« June 2008 | Main | August 2008 »

July 2008

それぞれの想いで、それぞれの場所へ・・・

27eurocup
「30歳までには絶対ツクバ行こなっ!!」
ヒストリックカーレースといえば、地元から遠く離れたツクバかFISCOまで出かけるしかなかったその昔。互いにそんなことを言い合っていた相方27番車が、アレから20ウン年、突然の東京転勤がキッカケであの頃の思いがまた蘇ってくるなんていう、まぁ人の世の巡り合わせっちゅうヤツはホンマにわからんモンやとつくづく思う。
ずっとあこがれ続けていた「全国区」。日本中の各地からこのレースのために集まってくる本チャンJAF戦仕様のヒストリックカーレーサーの数々、そして本場「中央」の雰囲気を実際の現場で目の当たりにしてしまえば、コレはもう出たくなってしまうのは当然のコト。今にして思えば地元関西でのレース活動中も「いずれは・・・」の思いを胸に、常にJCCAの車輌規定に合わせられるような車輌造りを心掛けていたのは、どうしてもすぐ目の前のことしか考えられなかったアサハカな自分よりも相方27番車の方。想い続けていれば願いは叶う・・・コトもある。
見知らぬ地で何かと苦労も絶えぬと思うが・・・ガンバレ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

燃料高騰の昨今ですが

Fuelticket_2
燃料代の高騰が叫ばれて久しい昨今、ただでさえ割高なサーキット内ガソリンスタンドでも当然相当な値上がりを覚悟していたとはいえ、先日のアルファロメオチャレンジ参戦のため訪れた岡山国際サーキットにて購入の無鉛ハイオクのお値段、それでも驚きのリッター何と230円!!ア、アブガスとちゃいますよね・・・?
ちなみに同じ日にガス欠でお世話になったJAFが持ってきてくれたハイオクガソリンは、リッター200円デシタ・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

イタ車の痛車

Itasya
マスコミ等での紹介でその存在について知ってはいたものの、まさかアルファロメオチャレンジのパドックでその実物に遭遇するとは思わなかった、近頃巷の一部でのハヤリらしい「痛車」。
このテの分野には全くの門外漢である28番車にとって、普段まずはお目にかかれない光景だけにナンダカちょっとトクした気分?ベース車輌がアルファロメオということで正に文字通りの「イタ車の痛車」・・・・シャレが効いております。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

タイヤの減り具合は気温のみにアラズ・・・。

A04820084
「このクソ暑い中・・・もったいないオバケが出るぞ!!」とか言われつつ、期せずして先日のアルファロメオチャレンジ関西2008第3戦にて新品導入と相成ったヨコハマADVAN「A048」。当日は炎天下、路面温度は50℃を超そうかという岡山国際サーキットを予選・決勝合わせて18周を消化。折角のサラタイヤもサスガに見る影も無くなっているやろなぁ・・・などと走行後、恐る恐る左リアタイヤを覗き込んでみたところ・・・意外にもトレッド面は表面のみがサラッと溶けたくらいでキレイなもの(↑)。よくよく考えてみれば暑い中とはいえ、ベストから5~6秒落ちでの周回を余儀なくされるといった状況では、磨耗的に一番キツイ左後側とはいえ、タイヤ自体は「路面との摩擦力を出す」という本来の仕事をイマイチしとらんワケで、そないにチビていないというのも無理からぬハナシ。溶けてナンボのSタイヤとはいえ、ただただ暑いからという理由のみで磨耗が激しくなるワケではない(モチロン重要な要因の一つではあるが)ということに、今更ながら気づかされた一日でありました・・・。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

真夏のレースの命綱

Oasis
照りつける真夏の日差しの下行われた、先日のアルファロメオチャレンジ関西2008第3戦。30℃を優に超す猛暑の中、上からは直射日光、足元からは自車のエンジン・ミッションが発する高熱に焙られ、結果チト想像したくもないような温度になっているであろう車室内に、これまたレーシングスーツにヘルメットさらにはレーシングシューズにグローブのフル装備着用にて乗りこんでいくという、コレをガマン大会と言わずして一体ナンであるか?ってな状況にさらされる運転手の熱中症予防に、今回絶大な威力を発揮してくれたのが↑の冷茶サーバー。用意してくれたのは、「いつも賑やかで楽しいパドックを!」をモットーに自らの参加不参加にかかわらず、いつも手弁当でサポート体制を敷いてくれる仲間内の29番車氏。夏は冷たいお茶、涼しい季節は暖かいコーヒーと何ともありがたい心遣いは、やはり自身も同じレースを走るドライバーならでは。こうしてピット内にセルフで使える飲み物コーナーを用意していただくことで、各人が気づいた時にとにかくこまめに水分補給ができたのは、あの暑い中ホントに助かりました・・・・っていうかコレなかったら、正直言ってヤバかった・・・です。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

