« August 2007 | Main | October 2007 »

September 2007

VOLK RACING TE37

Te37
以前から欲しかったアルミホイール、レイズの「VOLK RACING TE37」を、先日ヤフオクにてやっとの思いで入手することに成功。流行り廃りの激しい昨今、発売からもう随分年月がたっているにもかかわらず今だ根強い人気を誇り、オークション市場でも出品されれば常時高値安定だった「TE37」。にもかかわらず思ったより安価に購入できたのは、今回のブツが折角のブロンズ色の上からわざわざスポーク部分だけ後塗装で銀色に塗り分けられた状態で出品されていたのが原因のひとつカモ・・・。ということで落札後送られてきたホイールを相手に早速スクレーパーでせっせとスポーク部分の塗膜剥離にかかる。梨地肌のアルマイトメッキの上から塗装してあるので、丁寧に作業しつつ少々の引っかき傷にさえ目をつぶればナントカ剥離作業のみで使えそうな感じ・・・・とはいえ1本目を↑の状態まで持っていくだけで既に小1時間・・・。先は長いし・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

ユーロカップの景品(2007年編その2)

Keihin2
先日行われたユーロカップ2007第3戦で頂いた景品は、現在「リモコン立て」として自宅リビングにて活躍中(↑)。前回の保温バッグ同様、景品としてのモノのショボさは、まぁ置いとくとして今回もとりあえずご家庭で「使えるもの」だったということでとりあえずは納得しておく。とは言え、今年から毎戦ごとに景品の種類を替えてくるところなどには主催者側にも一定の工夫を感じ取ることができなくもなし。なんせ去年は色違いの同じモノばっかだったからねぇ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チャオイタリアJAF戦の準備

Ciaojyunbi2
10月も間近に迫ったこの時期の毎年恒例、チャオイタリアJAF戦前の準備作業ということで、消火器の設置ダックテール付トランクリッドのノーマル形状への交換などなど・・・。さらに今年から新たに追加となったフロントスポイラーの取り外し作業(↓)も終え、久しぶりにスッキリと「素」の姿に戻りましたの図。
ここ最近では前後スポイラー付の外見も見慣れてきてはいたものの、やっぱり見た目だけならオリジナルがイチバンかな?・・・・なんて気もチラとしたりする今日この頃でありマス。
Ciaojyunbi

| | Comments (2) | TrackBack (0)

「チャオイタリア」の季節

Verdysuper3
暑い暑い・・・などと言いつつ気が付けば9月も残すところあと一週間。で、今年もまたまた巡って参りました「チャオイタリア」の季節・・・ということで2007年度は10月21日(日)開催、場所はいつものセントラルサーキットにて。
そのチャオイタリアで28番車が今回もエントリーを予定している「JAF公認イタリアンクラシックカーチャンピオンレース」の前年度チャンプが↑の「スクーデリア・ヴェルディ」ワークスのジュリアスーパー。只今このジュリアスーパーのその時の車載映像がコチラにて公開中。因みにレース前半、28番車も少しだけ画面に登場しているのだが傍から見ているとこのジュリアスーパー、とにかく挙動のピーキーさはハンパでは無く、運転手はさぞや忙しかろうという想像どおり、初めて目の当たりにしたドラのヴェルディメカ・Nオ氏の運転はサスガ・・・やっぱウマいわ、このヒト・・・。さらにホーム、バック共にストレートではガッツリ5速に入っているというのも新たな発見。ここいらにもその速さの秘密が隠されているのやも・・・。
ともかくこのクルマには’04年度’06年度とヤラれっぱなしなので、今年こそはナントカ一矢報いたいモノ・・・。果たして「3度目の正直」となるか?それとも「2度あることはなんとやら」か?!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

