« April 2009 | Main | June 2009 »

May 2009

明日はユーロカップ2009 Rd.2

Teamd5
いよいよ明日、5月31日(日)はセントラルサーキットにてユーロカップ2009第2戦。
主催者発表のエントリーリストによると、今回の「EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース」は参加総数31台の大盛況。そのメイクス別内訳は、最大派閥のアルファロメオが14台、ロータス・4、MG・1の英国車勢に、ドイツ車はBMWとVWが各2台づつ、そして今回は「EURO&JAPAN」の冠にふさわしく、国産旧車もいつもより大幅増の大量8台のエントリー。こちらもベレット、サニトラ、TE27レビンにホンダのエスハチ、さらにはフロンテクーペ(!!)といったソウソウたる顔ぶれ。いやはやこれだけバラエティ豊かな車種が集まるレースもナカナカ無いのでは?
で、役者が揃えばあとはお天気・・・てなワケで、気になる兵庫県南部地方の明日の予報は・・・うっ・・現時点では「晴れ時々雨」と波乱含み・・・。28番車にとっては今シーズン前半最終戦、どうか楽しくレースして、無事に帰ってこれますように・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ヨメグルマ「ビスタ」お疲れ様でした。

Toyotavista
このたび諸般の事情で母親から引き継いだ「マツダ・ファミリア」を次期ヨメグルマとして迎えるに至り、期せずして我が家での役目を終えることになったヨメグルマ「ビスタ」。
購入からちょうど丸三年と短かったとはいえ、思い返してみればその間のトラブルはほぼ皆無。細かい乗り味の好みなどではナンダカンダと文句をタレつつも、どんなに寒い朝でもエンジンはイッパツ始動、真夏の渋滞でもエアコンはガッツリ効くという、身の丈に合った「普段使いのファミリーカー」として全くもって頼もしい存在で日々あり続けてくれたのは、サスガ「ニッポンの乗用車」。特に5ナンバー枠の4ドアセダンとは思えぬ広大なトランクスペースは、盆暮の家族での移動はもとより、何かと大荷物の運搬の機会が多い自分にとってもホントありがたかったし(↓)・・・。
今後はこの車を紹介してくれた「プロバメカニカ」Kやんのもとに一旦舞い戻り、また新たなる活躍の場を与えていただくことに。これからも元気でガンバレヨー!
Vistatrunk

| | Comments (0) | TrackBack (0)

名義変更手続で大阪運輸支局へ

Neyagawarikuji
「私が死んだ後は、よかったらアンタ達で乗りなさい。」
という亡き母親が遺してくれた言葉に甘え、先週末に四十九日法要を済ませたのを機に、母グルマ「マツダ・ファミリア」をヨメグルマに名義変更すべく、昨日は一日休みを取って寝屋川の大阪陸運支局へ。
故人からの名義変更は一旦相続の形を取らなければならないとのことで、戸籍の写しや遺産相続承諾書(ナント大層な!)が必要になるなど、通常の名変に比べて提出書類がなにかとややこしかったものの、事前に周りに尋ねまくった予習が効いてかイッパツでクリア。ところがナンバープレートを交換する段になって、車載工具袋の中身がホイールレンチ一本きりだったのにはアセッタ!最近のクルマってナ~ンモ積んどらんのね・・・。慌ててカーナビの周辺検索をかけたところ、陸自の真向かいにホームセンターがあることが分かり、なんとか事なきを得たような次第。
で、最後に封印所にてナンバープレートを封印してもらい手続き完了。その際ボンネットを開けて係の人に車台ナンバーを確認してもらう横から、フト覗きこんだエンジンルームには真っ赤なストラットタワーバーが・・・・。
・・ったく、アノばーさんナニ考えてたんだか・・・。
Struttowerbar

| | Comments (5) | TrackBack (0)

