« October 2008 | Main | December 2008 »

November 2008

ユーロカップ3時間耐久参戦決定

Taikyugiulietta20073
来る12月14日(日)、セントラルサーキットにて開催されるユーロカップ3時間耐久レースに、我らが「柳原メンテナンス耐久ジュリエッタ」チームの1年ぶりの参戦が決定。
そうと決まれば今回も早速押しかけ現場監督&雑用係の役目を買ってでた28番車。先ずはドライバーのオファーから・・・ということで、年末の忙しい時期にも関わらず、参加のご快諾をいただいた今回の耐久ドライバー5人衆は、チームオーナーのOさんを筆頭にレギュラーメンバー組からは相方27番車と「堺の段付き」(↓)ことOさん。さらに昨年までの関東の雄でもあり、ここ最近はセントラルでもメキメキ持ちタイムを伸ばしてこられている「白31番」さん。そして恒例のゲストドライバー枠にはナント!チーム発足以来初の女性ドライバー、普段のスプリントレースでは我らの良きライバルでもある「フクダオートチューニング」さんの秘蔵っ子(?)Rちゃんを招聘するという今回の布陣。
目標はもちろんチーム全員で楽しく3時間の無事完走。ドライバーもピットクルーも、皆ハリキッテ参りましょー!!
Dantsuki

| | Comments (2) | TrackBack (0)

縁は異なもの味なもの・・・

Syacho2000gtv
先週末の日曜日は、その昔お世話になりまくったロメオの大先輩Tさんのご結婚披露パーティーに出席の為、家族連れだって神戸は三宮まで。久しぶりに28番車に乗り始めた当初からの懐かしい先輩諸氏も一同に会し、単身赴任先の東京から遙々駆けつけた相方27番車と共に、10ウン年ぶりペーペーの後輩気分に逆戻り。
思えば学生の頃から現在に至るまで、特に自分の一番苦しかった時代に本当にお世話になり、またお互いの良い時、悪い時も見てきたが故に感慨もひとしお。それにしてもまさかこのような展開になろうとは・・・正に「縁は異なもの」とはよくぞ言ったものヨとつくづく思う。因みに↑の写真は今から13年前、’95チャオイタリアでのTさん駆るベローチェの勇姿。「落ち着いたらまたお前らと一緒に走るからな!待っとけよ!」なんて話も飛び出して、楽しくもベロンベロンの夜は更けていったようコトで・・・。
どうか末永くお幸せに!!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

燃料計の取付

Fuelmeter
28番車の安全タンク用燃料計ユニットの取付、先日のセンサー部分に続いて、メーター本体側も先頃無事完了。
その後しばらく実際に走行して使ってみたところ、気になる表示精度は今のところ後付けメーターとしては十分に満足できるレベル。コレでようやく走行中は確認できない燃料残に一人疑心暗鬼になりながら帰りの高速道路をひた走る・・・なんてこともなく、サーキットでの決勝コースイン後にうっかり給油忘れが発覚!てなサイアクな事態も未然に防止できるハズ・・・って考えみりゃ至極アタリマエのことのような・・・。
ちなみに今回の燃料計はmade in USAのオートメーター製ということで、そのド派手な外観(↓)がインパネ上で浮いてしまわぬよう、ホンのちょっとひと工夫・・・。予めアルミ地肌のメーターリングに黒のカッティングシートを貼ってから取付けてミマシタ(↑)。
Autometer

| | Comments (3) | TrackBack (0)

KRSノスタルジックカーレースをチョコっと見学

Belletveloce
一昨日の日曜は、実家での用事を済ませた帰りのツーリングがてら「KRSノスタルジックカーレース」の走行会クラスにエントリーされているベレGのフジさん&2000ヴェローチェのMr.Mさんの陣中お見舞いに、一路晩秋のセントラルサーキットまで。朝から快晴という絶好のサーキット日和に恵まれたパドックにて、午後からのフリー走行を控えたご両名としばしのサーキット走行談義など・・・。ただ↑の写真向かって左側、ベレットのフジさんは年明け早々にも海外へ転勤されるとのことで、残念ながらこの日でサーキット走行はしばらくお預け。それでも愛車ベレGはこちらでしっかり保管して旅立たれるとのことで、何年か後の帰国の暁にはゼヒご一緒に・・・・ってその頃には自分がどうなっているかワカリマセンガ・・・・。ともかく慣れない異国の地での生活・・・体にだけは十分気を付けてガンバッテ来てください!!
で、ノスタルジックカーレース常連といえばこのヒト「サクラオート☆スカイライン」(↓)のたかもっちゃんとも、来シーズンの動向などについて珍しくいたってマジメなお話をば少し・・・。こちらも予選前の忙しい時間帯にお邪魔をばイタシマシタ・・・。
Sakurahakosuka

| | Comments (4) | TrackBack (1)

