« April 2008 | Main | June 2008 »

May 2008

定点観測(岡山国際サーキット・ダブルヘアピンの2個目にて)


先日行われたアルファロメオチャレンジ2008関西第2戦での「レースB」決勝、岡山国際サーキットのダブルヘアピン2個目(ホッブスコーナーだったっけ?)にて↑。
ココはできるだけ姿勢を乱さぬよう丁寧に立ちあがりつつ、その先のセクシーナイトコーナーから最終コーナーを経てメインストレートへと続く区間の車速に繋げていきたいところ。なので運転手としてはとりわけ慎重に「トラクションかけ~の」「クルマの向き変え~の」で少しでも車を前へ進めようとガンバっているつもりが、外から見れば毎周同じような場所でオケツがズリッと外側にズレてタイムロスしてしまっているのが一目瞭然・・・。それでも頼みの綱の左リアタイヤ、「アドバンA048」のサラッピンおろしたてなら恐らく最初の1~2周は踏ん張ってくれているようなので、乗り方を工夫するなり、リアのメカニカルグリップをより引き出せるセッティングを探るなり、ナントカこの区間を常時スムーズに立ちあがれるようにしてラップタイム向上に結びつけたいところ・・・ということで以上、今後のサーキット復帰に向けての宿題その1。
いっそのことリアのみオーバーフェンダー・・・いくか?!up・・・なんてムリか・・・down

| | Comments (2) | TrackBack (1)

ユーロカップ2008 Rd.2 見学

Eurocup20082
朝イチから終始雨が降ったり止んだりのハッキリしないお天気の下開催された昨日のユーロカップ2008第2戦。今回は諸般の事情で観戦のみということで、この日ばかりは大活躍となったゴーペッドに乗ってパドック内をうろつきつつ、いつものクラシック常連の方々にお忙しい時間を割いてお話相手をしていただいたり、普段はなかなかゆっくり見ることができない参加車輌をジックリと見学。さらにはこれまた普段はなかなか足を運べないセントラルサーキットの各コーナーにまで足を延ばしてのレース見学などなど、いつもとは全く違う目線から観たユーロカップもこれまた一興・・・とはいえヤッパリ「見~て~る~ダ~ケ~」はツラいっす・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

明日はユーロカップ2008 Rd.2

Eurocup200705
明日5月25日(日)はセントラルサーキットにてユーロカップ2008・・・なれど諸般の事情にて今回は応援&見学のみ。
主催者発表のエントリーリストによると「EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース」のエントリー数は前回の開幕戦よりさらに増え、ついに30の大台に後一歩の総勢29台という大盛況。いつもの超常連の方々はもとより、少々のブランクなどモノともせず、それぞれのペースで息長くレースと付き合っておられるベテラン勢も数多いヒストリックカーレーサーズの底力を改めて見せられた思い・・・てなワケで今回の「お久しぶりッス!」はミニワンメイクの常連でユーロクラシックには初参戦となる「AMS1275GT」のMムラのおやっさん。パドックでお会いする度に「何してんのっ!はよクラシックおいでや!!」なんてケシカケていた自分が今回はこのテイタラクでマコトにお恥ずかしい限り・・・。さらに我らがロメオ勢からは4年前の大復活を遂げられた「アルファロメオ1750GTV」のTさんもユーロクラシックは初参戦ということでこちらも「お久しぶりッス!」。
そしてクラシックカーレース以外のアルファロメオではフリー走行の「エキサイティング・ラン」で参加の「CAFE UNO」常連「d-tech tanaka」さん駆るアルファロメオ145(↓)。一見全塗装をかけたかのような鮮やかなホワイトのボディカラーは、実はナント驚きの見事なカッティングシート仕上。エントリー車名「屋外耐候3年 アルファ145」なる所以でありましょう。こちらも明日はガンバッテね!!
Dtech145

| | Comments (0) | TrackBack (0)

焼け石に水(その2)

Airintake
クーラー無し、三角窓無し、おまけに助手席側ウィンドウは嵌め殺しということで、毎年夏の車内は灼熱地獄と化す28番車にせめてもの暑さ対策。以前施した場当たり的手法ではやはり見た目にイマイチだった・・・という反省点を踏まえつつ、今回は反対の助手席側からアプローチ。元はドアミラーを取り付けていた三角プレートを適当な大きさの穴を開けたものに交換、そこにプラ製の筒でこしらえた外気取入口を嵌めこんでみる。さらに取付ステーを工夫してこの筒を回転式にしておき、雨の日には開口部を下に向けて対処しようという寸法。見ての通りのまたもや「焼け石に水」と分っていながら、つい性懲りもなく悪あがきしてしまうアキラメの悪さよ・・・。
ちなみに今回の工作も100%廃物利用、材料はアルミ板の切れ端と缶スプレーのフタであります・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

