« June 2007 | Main | August 2007 »

July 2007

このおとだれだ?

Ehon1
「これちょっと声に出して読んでみてくれる?」
仕事柄読み聞かせはお手のモノのハズのヨメハンがわざわざ職場から持ち帰ってきたのが↑の絵本。手にとって中身を見ると、近づいてくるエンジン音で仲間を聞き分けながら峠のパーキングに集合したクルマ達が、仲良く揃ってツーリングを楽しむといった内容のお話。
「色んな声色で読んであげると喜びやるねんけどイマイチ感じが出えへんねん・・・アンタよう知ってるやろ?」ときたもんだ。早速自分なりに声の調子を変えつつ何となくながらもそれっぽく熱演して、なんとかご納得いただく。
「それにしてもこの絵本、排気音の特徴が際立つようにウマイこと車種選定してあるわ。見てみ、フィアット500が空冷の2気筒やろ?ほんでもってフラット4のビートルにV8のコルベットに・・・」
あ、もうおれへんわ・・・。
Ehon2

| | Comments (5) | TrackBack (0)

14インチ・PCD108といえば・・・

Peugeot106
パドックでプジョー106を見かけると、ついその足元に目が行ってしまう今日この頃・・・というのもこの車のホイールサイズ、14インチのPCD108というのはヴェローチェと共通でさらに超軽量ホイールのド定番、レイズの「VOLK RACING TE37」の設定がある為。そんでもってまたサーキットでの装着率が抜群に高いんだわコレが・・・。そもそもこのTE37が俄然気になりだしたのは相方27番車への装着がキッカケで、やはり信頼できる仲間内の口コミに勝るもの無し。軽さだけでなく剛性に関する巷の評判がいいことにもさらに惹かれるし・・・・とかいいつつも今すぐにどうこうしないと走れないというものでもないのでナカナカ高価な新品購入へのフンギリもつかず、時たま眺めているヤフオクでは出品される度に毎回驚異の高値安定。
ロメオ乗りに限らず、皆考えていることは大体一緒なのね・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

「プラリペア」でプラ修理

Plarepair
解体屋調達による中古パーツの悲しさ、折角苦労して移植したウィンカーレバーも早速のセルフリターン機能動作不良・・・。調べてみたところ恐らくステアリングを切り戻す際、別途ボス側に取り付けた突起部に引っかかるべきウィンカースイッチのツメ部分の磨耗が原因であろうと見当をつけ、おもむろに修理に取り掛かる。
近所の量販店で以前から目を付けていた新素材造形補修剤「プラリペア」なるものを試しに購入。事前に店頭で使用法の説明書を読んで見当をつけていたとおり、溶剤の小瓶を開けるとその昔めちゃくちゃお世話になったTさんの歯科技工士ラボで散々嗅いでいた懐かしい「レジン」の鼻を突くにおい・・・。やっぱし・・・コレやったらバイトで雇ってもらっていた時の経験上強度はバッチリやわ・・・ということで磨耗で低くなったツメ部分をプラリペアでカサ上げして、めでたく復活。
ちょっとしたプラ部品の修理にコレ・・・結構使えます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

再手術

Najiosa
前回はおととしの春だったから、それから2年とちょい。オカンの再手術の為、チビと連れ立って朝から実家近くの病院へ。昼過ぎに始まった手術は当初の予定より大幅に長引き、7時間後にようやく終了。術後の説明を受けICUで面会した後、家路に着いたのが夜の9時過ぎ。手術室前の家族控室では仕事を終え駆けつけたヨメハンに「ばあちゃんにお疲れ様を言うまでは絶対に帰らない!!」とガンバッていたチビも食いそびれた晩飯にありつくため中国道・名塩SAに滑り込む頃にはサスガにグースカ、ピースカ・・・。28番車の助手席で爆睡するチビを残し、オヤジ一人大急ぎで缶コーヒーのみ買い込みそのまま帰路を急ぐ。
術後のマーカー値さえ下がってくれれば・・・・ただただそればかりを祈るのみ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ジネッタG4

Ginettag4_1
先週のアルファロメオチャレンジ関西2007第3戦、ETCCクラスにエントリーされていた「ジネッタG4」。鮮やかなその水色の車体色に以前TDMでよくお会いしていたコチラを思い出す。もしかしてジネッタG4の定番カラーなのカモ・・・。当日は生憎の雨模様で防水対策にも苦労されていた模様なるも、お天気のいい日ならこんなライトウェイトスポーツで思いっきりサーキットを走るのはさぞや爽快でありましょう。現状ヨーロッパ車なら何でも来いのETCCクラスの中にあって、やっぱりヒストリックカー(リプロを含めて)にはつい思い入れをもって応援したくなってしまうのが旧車乗りのサガというヤツであります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