アルファチャレンジ2008関西Rd.3 お疲れ様でした。

Gasketsu
どピーカンの夏空。気温30℃超、路面温度は50℃を優に超すという猛暑の岡山国際サーキットにて行われた、アルファロメオチャレンジ関西2008第3戦は一昨日無事終了。お疲れ様でしたー!!
そんな暑い中、ここ数戦のリベンジへの思いを胸に参加の28番車だったが、残念ながら今回もその内容たるや惨憺たるもの。リザルトこそレースA総合優勝だったものの、前回から引きずっていた中速域でのエンジン吹け上がり不良にまたしても悩まされ続けた1日となってしまい、気温の高さも相まって、この日もアトウッドをバラバラバラバラ・・・便所裏をボロボロボロボロ・・・と立ち上がりつつの走行に終始・・・。それでもナントカ無事完走を果たし、ヤレヤレと思ったのも束の間、今度は帰りの一般道でウッカリ下回りを路面に打ちつけてしまいマフラーを破損。ホウホウの体で家路を急ぐも、排気漏れの騒音のおかげで燃料切れ寸前の兆候であるコレクタタンク用燃料ポンプが空打ちし始めた音を聞き逃し、高速道路上で何とも恥ずかしいガス欠ストップをやらかしてしまう・・・。「うそ!?いつもなら無給油で帰れるハズやん?!」とか言って、排気漏れによるトルク不足で普段よりスロットル開け気味で走ってきていたのをすっかり忘れているというこのウカツさよ。哀れ中国道上り12.5Kmポストの非常駐車場所にてJAFの救援を待つの図(↑)・・・・マッタク何やってんだか。
リベンジのつもりが見事な返り討ち。家に帰って「ただいま」言うまでが遠足なのに、またしても無傷で帰れなかった・・・。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

明日はアルファロメオチャレンジ関西2008 Rd.3

Arc2008rd2
いよいよ明日に迫ったアルファロメオチャレンジ2008関西第3戦。主催者発表のエントリーリストによると、我らヒストリッククラスが属する「レースA」は、今回はいつもの欧州車全般による「ETCC」クラスとではなく、現行アルファロメオによる「AR150」なるクラスとの混走ということで、久しぶりに新旧交えてのロメオワンメイク。その数、ヒストリックが11台、AR150が25台で総勢36台という大所帯。ただヒストリックの中でも「HSR」クラスでのエントリーは今回は28番車1台のみ・・・・とはいえ、まぁソコはソレ、いつもの「クラスを超えたタタカイ」ということで、エントラント並びに関係者の皆様方におかれましては当日は何卒よろしくお願い申し上げます。
気になるお天気は心配された台風も西へそれ、暑いながらもなんとかドライ路面ではやれそうな模様・・・とか言っといて、去年も同じような状況下でこんな天気になっちゃったので油断は禁物。ともかく28番車にとっては前回第2戦以来、およそ3ヵ月ぶりの復帰戦。どうか明日も一日楽しくレースして、無事に帰って来れますように!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ギリギリでタイヤ間に合う

A04820083
今シーズンの初めあたりから急に品薄となり、今やほぼ常時メーカー欠品といっても過言ではない状態のADVAN A048 195/60R14・Mコンパウンド。先月そのバックオーダーをかけておいた分が、アルファロメオチャレンジ関西第3戦を明後日に控えた今日になってようやく入荷。当面ここしばらく使うタイヤだけはナントカ確保できたということで、とりあえずはヤレヤレといったところ・・・。とはいえ、自らの不始末、その他モロモロの事情があったにせよ、折角の新品タイヤをよりもよってこのクソ暑い時期におろすことになってしまったという巡り合わせには、内心忸怩たる思いも少しばかりあるのデスガ・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

スライドウィンドウ製作

Slidewindow
来る7月21日(祝)開催ということで、相当の暑さが予想される次戦「アルファロメオチャレンジ関西第3戦」に向けての「運転席サウナ化緩和作戦」(コードネーム”焼け石に水”)、前回の外気導入口設置に引き続いてのその第2弾。
以前アクリルウィンドウを自作した際に余った材料の切れ端を、ガレージの隅からかき集めて、今までは嵌め殺しだった助手席側ウィンドウにスライド式の開口部をこしらえてみる(↑)。連夜猛暑のガレージで奮闘するも、慣れないアクリル板の取り扱いは難しく、加工する度に「ウッ・・欠けてもたっ!coldsweats02」「アッ!!割れてもたっ!!crying」の連続。それでもどうにかこうにかカタチにはなったものの、またしても「半径5メートル以内では見ないでください仕様」になってシマッタ・・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

