« September 2008 | Main | November 2008 »

October 2008

タタカイ済んで、日が暮れて・・・(その2)

Videomeeting
先週の土曜日は「柳原メンテナンス」にて、「チャオイタリア」車載映像鑑賞の夕べ。
当日出走した各々が録画したDVDを持ち寄り、一週間前のお互いのレース映像を眺めつつ、奥の事務所(↑)で「あーだこーだ」と賑やかなコトこの上なし。普段の週末だと大体が他愛のないウダ話に終始するところ、今回タマタマ巡りあわせよく仲間内の参加ドライバーがほぼ一同に会したこともあってか、この日は珍しくドライビング談義が白熱。かくいう自分も興に乗った挙句、紙と鉛筆まで取り出して自説をブチあげる始末・・・。
またしてもツイ調子に乗ってしゃべり過ぎてシマッタ・・・。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

北の~国では~も~ぉ~♪

Ciaoitalia20082
10月も終わりに近づき、ここ数日はサスガに朝晩グッと冷えるようになってきたここ関西地方・・・・とはいえ、つい先週までは↑のような陽気にも恵まれたりしていたワケで、本格的な冬の訪れにはマダマダこれからといったところ。
ところがどっこい我が地元からは遥か遠くの北の国、当ブログにもリンクしていただいている自称「日本最北端在住のジュリア乗り」ことtoby-mさんお住まいの北海道ではナント早くも昨日の時点で雪が積もっているんだとか!?地球温暖化が叫ばれて久しい昨今、にもかかわらず10月末から雪が積もり始めるというのはコッチの人間にとっては正に驚くべきコト・・・。
いや~ナンダカンダ言ってもやっぱ日本は広いワ・・・などと何を今更な感慨にふけりつつ、トラックバックさせていただきました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

タタカイ済んで、日が暮れて・・・

Ciaoitalia20081
先日行われた「チャオイタリア2008」終了後のパドックエリアにて・・・。
一足先に家路を急ぐ、はるばる山陰から遠征組の白猫#35さんご夫妻、そして現在単身赴任中の身にて、この日のうちに急ぎ帰京しなければならない相方27番車を皆で見送りつつ、各自パドックの撤収作業が完了すれば、さぁ後は家に帰るダケ・・・。早朝の受付に始まり、フリー走行、ドラミに予選、さらには決勝レースに表彰式と、毎度のことながら慌ただしいコトこの上ない一日も、ここまでくればようやくホッと一息といったところ。
秋の日のつるべ落とし。早くも暮れなずむセントラルサーキットのパドックに座り込み、閉店間際で安売り中のたこ焼きなどをほおばりつつ、リザルトは皆それぞれなれど、幸い揃って無事完走を果たせた今日のレースをサカナにアレやコレやとしばしの談笑タイムもまた楽し。
ココからが長いのよ、ウチは・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あの「F1」がセントラルサーキットを走った!

Fomula1
先日の「チャオイタリア2008」での目玉アトラクションとして行われたのが、フェラーリF2002&F2003という2台のF1マシンによるサーキットデモ走行。
「フェラーリのF1」・・・イタリア車のそれもサーキットイベント向けのコンテンツとしては恐らくコレに勝るモンはありますまい・・・。それが証拠に、ピットにてそのエンジンに火が入るや否や、その場に居合わせた正に老若男女、車好きの彼氏・ダンナに無理やり連れてこられた風のおねーさん&奥さんもしくはお子ちゃま達から、「最近のチャオイタはオモロなくなった・・・。」なんてボヤいていたマニアックなエンスーのおぢさんたちまで、み~んなひっくるめて一瞬にして釘付けにしてしまうそのオーラたるや、サスガはほんまもんの「フォーミュラ・ワン」。おまけにそれがナント普段自分達が走っているセントラルサーキットを、TVでもおなじみのあの快音とともに恐ろしい勢いで駆け抜けていく様といったら・・・。決勝前のひととき、いやはやエエもん見せてもらいました。
ナンダカンダ言ってもサーキットは走ってナンボ。小難しい理屈は抜きにして、ここでイチバン輝くのはやっぱり「スピードの神様」なのであります。
Ferrarif1