ユーロカップ2008 Rd.4 決勝車載映像(その3)

Autospecgtam
前回前々回からさらに引き続いてのユーロカップ2008「EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース」第4戦の車載映像、その3は決勝ファイナルラップより(↓)。
いよいよ残すところあと一周、この時点で総合第2位とはいえデビュー2戦目ということもあってか、タイトコーナーの立ち上がりなどで明らかにまだ本調子ではなさそうな「ヨシムラABSニューテックレビン」Y社長になんとかガンバッテ喰らいついていくも、その直前の区間でのスピンで一時順位を落とされていた予選PP「ASアルファ1300GTV」(↑)Iさんに早くも追いつかれ、続くホームストレートにてアッサリかわされた28番車。これで27レビンにロメオ2台が続くというこの日2度目の三つ巴の展開へ・・・。
最後の最後で「あわや2年前の再現か?!」とヒヤッとした場面はあったものの、この日は運よく結果オーライの無事完走。いやはや今回は楽しくもタイヘンなレースでありました・・・。
それにしても車載カメラ、走っているうちにえらい左へ傾いてしまった・・・・コレは対策を考えねば・・・。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

ユーロカップ2008 Rd.4 決勝車載映像(その2)

Streetsuperbeetle_2
前回に続いてのユーロカップ2008「EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース」第4戦の決勝車載映像その2(↓)。
予選9番手スタートから怒涛の追い上げで後方から迫る「ヨシムラABSニューテックレビン」Y社長に裏ストレートエンドでアッサリかわされた28番車。それでもなんとかガンバッテ喰いさがっているうちに、いつのまにやら今度はさらに前を走行されていた「ジェフリーズ ストリート スーパービートル」(↑)Oさんとの一騎打ちへとなだれ込んでいくという展開。お互いの走行ラインを懸命に牽制しあいつつの緊迫した接近戦の最中にも、「どうもココ最近VW勢とのカラミが続くなぁ・・・」なんて暢気なことが頭の隅をチラリとかすめたりもする決勝レース中盤戦でありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ユーロカップ2008 Rd.4 決勝車載映像(その1)

Karmannghia2
先週末行われたユーロカップ2008「EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース」第4戦、決勝スタート直後から2周目にかけての車載映像(↓)より。
予選4番手グリッドからスタートの28番車、序盤戦は前を行く予選3位「GTBUGタイプⅢカルマンギヤー」(↑)Tさんを、またしてもひたすら追いかけるという前回第3戦と全く同じような展開。ただしこの前のハーフウェットとは違い、この時点で路面はほぼ完全にドライコンディション。となればRRのVWに比べてケツの軽いFRのヴェローチェでも、コーナー立ち上がりでのトラクションのかかりの差は少ないハズ・・・てなワケで前回同様、この日も裏ストレートエンドをレイトブレーキング気味にてエイヤと飛び込み、立ち上がりはとにかくケツを出さぬようひたすらシンチョーにスロットルを入れつつ・・・で、今回は運よく作戦大成功。
レース後の表彰式会場で、当のカルマンギヤーTさん曰く
「いや~サスガに今回はコッチの手の内も読まれとったな?!がっはっはっはっはっ!!!」
へい、今回は遠慮なくイタダキマシタ・・・。

追記:「カルマンギアを追いかける」繋がりで「走り屋でいこう!」さんにトラックバックさせていただきました。コチラは岡山国際サーキットでの映像デス。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ユーロカップ2008Rd.4 お疲れ様でした!

Eurocup2008padock
天気予報は半分アタリで半分ハズレ。午前中の予選は予想通りのウェットコンディション(↑)、今日はこのまま一日降りか?と思いきや、一転午後からの決勝は先程までの天気がウソだったかのように晴れ渡ってのドライ路面で・・・という前戦同様、今回も目まぐるしく変わるお天気に振り回されたユーロカップ2008第4戦も昨日無事終了。お疲れ様でしたー!!
今年最後の「EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース」の総合優勝は「APRORTS サニー」(↓)Mパパ選手。終わってみれば開幕戦からの4戦全てをブッチギリの総合優勝で飾られるという今シーズン完全勝利、おめでとうございます。一方28番車はといえば、先述のとおり予選と決勝で路面状況が全く変わってしまったこともあり、予選4番手スタート直後から後方よりガンガンに追い上げらつつもナントカ前走者に喰らいついていくという苦しい展開。そんな抜きつ抜かれつの浮き沈みの激しいレースの結果はポールシッターのフライングペナルティもあって繰り上がりの総合2位にて無時完走。久々の荒れた展開の中、ツワモノどもに終始翻弄されまくった決勝10ラップ。いやはや楽しくも疲れ果てた一日でアリマシタ・・・。
Aprortssunny2

| | Comments (4) | TrackBack (0)

