« November 2009 | Main | January 2010 »

December 2009

2009年度 全リザルト

Result2009
2009年もアッという間にもう大晦日・・・ということで、今年の締めくくりもヤッパリ大晦日恒例、「今年度28番車全リザルト」をつらつら書き連ねるコトで今年一年をシミジミと振返りたく・・・・。
この一年も「オヤジサラリーマンの草レース的生活」にお付き合いいただき、本当にありがとうございました。またよろしければ来年も引き続き変わらぬご愛顧のホド、何卒ひとつよろしくお願い申し上げます。不景気、不景気と何かとタイヘンな昨今ですが、来る2010年もどうか皆様にとりまして良き1年でありますように・・・。
では今年はこの辺で・・・どうぞ良い年をお迎えください!!

ユーロカップ2009 ユーロ&ジャパンクラシックカーレース 第1戦
2009年3月15日 セントラルサーキット(ドライ)
T-2000クラス 予選2位(2) 1’35.038  決勝2位(2) BT 1’37.243

アルファロメオチャレンジ2009関西 第2戦
2009年5月10日 岡山国際サーキット(ドライ)
HSRクラス 予選1位(4) 1’55.622  決勝1位(3) BT 1’55.516

ユーロカップ2009 ユーロ&ジャパンクラシックカーレース 第2戦
2009年5月31日 セントラルサーキット(ドライ)
T-2000クラス 予選2位(3) 1’35.688  決勝2位(3) BT 1’35.838

アルファロメオチャレンジ2009関西 第3戦
2009年7月26日 岡山国際サーキット(ウェット)
第1ヒート
HSRクラス 予選PP 2’11.851  決勝1位(12) BT 2’19.532
第2ヒート
HSRクラス 予選1位(12) 2’19.532  決勝1位(2) BT 2’14.938

2009 GSSジャンボリー IN SUZUKA 第2戦
2009年9月6日 鈴鹿サーキット・フルコース(ドライ)
クラスA BT 2’46.053

ユーロカップ2009 ユーロ&ジャパンクラシックカーレース 第3戦
2009年9月20日 セントラルサーキット(ドライ)
T-2000クラス 予選3位(3) 1’35.157  決勝5位(6) BT 1’36.296

チャオ・イタリア2009 クラシックカーチャピオンレース
2009年10月18日 セントラルサーキット(ドライ)
BS-3クラス 予選1位(3) 1’34.643  決勝1位(3) BT 1’34.654

アルファロメオチャレンジ2009関西 第4戦
2009年11月3日 岡山国際サーキット(ドライ)
HSRクラス 予選1位(5) 1’54.060  決勝1位(6) BT 1’54.914

ユーロカップ2009 ユーロ&ジャパンクラシックカーレース 第4戦
2009年11月23日 セントラルサーキット(ドライ)
T-2000クラス 予選5位(5) 1’38.058  決勝4位(4) BT 1’34.735

※カッコ内は総合順位 BT→BEST TIME FL→FASTEST LAP

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2009年 28番車の○と×

Ciaoitalia20094
2009年も残すところ後2日ということで、ブログ開設当初から大晦日前日の恒例としている「28番車 今年の○と×」も本年をもって早6回目。我ながらよくもまぁここまで続いたものよ、と半ば呆れつつ・・・でも今年もいってみよ。

「無事に行って、無事帰る。」今年28番車で参戦した全てにおいて無事完走を果たせたこと。
ユーロカップの4戦フルエントリーにアルファロメオチャレンジ関西を3戦、さらにはチャオイタリアと鈴鹿走行会も含め、合わせて9回に渡るサーキットでのキッタハッタの全開全負荷走行を、ほぼ全くのノントラブルで戦い抜いてくれた28番車。改めて思い知るのは旧車ロメオのタフネスぶり、それに加えて今年も常に先手先手の点検整備で未然にトラブルの芽を摘んでいただいた「柳原メンテナンス」の技術力の確かさよ。
さらに今シーズンの新展開として、十数年ぶりに「鈴鹿フルコース」を体験できたこと。
いまだおっかなびっくりとはいえ、やっぱりココは最高にシビれるサーキットであることを再確認。今後とも28番車の「チカラ試しの場」として、できれば年に1度は「スズカ詣で」・・・欠かしたくないところデス。

×
自分をこの世に産み落としてくれた人との永遠のお別れ
思えばあのバタバタから8ヶ月・・・なんだかツイこの前のような、はたまたずっと昔の出来事だったような・・・。
「アンタら高速出口に近いほうが来るときに便利やろ?せやからココにしたんよ。」なんてコッチの知らん間にチャッチャと自らで購入を決めていたお墓に今は眠るオフクロさんよ。「親孝行、したい時には・・・」てのはアレはホンマの話だわ。