意外なトコロで・・・

Flyer
昨日いつもの「Cafe UNO」でみかけた、とあるライブイベントのチラシ。
神戸は三の宮のライブハウス「チキンジョージ」といえば、学生時分には随分とお世話になったトコロ・・・・なんて何の気なしに眺めていたら、そのオープニングアクトのG.&Vo.に、自分が28番車に乗り始めた頃からのロメオの先輩で、その昔当時乗られていたアルファロメオGTAmを必死のパッチで追いかけたこともあるMさんのお名前を発見。「あ、Mブラザーズのお兄ちゃんやんか?!がんばってんなぁ。」とか言ってたら、そのすぐ横、同じバンドのDr.は、ナントこれまた今をさること27年前、駆け出しのベース少年だった自分を自らのバンドに引き入れてくれたこともある、当時「H高校のコージー・パウエル」としてアコガレの存在だった高校の先輩Kさんということで、これまた二度ビックリ。
で、そのチラシを、ココロザシ半ばにしてクルマの方にハマリ込み、既に音楽とは縁遠い身となってしまった自分が、「みんな音楽続けてはるねんなぁ・・・スゴイ」なんて尊敬の念に、懐かしさや少しばかりのウラヤマシサも交錯させつつ、常連の喫茶店で眺めているという・・・。
ホンマ、ヒトの繋がりっちゅうモノは、かくもオモシロキものよのぅ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ユーロカップ2009第2戦にエントリー

Eurocup20093
来る5月31日(日)、セントラルサーキットにて開催のユーロカップ2009「EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース」第2戦にエントリー。
・・・してみたはいいものの、何といってもこのご時勢。ヒタヒタと忍び寄る世間の不景気風が、我が身の「オマンマのタネ」にも多大なる影響を及ぼしつつある昨今(自身のハタラキの悪さも多分に含まれますが・・・)。その上さらに2年に1度、コレばかりは避けては通れぬ「車検」を来月に控えた時期でもあるがゆえ、甚だ不本意ながらも、次回このユーロクラシック第2戦をもって、28番車今シーズン前半の最終戦とする意向。
できればまたシーズン終了間際くらいまでにはナントカ・・・なるか?なるまいか?
とにもかくにも先ずは目の前のこの一戦、何としても自分に悔いの残らないレースにしよー!!

| | Comments (8) | TrackBack (0)

ホントはコレが欲しかった!

Gr2
先日の「2009イタリアンジョブ」会場で見かけた、グループ2仕様のリアオーバーフェンダー(↑)。
その存在については、往時のレースシーンの写真や、ロメオの大先輩「にんじん#54号」に実際に装備されていることでも見聞きしており、そのカッコ良さに28番車のリアワイドトレッド化計画の当初から「リアにバーフェン貼るなら断然コレ!」とココロに決めて探し回ってみたものの、どうしても現状単体での市販品では見つけ出すことができず、やむなく汎用のオーバーフェンダーでお茶を濁してしまった・・・という経緯があったダケに、コレはアコガレの逸品。
・・・てなワケで、ココで会ったが百年目?ここぞとばかりに土砂降りの雨の中にもかかわらず、矯めつ眇めつへばりつくように観察&見学させていただいたようなコトで・・・。それにしてもオリジナルフェンダーの形状に、見事違和感無くあつらえられたその造型の美しさは、当り前のコトながら急ごしらえの28番車とは大違い。
意外な所でイイモン見せていただき、ありがとうございました!いや~やっぱ専用品はエエわ!!
Gtagr2

| | Comments (4) | TrackBack (1)

700,000アクセス

28arc20073_2
継続はチカラなり、ナントカは牛のよだれ。
マコト「積み重ね」というのはオソロシイもので、前回の500,000アクセス御礼から丁度丸一年。さらにジワ~リジワリとアクセス数を伸ばしつつ、いつのまにやら当ブログも700,000アクセス。常日頃からご愛顧いただいております皆様方におかれましては、この場を借りまして多謝御礼の至極でゴザイマス。
これからも相変わらずのマイペースでボチボチと・・・どうか今しばらくお付き合いのホド何卒ひとつ、よろしくお願い申し上げます。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

