« December 2008 | Main | February 2009 »

January 2009

Facet燃料ポンプ

Facet
昨年末の応急修理以来、今までずっと借りっぱなしになってしまっていた燃料ポンプを、もうエエ加減お返ししなければ・・・ということで先日燃料ポンプを新たに購入(↑)。
前回そのタマタマお借りした燃料ポンプで出走したアルファロメオチャレンジで、これまでとにかく28番車の鬼門だった岡山国際サーキットのアトウッドコーナー立ち上がりの急坂を今までで一番よく登ったということもあり、お値段少々お高めながらも今回は同じ銘柄の「Facet」をチョイス。ただ、ある程度の経年劣化の影響があろうかとはいえ、燃料ポンプ本体の性能はカタログ値から見ても、従来の「ミツバ」も「Facet」もそないには変わらんハズ・・・・そこで今回注目したのは燃料ホースの取出し口径。
今回のFacetの8ミリに対して、今まで使っていたミツバのポンプは燃料取出口が6ミリ径。で、それを6→8のアダプターをカマして内径8ミリの燃料ホースに接続していた関係上、当然その6ミリよりさらに小径となるアダプター内径部分が燃料ライン途中にオリフィスとして介在してしまっていたワケで、この部分がボトルネックとなって高負荷時の燃料不足の原因になっていたのかも?
てなワケで、早速先週末はクソ寒い中をおして取り急ぎチャチャッとポンプの交換作業(↓)。後で燃料ホースの取り回しだけ、もうチョット体裁よくやり直そ・・・。

追記:同じオールドロメオで正にコレと同じ燃料ポンプをお使いの方がコチラにも・・・というワケで、「Facet燃料ポンプ」繋がりで「”HACO” alfa and・・・」さん にトラックバックさせていただきました。

Facet2

| | Comments (6) | TrackBack (1)

仲良く並んで省スペース

Sevenmini
いまだシーズンオフ気分真っ只中の先週末、いつもの「CAFE UNO」裏手にある来客用駐車場で見かけた光景。
通常クルマ1台分で一杯になる三角形のスペースに、お互いキッチリ詰め合わせて見事に収まるセブン&ミニ。ちょっと旧い車が2台並んで停まっている・・・・ただそれだけのことなのに、その愛嬌タップリの表情が何だかこんな絵本の世界を地でいくような光景に見え、その微笑ましさに思わずパチリ。このあたりのちょっと旧い車のデザインにそんな温もりみたいなモンを感じるのは、やっぱ見る側がそれだけ歳喰ったせいでもあることよなぁ・・・なんて思う今日この頃。
それにしてもここの駐車スペース、この組み合わせやったら2台入るんや・・・知らんかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あっ!あのカーグラのGTAmだっ!!

Cargraphic
28番車の永遠のアコガレ「アルファロメオ2000GTAm」・・・その原体験ともなったのが、忘れもしない↑のカーグラフィック誌。
1987年10月号ということは、美しいカラー写真で初めて見たスポーツランド菅生を駆け抜ける「アウトデルタGTAm」の勇姿にココロ鷲掴みにされてしまったアノ頃から、早いものでもうおよそ20年。これまでの28番車の数々の紆余曲折も、改めて振り返ってみればどこかでこのGTAmの姿を追い求め続けた年月だったのかも・・・・なんて思いを馳せるキッカケになったのは先日、ひょんなことからこちらのブログにて件のGTAmそのものの姿を本当に久しぶりに発見したから。さらにナントその復活に向けての製作過程を詳しく紹介されているということで、思わず興味深く拝見させていただいたような次第。この他にもTSサニーをはじめとした数々のレーシングカーを次々とレストアされているご様子からしても、その昔雑誌上でしかお目にかかれなかったアノ勇姿を近い将来、今度はサーキットで実際に目の前で拝ませていただくことが出来るやも?!
外野からの野次馬根性丸出しということで、甚だ失礼とは存じ上げつつも、旧車ロメオファンの末席を汚す1名として、その復活への期待に久々に胸ふくらませております・・・。
Cargraphic2

| | Comments (6) | TrackBack (0)

