確定。
点火時期のブレに関しては28番車本命のコチラには若干及ばないものの、実際に乗ってみた印象では従来のガバナ式デスビに比べ、ドライバビリティの差は歴然。さらに基本的に作業はデスビ交換のみなのでエンジンルームの景色が大きく変わることもなく、また現状装着済のCDI等がほぼそのまま生かせるというのも魅力。
ということで当面はこの仕様でイッテミマス・・・。

| | Comments (4) | TrackBack (2)

思わぬ巡り合わせ(ARC2007関西編)

Cliomini
今年度よりアルファロメオチャレンジ関西・ヒストリックカークラスとの混走で行われている、排気量3.2リッター以下の欧州車によるETCCスプリントレース。先日その「ETCC2007 Vol.2」にエントリーされていた↑の2台、向かって左側ルノークリオカップのラニョ兄さんとその右隣、BMWミニのOさんはどちらも28番車がいつもお世話になっている「CAFE UNO」の常連さん。「UNO」でお会いすればいつも楽しくお話させていただいている方々と、まさかサーキットでそれも同じレースで一緒にヨーイドン!することになろうとは、まぁなんとも意外なる巡り合わせに感心するやら驚くやら・・・。
↓は裏ストレートで少しだけそのルノークリオカップとカラんでいる当日の28番車決勝オープニングラップ車載映像。以前初めてこのクルマを見せていただいた時にはまさかこんな日が来るとは夢にも思わず・・・ホント永年やってると色んなコトがあるもんデス・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

ARチャレンジ関西2007Rd.2の反省

Arc2007rd22
終わってみれば「結果オーライ」を地で行くような先日のアルファロメオチャレンジ関西第2戦。ただ予選中ごく軽微ながらも他車と接触してしまったことはこの日最大の反省点。接触時の詳しい状況は省くがそれよりも先ず反省すべきは自分がその場にいたということ。新品のヨコハマA048装着の場合、予選最初の2~3周をクリアラップで走れた段階でもうこれ以上のタイムアップが不可能なことは明白なのでその時点でさっさと引き揚げるべき。それをつい「慣れてきたからもう少しいいタイムがでるかも・・・」なんてスケベゴコロをおこしてダラダラ周回を続けてしまったもんだから・・・・いらぬトラブルで後味の悪い思いをしてしまった自業自得というヤツ。そしてもうひとつの反省点は決勝レース中コイツをコース上に落っことしてきてしまったこと↑・・・・次回までには対策イタシマス・・・。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

アルファチャレンジ2007関西Rd.2 お疲れ様でした。

Arc2007rd2
どなた様の日頃の行いが良かったか(少なくとも自分では無い)正に「行楽日和」と呼ぶに相応しい快晴に恵まれた「アルファロメオチャレンジ2007関西第2戦」もナントカ無事終了。お疲れ様でしたー!
開幕戦を欠場した関係上、今回ヒストリッククラスのエントラント中ほぼ唯一のヨコハマA048の「まっサラ」装着車だった28番車。おかげで朝イチの予選では自己ベストに近い1分53秒930にて「レースB」総合4番手。続く午後からの決勝6周目、遥か前を行くヒストリッククラス予選トップの「オートコニサーアルフェッタ」Iトー君によるまさかの最終コーナー痛恨のスピンアウトというナントモ大きなボタモチが棚からドサリと落ちてきてのヒストリッククラス総合優勝。ただし3.2リッター以下の欧州車によるETCCスプリントとの混走で行われた「レースB」全体ではアルファロメオ156、トミーカイラZZ×2に続いての総合4位という結果。コチラの方はトップと40秒以上の大差で全く歯がたたずでアリマシタ・・・・。

| | Comments (7) | TrackBack (1)

明日はアルファロメオチャレンジ2007関西Rd.2

Europeromeo
いよいよ明日5月3日(祝)は28番車にとっての今シーズン開幕戦となるアルファロメオチャレンジ2007関西第2戦。気になる開催地岡山国際サーキット周辺の明日の天気予報は「晴れ・降水確率0%」と今のところ申し分なし。主催者ARCA発表のエントリーリストによると我らヒストリッククラスは参加総数23台、さらに今年より新たに加わったロメオ以外の欧州車で構成される「ETCC」なるカテゴリー12台との混走ということで合わせて総勢35台と久々の大所帯でのレース。まずはとにかく今年も事故やトラブルからは無縁のシーズンとなりますように・・・。
写真は先週の日曜日、期待の新製品「電子進角式デスビ」のテストと自身の開幕戦に備えて運転手のリハビリも兼ねて訪れた地元セントラルサーキットでの一葉。連休真っ只中とあってこの日は満員の大盛況・・・ということで来るユーロカップ第2戦に向け一足先に練習にいらしていたLR54さん&北摂赤ヒラメさんのロータスヨーロッパご一行様のご好意に甘え、同じ旧車乗り同士のよしみでチョット軒下拝借の図・・・その節は大変お世話になりました。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

GWは「曜日どおり」。

Gw2007
職業柄例年4月から5月にかけてが1年で最も忙しい時期になる関係上、毎年ゴールデンウィークは人並みに「暦どおり」というわけにはいかず祝日抜きの「曜日どおり」。当然アルファロメオチャレンジ関西第2戦が予定されている5月3日(祝)も出勤日となるワケで、そこをあーだこーだと策を弄しつつムリヤリにでも休みを奪取・・・なんて相変わらず社会人失格な毎日を送る28番車。そんなある日、職場の若い衆の一人が話しかけてきて曰く・・・・
「あの~今年の新入生歓迎会なんスけど5月2日でいいスか?」
「え!?2日の晩に酒飲むんか?それはマズいな・・・(しばし熟考)。あ、そしたらその日だけは一応6時くらいには皆仕事片付けるよな?」
「そうですね。」
「よっしゃ、ほな5月2日でいこか・・・ワシもかえってその方が好都合やし・・・」
「わかりました・・・ん!?かえって好都合って・・・あ!?さてはアンタ!またトンズラかましてサーキットとか行く気やろ!?アンタってヒトはマッタク・・・・。」
ス、スマン・・・見逃してくれ・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« April 2007 | Main | June 2007 »