雨の2009イタリアン・ジョブ

Italianjob2009
先週末の「2009イタリアン・ジョブ」は生憎の大雨・・・。
にもかかわらず、全国からたくさんのイタリア旧車が集い来ての、そんな悪天候も吹き飛ばす大盛況ということで、やっぱり雨の中でも来てヨカッタ!これもひとえに毎年準備段階から手弁当で、しかも当日は合羽姿でズブ濡れになりながらも、終始懸命にエントラントの面倒をみていただいたスタッフの皆様方の努力があってこそ。雨の中お世話になりました、そして本当にお疲れ様でした。
イタジョブには毎度子連れ参加の28番車、先ずはプラネタリウムと郷土資料館の見学を済ませた後、食堂にて腹ごしらえ。で、おもむろにご挨拶回りにでも・・・なんて時に突如自宅ヨメハンからの電話。聞けば例の新型インフルエンザ騒動で地元はエラい騒ぎになっているらしく、学校も向こう一週間は休校とのこと。てなワケで急遽チビをヨメ実家へ「疎開」させるべく、直ちに自宅へトンボ返りという事態に相成った次第・・・。
折角の機会にもかかわらず、普段お会いできない方々とゆっくりお話させていただくこともママならず・・・図らずも今回の岐阜土産は、今関西では品切れ続出のコレ(↓)になってシマイマシタ・・・・。
Mask

| | Comments (7) | TrackBack (1)

明日はイタリアン・ジョブ2009

Okanveloce
↑のアルファロメオ2000GTVでお馴染みの「おかんの頭の頭」さんといえば、当ブログにもよくコメントをいただいたり、年に数回はユーロカップのクラシックカークラスにも参戦されていたりと、岐阜と大阪でお互い住む場所は離れているとはいえ、常日頃何かとお世話になっている間柄。
そんな「おかんの頭の頭」さん主宰の「クラブ・マザーヘッド」による年に一度のイタリア旧車イベント、その名も「2009イタリアン・ジョブ」に参加のため、明日は岐阜県揖斐川町は藤橋城前駐車場まで。今年で開催5年目を迎え、すでにイタリア旧車ファンの恒例行事として定着した感のある「イタジョブ」といえば、いつもの慣れ親しんだサーキットのパドックとは少々勝手の違う所謂「置き」のイベント・・・・ということで、若干場違いな仕様の28番車ではありますが、明日はエントラントの末席に加えていただくべく、遠路遥々お邪魔しま~す。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

遅ればせながらの差入れ御礼(その2)

Arc2009
こんな拙いブログでも、それが縁でお知り合いになれた方々に、実際サーキットの現場にまで足を運んでレースを観に来ていただけたりすると、ホントやってて良かった・・・なんて思えるワケで、それがまたその方が取り組んでおられる車輌製作や、サーキット走行へのモチベーション高揚に向けての、ホンの少しのキッカケにでもなれれば、またコレに勝るヨロコビは無し。
てなコトで、先日のアルファロメオチャレンジ関西第2戦開催中の岡山国際サーキットまでご夫婦お揃いで観戦に来ていただいたのは、いつもはブログ上でコメントをいただいたり何かとお世話になっている「onbolo ALFA」さん。広島からお越しとのことで、パドックへ名物「もみじまんじゅー」(↓)の差入れまでいただき、その節はありがとうございました。
さらに同じ広島からは激速のアルファロメオGTAでお馴染み、現在その激速具合に一段と輪をかけたようなスパイダーのレーサー製作中のHさんにもご家族で陣中見舞いただき、暑い最中にありがたい冷たい飲み物と氷の差入れをいただきましたことにも、この場を借りまして多謝御礼。
こうして思い返してみるまでもなく、いろんな周りの方々からお世話になりっぱなしの我らおやじ草レーサーズ・・・ホントありがたいことよなぁ・・・・。
Jintyumimai

| | Comments (6) | TrackBack (0)

アルファチャレンジ関西2009Rd.2 決勝車載映像(その2)

Srs2000gtv
前回に引き続きアルファロメオチャレンジ関西2009第2戦「レースB」決勝車載映像のその2(↓)。
前を行くイエローのヴェローチェはお馴染み「SRSアルファ」(↑)I田さん。アプローチ区間でズバッとクルマの向きを変え、そのままコース幅目一杯で一気にコーナーを立ち上がっていくそのドライビングスタイルは、サスガ往年のスズカFLドライバーの面目躍如といったところ・・・参考になりマス。
対する28番車、その後方から懸命に喰いさがるも、自身のワイドトレッド化による挙動変化にまだイマイチの戸惑いもあり、その差をジリジリ拡げられるという展開。最終的には先行する「SRSアルファ」の突然のエンジン不調に乗じて前に出させていただく結果にはなったものの、次はこうスンナリとはいかせて・・・くれませんよね?ヤッパシ・・・。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