500,000アクセス

28eurocup2007final1
自身のちょっとした活動記録代わりになれば・・・というホンの軽い気持ちで始めたつもりだった当ブログも、ナンダカンダとやっているうちに気づいてみればもう500,000アクセス。これまでご訪問いただいたたくさんの皆様方におかれましてはホントに本当の多謝御礼であります。これからも相変わらずのマイペースでもう少し続けてみる所存でありますゆえ、どうぞ今しばらくのお付き合いのホド・・・何卒よろしくお願い申し上げます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

イタリアン・ジョブ2008見学

Italianjob20081
2005年の初開催から数えて今年で4回目とのことで、中部地区開催のイタリア旧車イベントとして既に定着しつつある感の「イタリアン・ジョブ」昨年初参加させていただいた際の雰囲気に魅かれ、また今年も・・・と考えていたものの、生憎日程がユーロカップ第2戦の直前週と重なってしまい、残念ながらレース準備のため今回の参加は断念。ところが先日の予定外のアクシデント肝心のユーロカップの方に出られなくなってしまい、おまけに28番車は板金屋さんに旅立って現在手元に無し。かような状況で予定がポッカリと空いてしまい、ならば見学だけでも・・・ということで、急遽ヨメハンを拝み倒して車検上がりたてのヨメグルマ「ビスタ」を半日の約束で借り出し、一路岐阜は藤橋城のイタリアンジョブ会場へ・・・。
久しぶりにお会いする方、はじめてご挨拶させていただく方・・・皆さんと楽しいひと時を過ごさせていただき、恒例の参加者一同での記念撮影が始まる会場を後に、はたまたビスタ飛ばしてトンボ帰り。幸い名神高速集中工事の渋滞に巻き込まれることもなく、友達とのコンサート帰りのチビを迎えに夕刻の大阪ドーム前にすべりこむ・・・・ふ~っ・・・間に合った!!
Italianjob2008

| | Comments (4) | TrackBack (1)

ヨメグルマ車検中

偶然にも全く同じタイミング、「ヨメグルマ車検入庫に伴い代車がウチにやってきた」繋がりで「panda jazz club+super diary」さんからのトラックバック。
コチラのヨメグルマ「ビスタ」には諸般の事情もありマダマダ現役でガンバっていただくことに既に決定済。ということで車検は前回に引き続き、いつもお世話になってるプロバメカニカ「Kやん」の元へ・・・で、貸していただいた代車は以前アパートの引っ越しの際にもお世話になったカローラバン。その時にも書いたように元は商用車ながら様々なアップグレードが施されている「Kやんスペシャル」のカロバンに、またひとつ新たに装備されていたのがディスチャージ式ヘッドランプ、所謂「HID」というヤツ。ビスタを持ち込んだついでに久し振りに一緒にメシ喰ったあと、帰り際にヘッドライトをつけてオドロイタ。
も、ものすごく明るいし・・・・。
老眼の影響かここ最近夜目が効かなくなってきていた28番車にとっては文字通りの正に「目から鱗」。
コ、コレはヴェローチェにも欲しい装備ダ・・・。
Hid

| | Comments (4) | TrackBack (1)

チームウェア

Teamwear
もうかれこれ10年近く前のこと、「サーキットで着られるお揃いのチームウェアを・・・」という日頃「柳原メンテナンス」でお世話になっている面々の要望に合わせ、皆でお金を出し合ってこしらえたチームジャケット↑。
当時仲間内で相談した結果、Tシャツだと夏場以外は皆レーシングスーツの下に着込んでしまうので、折角作るんだから少々値が張ってもオールシーズンで使える上からザックリ羽織れるようなカタチのもので制作を依頼することに決定。さらに細部のデザイン等等について皆でカンカンガクガク意見を出し合った後、最終的なツメはやはり蛇の道は蛇、餅は餅屋ということで衣料のプロであるアパレル関係の仲間内の判断に一任。おかげでしっかりした良いモノをこしらえていただき、今に至るも皆バリバリの現役で愛用中↓。
因みにジャケットの淡い水色はパドックで遠くからでも目立つようにと敢えて原色系を避けて選択したもの・・・蛇足ながら当ブログのバックカラーもこのジャケットの色からのいただきものでありマス。
Teamwear2
Teamwear3

| | Comments (2) | TrackBack (0)

