« March 2008 | Main | May 2008 »

April 2008

レーシンググローブ(その2)

Racingglove
28番車のレーシンググローブ。度重なる酷使の末、擦り切れたり、ほつれたり、しまいにゃ穴開いたりでエエ加減新しいの買わなアカンなぁ・・・なんて思っていたのが2年前。ソコからさらに今に至るまで引っ張り続けてきたモンだから、最早レーシンググローブとは名ばかりの状態となってしまっており、ココに至ってようやく買換えを決意。やっぱ身につけるモンは実際に手にとって見んと・・・というワケで早速昨日アルファロメオチャレンジ関西でもお世話になっているY社長のお店「ANDARE」さんにお邪魔虫。「折角買うんやからできれば公認仕様で、色は黒系のあまり派手過ぎないヤツ」というコチラの要望に合わせてオススメしていただいたのが↑のOMP製「WINS」というヤツ。縫い合わせが表に出る「WINS TOP」というタイプもあったが、素材がやわらかいノーメックスということもあり実際にはめてみても特に縫い合わせ部分が当たって気になるというわけでもなかったので、よりお求めやすい価格のコチラのタイプを購入。
思い起こせば自分にとって初めてのチャンとしたレーシンググローブがお師匠さんから譲っていただいた[シンプソン」。次が模擬レースのじゃんけん大会でゲットした「スパルコ」。で、今回の「OMP」・・・そういえばお金払ってグローブ買ったのってコレが初めてやった・・・。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

回転の「軸」

Crankcap
サーキットでは全開全負荷での7000回転オーバーというノーマルの設計限界をはるかに超えた領域を常用するため、28番車のエンジンのクランク軸受け部分はいつもお世話になっている「柳原メンテナンス」にて「OS技研」製の↑のような強化品に換装済み。このおかげでそれまで岡山国際サーキットの裏ストレート後半などで感じていた「うわ~・・・ちゃんと回ってるケド、何かヤバそう・・・」という何とも表現のしようのない低周波音(微振動?)から解放される。また後の分解点検でもその効果の程はメタルの当たり具合にハッキリと現れており、パワーの源ともいえるエンジン回転の「軸」をシッカリさせてあげることの重要さを改めて認識させていただいたような次第。
的を得た対策を打てば、それにはキチンとした結果で答えてくれる・・・キカイってやっぱり正直なのデス・・・。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

ジャストサイズ!!

Twin
先日の仕事中、外出先での通りすがりに遭遇した風景。
建物前の僅かなスペースにまるで計ったかのように見事ピッタリと収まったスズキの「ツイン」。
普段このテのマイクロカーを路上で見かけたときなどは、「ナンボ小さいっちゅうてもスクーターみたいに渋滞すり抜けられるワケでもないしなぁ・・・」なんて思っていたけれど、改めてこうして見ると雨風しのげて尚且つこの収まりの良さ・・・。
こりゃ使い方次第ではやっぱり小さいダケの値打ちあるわ。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

ラジエターリザーバータンク

Coolanttank
サーキットでのエンジン連続高回転使用による冷却水のキャビテーション対策のため、28番車のラジエターリザーバータンクはVWベントの純正品に流用交換済。写真で見える本来のリザーバータンク用ホースとは別に、タンク底にある取出口からウォーターポンプのヒータホース用戻し口にもう1本繋げているところがミソ。リザーバータンク内部は上下2重構造になっており、このホース取出口とタンク内部で直結した筒を通して、走行中クーラント内に発生した気泡のみが上側の部屋に、余ったクーラントは筒の底部に切られたスリットを通して下側の部屋に貯まる仕組み。またラジエターキャップはこのリザーバータンクの蓋が兼ねることになるので、従来のキャップは中身の圧力弁機構を撤去して単なるフタに変更しておく。
本来レース専用車輌であれば、プーリー径の変更等でウォーターポンプそのものの回転数を落としてしまうのが根本的な対策法。実はコレ、渋滞にハマった場合などに備えアイドリング時の冷却性能もしっかり確保しておきたい「街乗り兼用車輌」の苦肉の策なのでアリマス・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アルファロメオチャレンジ関西2008 Rd.2にエントリー

Arc20071
来る5月3日(祝)、岡山国際サーキットにて開催されるアルファロメオチャレンジ関西第2戦にエントリー。仕事の関係上この時期は毎年バタバタと忙しく、昨年同様この日は恒例の休日出勤日・・・・なれどコレまた昨年同様無理矢理だろうがナンだろうが、とにかく休みを我が掌中にすべく密かにエントリー手続きだけは済ませておく。
大型2輪免許の取得の為、既に自宅ガレージにハーレーを収めてしまってから教習所へと向かうおやじさんの心境・・・・ちょっと違うか?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