もらってしまいました・・・。

Tamiflu
チビからのいただきもの、インフルエンザA型。
仕事がクソ忙しいこの時期、絶対に感染してはならじっ!との努力も虚しく、今週明けよりあえなく撃沈・・・。都合3日間のたうちまわった挙句、ようやく復帰した職場の雰囲気は正に「針のムシロ」状態。そりゃまぁ無理もなかろうて・・・。
そんな疲れ果てての帰宅後、当の災いの送り主に「で、オマエはもう大丈夫なん?」と尋ねたところ元気に一言
「うんっ!!でも学級閉鎖でお休みやった!!」
そらよーござんしたね・・・。

てなワケで同じくインフエンザ感染と戦うコチラにトラックバックさせていただきました。ガンバッテください!!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

「GO-PED」キャブレター交換

Goped8
28番車のパドックのアシとして活躍中も、どうもここ最近エンジンのかかりが悪い「GO-PED」
エンジン始動時に使う半球ポンプを押しても燃料が送られて来ない現象は、以前キャブレターを分解清掃して一時的に症状改善されたかに見えたが、さにあらず・・・。そこで先日さらにアレコレ調べていくうちに、どうもその半球ポンプ内にある燃料を送る為のワンウェイバルブの役目を果たしているゴム製の部品がヘタりきってしまっており、そのためいくら半球ポンプを押しても燃料が送られなくなってしまっているコトが判明。コレではナンボがんばってスターターの紐を引っ張ってもエンジンはかからんし・・・。
で、早速交換用のキャブレターを物色していたところ、純正品よりも安価な外品のキャブを発見したのでソチラを購入。ところが現品が到着してみたところ、ナントそれが今まで付いていたヤツと全く同じものだったことが判明(↓)。前オーナーの方も同じコト考えてはったのね・・・てなワケで、特にスロットルワイヤーの取り回しも変更することなくスンナリと交換作業は完了。
早速半球ポンプをスコスコ押してみると、ソレに合わせてスッスッ・・と透明な燃料ホースの中を快調に燃料が送られていく様を確認。おーコレが正常な状態なのね・・・などと感心しつつスターターを引けばアッサリとエンジン再始動に成功。
プラグに火が飛んでいるのはあらかじめ確認済み。やっぱ燃料と火花が確実に来ていると判っていると、リコイルスターターの紐を引っ張るときの気合の入り方が違うわ・・・。
Carbrettor

| | Comments (2) | TrackBack (0)

一年遅れですが・・・

Ofudakaeshi
昨日は遅ればせながらの初詣を兼ね、なんとか無事後厄も乗り越えられたということで、3年間お世話になった厄除け祈願のお札を納めに西宮の門戸厄神さんへ。
一年遅れのお納めとなりましたが、今後とも家族共々元気で暮らしていけますよう、どうかひとつ何卒よろしゅうお頼ん申します・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2009年度 日程確認

Eurocup20086
正月休みも終わって早一週間ということで、来るべき2009年シーズンの日程確認。
例年通り今年も28番車がメインで追いかけるのは、地元セントラルサーキットにて開催の「ユーロカップ」。その「EURO&JAPANクラシックカーレース」の今年度日程は3月15日(日)、5月31日(日)、9月20日(日)、11月23日(祝)。これに今年は10月18日(日)に開催が予定されている毎年恒例イタリア車のお祭り「チャオイタリア2009」を加えての全5戦。さらには岡山国際サーキットで行われる「アルファロメオチャレンジ関西」にも可能な限り挑戦していきたいところ・・・とか言いつつ、早速翌月の2月1日(日)と15日(日)にそれぞれ立て続けに開催されるユーロカップのキックオフイベントとアルファロメオチャレンジ関西2009開幕戦には、いずれも参加は見送りの予定。
年末ギリギリまで走っていた昨シーズン、また今年は2年に1度の一大イベント「車検」も控えるという、いつにも増しての苦しい台所事情。今しばらくは一人シーズンオフを決め込みたく・・・。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

