« ジャストサイズ!! | Main | レーシンググローブ(その2) »

回転の「軸」

Crankcap
サーキットでは全開全負荷での7000回転オーバーというノーマルの設計限界をはるかに超えた領域を常用するため、28番車のエンジンのクランク軸受け部分はいつもお世話になっている「柳原メンテナンス」にて「OS技研」製の↑のような強化品に換装済み。このおかげでそれまで岡山国際サーキットの裏ストレート後半などで感じていた「うわ~・・・ちゃんと回ってるケド、何かヤバそう・・・」という何とも表現のしようのない低周波音(微振動?)から解放される。また後の分解点検でもその効果の程はメタルの当たり具合にハッキリと現れており、パワーの源ともいえるエンジン回転の「軸」をシッカリさせてあげることの重要さを改めて認識させていただいたような次第。
的を得た対策を打てば、それにはキチンとした結果で答えてくれる・・・キカイってやっぱり正直なのデス・・・。

|

« ジャストサイズ!! | Main | レーシンググローブ(その2) »

Comments

これって相当お高い1品なんでしょうねぇ
今後の課題としてE/gが残ってるのですが、気になる1品です。
なが~く走って、なが~く生きてもらわねばいけないだけに・・・・・

Posted by: おかんの頭の頭 | April 26, 2008 at 01:45 PM

原則腰下コンプリートになりますので決してお安くはありませんが、必要とする者にとってはその分の値打ちは十分あると思います。・・・というかこの腰下の出現があったからこそ、それまでの1750から2リッターへのエンジン換装(→ http://no28.cocolog-nifty.com/no281750gtv/2005/06/post_ea5f.html )のフンギリがついたようなモンでして・・・。
お蔭様でそれ以来サーキットで散々シゴきまわってもブロック周りが原因のトラブルは皆無です。

Posted by: 28ばん | April 27, 2008 at 08:53 AM

やってますねー。^^)b
やっぱ軸は重要ですよね。キャップの厚みとワッシャーの厚みが全てを物語ってますね。。^^;)
どんなエンジンでも腰下がしっかりしてないと気持ちよく回りませんよね!
精度よく組まれたEg一度体感したらやめられませんね~^ー^)

Posted by: ume | May 01, 2008 at 08:20 PM

腰下がシッカリしてくれると、サーキットでの水温油温の上がり具合もかなりマシになるので精神衛生上も○です。
確かにコレ一度体感しちゃうとヤメれんッス・・・。

Posted by: 28ばん | May 02, 2008 at 08:50 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54708/40983653

Listed below are links to weblogs that reference 回転の「軸」:

« ジャストサイズ!! | Main | レーシンググローブ(その2) »