以上、この不景気の最中、一介の安サラリーマンにとって甚だ過分なアソビを今年もナントカ続けられたのは、この一年間ご迷惑のかけ通しだったにもかかわらず、常に何かにつけて励まし助けていただいた暖かい周りの方々、そしてモチロン自分のモチベーションに火を灯し続けてくれたニックキ競争相手&ライバルの皆様のおかげ。
「今年も本当にお世話になりました。」・・・ホント毎年のことながら、年の瀬はやっぱりこの一言に尽きるのでアリマス。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ラストラーダカップ2009第4戦 お疲れ様でした。

Alfa145
厳しい冷え込みに見舞われつつも空はカラリと晴れ渡るという、絶好のサーキット日和に恵まれた昨日のラストラーダ走行会。
先ずは一度とりあえず転がしてみるということで持ち込んだアルファロメオ145は、やはりここ数年ずっと動いていなかったことが祟ったか、朝イチ走りだし早々からのブレーキのジャダー、さらにその後のエンジン不調も重なり、残念ながらフリー走行2本目の途中にてリタイヤ。コレ一重に年末の忙しい時期にもかかわらず、無理をいって145を借り出してきた自分のアサハカさが招いた結果ということで、ある程度のトラブルは事前に見越した上で「それやったら今回は積載車を借りて行きなさい。」との助言を添えて送り出してくれた「柳原メンテナンス」おとーさんのありがたさが身に染むサーキットからの帰り道。
やはり生半可な気持ちだと、その分後でしっかりしっぺ返しを喰うというコトであります・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今年もお疲れ様でした!

Bounenkai
昨夜は毎年年末恒例の「柳原メンテナンス」有志一同による忘年会。
またまた今年も工場事務所スペースをご提供いただき、美味しい焼肉や蒸し牡蠣などをいただきつつ、いつものメンバーのワイガヤ話で深夜まで・・・。
ともあれ今年も1年お疲れ様でした!!・・・・とか言いつつ、自分は明日あと1回ダケ走ってきます。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

重量級?軽量級?

28arc20061
事あるごとに日々セコセコと軽量化に勤しんできたとはいえ、各部にわたって何かと造りのごっついアルファロメオ・・・てなワケで28番車の車重は900kgを若干下回るくらい。このくらいの重量だと各国旧車混走となるユーロカップのクラシックカーレースでは、排気量もほぼカテゴリー最大の2リッターということもあって28番車は完全なヘビー級ファイター。
それがトコロ替ってアルファロメオチャレンジ関西になると、その時のエントリー状況によっては排気量3.2リッター、車重は1トンを遥かに超えるという現行バリバリのFFアルファ勢との混走になったりして、こうなると今度はコッチが完全なライトウェイト・スポーツになるワケで正に「相手変われど主変わらず」、その時々の立場での全く様子の違ったレース展開が堪能できるという意味では、一粒で二度美味しい?なんちって・・・。
重量級?軽量級?どちらの気持ちもよ~くワカリマスですハイ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

La Strada Cup 2009 Rd.4 にエントリー

来る12月28日(月)、岡山国際サーキットにて開催の「ラストラーダカップ2009第4戦」にエントリー。
コチラの走行会の特徴はフリー走行、タイムアタックに模擬レースと30分×4本で合計2時間ガッツリ走りこめるというところ。年末も押し迫ったこの時期、そないなハードな走行会に敢えて休みを取ってまで走りに行くというのには、実は少しダケ考えがあってのコト・・・ということで、今回サーキットへ持ち込むのは「柳原メンテナンス」さんちのアルファロメオ145。
ただよく考えてみれば「年末のド平日にサーキット」という我が家では神をも畏れぬ暴挙にも当たる今回の行為は、当然のことながらウチの山のカミの逆鱗に触れるワケで、「仕事ならまだしも、冬休みの子供を放っぽらかしてオドレだけ遊びに行くんかいや!エエ加減にせよ!コラ!!」との至極真っ当なお叱りをいただいたような次第。
寒波襲来のこの時期、家の中にも寒風が吹きすさぶ今日この頃でアリマス・・・。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