アルファチャレンジ関西2009Rd.2 決勝車載映像(その1)


先週末行われたアルファロメオチャレンジ関西2009第2戦の「レースB」、決勝オープニングラップから2周目にかけての車載映像。
ポールスタートを決めた「ルノークリオクープ」Yさんに、予選3番グリッドから絶妙のスタートダッシュで総合2番手に躍り出た「SRSアルファ」I田さん、さらに予選2位スタートの「るっく!GTV」Tさんと続くトップグループを、後方から怒涛の勢いで迫りくる「グランドスラム ジラフ 156」Aさんを必死に牽制しつつ追いかける・・・という展開となったスタート直後恒例の「陣取り合戦」。その2周目インフィールド区間、目の前で新旧GTVの順位が入れ替わる・・・そういや去年、自分もココでヤラレたっけ・・・・。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

アルファチャレンジ2009関西Rd.2 お疲れ様でした。

Renaultclio
朝イチから晴れ渡る青空。日中は少し暑すぎるくらいの好天に恵まれたアルファロメオチャレンジ関西2009第2戦は昨日無事終了。お疲れ様でしたー!!
今回はアルファロメオ新旧それぞれのクラスの一部に、欧州車全般対象のETCCクラスを加えての混走となった「レースB」、総合優勝はETCC500クラスの「ルノークリオクープ」Y選手。このカテゴリーでのクリオクープ強し!ということで、見事なポールtoフィニッシュおめでとうございます。続く総合2番手には昨年度全国統一戦「チャンピオンカップ・レースA」の覇者、アルファロメオGTV「るっく」選手が入り、予選4番グリッドスタートの28番車はその後方、およそ2秒遅れの総合3位に滑り込む。
初夏を思わす陽気に、後半は思わぬ持久戦の展開となった正午スタートの決勝10周回・・・久々にツカレマシタ・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

明日はアルファロメオチャレンジ関西2009 Rd.2

Arcpadock2
いよいよ明日に迫ったアルファロメオチャレンジ関西2009第2戦。
28番車にとっては今年初走行となる岡山国際サーキット、さらに主催者発表の暫定エントリーリストによると、今回は自身より遥かにラップタイムの速い現代車との混走ということで、いつにも増して他車との間合いには、慎重の上にも慎重を期していきたいところ。
気になる岡山県北部地方の明日の天気は、「晴れ・降水確率0%」と今のところは願っても無い予報。どうかこのままビタリと当たっておくれ・・・なんて祈りつつの毎度変わらぬ目標は、何はともあれ先ずは無事完走。そして願わくば、どうか明日も目一杯の走りで、思いっきり楽しいレースが展開できますように!!

| | Comments (2) | TrackBack (1)

フロントフェンダーはノーマルで・・・

28garage2
ヨメコドモは実家に帰り、日中は仕事ということで残されたおやじは一人、大渋滞の惨状をラジオで聞き流しつつ、夜な夜なガレージにてセコセコと作業に勤しむ・・・てのが、ほぼ毎年恒例のGWの過ごし方。
で、リアトレッドの拡大に合わせて懸案となっていたフロント側。いっそのこと前にも同じバーフェン貼るか!?という案もあったものの、こと前輪に関しては、あまり安易にスペーサーで外側に出し過ぎてもフロントサスのレバー比の関係上、ただでさえ不足気味のスプリングレートがさらに苦しくなってしまう懸念もあり、結局フロントフェンダーはオリジナルのまま、出せるところまで出すくらいで止めておくことに決定。併せてフェンダーアーチの折り返し部分の「みみ」を、タイヤとのクリアランスがキビしい右側だけハンマーでドツき倒して折り込んでおく。
先ずは折り返し部分をハンマーでガンガンやりつつ、フェンダー裏側にピッタリ合わせるまで倒しておき、塗装の剝がれた部分を亜鉛塗料で防錆処理した後、合わせ部分にシール剤を充填。仕上げはいつものシャーシブラックと、表側の塗装割れはタッチアップでペタペタとゴマかしてハイ完成(↓)。
とりあえず次のロメオチャレンジはコレでいってみよ。
Frontfender

| | Comments (5) | TrackBack (0)