計測器、変わりました。

Keisokuki
順位確定やタイム計測等々サーキットでのレース開催に欠かせないのが、出走前に各々の参加車輌に貸し出される計測用信号発信機。その地元セントラルサーキット版がこの度↑のようなヤツにモデルチェンジ。裏側に下駄の歯状のでっぱりがある約4cm四方のコンパクトなモノで、取付はコイツを車外からサイドウィンドウ上部にガムテ等で貼り付け、その下駄の歯の高さ分だけ車体からフローティングさせた状態で固定するといった要領。
岡山国際サーキットで配られるトランスポンダのように室内からの取付ではない為、走行中に万が一落っことしちゃうと弁償必至。だもんで見た目は気にせず、粘着テープでガッチリ貼り付けておくの図。それでも以前の屋根に乗っける弁当箱よりはずいぶんとスッキリいたしました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

街乗り用タイヤ選び

Tirecatalog
昨シーズン途中より、晴れタイヤ用に「TE37」、雨タイヤ用に「WORKの15インチ」というホイール体制になった28番車。・・・ということはかねてからの念願だった「街乗り用ホイール」として「SSRフォーミュラメッシュ」を充てることができるようになったワケで、ここへきて本格的なイベントシーズンを前に街乗り用のタイヤ選び。サイズは少しでも最低地上高を稼ぎたいのと、ハイギアード化による高速道路での快適性アップを目論んで外径やや大きめの195/65-14に決定。早速このサイズで所謂ホットハッチやボーイズレーサー系(死語?)のそこそこスポーティなグレードのタイヤを検索してみたところ、残念ながら14インチの65扁平では皆無ということが判明。こうなると今まで「とにかくタイムの出るヤツ」という評価基準のみでタイヤ選びをしてきた身にとっては、果たしてどれにすりゃ良いのやらさっぱりワカラン・・・。そこで近所の量販店に出かけ、お手頃な価格でのオススメは?と尋ねたところ出してくれたのが↑の2種類。ピレリー「P6000」とミシュランの「ENERGY XM1」。そういえば免許取ってこの方、BS、ダンロップ、ヨコハマにトーヨーと国産メーカーのタイヤしか経験のない28番車。ココはひとつ海外ブランドなんちゅうのもオシャレでイイかも?
・・・とか言ってると「そんなコトよりも練習用のSタイヤ!」なんて声も聞こえてきそうで・・・・ソ、ソコを突かれるとツライ・・・。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

運転席側ドアの小加工

Door
28番車のドアは以前より軽量化のためFRP製の自作品に変更済だが、ソコは素人細工の悲しさ・・・運転席側ウィンドウは全開かもしくは一番上まであげた全閉状態でしか固定できない仕組み。ところがここ最近地元セントラルサーキットでは転倒時の乗員保護の為、運転席側の窓を閉めて走るよう指導が徹底され始めており、夏の暑い日でも少なくとも2/3以上はウィンドウを上げておかないと走行中黒旗を出されてしまうことも・・・。そこで当面はタイラップで適当な位置にウィンドウを吊った状態で走っていたのだが、やはり半開状態でもキチンと固定できるようにということでウィンドウ開閉用つまみの動くラインに沿ってアルミチャンネル材でガイドを追加装着↓。コレで運転席側ウィンドウはいつでも任意の位置で固定できるようになり、おかげで普段の使い勝手もホンのチョビっとだけ向上イタシマシタトサ・・・・。
Door1

| | Comments (4) | TrackBack (0)

GTAm風ウィンカー

Turnsignal
「あっ!エエなぁ~コレ!」と思わずしゃがんで覗きこんでしまったのは、少し以前に見かけたアルファロメオ2000GTVのフロントウィンカー。オリジナルのものから所謂「GTAm」タイプに変更されているのだが、バーフェン無しのナローボディにそのまま付けるとどうしてもウィンカーレンズが斜め下に向いてしまうところを、台座を使って真っすぐ前を向くように工夫されているので、あたかもモトからこうであったかのように違和感がないところがポイント高し。
もう長いコトこんなウィンカーでとりあえずお茶を濁している28番車としては、思わずマネしたくなってしまう逸品でありました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

「プラリペア」でプラ修理(その3)

