« 2009 GSSジャンボリー IN SUZUKA Rd.2にエントリー | Main | タマには楽器を引っぱり出して・・・(その2) »

ヨメグルマ「ファミリア」修理完了

Familiasport20
先月の追突事故の修理を終え、ヨメグルマ「ファミリア」が昨日ほぼ1ヶ月ぶりに我が家に帰還。
当初はモノが決して新車でも高級車でもないクルマのトランク部分がほぼ無くなるほどの損傷ということで、修理費用>車輌査定額となる所謂「全損扱い」になってしまわないかと心配していたものの、修理をお願いしていた「プロバメカニカ」Kやんのおかげでなんとかセーフ。とは言え全損になるか否かの判断はギリギリの線だったらしく、アシが出そうな工賃部分については「形見のクルマやからナントカ直したって!!」と出入りの板金屋さんも含めて泣いてもらったそうで・・・こちらが何も言わずとも気心知れた間柄、ホントありがたいことデス。それでも同じ程度のファミリアだと、ウチの「スポルト20」というグレード以外で今回の修理内容なら、コレはもう確実に「アウト」だったとのことで、奇しくも排気量2リッター仕様のホットバージョンを選んでいた生前のオフクロの判断が幸いしたような次第。
「それにしてもあのリアバンパーの下に付いてるスカートみたいなヤツ、アレだけで7万もしよんねんで!板金屋もビックリしとったわ。」とKやん。
本当に何かとお世話になりました。これからも家族で大事にしますですハイ・・・。

|

« 2009 GSSジャンボリー IN SUZUKA Rd.2にエントリー | Main | タマには楽器を引っぱり出して・・・(その2) »

Comments

無事なおってよかったですね。
あとは奥様のほうですね。こっちは見た目ではわからないので大変でしょうが、くれぐれもお大事に・・・

ところで送っていただいた用紙で20日にエントリーするつもりです(家内はまだ流動的)
タイヤが050しか無いのでそうするつもりですが、はたして吉と出るか凶と出るか・・

Posted by: 白猫#35 | August 29, 2009 at 09:36 PM

大事な母上の形見のクルマ、無事復帰で何よりですね。

それにしても、母上はスポーツカー好きだったのか、はたまた走り屋であったとか?

なんとも心温まるお話しです。

Posted by: 藤崎 | August 30, 2009 at 06:44 AM

白猫#35様
運転手はいまだ通院加療中でして、こちらにつきましては今は何よりも根気が肝心かと・・・。
自分も恐らく来週の鈴鹿走行会で手持ちのA048Mコンはお役御免、20日のユーロからA050の投入となりそうです。
共に人身御供となりましょうゾ。

藤崎様
おかげさまでナントカ全損は免れました。
母親は特に車好きというわけでも、トバす人でもありませんでしたが、こと「運転好き」ということに関しては自分は間違いなく母親譲りなのだと思っています。あちこち走り回るのには、取り回しのいいサイズに大きめのカマのエンジンを載せたクルマがよかったのでしょう。確かにコレ、サイズの割には長距離がラクです。

Posted by: 28ばん | August 30, 2009 at 03:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54708/46060065

Listed below are links to weblogs that reference ヨメグルマ「ファミリア」修理完了:

« 2009 GSSジャンボリー IN SUZUKA Rd.2にエントリー | Main | タマには楽器を引っぱり出して・・・(その2) »