フロントスポイラー(その2)

Frontspoiler1
かねてからの懸案だった「フロントスポイラー」。まずはとにかく何か流用できそうなモノを・・・と広告の写真を頼りに取り寄せてみた汎用チンスポは実際に現車と合わせてみたところ↑のごとし。ま・・・全く合わん・・・。
途方にくれて相談を持ちかけたFRP職人Sぶちゃんの「一回真ん中でぶった切って長さ詰めて合わせてみたら?」との助言に従い、試しにとりあえず右端だけを適当な場所にむりやり合わせてガムテープで仮固定してみたところ↓。
う~ん・・・・イマイチ・・・。
Frontspoiler2

| | Comments (3) | TrackBack (0)

操作系向上計画(その4)

Switchpanel
先日の国産車用ウィンカーレバー移植に引き続き、お次はステアリングポスト向かって左側のワイパースイッチを・・・。なんて3ヶ月ぶりに意気込んではみたものの、イザ作業に取り掛かる段になってハタと気づいたのは、移植予定だったイマドキのワイパースイッチがスピードのハイ・ローに加えて間欠モード、さらにはその間欠の時間設定までコントロールできるという装備満載の至れり尽くせり仕様なのに対して、肝心の車輌側でできるのは単にワイパーのオンオフのみ・・・。これでは折角の高機能スイッチも宝の持ち腐れということで、急遽自作のスイッチパネルに変更することに決定。既設のワイパースイッチ取付ベースに手持ちのアルミ板でこしらえたスイッチパネルを同じく自作の簡単なアルミのステーを介して固定。ワイパー・ハザード・ラジエターの電動ファン・燃料ポンプ・イグニッション及びスタータースイッチをまとめてこのパネルに移設・配線して作業完了。
コレにて手元にまとめられた各スイッチの操作性が従来に比べて若干なりとも向上したのでは・・・・という所謂ひとつの「自己満足」の世界であります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ARC関西2007Rd.3 決勝車載映像

Arc2007rd3
レース前、雨空を何度も見上げてはドライ用とウェット用、はてさてどちらのタイヤでいくべきか・・・?と思案に暮れていた先日のアルファロメオチャレンジ2007関西第3戦。結局直前の土砂降りで完全ウェットレースとなったヒストリック・ETCC混走による「レースB」のオープニングラップ、裏ストレートエンドで28番車のインを刺して前へ出た「プジョー206 S16」とのカラミの模様が↓の車載映像。ドライバーは「プロスパー」主宰のAさん、コーナー進入で懸命にプレッシャーをかける28番車に対してイン側にキッチリ一車分のスペースを残しつつ応戦されるあたりはサスガ。レース後「おもしろかったですねぇ~!」とご挨拶にうかがったところ、今回このプジョー206は「プロスパー」のお客さん有志によるセントラル夏の9時間耐久出場に向けてのセット出しを兼ねての走行だったとのこと。
本番の9時間耐久での健闘、陰ながらお祈りしております!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

アルファチャレンジ2007関西Rd.3 お疲れ様でした。

Wetrace
台風一過・・・なんて淡い期待はモロクも崩れ去り、生憎のウェットレースとなってしまったアルファロメオチャレンジ関西2007第3戦も昨日無事終了。お疲れ様でしたー!
前回第2戦に続き今回も我らアルファロメオ・ヒストリッククラスとヨーロッパ車全般によるETCCクラスとの混走で行われた「レースB」。見事総合優勝を飾られたのは「エスプリスポーツエキシージS2」のS選手(↓)。続く2番手にはユーロカップでもお馴染み「MEXC-S FiatX1/9」のA選手が入り、28番車はさらに大きく水をあけられての総合第3位にて無事完走。降りしきる雨の中、昨年の夢よ再びとばかりに秘蔵の雨タイヤ「ヨコハマADVAN AO49」に履き替えて決勝に挑むも、いずれも2分6秒台で快走する上位2台を2分11秒台の28番車が追いかけたところでイカンともしがたし・・・・なんてボヤきはともかく、予選ハーフウェット、決勝はヘビーウェットとめまぐるしく変わる路面コンディションに悩まされ続けた1日。とにかく無事に帰ってこれたダケでも・・・まあまあヨシとしませう。
Exige2

| | Comments (2) | TrackBack (0)