重宝してます「カンタンタープ」

Tent
ここ最近、ユーロカップ出走時のセントラルサーキットではパドック内陣地構築の必需品となった感のある簡易テントの「カンタンタープ」。お揃いのものを連結使用するメリットは当初の予想以上に大きい上、お値段も1万円以下とお手頃、また持ち運びにも便利とあって仲間内でも購入者がじわじわと増加中・・・ということで、先日のユーロカップ2007第3戦で↑のようにズラリと並んだ景色はさながらロメオのテント村といった様相。今回のメンバーは写真奥から28番車、スッドのSぶちゃん相方27番車29番車、2000GTVMっちー号とHN「マグワイヤー」ことアルフェッタのYきちの6人衆。
で、中から見たらこんな感じ↓・・・・サーキット内のピットとまではいかないまでも、これはこれでまぁソコソコには快適でありマス・・・。
Tent2

| | Comments (7) | TrackBack (0)

カルチャーショック!(2007イタリアンジョブ編)

Cofeeegg
名古屋の喫茶店でコーヒーを注文すれば、お茶うけのおつまみが必ずサービスで付いてくる・・・というのは関西人の28番車も過去幾度と無く体験済み。ところが先週末参加した岐阜県は藤橋城で行われたイベント「2007イタリアンジョブ」会場内の食堂にて、昼食後のホットコーヒーを注文した28番車のドギモを抜いたのがお店のおばちゃんが持ってきてくれたコレ↑。
こ、このコーヒーの隣にあるお椀の中に鎮座するは、ど~見ても「ゆでたまご」なる物体と思われるが・・・それも2個。ご丁寧に食塩のビンまで添えられており、この期に及んでは最早どっちが主役でどっちがオマケか分らんといった状態。サスガにこりゃ何かの間違いかと確かめてみたところ、おばちゃん「構わん構わん!ついでに付けといたから、遠慮せんと食べなさい!」とのこと。早速ありがたいお言葉に甘えてチビと2人で1個づつ、お塩ふりふりおいしくいただきましたとさ・・・・という地元大阪ではちょっと考えられないオハナシ・・・中部ってでらスゲェ~。

追記:同じ「中部地区豪華お茶うけ繋がり」でコチラにトラックバックさせていただきました。やはり県外者にとっては驚異ですよね~。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

2007イタリアンジョブ

Italianjob2007
昨日は岐阜のクラブマザーヘッドさん主催のイベント「2007イタリアンジョブ」参加の為、チビと2人して岐阜県揖斐川町は藤橋城まで。生憎の雨模様の中、それでも大勢集まられたイタリア旧車の皆様方の末席に28番車もお邪魔虫。お久しぶりの方、ネット上でのやり取りのみで実際には初めてお会いする方、当ブログをちょくちょくご覧いただいている方等々・・・当日は沢山の方々とご挨拶やお話をさせていただき、タマにはこんなのんびりイベントもあな楽しからんや。ただ相変わらず土地勘無し、方向感覚無し、距離感覚無しと無い無いづくしの28番車親子、名神高速関ヶ原ICから現地までの道中だけは「のんびり」とはいかず、行きも帰りもまぁ迷うこと迷うこと・・・。特に帰りは土砂降りの雨の中、迷い込んだ真っ暗闇の細道を抜けるとそこは一面の墓場だったりして。ま、それもナントカ無事に帰りついた今となっては笑い話のひとつということで・・・。
そして最後になりましたが、雨にも負けず楽しいイベントを手弁当で提供していただいた「クラブマザーヘッド」スタッフの皆様方におかれましては、重ね重ねの多謝御礼であります。ホンットお疲れさんっした!!

| | Comments (6) | TrackBack (2)