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Ciao Italia 2008決勝車載映像

28ciaoitalia20082
先週末行われたチャオイタリア2008「PIRELLI CUP Ciao Italiaクラシックカーチャンピオンレース」決勝オープニングラップから2周目にかけての車載映像(↓)。
セントラルサーキットのスタート電光盤故障の為、急遽メインポストからの日章旗振りおろしの合図でスタートとなった今回の「チャオイタ・クラシック」。スタート早々前に出られた「オートコニサーアルフェッタ」Iトー君を懸命に追いかけるも、1周目の最終コーナー立ち上がりにて痛恨の修正舵。コレちょっとでもやっちゃうと続くメインストレートでの前車との差が一気に開いてしまうコトになるのデス・・・。で、その後はさらにその差をじりじりと拡げられるという苦しい展開。
お~いっ!ちょっと待っちくり~!!!・・・って待つワケないわな・・・。

追記:このレースのピットロードからの外撮り映像をコチラにて発見。早速トラックバックさせていただきました。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

転ばぬ先の杖

Alternator
このところどうも電圧計の値がいつもと比べて低めやなぁ・・・なんて気になっていたここ最近。
バッテリーはついこの間(とは言っても2年半前だが)新品に交換したところやし・・・そういえばオルタネーターは今のヤツにしてからもう10年近く経つなぁ・・・・てなワケで、先週末のチャオイタリア前の点検で「柳原メンテナンス」に入庫した折に、「ついでにオルタネーターも診とってもらえます?」とお願いしておいたところ、案の定オルタネーター内部のダイオードがパンクしていたとのことで、早速修理していただき事なきを得る(↑)。元々電装品の少ない28番車ゆえ、これまで若干の充電不足気味でも運よく平常を保ってこられたようだが、そういえば最近サーキットでの全開加速時にエンジンが一瞬ババッと息つく場面があったのはコレが原因か?
ともあれ早めの手当てでチャオイタリア本番でのトラブルを事前に回避でき、そして何よりも帰りの中国道での大渋滞の中、平然と電動ファンを延々回し続けることができたのは、普段どおりの正常値に復帰してくれた電圧計の表示値(↓)があってこそ。
水温計のオマケに付いてきたようなヤツなれど、コレはコレでしっかり役立ってくれたような次第。普段からの電装系の健康管理にも、比較的安価なうえ簡単な配線作業で設置できる電圧計、オススメっす・・・。
Voltmeter

| | Comments (0) | TrackBack (1)

チャオイタリア2008 お疲れ様でした

Connoisseoralfetta2
抜けるような青空。日中はとても10月中旬とは思えぬ汗ばむほどの陽気に恵まれた「チャオイタリア2008」は昨日無事終了。お疲れ様でしたー!!
今回の「PIRELLI CUP Ciao Italiaクラシックカーチャンピオンレース」の総合優勝は「オートコニサーアルフェッタ」のIトー君(↑)。予選2番手スタートながら、決勝は終始安定したハイペースをキープしつつのぶっちぎりでのトップチェッカー、おめでとうございます。28番車はその後方、トップから約14秒遅れの総合2位にて無事完走。予選では一人クリアラップに恵まれたおかげで、生まれて初めてオレンジ色した「目の上のたんこぶ」の前に出ることができて喜んだのも束の間、肝心の決勝ではスタート直後の1コーナーでアッサリかわされ、その後はジリジリと水をあけられる一方の展開。
また改めて「地力の違い」というヤツを思い知らされた一日でアリマシタ・・・。
28ciaoitalia2008

| | Comments (7) | TrackBack (1)

明日はチャオイタリア2008

Pitroad
明日10月19日(日)は、セントラルサーキットにて「チャオイタリア2008」。
気になる兵庫県南部地方の明日のお天気は、現時点での予報によると「晴れ・降水確率0%」・・・なれば明朝パドックにてお会いするであろう皆様方それぞれの笑顔が今から目に浮かぶっちゅうもの・・・。
秋晴れの空の下に集いしイタリア旧車27台、はてさて明日はいかなるレースになりますことやら?毎度毎度のコトながら、今回もどうか楽しくレースして、そんでもってどうか無事に帰ってくることができますように!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チャオイタリア2008エントリーリスト発表