使ってみましたA048「Sコンパウンド」

A048scompound
事前の天気予報では雪混じりの厳しい寒さが予想されており、低温セミウェット路面なら恐らくドンピシャのハズ・・・との考えからココは気合一発!思い切って以前から興味津々だったアドバンA048の「Sコンパウンド」を投入してみた昨年末のアルファロメオチャレンジ2008全国統一戦
ところがそんな思惑とは裏腹に当日の天気は晴れ・・・それでも厳しい冷え込みだったことには違いなく、当初の予定通りSコンパウンドで予選・決勝を走ってみての感想は、同じA048でも使い慣れたMコンに比べて柔らかいコンパウンドのせいでブロックのヨレが激しいのか、どうも舵角を入れていった時の感触が掴みづらく、なんか乗りにくいタイヤやなぁ・・・といったもの。「やっぱジムカーナ専用なんやろか?」なんて思いつつ、最初のうちはその妙にグニャグニャした感触に戸惑ったものの、ラップタイム自体は路面温度が低い割にはソコソコ出ており、またここ数年の記憶に残る限りでは恐らく初めて決勝ベストラップが予選タイムを上回ったことからも、このあたりは運転手の「慣れ」の問題なのかも?
そして最も気になるソフトコンパウンド故の磨耗度合いの方は、サスガに真冬のこの時期でもそれなりにシッカリ熱が入ってはいるものの、心配していたブロック飛びやコンパウンド自体がドロドロに溶けてしまうといったコトは皆無で、この日の岡山国際サーキット決勝10周程度なら、タレによる極端なグリップの落ち込みも特には感じられず・・・といったところ。とは言えまだなにぶん初めてのそれも極低温時のみでの印象ということで、今のところまだ何とも言えない部分を多々残すものの、もし春先くらいの路面温度でもこの調子なら冬場専用タイヤとして今後有効に使えるやも・・・。
ただ、おかげでずっと以前から満を持しての購入予定だった「ポータブルメモリーナビ」はまたまた遠くになりにけり・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

リアタイヤ交換(2回目)

Tirebefore
購入後すでに7年目に突入も、依然として28番車の毎日のアシとして活躍中のグランドアクシス号のリアタイヤ。
2年前の転勤で電車通勤に変わってからは専ら最寄り駅までの往復など近場での使用がほとんどとなり、片道20kmのバイク通勤をしていた頃よりは格段に長持ちするようになったとはいえ、サスガに↑のような状態では危なかろうということで、先日前回から数えて2回目のリアタイヤ交換(↓)。
ここ最近信号待ちなどでは時折マフラーからの白煙が気になってきたり、随所にお疲れが見えだしたグランドアクシス号。
とはいえ、まだまだココしばらくはガンバッもらわねば・・・!!
Tireafter

| | Comments (0) | TrackBack (0)

タラレバ・・・

Fuelpump3
新年早々タラレバ話・・・。
昨年末のアルファロメオチャレンジ全国統一戦の前夜、いつものようにホイールナット締付用のトルクレンチと電動インパクトを借りに柳原メンテナンスに向かう途中のこと。R171の信号待ちで突然エンジンがフケなくなり、かろうじてヨタヨタ走り出したものの、数十メートルも行かずにあえなく立ち往生。慌てて路肩に寄せて調べてみたところ、どうやら2個ある燃料ポンプのうち、この間の燃料ポンプ騒動でも新品にしなかった古い方のヤツがウンともスンとも動かなくなってしまっている模様。とりあえずはお休み中の燃料ポンプをドライバーの柄でコンコンと叩き起こしてナントカたどり着きはしたものの、このままでは早晩燃料ポンプが完全にご臨終となってしまうことは明らか。ということで、タマタマ整備工場内にあったFACETの燃料ポンプを急遽お借りして(↑)翌日のレースではどうにか事なきを得たような次第・・・。
これがもし当初の予定通り積載車でサーキット入りしていたら・・・、またもしトラブル発生のタイミングが遅れてサーキットへ向かう高速道路上で立ち往生してしまっていたとしたら・・・
今年もこんなササヤカな幸運に少しでも恵まれる一年でありますように・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2009年 明けましておめでとうございます

Ciaoitalia20083
新年明けましておめでとうございます。
・・・なんて書き出しも今年で早6回目を迎える「おやじサラリーマンの草レース的生活」。
この不況の最中、のっけから先行き不透明どころか暗雲垂れ込めまくる2009年のスタートではありますが、そうは言ったところで「今年の先行きは透明です!!」なんて年頭訓示は今まで一度たりとも聞いたことがないワケで、今年もやっぱり今までどおり、自分に与えられた状況の許す限り、目の前の一戦一戦に精一杯取り組んでいくということをただただ積み重ねていきたく・・・。
てなワケで、昨年に引き続き相変わらずのマイペースにてぼちぼち綴る当ブログをご覧の心温かき皆様方におかれましては、今しばらくのお付き合いのホド、何卒よしなに・・・。
本年も変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます・・・ですハイ。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

« December 2008 | Main | February 2009 »