ベンチレーション再生

Panel1
28番車のフロントガラス前、ワイパー取付部のパネルは軽量化のためオリジナルから型をおこしたFRP製の自作品(↑)に換装済み。その際、いくつものスリット状の穴を一つ一つ切り抜くのがメンドくさかったので、外気導入用の開口部はそれらしい形のヘコミとして再現しただけだったのを、連日の猛暑が続いたこの夏、少しでも風通しを良くしようと改めてオリジナルと同様にすべくせっせと穴あけに勤しむ。走行時にこのスリットから取り込まれたフレッシュエアが、ヒーターユニット取外し後の開口部を経由して幾分なりとも室内に入ってくるのでは・・・という算段。で、実際に走ってみたところ、確かにそこはかとなく足元の空気に若干の動きがあるような・・・。不思議なモンでコレ、一転して真冬の高速道路ではものすごく冷たい風が足元からビュービュー入ってくるように感じるのはノーマル時代に経験済み・・・ということで冬場及び雨天時には何かしらの目張りが必要。
ま、どうあがいたところで基本的には夏暑く、冬寒し・・・・季節感だけはタップリっす・・・。
Panel2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ユーロカップ2007 Rd.3 決勝車載映像


先日行われたユーロカップ2007第3戦、ユーロ&ジャパンクラシックカーチャンピオンレースの決勝スタートからオープニングラップにかけて(↑)。スタート進行はいつもどおり1分前表示でエンジンスタート、この時「ピ~・・・認証しました。」というETC車載器からのおねーさんのお知らせがご愛嬌。で、30秒前、5秒前表示の後にレッドシグナルが点灯・・・してからのスタート合図の消灯が早っ!!・・・と虚を突かれる格好でアタフタとクラッチミートに手間取るうちアッという間に折角の予選3番グリッドから一気に5番手に転落するの図。
1周目、前を行くのは「BSSRアストニッシュビートルⅡ」M選手(↓)、2周目入りの1コーナーでナントカかわすもその後猛迫を受け9周目の1コーナーで再逆転。ギリギリのところでお互いの行き場を確保しつつの競り合いをしていただき、おかげで抜きつ抜かれつの楽しいレースになりました。
それにしても相も変わらずスターティンググリッド上では過度の緊張のあまり一瞬フヌケ状態になってしまうことがしばしば・・・何べんやってもスタートは鬼門じゃ・・・。
Vwbeetle

| | Comments (5) | TrackBack (1)

フロントスポイラーの効果や如何に?!

Eurocup200703
無いモノは作らなしゃーない・・・ということで、市販の軽自動車向け汎用品をキッタハッタしつつこしらえてみたフロントチンスポイラーを先週末のユーロカップ第3戦にて初の実戦投入。当初心配していた、スポイラーが冷却フィン付オイルパンの前面を遮ってしまうことによる油温上昇については、別付けのオイルクーラーの効果もあってか残暑厳しい中、以前より若干高めだったとはいえ油温92~93℃付近でおさまってくれていたのでコチラの方は杞憂に終わった模様。で、肝心の空力的効果のホドは?というと、う~ん・・・・コレがまぁ効いてるよ~な効いてないよ~な・・・・。もっとも見よう見まねの素人細工ではそれも致し方無しと自分を納得させてはみたものの・・・ホンネはもうちょっと効いてくれるかとは思ったんだけどねぇ・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ユーロカップ2007Rd.3 お疲れ様でした!

B110sunny
時折小雨がパラついたりした蒸し暑い1日だったものの、まずまずのドライ路面のままもってくれたユーロカップ2007第3戦は昨日無事終了。お疲れ様でしたー!!!
今回のユーロ&ジャパンクラシックカーレースの総合優勝は「APRORTS(アプローツ)サニー」の#88M選手。僅か1300ccのB110サニーで並みいる大排気量車を制してのポールtoフィニッシュ、おめでとうございます。続く総合2位にはご存知ヤマモト自動車Y社長駆る「ロータスコルチナMKⅠ」が入り見事T2000クラス優勝。28番車はその後方総合3番手にてナントカ無事完走・・・・とはいっても実はレース終盤、予選5番手スタートの「BSSRアストニッシュビートルⅡ」M選手のキョーレツな追い上げに堪らず9周目の1コーナーで総合4位に転落した直後、突然の赤旗中断という展開。つまりこの場合その直前の周回終了時点の順位が最終リザルトとなるワケで・・・。
28番車にとってはなんともタナボタな結果と相成ったレースでありました。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