Onsenritomo
いよいよ明後日に迫った「チャオイタリア2008」。
今年からJAFの競技ライセンスが不要となり、それに合わせて車輌レギュレーションもいくぶん緩和された影響もあってか、受理書とともに昨日届けられたエントリーリストによると、「PIRELLI CUP Ciao Italiaクラシックカーチャンピオンレース」はエントリー総数27台という近年にない大盛況。うち25台をアルファロメオ勢が占め、その内訳は105ジュリア系がクーペ:13、ハコ:4、スパイダー:4の21台。さらにアルフェッタ、スッドが各々2台ずつといった具合で、さながらロメオワンメイク状態といったところ。そんな中、写真は今年も唯一のフィアット勢として孤軍奮闘となるチャオイタ・クラシックの超常連、温泉さん駆る「フィアット・リトモアバルト130TC」。旧車ロメオの28番車とは参加可能なカテゴリーの関係で毎年ここでしかお手合せいただけないだけに、「温泉リトモ」とのバトルは個人的には「チャオイタ・クラシック」ならではの大きな楽しみのひとつ。今年も何卒ひとつ・・・よろしくお願い致しますですハイ・・・。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

空燃比計、その後・・・

Edelbrock
先日ひょんなことから装着することになったエーデルブロックの空燃比計
28番車の場合、大体通常のエンジンの調子であれば、アイドリングでは右側2、3個のLEDがパラッ・・パラッ・・と点いたり消えたり。そんでもっておもむろにスロットルをいれて加速してやると、そのLEDの点滅によるグラフがスーッと伸びて全点灯・・・または左端の1個のみがボヤ~ンと暗くなったり、明るくなったり・・・シフトアップでアクセルペダルを離すと同時にスッとグラフが縮んで全部のLEDが消えるという・・・まぁそんなコトの繰り返し・・・。で、実際に使ってみての感想としては、おおよその燃調の濃い薄いの判断材料にはなるものの、この空燃比計の値をジェットセッティングの細かいツメ等の基準に使うというよりも、むしろ明らかにエンジンの調子がおかしくなった時の現状把握に使うといった用法の方が良かろうかと・・・。ちなみに先月初め、キャブのオーバーフロー気味で調子がイマイチだった時はアイドリングですでに全LED点きっぱなしデシタ・・・。
てなワケでこれからも燃調セッティングは以前と変わらず体感重視。パドックでプラグの焼け色を確認しては一喜一憂の日々は続くのでありマス・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

マナコに曇りアリ

Headlight
先月のユーロカップ第3戦でセントラルサーキットへ向かう道中のこと、夜明け前の真っ暗闇な田舎道で突然の豪雨に襲われた際、暗~いヘッドライトのおかげで前方視界がほとんど無くなってしまい、あわや立ち往生か?と肝を冷やした場面あり。
後日ヘッドライトを確かめてみたところ↑のごとく、横着して貼りっぱなしにしてあった飛散防止用のテーピングが、経年劣化でガビガビになってしまっており、コレでは前は照らさんわな・・・。てなワケで早速キレイにしなくては!!となったはいいものの、軽量化狙いでプラスチック製のレンズを採用している為、こびりついた糊の残滓をスクレーパーでガリガリというワケにはいかず、近所の量販店にてステッカー剥がし剤を購入。レース前の貴重な休日の午後を費やしてセコセコとお掃除に励んだ結果が↓。
コレからはレースごとマメに貼りなおそ・・・。
Headlight2
余談ながらヘッドライト繋がりで↓はいつもお世話になっている白猫#35さん装着のマーシャル・ダブル反射。
他所で聞くところによるとかなりのレアものだそうで、サーキットでガンガンに走りつつも、この辺の細部へのコダワリも忘れておられないところが、同じベローチェでもそこはかとなくお下品な雰囲気を醸し出す28番車とは明らかな一線を画しておられるポイントではなかろうかと・・・。
Headlight3

| | Comments (2) | TrackBack (0)