メーターパネルの小加工

Meterpanel_2
以前サーキット用のタイム計測機「LAP SHOT」を導入した際、当初の取付場所では配線のしまいがどうにもイマイチだったので、後日改めて取付場所をメーターパネル上に変更。「LAP SHOT」本体から出ている配線が隠れるようパネル内に埋め込むようなカタチで取り付けてみる。ついでにずっと前からメーターパネルにそのまま貼り付けただけで、いかにもとってつけたような状態だった水温計油温計も表示面がパネルとほぼツライチになるように埋め込んでおく。これで少しはインパネ周りの配線が見た目にスッキリしたという・・・ホンのささやかな自己満足の世界であります。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

次戦は断念・・・。

A04820082
来る5月25日(日)、セントラルサーキットにて開催されるユーロカップ2008「EURO&JAPANクラシックカーチャピオンレース」第2戦には諸般の事情で参戦を断念。折角の気候の良い時期だけになんとか参加したかったもののココはガマンのしどころ。しっかりと修理し(支払い含む)体制を整えた上で捲土重来を期す!!・・・・ってナニ息巻いてんだか・・・。
そんなワケで当面は不要不急となった28番車のヨコハマ「A048」(↑)は、折しもここ最近ずっとメーカー欠品となっているせいで次戦を目前にしながら新品を入手できずホトホト困り果てていた仲間内の29番車に使ってもらうことに。まだ今年のユーロカップとロメオチャレンジそれぞれの開幕戦にしか使ってないので、若干オチたとはいえ性能的にはまだまだイケるハズ。
コレで28番車の分までガンバってね!!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ADVAN「A048」気になる今後の動向

A0482007
’04年の導入以来、「チビるチビる」とブータレながらもとっかえひっかえでもうかれこれ4年近くも使い続けているSタイヤ、ヨコハマのアドバン「A048」。その抜群のグリップ力で今だ絶大な人気を誇る「ぜろよんぱー」も、後継モデル「A050」の発売を期にサイズ設定されたものから順次世代交代が進行しているようだが、28番車の使う「195/60R14」は今のところ設定なし。そこへもってきて同サイズのA048も愛用のMコンパウンド仕様が先月あたりから軒並みメーカー欠品になっており、以前からチマタでまことしやかにウワサされていた「14インチSタイヤ絶滅説」が俄かに現実味を帯び始めているのか!?・・・・なんて不安に駆られる今日この頃。
とは言っても憶測ばかりでは埒が明くはずも無く、「こりゃメーカーさんに直接聞いてみるしかないべ!」ということで先日早速メーカーカタログの裏表紙、「タイヤに関するお問い合わせ・ご相談」のフリーダイヤルを利用して当面のSタイヤの状況について尋ねてみたところ・・・・。
①A050に関しては未だコンパウンドの細かい仕様が確定しておらず、一部ユーザーの要望も反映しつつ生産ロットに応じてコンパウンドの微調整を繰り返している段階。そんなこともあって先ずは売れセンの17インチ以上の大径サイズの充実に追われている状況で、A050の195/60R14は今のところ生産予定は無く、少なくとも今年中はまず出ないでしょうとのこと。
②AO48についてはA050との並行生産で全国的に品薄となってはいるものの、現在メーカー欠品中のものでも現行のカタログにラインアップされている限りにおいては引き続き生産は行われますとのこと。
いや~正直「もうこのサイズのSタイヤは金輪際生産してもらえないのでは・・・」と心配していたので、当面はやれやれホッと一安心といったところ。ヨコハマのSタイヤといえば性能もさることながら、その豊富なサイズ設定も我ら旧車ユーザーにとっては大きな魅力の一つ・・・今後とも末永く小径高扁平率のSタイヤの供給を続けていただきものでありマス・・・・何と言っても安いしね!!
Yokohamacatalogue

| | Comments (2) | TrackBack (0)

年末ライブ風景

Banddvd
少し前のこと、昨年末お世話になったライブイベント風景を収めたDVDが、当日同じバンドで演奏したメンバーのヴォーカルTより届く。
毎年末恒例のこのイベント、今までも何度かその年の企画に応じて誘っていただいていたが、今年は今のところ音沙汰無くどうやら次回は戦力外の模様。ちなみに去年の企画は大昔の学生時代にやってたバンドの久しぶりの再結成版・・・ということでオープニングの1曲だけUPしてみました↓。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