祝!コンクールドエレガンス

1750berlina
カリカリのサーキット専用車輌と、街乗り用のフルノーマル。
この双方ともに自分のお気に入りのメイクスで揃えてしまうというのは、ある意味クルマ好きとしての理想の境地のひとつ。そんなウラヤマシー組合せを、同じアルファロメオ1750のヴェローチェ&ベルリーナで実践されている(さらには奥様のレース用スパイダーもアリ!!)のが、常日頃ロメオがらみやそれ以外の場面でも何かとお世話になっている白猫@35さん。普段は互いのヴェローチェをもって、サーキットでのキッタハッタのしのぎを削る間柄。ところが一転こちら(↑)のベルリーナでも、先日の「カフェ・ド・ジュリア」というイベントでは見事コンクルードエレガンスを受賞されていたとのことで、改めてその旧車趣味のフトコロの深さにはオドロキをもって感じ入るばかり。
「コンクールドエレガンス」なんて28番車にとっては、まぁこれほど縁遠い言葉も世の中にそう無いのではないか?!てなモンで、ソチラの世界については全く疎いことこの上なしではありますが、何はともあれ「おめでとうございます!」ということで、相変わらずの爆音轟きタイヤかす飛び散る世界からのお祝いとさせていただきたく・・・なんてタマにはテキに塩を送っておく?!

| | Comments (4) | TrackBack (1)

ある日作成しようと思ったから・・・

Nekonikoband
だから「RCサクセション」・・・なんて冗談を真顔で信用するほど多感だったあの頃。
それまで洋楽一辺倒だったイガグリ坊主が、完全にぶっ飛ばされた久保講堂のライブ盤。そのカッコよさにあこがれるあまり、ド派手なメークをマネして学校の文化祭で演奏してしまった(↑)・・・なんて経験を持つのは自分だけじゃないハズ。
思い出のナンバーの数々・・・強いてひとつ挙げるとすれば、この曲(↓)にはこれまで何度励まされたことか・・・。これまた世代を問わず、皆それぞれにとっての名曲があるハズ・・・ですよね?
それにしてもよりにもよって喉頭癌だなんて・・・。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

ホイールスペーサー

Wheelspacer
取り出しましたる各種ホイールスペーサー。
今回のオーバーフェンダー装着に合わせて、特注でこしらえていただいた写真左側のものが2種類と、大昔にロメオの大先輩Tさんが使っていた「お下がり」が一組。さらには仮合わせ用の汎用スペーサー数枚も動員しつつ、外観のバランスも考慮の上、フロント・リア共にとりあえずは当面の叩き台となるトレッド寸法を出してしまおうという魂胆。
深夜の賃貸ガレージにて一人、ガレージジャッキをギッコンバッタン。その度によっこらしょとタイヤ&ホイールを外しては着けてみてと、狭っ苦しい中、無理な体勢でのジミ~な作業の繰り返し・・・。
結構腰に来るわ・・・これ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

ハチロクと聞くとツイ・・・

Ae86book
仕事柄、ゴールデンウィークのこの時期は毎年恒例の休日出勤続き。ササヤカな楽しみは休憩時間の立ち読みぐらいなモンで、そんな折ツイツイ手に取って購入してしまうのが、↑のような所謂「ハチロクもの」。
ご存知トヨタAE86、通称ハチロクといえば、最早旧車の域に入りつつある身ながらも、いまだ現役にて滅法速いリジッドアクスルのFR車輌ということで、少しでも参考にできるネタはないものかと・・・。自分にとっての速いハチロクはゼッタイにケツを流さない。セントラルサーキット、山の上のフルターンで見たあのトラクションかかりまくり、リアバンパーを路面にコスリつけるようにして立ち上がっていくコーナーリングフォームは正に28番車の理想とするところ。
「目指せ!イタリアのハチロク!!」・・・なんて言ってたら、「ほなハチロクでやれや!!」という至極モットモなツッコミの声も聞こえてはくるものの、そこは「勝てるクルマ」より「好きなクルマ」を優先してしまう悲しいサガ・・・。
根っからの天の邪鬼体質は昔っから変わっておらんようデス・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« April 2009 | Main | June 2009 »