« September 2009 | Main | November 2009 »

October 2009

今年も走った「フェラーリのF1」

Ferrarif12
先日のチャオイタリアでの目玉イベントは、昨年と同じくフェラーリのF1によるデモ走行。
狭いセントラルサーキットとはいえ、本物のF1マシンが例のカン高いエキゾーストノートと共に目の前を走り去る様をこれほど間近に観られる機会はそうは無いとあって、「出る側」の自分たちにとっては事前に高いエントリーフィーを支払った上、さらに朝イチ入場ゲートで徴収されるという、どうにも納得のいかない金二千円ナリのサーキット入場料も、コレを目当てに来られた「観る側」の方々にとってはナカナカのお値打ち価格なのカモ?
ただ2回に分けて行われた今年のデモ走行のうち、1本目はイマイチ調子が出なかったのかやや大人しめの「徐行運転」。おかげで素人撮影でもシッカリ画面内に収まりました(↓)。
Ferrarif13

| | Comments (3) | TrackBack (0)

アルファロメオチャレンジ関西2009 Rd.4にエントリー

Arc20082
来る11月3日(祝)、岡山国際サーキットにて開催のアルファロメオチャレンジ関西2009第4戦にエントリー。早いもので今年の関西アルファチャレンジもこれにて最終戦ということで、28番車にとってもこのレースが2009年度岡山国際サーキットの走り収め。どうか次戦につきましても実り多き納得の本年度岡山国際ラストランとなりますように・・・。
なんて言ってたら、数日前から右肩あたりがにわかに痛み出し、しまいには右腕が肩から上に全く挙がらんという事態に・・・。コリャたまらん!と慌てて駆け込んだ近所の診療所にて一通りの処置をしてもらっての帰り際・・・
「お世話になりました。で、コレってやっぱし所謂四十肩ってヤツっすか?」
「そ、五十肩
なんでそこ訂正やねん・・・。
50gata

| | Comments (3) | TrackBack (0)

ようこそ行列のワンダーランドへ!!「場所取り」なのだよ人生は・・・

Disneyland
先週末は、ヨメコドモのお供で「東京ディズニーランド」。
日頃の罪滅ぼしになるやならずや、出し物・乗り物の類にはとりたてて興味の無いおやじは専ら、「順番待ち&場所取り係」として日がな一日を過ごしにけり・・・。
「おとーさん!そこ!座っとって!!」
「はいはい」
「おとーさん!はいソコが列の最後尾!よろしく!!」
「ホイきた」
てな具合で、暇つぶしの新聞片手に、まぁいつもの「早朝パドック争奪戦」に比べりゃ気楽なもんよ。
そんなこんなで初日は終了・・・ココで任務完了のおやじは一人、ヨメコドモをホテルに残し、経費節減のため夜行バスにて一足お先に失礼つかまつる。
さもなくば大切なオマンマのタネ、「人生の場所取り」から弾き出されかねませんので・・・。
Highwaybus

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Ciao Italia 2009決勝車載映像

Autospecgtam2
先週末行われたチャオイタリア2009「PIRELLI CUP イタリアンクラシックカーチャンピオンレース」の決勝スタートから4周目半ばの赤旗中断までの車載映像(↓)。
この日は予選3番手、2列目アウト側グリッドから。スタート用電光板故障のため、急遽メインポストからの旗の合図で始まった今回の決勝レース(・・・とか言いつつ実は去年もそうだった!)、前を行く予選2番手スタートの「ASアルファ」(↑)I選手に懸命に喰らいついていく序盤戦。ここからはとにかく頑張ってワンミス圏内に踏みとどまりつつ、スキあらば・・・なんて画策する間もなく、4周目の途中で突然の赤旗提示(正確には電光表示板の赤色点灯)。この時すでに規定の周回数を消化しており、よって直前の3周目終了時点での順位を正式結果としてレースは成立。
こ、これからやったのに・・・なんて嘆いてみたところで、これもまたレース。でもそんなウップンも、その日走り足りなかった分だけ、大きな大きな週末のタラレバ話にして昇華してしまえるというのもコレ、おやじサンデーレーサーならではの特権というヤツなのやもしれません・・・。
<

| | Comments (6) | TrackBack (0)

