« ガレージ前にて・・・ | Main | 即席ベスパ試乗会(その2) »

使ってみました「A050」

A0501
今まで長年馴れ親しんできたSタイヤ、ヨコハマADVAN「A048」の28番車に適合するサイズ&コンパウンド設定がついに生産中止ということで、先日のユーロカップから初めて実戦投入してみたその後継版、ヨコハマADVAN「A050」の使用初期状態での印象など・・・。
まず一番に気になる肝心のグリップ力については、これまでとほぼ同等レベルが確保されてはいるものの、その配分を従来の「A048」に比べてやや縦方向重視に振っているような印象。長年の使用による「慣れ」の部分も多々あるとはいえ、パッと乗ってみたところでは「こりゃどうにもゴマカシが効かんなぁ・・・」といった感じで、舵角の入れ方やライン取りのイメージに若干の修正が必要かも。
ただ、連続走行による熱ダレに関しては現時点ではかなりマシになっている模様。後は賞味期限切れ間近でおこる、あのソッコーでグダグダにタレてしまう点にも、改善の手が及んでいることを切に祈る・・・。
で、グリップに次いで気になる摩耗の進み具合は↓のとおり。
セントラルサーキット、ドライ路面での予選・決勝各10周づつ、都合20周走行後のトレッド面のアップ。因みに製造年月日は「2009年第11週」生産分デス。
以上ご参考になりますれば・・・・。

追記:同じA050への乗換え組繋がりで、コチラにトラックバックさせていただきました・・・チト旧い情報デスガ・・・。
A0502

|

« ガレージ前にて・・・ | Main | 即席ベスパ試乗会(その2) »

Comments

14インチ派にはもう選択肢がないのでしかたないですなぁ。
岡山走っていないので何とも言えませんが、僕のアジャストできる範囲であることを祈ります。
減り具合はタイムと反比例、それも二次曲線的にするみたいですね。#35はこんなには溶けていないような・・汗)

Posted by: 白猫#35 | October 06, 2009 at 07:21 PM

少なくとも「箸にも棒にもかからない」なんてことにはならず、内心ホッとしております。
確かに減り具合とラップタイムは、ある程度のバーター関係があるのやもしれませんね。(→ http://no28.cocolog-nifty.com/no281750gtv/2008/07/post_8cb6.html
ならばこの日は条件もよくサラ一発目とくれば、できれば34秒台が欲しかった・・・なんて運転手のコトは棚に上げゼータクなモンです・・・。

Posted by: 28ばん | October 06, 2009 at 11:19 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54708/46397638

Listed below are links to weblogs that reference 使ってみました「A050」:

« ガレージ前にて・・・ | Main | 即席ベスパ試乗会(その2) »