Goped3
先日手に入れたゴーペッドの試運転の為、近所のホームセンターにて点火プラグと2サイクルエンジンオイル、それに混合燃料用の計量タンクを購入。ガレージ前にて先ずは様子見にとエンジン始動を試みたところ、アッサリ一発でかかっちゃた・・・。
ただその後燃料を満タンにすると、結構な量の漏れが発覚。調べてみたところ原因はプラ製燃料タンクの亀裂からだったので、早速燃料タンクを取り外し、自宅にて入念に脱脂してからいつものプラリペアで件の亀裂部分を補修するの図(↓)。
そんなこんなで格安で譲っていただいたゴーペッド、とりあえず使える目処が立ちました。

追記:後日、実際に燃料を入れて使ってみたところ、この補修方法では完全に燃料漏れを止めることができないことが判明。結局新品を購入するハメになりました。
Gopedtank

| | Comments (4) | TrackBack (0)

今年も早、桜の季節。

Sakura2008
絶好のお花見日和となった今週末。週明けの新学期に備え、ヨメハンは春休み期間中預かってもらっていたチビを回収しに山陰ヨメ実家へ、同じく週明けに4度目の手術を控えたオカンの様子をうかがうべく、自分は入院先の病院へと向かう。出発前にまずは腹ごしらえと立ち寄ったいつもの「CAFE UNO」駐車場に咲く桜でしばしのお花見気分を・・・。
相も変わらず日々バタバタの28番車一家。フト思い起こせばもう丸3年・・・あのときも桜が満開デシタ・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

GO-PED

Goped1
待てば海路の日和あり。
あると便利な「パドックのアシ」として以前からず~っと欲しかったものの、その結構なお値段に今までなかなか手が出せずにいたエンジン付スケーター「GO-PED」。先日ひょんなことからいつもの「CAFE UNO」マスターより「ウチのお客さんでゴーペッドを倉庫に眠らせてるヒトいてはるけど、要るんやったら言うたろか?」とのウレシイお言葉。「あ!要ります要ります!ナンボ?」ということで↑のゴーペッドを格安の5000円にて譲っていただく。で、早速いそいそと自宅に持ち帰り、ウチの「GO-PED博士」のサイトを改めて熟読したところ、車体(?)は極々初期型なれど肝心のエンジンは今でも部品供給があるといわれる後期型のコマツゼノア「G23LH」に換装済みというウレシイ誤算。ウッドデッキに貼られたプレート(↓)によるとブツ自体は以前、大阪の外車屋さん「マルカツ」が輸入販売していた頃のモデルの模様。
そういえば昔、そんな広告をどこかのクルマ雑誌で見たような・・・。
Goped2

| | Comments (3) | TrackBack (0)

ナンバー灯

Lisencelump
「ナンバー灯」繋がりで「スーパー@白マスク」さんからのトラックバック。
白マスクさんのジュリアスーパーと同様、1750GTVもリアのライセンスランプはバンパーに付いている為、バンパーレス仕様にするにはそれなりの対策が必要。28番車の場合、当初はGTA風のナンバー灯取付台(?)をアルミ板で自作していたが、ある日不幸にして某パーキングの壁の餌食にしてしまい、それ以来↑のような極々簡単なモノに変更して現在に至る。
Simple is best?軽量化?・・・・スミマセン・・・ただただモノグサなダケでゴザイマス・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

クラスを超えたタタカイ

Hondas8001
総排気量わずかに845cc。先週末のユーロカップ2008「EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース」開幕戦では総勢27台のエントラント中、ダントツに少ない排気量のホンダS800を駆り、見事決勝総合3位という結果を収められた「D5 ホンダ S-800 57 Y’sParts」のhayamiさん。ホンの数年前までの「チャオイタリア」や「アルファロメオチャレンジ関西」では2リッターエンジン搭載車に混じって1779ccの1750エンジン仕様で参加していたという経験上、所謂「カマのハンデ」というヤツは痛いほど身にしみついている28番車にしてみればこのリザルトは驚異的。1リッターに満たないクラスにして1分38秒台というラップタイムもスゴいが、それだけにとどまらない抜群のスタートダッシュ、豊富な経験に基づいたレース運びの上手さ無くしてこの順位はありえませぬ。実は遠~い昔にこちらのエスハチ軍団の方々から旧車レースの世界を教えていただいて以来の28番車にとってはいつまでたっても「お手本」のような存在。
これからも変わらぬ「クラスを超えたタタカイ」のホド・・・よろしくお願いしまッス!!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« March 2008 | Main | May 2008 »