明日はユーロカップ2008最終戦

Eurocup20085
ここ数日はずっと秋晴れの好天続きだったにもかかわらず、無情にも雨の予報・・・。
そんな天気予報が外れてくれることを祈りつつ、明日は28番車にとって2008年度のセントラルサーキット走り納め。
どうか事故、トラブルに見舞われませぬよう・・・どうか楽しくレースして、無事に帰ってこれますよう・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ユーロカップ2008Rd.4 エントリーリスト発表

Te27levin
いよいよ明後日の11月16日(日)と迫ったユーロカップ2008第4戦。主催者「ツーアンドフォー」発表のエントリーリストによると、ここ数戦参加台数がジリ貧気味だった反動もあってか、シーズン最終戦となる今回の「EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース」は、恐らくこのカテゴリー始まって以来と思われる大量エントリー。常連&超常連にお久しぶり組、さらにはニューカマーの方々が一同に会するその内訳は、目下のところ最大派閥のアルファロメオが13台に、ロータス&VWがそれぞれ5台づつ、国産車勢はトヨタ・3、ニッサン・2、さらにはクラシック・ミニ2台とBMW、トライアンフ各1台づつを加えた総勢ナント32台の大盛況。
そのうち28番車が属する排気量1600cc~2000ccのチューニングカーによる「T-2000」クラスには都合8台がエントリーということで、同じ排気量のライトチューニング「LT-2000」クラスの参加10台に次ぐ、今回2番目の激戦区。↑はそんな強豪ひしめく「T-2000」クラス中唯一の国産車勢となる「TE27カローラ・レビン」。前回デビュー戦では予選中のトラブルで決勝最後尾スタートながら、あれよあれよのゴボウ抜きで終わってみればクラス3位・総合6番手にまで食い込んでこられたという・・・恐るべし超実力派の一台なのでありマス。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

マニュアルミッション人気無し・・・

Alfa147
今から半年ほど前、クルマ好きの職場の同僚から実は折り入って相談したいことがあると言うので聞いてみたところ、実はこの度海外への転勤を言い渡されてしまい、ついては今の愛車も泣く泣く手放さなければならなくなったので、もしよければ業者の買取価格プラスαくらいで誰か買うてくれへんやろか?とのこと。どうやら買取査定を依頼しに行った先での提示額があまりにも安かったらしい・・・。
クルマはアルファ147の1.6ツインスパーク、それも右ハンドルで5枚ドアとくればコレはもうファミリーカーにはうってつけ・・・との判断の下、「よっしゃ!それやったら任しとき!二、三心当たりがあるから聞いといたるわ!」
・・・なんて自信たっぷりで請合ったまではよかったが、イザ実際にあたってみたところ意外にも次期ファミリーカー検討中と見られた全員が奥様方の許可が下りずにあえなくアウト。それも却下された原因が皆「マニュアルミッション車」という一点のみだったという・・・昨今のマニュアルシフト車に対する市民権の失墜ぶりには改めて驚かされたような次第。
それにしても巷では「使いやすいし運転も楽しい」と評判なクルマだけに、余裕さえあれば自分が欲しいくらい・・・で、モノは試しにとヨメハンにこの話を振ってみたところ・・・。
「どうせハイオクやろ?あかんあかんっ・・・え!?おまけにミッション?!ゼッタイいやっ!メンドクサイ!!」
ホンの10年ほど前までは平気な顔してクラッチ踏んで変速しとったクセに・・・。
い、今更めんどくさいとか・・・い、言うな!!(涙)

追記:奥様連中にはかくもコテンパンな147の1.6TSも、ヴェローチェ乗りの方々にとっては必ずしもさにあらず・・・・てなワケで、その記事内容に多大なる同感の思いを込め、コチラにトラックバックさせていただきました。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

