« Facet燃料ポンプ | Main | 2009年度 タイヤカタログ »

CRBB

Crbb
28番車のみならず、リジッドアクスル式FR車にとって後輪トラクションの確保というのはナカナカに悩ましいモンダイ。
かたや「等長4リンク」、はたまたいっそのこと「独立懸架化」なんて荒業もある中、ラップタイム向上のためにはとにかく「前へ進むアシ」を・・・と日々信じて疑わない28番車が長年愛用しているのは、旧車ロメオ乗りの間ではお馴染みの「CRBB」。果たしてその動作原理は?といえば、デフケース部分に追加されたピボットを、ホーシング後方に設置したガイドレールに沿って上下方向にのみ動作させることによって、リアアクスル横方向の位置決めをするという、なんともまぁ見た目に分かりやすいモノ。とはいえこの一見特異とも思える位置決め方法がもたらす絶妙のロールセンター設定のおかげか、この「カニ挟み」が発揮してくれる抜群のトラクション性能は、往時のバイアススリックタイヤに比べて勝るとも劣らないであろう今時のSタイヤのグリップをもってしてもイササカも見劣りすることなく、今のところコレなくして28番車のアシは考えられまへん。
最早40年以上昔の骨董品とはいえサスガ往年のアルファロメオワークスが考えだしたスペシャルパーツ、現代のサーキットでもその威力、ナカナカ捨てたモンじゃありませんぞ・・・。

|

« Facet燃料ポンプ | Main | 2009年度 タイヤカタログ »

Comments

と~っても憧れの1品です、いいなぁ
流石長年乗ってらっしゃるだけありますね!

Posted by: おかんの頭の頭 | February 04, 2009 at 01:09 PM

ワッツリンクはどうなんだろうなぁ

Posted by: アルサロ | February 04, 2009 at 07:48 PM

おかんの頭の頭様
その昔、当時のロメオの大先輩(→ http://no28.cocolog-nifty.com/no281750gtv/2008/11/post-5601.html )が試しに装着してみて大好評だったので、相方27番車と二人して後を追うようにナントカがんばって手に入れたものです。
お互い無理を承知で無い袖振り払ったモンですが、今にして思えばエエ買い物でした。

アルサロ様
ワッツリンク、もちろん大アリです・・・というか「等長4リンク+ワッツ」が恐らくホーシング車輌の究極の姿かと・・・。
寸法出し&取付加工の大変ささえクリアーできれば重量面からみても魅力的メニューですよね・・ってそう言うCRBBも取付はたいがい大変なんですけど・・・。

Posted by: 28ばん | February 05, 2009 at 09:01 AM

いつもながらいろいろお世話になり ありがとうございます。
いちどこのカニさんのありがたさを味わってしまいますと あと戻りが出来ず 現在作成中の(本人は公道仕様と考えている)初期段付きボディーに重量や動きでCRBBに勝ると信じている!ワッツリンク装着を考えました。(と言うよりお世話になっている工場に落ちていた?)でも ワッツリンクのキットはどうやら後期ボディーに対応して作られたもののようで わずかのところで取り付け位置の構造が合わないとの事で 泣く泣く断念しましたです。
で、後はご存知のとおり、、、おとうさんの「まかせなさーい」とともに始まる妙技に期待している次第です。

Posted by: にんじん54号 | February 21, 2011 at 02:55 PM

書き込む場所間違えました、失礼!

Posted by: にんじん54号 | February 21, 2011 at 10:11 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54708/43930327

Listed below are links to weblogs that reference CRBB:

« Facet燃料ポンプ | Main | 2009年度 タイヤカタログ »