アルファチャレンジ2007関西Rd.3 エントリーリスト発表

Arcpadock
いよいよ明日7月16日(祝)、岡山国際サーキットにて開催予定のアルファロメオチャレンジ2007関西第3戦。主催者ARCA発表のエントリーリストによると、今回のヒストリッククラスは暑い最中での開催ということもあってか前回23台ものエントリーを集めた第2戦とは打って変わって参加総数ナント僅か8台。併催のETCCクラスと合わせても総勢15台という少なさで、さらに28番車の属するHSRクラスに至っては我がの車1台っきり、「完走即クラス優勝」といったチト寂しい状態。ま、タマにはこんなコトもあらあな・・・っちゅうことで自分としてはとにかくその時その時に与えられた環境の下で精一杯ガンバルのみ!
気になる当日のお天気は、現在接近中の大型台風4号が一刻も早く通過してくれるのをひたすら待つ・・・といったような状況。どうか台風一過の晴天での楽しいレースとなりますように!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いつかは降りる日が・・・。

28arc2006
早いもので購入以来もう16年になんなんとする28番車との付き合いも、いつかは終えなければならない時が来るその覚悟というか心の準備だけは自分の中ではいつもしているつもりなんだけど・・・なんて思いつつ「降りる時」繋がりで「Oh My Giulia 2」さんにトラックバック。もしかしたらいきなり次のレースで全損になってしまうかもしれないし、転勤やリストラ等々仕事のこと、家族のこと、そして年老いた両親のこと・・・などと考えるにつけ、周りのたくさんの方々に支えていただきながらとはいえ、ホント今までどうにかこうにか乗り続けて来られた事の方が不思議なくらい。だからこそ安サラリーマンには分不相応とは重々承知しつつ、多少無理しながらでもナントカ状況が許されているうちは、たとえ1レースでも多く走り続けたいワケで・・・。
モットーは「少~し(?)無理して・・・、永~く無理して・・・」。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

コマゴマとした事デスガ・・・

Futa
以前より電池蓋のツメが欠けてしまい、ガムテ補修で誤魔化して使っていた28番車のヨシムラ・マルチテンプメーター。ところが先日その蓋単体での購入が可能ということを製造元「ヨシムラ」のHPで発見。コレ幸いと喜んだまでは良かったが、ただそのままHPでネット購入すると送料1,000円がかかってしまうので、近所のバイク部品店まで出向いて取り寄せを依頼。コレにて送料タダのお値段368円ナリ。
またメーターといえば気になるのが前回のユーロカップトラブった油圧計。実はその後しばらくするうちに勝手に症状が治まってしまい、ハテサテいかがしたモンか?とりあえず来週のアルファロメオチャレンジではそのまま様子を見ることにしませう・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アルファチャレンジ2007関西Rd.3にエントリー

Arcstart
来る7月16日(祝)、岡山国際サーキットにて開催のアルファロメオチャレンジ2007関西第3戦にエントリー。今回は試作品のスタビライザーを装着して走行する予定の為、事前にその具合を確かめるべく普段ならいつもレース前日に用意されている合同テストランと合わせて申し込むつもりだったが、生憎この日は雑誌社主催のイベント「Tipo Overheat Meeting」が入っている関係上テストランは無しとのことでやむなく当日朝のプラクティスを申し込んでおく。
約2ヶ月半ぶりとなる岡山国際サーキットでの28番車2007年後半戦の一発目、ガンバッテいってみよ~!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

車検無事完了

28syaken
2年に一度の恒例行事、おかげさまで無事終了。排気量変更にともなう構造変更申請の書類審査に若干時間がかかった以外は今回も特にいつもと変わらずとのことで、やれやれホッと一息。陸事での排ガス検査も普段のまんまの仕様でイッパツ合格なんざ規制の緩い旧車とはいえサスガ「柳原メンテナンス」、毎度のことながらお世話になっておりやす。これにて車検証の形式欄は10545「改」に・・・そこまでせんでもいっそのことナンバー切った方が却ってラクなんとちゃう?とのご意見も以前より多々頂いており、けだし正論とは重々承知しつつもココだけは可能であるかぎりはコダワっていきたいところ。
なんせもともと出がストリートなもんで・・・。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2007年度後半戦予定

Daisen
早いもので気が付けば今年も半分が過ぎ、あっという間に下半期へ突入・・・ということで28番車の2007年度後半戦、まずは来る7月16日(祝)、岡山国際サーキットでのアルファロメオチャレンジ2007関西Rd.3からの予定。その後9月9日(日)と11月11日(日)にいずれもセントラルサーキットにてユーロカップ・クラシックカーレースのそれぞれ第3戦、第4戦が予定されており、さらにその間の10月21日(日)が同じくセントラルサーキットでのイタリア車のお祭「チャオイタリア」。さらにもう一つ、未だ日程未発表ながらアルファロメオチャレンジ関西Rd.4が岡山国際サーキットにて開催予定・・・といった具合。とりあえず順不同で列挙してみたサスガにこれら全部というワケには恐らくいかないものの・・・とはいえ目標はできるだけ多く参加して、そして何としても全戦無事完走・・・といきたいモンであります。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« June 2007 | Main | August 2007 »