祝!岡山国際サーキット2分切り

Gattabianca352008
岡山国際サーキットのラップタイム2分フラットといえば、我らここをホームグランドとするヴェローチェ乗りにとっては遅かれ早かれいずれはぶつかる所謂ひとつの大いなる「カベ」。
不思議と皆ココで散々苦労しているうちに、ある日突然何かのキッカケでまるで憑き物が落ちたかのようにスッと越えてしまうという、28番車もそんな中の一人だったが、先日のアルファロメオチャレンジ関西2008第2戦の予選でもいともアッサリと、それも1分59秒079とほぼ丸々1秒も飛び越えてきちゃったのが↑の「白猫#35」さん。これまで車輌のセッティングやドライヴィング等等で色々悩まれていたご苦労を拝見してきていただけに、いやはやタイムが出る時なんちゅうのはこうもアッサリと出ちゃうモンか!!というのを改めて実感。決勝はエンジントラブルに見舞われ、残念ながらリタイヤとなってしまったものの、何はともあれ念願の岡山国際サーキット2分切り、おめでとうございます!!
・・・・ということはセントラルサーキット換算でいくと1分40秒切りなワケで・・・うひ~!!こっちもお尻に火がついてきた~っ!!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

アルファチャレンジ関西2008Rd.2 決勝車載映像


一昨日の5月3日(祝)、岡山国際サーキットにて行われたアルファロメオチャレンジ関西2008第2戦の「レースB」、決勝オープニングラップから2周目にかけての車載映像。
朝の予選走行時から問題となっていた上り勾配3速4500rpm付近からのエンジンのフケ上がり不調に対し、当面の決勝に向けての対策として試しにキャブレターの油面を若干下げてみたもののイマイチ効果無く、この日は初っ端から苦しいレース展開。
果たして不調の原因は気圧か?湿度か?はたまた運転手の日頃の行いか?・・・なんて冗談はさておき、こんな時ばかりはコンピューター制御によるインジェクションがアタリマエの現行車輌が少しだけウラヤマシくなってしまうのであります・・・あ!でも前を行く「トミーカイラZZ」はキャブか?!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

アルファチャレンジ2008関西Rd.2 お疲れ様でした。

Aprortsclio
ドピーカンの青空。日中は初夏を思わす天気となったアルファロメオチャレンジ関西2008第2戦は昨日終了。お疲れ様でしたー!!
今回の「レースB」総合優勝はETCC500クラスの「APRORTS・クリオ」、我らユーロヒストリック軍団にとっては激速TSサニーでもお馴染みのMパパ選手。終始安定した快走での余裕のポールtoフィニッシュおめでとうございます。転じて今回の28番車は予選4番手、決勝は総合7位に沈むという結果・・・さらに悪いことには決勝2周目であろうことか相方27番車との接触をやらかしてしまい、GWを利用してはるばる転勤先の東京からやってきた身にもかかわらず早々にリタイヤに追い込んでしまう・・・スマン。
また朝イチの予選から原因不明のエンジン中速域のフケ上がり不良にも悩まされ続けた1日・・・。
とにもかくにも、またイチからの出直し・・・デス。
28arc2008

| | Comments (4) | TrackBack (0)

明日はアルファチャレンジ関西2008Rd.2

Garage2
いよいよ明日5月3日(祝)は、岡山国際サーキットにてアルファロメオチャレンジ関西第2戦。主催者発表の暫定エントリーリストによると28番車がお世話になる「レースB」は参加総数31台。そのおよそ半数を占める我ら旧車ロメオによるヒストリッククラスに、現行のアルファロメオやそれ以外の欧州車によるAR200・ETCC各クラスを加えた混走レース。お互い大幅な速度差が予想されるクルマ同士ということで、当日はくれぐれも気をつけてかからねば・・・などと考えつつ毎年仕事でバタバタするこの時期、それでも夜な夜な細切れの時間を見つけてはガレージにて準備作業に勤しむ。
思えば昨年末の大トラブルからおよそ半年振りの岡山国際サーキット。先ずは何としても無事完走して前回のリベンジといきたいところなるも、その為にも必要不可欠なのがここ数日来職場にて展開中の休日出勤回避工作・・・・哀れペーペー社員の草レーサー、スターティンググリッドに並べるまでが一番の大きなタタカイであります。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« April 2008 | Main | June 2008 »