チャオイタリア2008にエントリー

Ciaoitalia20073
Ciaoitalia20074
来る10月19日(日)セントラルサーキットにて開催される「チャオイタリア2008」の「イタリアンヒストリックカーチャンピオンレース」にエントリー。ここ関西地区では毎年恒例、秋のイタ車イベント(痛車じゃないよ)としてすっかり定着した感のある「チャオイタリア」。普段お世話になっている「ユーロカップ」や「アルファロメオチャレンジ」のときとは違い、いつもは参加車輌のみがひしめくパドックエリアには、↑のごとくフェンス沿いにクルマ関係の出店がズラリと並んでちょっとしたお祭りといった雰囲気。そのせいもあってかメインスタンドやコースサイドに陣取られたギャラリーの方々の数もいつもよりはそこはかとなく多い気がして、走る側としてもおのずから気合いが入ろうっちゅうモノ・・・。またそれだけに年に一度のこの「チャオイタ」に照準を絞って調整してこられるエントラントの方も多く、さらに現在東京での単身赴任中の身の為、今シーズン長期欠席中相方27番車もサスガにこの一戦ダケは外せんらしく、久しぶりに遠路はるばる帰ってくるということで今年の「チャオイタ・ヒストリック」、久しぶりに賑やかになりそうな予感デス・・・・。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

今年もチャオイタリアに向けて・・・

28front1
28rear
光陰矢のごとし、歳喰えばさらなり・・・・なんちって。
2008年も早10月の声を聞いての最初の週末は、今年もやってくる「チャオイタリア」に備えての28番車にとっては最早秋の年中行事となった感もある、恒例のスポイラー取外し作業。1年ぶりに「空力的付加物」無しとなったオリジナ~レな外観で、う~ん見た目スッキリ!!・・・・って、この感想も毎年恒例だわ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

顔はささねど、クルマがさした・・・。

Mini
先月初め、珍しく平日休みをとってセントラルサーキットへ試運転に出かける時のこと。
近所のコンビニでお昼ごはん用の弁当を購入して、イザ車に乗り込もうとしたところ見知らぬ女性に声をかけられる。聞けば以前からユーロカップのMINIチャンピオンレースを走られている方で、タマタマ通りすがりのご自宅近くのコンビニ駐車場で28番車を見かけられてお声をかけていただいたとのこと。いやはや意外にもこんなご近所さんに同好の士がおられたというのはナントモ嬉しいオドロキ・・・てなワケで、思わぬトコロでしばしの立ち話。
参戦されているミニ「プロジェクト・イノオ・北斗号▼」(↑)はナンバー無しの競技専用車輌のため、サーキットへは普通の乗用車で向かわれるそうで、お互い出発地点が近いせいか、ユーロカップ開催日には行きの道中やらゲート前駐車場での行列などでもよく前後して並んでいたこともあったとか・・・。「へぇ~そうだったんですか。こちらは自走なんで、できるだけおとなし~く走っていてもどうしても目立ってしまいますよねぇ。」なんて話していたら、その直後のユーロカップ2008第3戦でのゲートオープン前の行列では、これまたタマタマ↓のような順番に・・・。偶然って結構続いたりするモンです・・・。
Mini2

| | Comments (4) | TrackBack (0)

ロータス村とロメオ村

Eurocuplotus
先日行われたユーロカップ2008第3戦のパドック風景より・・・。
各エントラントの駐車場所は、それぞれ普段からの仲間内と隣接していた方が何かと便利ということで、毎度パドックのそこかしこには自然発生的に車種別の集落が形成されるようで、例えば↑はヨーロッパ・エリーゼを中心とした「ロータス村」。
その中に、以前ブログ上での突然の入院の報を受け、皆で心配していたユーロ・クラシッククラスの超常連、ロータスヨーロッパSr.2(↑写真枠内)の「LR54」さんの姿を発見。早速通路をはさんで向かい側、我らロメオ村(↓)の住人も快気祝いとばかりにそれぞれ作業の合間を縫って三々五々にご訪問。今回は大事をとってレースはお休みだったものの、ご本人は以前と変わらぬ元気そうな様子でヨカッタヨカッタ・・・。
朝の場所取りに始まって、受付、予選、決勝と続くタイムスケジュール・・・さらにそれに伴う車輌の準備やトラブル対処などなど、何かとバタバタ慌ただしいパドック内ゆえ、レース当日はいつもほんの短く声を交わし合う程度・・・でもそんなササヤカな交流も草レースならではの楽しみのひとつなのでありマス。
Eurocupromeo

| | Comments (7) | TrackBack (0)

« September 2008 | Main | November 2008 »