燃料計センサー取付

Fuelsensor
その昔初めて購入したATL製安全タンク付属の燃料計が全くの役立たずだったという苦い経験から、現在の燃料タンクに換装してからは軽量化も兼ね、ずっと燃料計未装着のままだった28番車。とはいえコレクタタンクと合わせても20リッターちょいのガソリン容量ではちょっとした遠出の際にも常に燃料残を気にしなければならず、メーター無しでは不便なコトこの上なし。さらについこの間も自らの不注意から高速道路上でのガス欠ストップをやらかしてまうに及んでは、一般道での安全面からもやはり燃料計は必要との考えに至り、この際思いきって「キノクニ」にて燃料計キット一式を購入。先ずはタンク側にセンサーユニットを取り付けてみたところ↓。
どうか今度のヤツはキチンとした値を表示してくれますように・・・。
Fuelsensor2

| | Comments (5) | TrackBack (0)

ユーロカップ2008最終戦にエントリー

Tirecheck
来る11月16日(日)、セントラルサーキットにて開催のユーロカップ2008「EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース」の第4戦にエントリー。
・・・てなワケで先週末はレース前恒例、ガレージにて一人Sタイヤ4本並べてのタイヤ磨耗度チェック。今年7月のアルファロメオチャレンジ第3戦の予選・決勝に始まり、続く9月のユーロカップ第3戦の同じく予選・決勝、さらには先月チャオイタリアでのフリー走行・予選・決勝と都合7セットを走りきって↑のような状態。いつものように左側リヤタイヤのチビ具合が比較的激しいものの、コレぐらいなら必殺「タイヤ裏返し組付戦法」を使えばまだまだ全然イケそうダ・・・。それにしてもこのA048、気のせいかこれまでのモノに比べて、そこはかとなくタイヤの持ちが良くなったような・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

お父さんガンバッテ!!

Lotus54
1750gtvt
2000gtvt
2000gtvm
巷では少子化が叫ばれて久しい昨今・・・にもかかわらず、普段28番車がレース等でお世話になっている周りではここ最近、立て続けに新しいご家族の朗報が・・・。
かく言う自分も「子持ち草レーサー」、お互いにガンバリマショー。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

CG CLUB 「Autumn Meet 2008」

Autumnmeet2008
先週末の日曜日は、「カーグラフィック」誌主催のイベント「Autumn Meet 2008」を見学。
会場の「グリーンピア三木」第2駐車場はその昔、旧車ジムカーナ参戦のために足繁く通いつめ、こんなおぢさんたちと死闘を繰り広げていた懐かしい場所。そういやこの広場の隅っこでわざわざサイドマフラーに付け替えたりしてたっけ・・・我ながら元気あったよなぁ・・・なんて思い出しつつ、この日集まった数々の普段ナカナカお目にかかることのできない珍しいクルマを見学したり、イベントブースをぶらぶら見て回ったり・・・。そんな中お見かけした、いつもはサーキットでお会いする面々とご挨拶させていただいたりしているうちに、いつの間にやらお昼過ぎ。この日は朝から絶好の行楽日和だったこともあり、美味そうなエスニックカレーの屋台に並ぶ行列に後ろ髪を引かれつつも、夕方からの渋滞を回避すべく早めに撤収。帰路は高速道路を使わずに田舎道をのんびり流して自宅まで・・・。久々にちょっとしたツーリング気分の1日でありました。
Autumnmeet20081

| | Comments (4) | TrackBack (3)

街乗り用タイヤ決定

Tirechange
以前からずっと懸案になっていたものの、サーキット走行にはなんら関係の無い部分ということもあり、何やかやでずっとほったらかしにしていた28番車の街乗り用タイヤを、この度ようやく導入。なんせ免許取得以来ほとんど買った事が無い「Sタイヤ以外のタイヤ」ということで、各所から頂いたアドバイスなども考慮しつつ、悩んだ末に選んだ銘柄は「ミシュラン」のENRGY3。サイズは当初からの構想どおり、街乗りでの最低地上高稼ぎと高速巡航時のハイギアード化を狙った、従来より一回り大径の195/65R14をチョイス。
購入は近所で安いと評判の量販店「フジ・コーポレーション」にて。ただ、イザ交換作業をお願いする段になって、床下のLAP SHOTのセンサーが当たってしまうため、お店備え付けのリフトに載せることができず、ガレージジャッキを車体下に潜り込ませようにも、前からはオイルパン、後からはCRBBが引っかかってしまいそれも叶わず、やむなく↑のようなカタチにてタイヤ交換と相成ったようなことで・・・。いやはや作業してくださった方には、慣れない車種ということでご面倒をおかけしてシマイマシタ・・・。
そんなこんなで帰宅後、製造年月を確認する際に発見したのが↓の文字。おフランスのメーカーといえどもミシュランのタイヤは世界各国で生産されているそうで、そんな中今回タマタマ巡ってきたのがイタリー製。クルマがロメオだけになんだかちょっと得した気分でありマス。
Madeinitaly

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« October 2008 | Main | December 2008 »