チャオイタリア2009 お疲れ様でした

Alfettagt5
当たってヨカッタ天気予報!!前日の大雨から一転、朝イチから快晴のお天気に恵まれた「チャオイタリア2009」は一昨日無事終了。お疲れ様でしたー!
今回の「PIRELLI CUP イタリアンクラシックカーチャンピオンレース」の総合優勝は「オートコニサーアルフェッタ」のIトー君(↑)。予選では1分32秒875というダントツのポールタイムを叩き出しての昨年に続くチャオイタ・クラシック2連勝、おめでとうございます。
続く総合2位には「ASアルファ」のIさんが入り、予選3番手スタートの28番車はさらにその後方、総合第3位にて無事完走。残念ながら今回の決勝は僅か3周余りで赤旗中断となってしまったとはいえ、これもまたレース。お楽しみの続きはまた次回ということで・・・。
ともあれこの日は年に一度のイタ車のお祭、短い時間ながら普段なかなかお目にかかれない方々と、ご挨拶させていただけたのも「チャオイタ」ならではの収穫のひとつ。さらにパドックでは、いつものタイヤやオイルならぬ、焼肉の焦げる香しい匂い・・・・てなワケで、お昼は「オートコニサー」チームの大BBQ大会にお邪魔虫。部外者の身にもかかわらず、たらふく御馳走になってシマイマシタ・・・。
ま、勝ったんだから、そこら辺は大目に見てね!Iトー君!!
28ciaoitalia2009

| | Comments (8) | TrackBack (0)

明日はチャオイタリア2009

Ciaoitalia20085
いよいよ明日10月18日(日)は、セントラルサーキットにて「チャオイタリア2009」。
主催者ツーアンドフォー発表のエントリーリストによると、今年の「イタリアンヒストリックカーチャンピオンレース」はほぼ昨年並みとなる総勢25台のエントリー。その中で年式・排気量・改造度別に細かくクラス分けがなされており、28番車の属する’64~’70年式で排気量1601cc以上の改造車輌による「BS-3」クラスでの参加は、今回はナント自分1台のみ。車種をジュリアクーペに限れば、ココはエンジン換装の段付き、もしくは1750GTVのクラスで、一般的には人気の高いとされる段付きやイチナナも、こと実戦を走る車輌となればその数は案外少ないのデス。
コレで完走即クラス優勝ダ・・・なんてしょーもない冗談はさておき、気になる兵庫県南部地方の明日のお天気は「晴れ・降水確率0%」と現時点では願っても無い予報・・・とか言いつつ、今晩は雨というのがヒジョーに気になるが・・・予報の時間ズレが無いことを切に祈る・・・。
ともあれ明日も楽しいレースで、どうか無事に帰ってこれますように!!

| | Comments (5) | TrackBack (1)

ポイントカードの意外な効用

Nob
ここ数年サーキットのお供として愛用中ルーフキャリアの取付ネジを先日うっかり潰してしまい、補修用部品の有無を問いあわせに購入店である近所の「オートバックス」に出向いた時のこと。
ねじ切れた部品を店員さんに示して「ここだけのサラの部品って出ますかね?」と訪ねてみたところ、「そうですね~、メーカーさんへの問い合わせになるんですが・・・お買い上げの品番とか分かります?」ときた。
「ゴメン、かなり前に買うたヤツやし、そこまでは分からんわ」と答えたところ、
「そうですか・・・ポイントカードをお使いでのご購入でしたら・・・・」と、おもむろにレジの端末を操作する担当店員氏・・・ほどなく「あ、こちらでお買い上げのようですね!・・・でしたら品番もこちらで確認できますので、すぐにメーカーに問い合わせてみます。」とのこと。・・・てな具合で、めでたく数日後には↑の部品が手元に届き、無事メデタシメデタシと相成った次第。
それにしてもポイントカードをこしらえておいたおかげで意外な恩恵が受けられた反面、大手量販店における顧客管理の緻密さの一端を垣間見たような一日でもアリマシタ・・・。
Pointcard

| | Comments (2) | TrackBack (0)