「チャオイタリア」JAF公認外れる

Ciaoitaliapit
毎年秋の恒例、28番車もいつもお世話になっているイタリア車イベント「チャオイタリア」のクラシックカーレースが、今年からJAF公認が外れるとの発表が主催者「ツーアンドフォー」よりアリ。昔と違ってユーロカップやロメオチャレンジなど、ここ関西でも今やJAFの競技ライセンスなど所持していなくとも参加できるイタリア旧車レースがごちゃまんとある昨今、「一応」JAF公認ということもあってか、ここ最近は年々参加数が減少傾向だった老舗「チャオイタ」のクラシックカーレースだっただけに、まぁこの決定も無理からぬハナシ・・・。
ただ昔から参加してきた者にとってみると、チャオイタのJAF公認レースは参加手続がやたら面倒でおまけにエントリーフィーがバカ高い分、いいところもあったワケで・・・
①他レースとの混走無しでの朝のフリー走行
②同じく他レースとの混走無しでの予選、そしてもちろん決勝(以前はスタート進行も正式なヤツをしてくれていた)
③そして何より良かったのが各エントラントにチャンとしたピットが割り当てられること。
いやホンマ朝イチから場所取りしなくていいレースってコレだけだったんだけどねぇ・・・。
さらに「今さらお金かけてメンドクサイ思いして、ライセンス取ってクルマ作ってまでして出た無いわ・・・」じゃなくして「そのメンドクサイ思いをしてでもヤッパリ出たい!!」という方々が集うレースということで、エントリーフィーが高かろうが、台数が少なかろうが個人的にはイチバン気合いが入るのが年に一度のこの「チャオイタ」だっただけに、時代の流れとはいえやはり一抹のサビシサを禁じ得ない今日この頃でアリマス・・・。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

帰ってまいりました。

28garage
アルファロメオチャレンジ関西第2戦での相方27番車との接触から早2ヵ月半・・・とはいえ板金修理から帰ってきさえすれば、残るは接触の接撃でクラックが入ったステアリングギアボックスの修理と、前回中速でのフケ上がりがイマイチだったエンジンの再調整のみということで、コレについてはいつものごとく柳原メンテナンスでの極めて迅速な対応にてアッという間に出来上がり。・・・というワケで先週末の夜、28番車ようやく本来の棲家であるオンボロ賃貸ガレージに収まるの図。
それにしても久しぶりに乗るヴェローチェはやっぱりいいモンだねぇ・・・なんていってる間に次戦アルファロメオチャレンジ関西第3戦は来週にせまる。
さぁ、ココからは運転手担当の準備作業なのだ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ほっと一息・・・救われる気分

Cafeuno1
ここ数日はめずらしく仕事がバタバタで、連日の深夜残業&休日出勤。
そんな中、先日ナントカ遅めの晩御飯にありつくべく立ち寄った深夜の「CAFE UNO」にて。居合わせた常連のOさんTさんカラシ君らのテーブルに混ぜていただき、ひとしきり相変わらずの他愛も無いウダ話に花を咲かせるひと時・・・・。疲れてるんだから早くウチ帰って寝りゃいいんだけど、その前に仕事でササクレだったココロを鎮めるには、こんな何でもない世間話が実は何よりのクスリにもなったりするのでゴザイマス・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「黄色」は虫を呼ぶ。

Mushimushi_2
夏は虫の季節、日が暮れてからはさらなり・・・・なんちって「Fatto a mano ~スタジオアルジェントの日々」さんからのトラックバック。
サーキットで他車との識別を容易にするために鼻先だけ黄色のカラーリングを施している28番車。これが虫の多い季節の夜中、真っ暗な高速道路を延々走って帰って来たりすると、↑のようにちょうど黄色い部分だけに虫がビッシリ・・・。暗闇の中、黄色い顔の上でさらにアンドン灯して虫をおびき寄せるという・・・わしゃチョウチンアンコウか・・・・。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

精密検査を必要とします。

元来が超ビビりの性格にもってきて、年に一度の健康診断でいきなりこんな宣告されたら、そりゃ不安にもなろうっちゅうモノ。
とにかくまずは「餅は餅屋」と、古くからのロメオ仲間でもあり、消化器系の専門医でもあらせられる「Mっち」先生(↓)に相談したところ、「僕でよかったら検査しますよ。」とのありがたいお言葉。「そりゃもう・・・どうかひとつよろしくお願いします。」ということで、休みを取って受診に出かけた「大腸カメラ」による精密検査。終了後、恐る恐る尋ねた結果は・・・「シロ」ということで、やれやれホッと胸をなでおろす。
いやはや正直、一時はどうなることかと・・・。
Provaalfagtv

| | Comments (2) | TrackBack (0)

アルファロメオチャレンジ関西2008 Rd.3にエントリー

Arc2008
来る7月21日(祝)、岡山国際サーキットにて開催されるアルファロメオチャレンジ関西第3戦にエントリー。現時点で28番車はいまだ板金修理から還らず、またメーカー欠品中のSタイヤ問題も全くもって先が見えないという状況下、冷静に考えれば今回は見送ったほうが・・・との思いが過るも、ここ最近アレコレやでいいトコ無かった岡山国際サーキット。
だからこそ何としてでももう一度、ここで思いっきり走ってみたいとの思いに抗しきれず・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« June 2008 | Main | August 2008 »