明日はユーロカップ2007 Rd.3

Eurocupgrid
いよいよ明日に迫ったユーロカップ2007第3戦、場所はいつものセントラルサーキットにて。気になる兵庫県南部地方の天気予報は今のところ「曇り時々晴れ」降水確率10%とまずまずながら、サーキット付近の局地予報によるとお昼過ぎから若干の降雨があるようで、今回のタイスケではかなり遅めの15:15出走となる我らクラシックカークラス決勝はビミョーな雰囲気。ただいつもならドピーカンの青空を願ってやまないところだけど、ここ最近の連日30℃を遥かに超す猛暑を思えばサスガに明日ばかりはできれば曇り空で・・・そんでもって雨は降らないままで・・・なんてまぁ我ながらナントモゼータクなことよ。
ともあれ今だ残暑厳しき折、今回も楽しくレースして人車共々どうか無事に帰ってこれますよう・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ユーロカップ2007Rd.3 エントリーリスト発表

Hondas800
いよいよ今週末に迫ったユーロカップ2007第3戦。昨日主催者より受理書と共に届いたエントリーリストによると今回の「EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース」は前回第2戦と同数の総勢26台のエントリー。してその内訳はトヨタ・ニッサン・フィアット・BMWが各1、ホンダ・VW各3、ロータス5、そして我らロメオ勢が11台といった具合でこれまた各車バラエティ豊かなエエ感じのごった煮レースとなりそう。
で、そんな中、今回個人的に特に嬉しかったのは、その昔初めて自分にヒストリックカーレースのことを教えていただき、その後もな~んにも知らない28番車にクルマのこと、レースのこと・・・とにかく何かにつけ親切にアドバイスしていただいた、言わば28番車のレースのお師匠さんにあたる方のお名前を何年かぶりにエントリーリスト上に発見したこと。ということで↑は今週末、ホン・・・ット久方ぶりにお会いすることになる我がお師匠さんの今を去ること十ウン年前の「ホンダS800」。久々の復帰戦、果たしてどんなクルマに仕上がっているか楽しみ楽しみ・・・なんて言ってる場合じゃない!とにかく朝イチで挨拶にいかねば・・・!!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

フラッシャーユニット交換(その2)

Flusherunit
先週末の「柳原メンテナンス」からの帰り道、最近ちょくちょく動作不良を起こしてはダマシダマシ使ってきたウィンカーのフラッシャーユニットがついにご臨終。とりあえず急を要しないハザード用のものと付け替えて引き返したところ「アース1本追加せなアカンけど、とりあえずコレつけとき。」ということでタマタマ手持ちのフラッシャーリレーをいただく。「コレって結構イカれますよね?」との問いに、それでも今までのバイメタル式の2端子(写真左)のものより今回の3端子の電子式フラッシャーリレー(写真右)の方が若干耐久性アリとのこと。
帰宅後早速配線してみたところ、確かに「カッチコッチ・・・」の作動音も今までと比べてそこはかとなく頼もしそうに思えるのは・・・・ハイ、それは気のせいです。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

食器洗い機

Syokkiarai
転居先には最初から備え付けてあったとのことで、今まで使っていたものを職場の若い衆から譲っていただくことに。毎日の皿洗い業務全般担当で、レースの日でもホウホウの態で自宅に帰りついてまず最初にやることは流しにうず高く積みあげられた洗い物の山の処理だったりする28番車にとっては正に願ってもないいただきもの。ということで早速ネットで適合する分岐水栓を調べて購入し、帰宅後ソッコーで台所にてエッチラオッチラ設置作業。自分がラクになる為なんでフットワーク軽い軽い・・・で、早速試運転とばかりに使い終わった食器を入れてスイッチオン!結果は上々、こりゃナカナカ使えますぜ!!オクサン!!!・・・・って世の奥様方はこんなトコ見てないか・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« August 2007 | Main | October 2007 »