パドック便利グッズ

Padockgoods
毎回200台近くの参加車輌が狭いセントラルサーキット内でひしめき合うユーロカップのパドック。そんな中、限られたスペースを少しでも有効利用すべく最近購入したのが↑の折りたたみ式ベンチ。実はコレ、以前お隣のパドックで同じ旧車ロメオの「たびお」さんが持ち込まれていたの見かけて、早速マネさせていただいたモノ。広げると結構な場所を取る割には一人しか座れない通常の折りたたみ椅子とは違い、このタイプのベンチだと仲間内の誰でもが、どちらの方向からでも腰掛けられるし、また座面下のスペースも荷物置場として有効に利用できるという、狭苦しい中でもナカナカに使える便利モノ。さらに撤収時にはコンパクトに折りたたんで付属の専用バッグに収納できるというのも、自車の乏しい積載能力をギリギリまでやりくりしなければならない自走参加派にはウレシイ機能。
お値段も3千円チョイとお手頃・・・ホームセンターの特売日が狙い目デス。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

それぞれの連休中日

Gta28
10月の3連休ド真ん中の日曜日。恒例のチャオイタ前点検作業が完了した28番車の回収に、これまたこの時期恒例の休日出勤の間隙をついて、いつもお世話になっている「柳原メンテナンス」へ・・・。
ハッピーマンデーの明日は、関西の老舗ロメオクラブ「Bomba Rossa」さん主催のイベント「Alfa Carburatori +GTA registry」ということで、当日持ち込む予定のGTAにお化粧仕上げのワックスがけ中の柳原Jr.。会場は滋賀県立琵琶湖博物館駐車場とのこと。
明日は気をつけていってらっしゃ~い!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

チャオイタリア2009にエントリー

Ciaoitalia20084
来る10月18日(日)、兵庫県はセントラルサーキットにて開催の「Ciao Italia 2009」にエントリー。
毎年秋の恒例、関西発のイタリア車のお祭りイベントとしてココのところすっかり定着した感のある「チャオイタ」も、’94年の初開催から数えて早いもので今年で15回目。その間、ナンダカンダ言いつつもほぼ皆勤賞の28番車、我ながらよぉヤルわ・・・。
さて今年はいかなるレース模様が繰り広げられますことやら!?まずは当日の好天を祈念いたしまして・・・。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

即席ベスパ試乗会(その2)

Vespapx200e
先日のユーロカップ・クラシックカーレースの終了後、パドックの後片付けも済ませて、後は他カテゴリーのレースなどを観戦しつつ、仲間内でノンビリ過ごしていた時のこと。
この日はシルバーウィークの二日目ということで、渋滞知らずの愛車「ベスパPX200E」で応援に駆けつけてくれたNさんから、「ココやったら免許も関係ないし、よかったらチョット乗ってみはります?」なんてお言葉をいただき、セントラルサーキットのパドックにて即席のプチ試乗会。
以前乗せていただいたスモールボディのクラシックベスパと違い、今回は所謂ラージボディのPシリーズということで、跨った瞬間は「うわ!でかっ!重たっ!!」なんてちょっとビビってしまったものの、セルモーターでエンジンは一発始動。で、実際に走り出してしまえば、その大きさがもたらすドッシリとした安定感に、クラッチなどの各操作系の軽さも相まって、むしろ運転はラージの方が全然ラク。イヤハヤこりゃスモールとはマッタク別の乗り物だわ・・・なんて感心したようなコト。
ついさっきまで「コレで高速道路はシンドかったでしょう?!」なんてオーナーNさんに言ってたのは、ワタシの認識不足デシタ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

