« 燃料高騰の昨今ですが | Main | 世界のランキングを求めて »

それぞれの想いで、それぞれの場所へ・・・

27eurocup
「30歳までには絶対ツクバ行こなっ!!」
ヒストリックカーレースといえば、地元から遠く離れたツクバかFISCOまで出かけるしかなかったその昔。互いにそんなことを言い合っていた相方27番車が、アレから20ウン年、突然の東京転勤がキッカケであの頃の思いがまた蘇ってくるなんていう、まぁ人の世の巡り合わせっちゅうヤツはホンマにわからんモンやとつくづく思う。
ずっとあこがれ続けていた「全国区」。日本中の各地からこのレースのために集まってくる本チャンJAF戦仕様のヒストリックカーレーサーの数々、そして本場「中央」の雰囲気を実際の現場で目の当たりにしてしまえば、コレはもう出たくなってしまうのは当然のコト。今にして思えば地元関西でのレース活動中も「いずれは・・・」の思いを胸に、常にJCCAの車輌規定に合わせられるような車輌造りを心掛けていたのは、どうしてもすぐ目の前のことしか考えられなかったアサハカな自分よりも相方27番車の方。想い続けていれば願いは叶う・・・コトもある。
見知らぬ地で何かと苦労も絶えぬと思うが・・・ガンバレ。

|

« 燃料高騰の昨今ですが | Main | 世界のランキングを求めて »

Comments

27番さんと関東の猛者達とのレースは絶対楽しいですよ!
色々クリアしなくてはいけない問題も多々あるとは思いますが、心より応援させて頂きます!

Posted by: 白31番 | July 31, 2008 at 08:27 PM

これは環境厳しい中、前向きな発想としてすばらしいですね。私も、お江戸単身を6年経験しましたが、その間に、素晴らしい仲間の協力で、筑波・富士など何度か参戦しました。他の悪い遊びで貧乏になりましたが・・・。
結果も色々ありましたが、今となってはメンバー全員の、良い記憶です。(公式戦やからね)個人的には筑波で公式戦でS-8 Sクラスで10秒を生きている間に切りたいのが目標なのですが、今のJCCAの開催季節が悪すぎる!27番の東京単身中に機会があれば、関西から大ローダーで数台持ち込みましょうね。
なにか最近レース屋のヒストリック参戦で、異常に筑波のタイムが上がっているようですが、Y-Powerの炸裂を見たいですね。

Posted by: M.Hayami | July 31, 2008 at 09:58 PM

白31番様
少々時間はかかりますが、その分ヤルと決めたらしっかりとした計画を立て、それに従って着実にコトを進めていくヒトです。仲間内皆で応援しましょー!!

M.Hayami様
M.Hayami様を初め、関西の先達の皆様からのアドバイスは本当にありがたいです。メンテナンスの本拠は依然としてコチラに残りますので、関西組としても参戦時にはできる限りのバックアップ体制を敷くつもりです。自分としてもヤッパリ一度は現場で本チャンの公式戦というヤツの雰囲気を体感してみたかったので、今から楽しみです。

Posted by: 28ばん | August 01, 2008 at 08:57 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54708/42018714

Listed below are links to weblogs that reference それぞれの想いで、それぞれの場所へ・・・:

« 燃料高騰の昨今ですが | Main | 世界のランキングを求めて »