使ってみました「A050」

A0501
今まで長年馴れ親しんできたSタイヤ、ヨコハマADVAN「A048」の28番車に適合するサイズ&コンパウンド設定がついに生産中止ということで、先日のユーロカップから初めて実戦投入してみたその後継版、ヨコハマADVAN「A050」の使用初期状態での印象など・・・。
まず一番に気になる肝心のグリップ力については、これまでとほぼ同等レベルが確保されてはいるものの、その配分を従来の「A048」に比べてやや縦方向重視に振っているような印象。長年の使用による「慣れ」の部分も多々あるとはいえ、パッと乗ってみたところでは「こりゃどうにもゴマカシが効かんなぁ・・・」といった感じで、舵角の入れ方やライン取りのイメージに若干の修正が必要かも。
ただ、連続走行による熱ダレに関しては現時点ではかなりマシになっている模様。後は賞味期限切れ間近でおこる、あのソッコーでグダグダにタレてしまう点にも、改善の手が及んでいることを切に祈る・・・。
で、グリップに次いで気になる摩耗の進み具合は↓のとおり。
セントラルサーキット、ドライ路面での予選・決勝各10周づつ、都合20周走行後のトレッド面のアップ。因みに製造年月日は「2009年第11週」生産分デス。
以上ご参考になりますれば・・・・。

追記:同じA050への乗換え組繋がりで、コチラにトラックバックさせていただきました・・・チト旧い情報デスガ・・・。
A0502

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ガレージ前にて・・・

Garage5
先月の連休最終日の昼下がり、いつものごとくガレージ前にてレース後の片付け作業に勤しんでいた時のこと。
ふと気付けば、こちらに向かって全力疾走で走ってくる小学校高学年くらいの男の子が一人。何事かと見ていると、駆け寄った28番車にピタリとはりつき、熱心に運転席を覗きこんでいたかと思うと、出し抜けに・・・
「あ、28番って書いてる・・・おっちゃん、コレ何?」
「えっ?あ、あぁ・・自分が今着てるサッカーのユニフォームにも背番号があるやろ?28はこのクルマの背番号なんや。」
「ふ~ん・・・あ!今日はな、親戚のトコ遊びに来てんねん!ぼくホンマは京都やねん!!だからコレ京都サンガのユニフォームやねん!!」
「へぇ!?そうなんや・・・で、自分はクルマ好きなんか?」
というコチラの問いには答えず、向こうの方から聞こえてきた、恐らくはその彼の親戚であろう子供の声に呼ばれ、またさっきと同じように一目散に走り去っていく元気な後姿をなんとなく目で追いつつ・・・。
「若者のクルマ離れ」なんて言われて久しい昨今、タマにはこんなコトもあるような今日この頃でありマス。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Fiat 500 Abarth Asetto Corse

Abarth
Abarth2
先日参加したユーロカップのパドックで見かけた「フィアット500 Abarth Asetto Corse」。
以前「素」の新型フィアット500を初めて目の当たりにしたときは、事前の期待とはウラハラにいまいちピンと来なかったのが、このテの仕立てとなるとサスガは本場イタリア仕込み。所謂カップカーならではの抜群の仕上げの美しさも相まって「うわっ!カッコええ・・・コレやったら文句なく欲しいワ・・・」なんて、その場に居合わせた仲間内一同のオヤジゴコロをワシづかみ。
因みに世界限定僅か49台のうちの1台ということで、お値段の方も「えっ!?マジで?」と思わず聞き直した、ベース車輌の数倍ともなる堂々の7ケタ後半。
げにオソロシキは蠍の魔力なり・・・。
Abarth1

| | Comments (5) | TrackBack (0)

« September 2009 | Main | November 2009 »