年末風景

Lightup1
歳末の夜ともなると、やたらとあちこちで電飾が輝きだすようになったのは、アリャ一体いつ頃からのコトだったっけ・・・なんて思いつつの仕事帰り、日頃の運動不足解消のためテクテク歩く大阪は本町御堂筋界隈。
ご多分にもれず、この時期この辺りでも「御堂筋イルミネーション」とかなんだそうで、道行くサラリーマンの群れに混じって本格的に三脚を据え、煌びやかな夜景の撮影に勤しむ年配のアマチュアカメラマンと思しき姿が多数あり。
淀屋橋を過ぎるあたりで、「きゃぁ~カワイイ!!」なんて嬌声に思わず振り返ると、↓の「電飾NAロードスター」をバックに仲間同士でケータイ記念撮影中のOLさんらしきご一行。
お嬢さん、ソレ昼間見たらショボイぞぉ・・・。
Lightup

| | Comments (0) | TrackBack (0)

147とジュリエッタ

Alfa147ts
「いつもオヤジがお世話になってます!」なんてチョット意外なお声を、先日の「2009フロムセブンミーティング」会場にてかけていただいたのが、↑のアルファロメオ147で来られていたTさん。
実はそのお父さんが、今シーズンから↓のアルファロメオ・ジュリエッタスプリントで、28番車と同じ「チャオイタリア」や「ユーロカップ」のクラシックカーレースにエントリーされている繋がりということで、当の息子さんとはこの日が初対面。コチラも現在、愛車147TSで「アルファロメオチャレンジ関西」に参戦中とのことで、親子でお互いの世代のアルファロメオを駆って、片やロメオチャレンジ、片やクラシックカーレースと新旧それぞれのカテゴリーでレースを楽しむ・・・なんてことができるのも、コレまたアルファロメオならではの魅力のひとつではないかと考えるような次第。
で、そのTさん、来る12月27日(日)富士スピードウェイにて開催の「アルファロメオチャレンジ2009全国統一戦」の「AR150-3」クラスに参戦予定とのこと。
サスガ若者はフットワークが軽い!関西からはチト遠いけど、気をつけてガンバッテきてね~!!
Giuliettasprint

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ささやかなご褒美

Champsticker
先日送られてきた「アルファロメオチャレンジ2009全国統一戦」への参加案内に同封されていた、チョット嬉しいステッカー(↑)。
とはいえARC関西シリーズの舞台である岡山国際サーキットでの1分54秒台という今年の28番車のベストラップを軽く上回るタイムを叩き出すヒストリックアルファロメオは、ザッと思いつくだけでもそりゃもうゴチャマンといるワケで、コレもひとえに今年もナントカただひたすら愚直にサーキットへ通い詰めることができた結果というコトで・・・。
「シリーズチャンピオン」なんていえば聞こえはいいケド、そういった意味ではむしろ「皆勤賞」の方がふさわしい呼び方なのカモ。でもそれこそが自分の唯一の持ち味と、我ながら臆面もなく自負するモノでありマス・・・。
Arc20092

| | Comments (5) | TrackBack (0)

ムルティプラの狼!?

Multipla
先日の「2009フロムセブンミーティング」で見かけた、往年のスーパーカーブームを知る世代にとってはお馴染みのカラーリングが施されたフィアット・ムルティプラ。さらにボンネットにはアノお約束の撃墜マーク(↓)までが再現されており、さしずめ「ロータスの狼」ならぬ「ムルティプラの狼」といったところ!?
確か以前聞いたところによるとこのムルティプラというクルマ、最大の特徴である横並び3人掛け乗車という座席配置がもたらすワイドトレッドのおかげもあってか、そのユーモラスな見かけによらず抜群の旋回性能を発揮するコーナーリングマシンとしての一面も持つのだとか・・・。そういった意味では実は密かに本家であるロータスヨーロッパと相通ずる部分もあったりして・・・。
ともあれこの日会場に集まった多数のフェラーリやポルシェといったスーパーカーのライバルたちに混じって一際異彩を放つ、痛快にシャレの効いた「狼」を拝見させていただきました。
Multipla2

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ACC(赤提灯)ライブ2009 お疲れ様でした

Astrohall
一昨日行われた年末恒例のライブイベント「第8回 ACC(赤提灯)ライブ2009」は、今年も盛況にて無事終了。お疲れ様でしたー!!
当日お世話になりましたスタッフの方々、また今回のライブイベントの成功に向け日々ご尽力された関係者の皆様方におかれましては、またしても楽しい時間を過ごさせていただき本当にありがとうございました。また練習不足も甚だしい自分を今回も起用してくれたバンドのメンバーには、今年は特にご迷惑をおかけしてしまいスミマセンでした。ブランクも20年を超すと、サスガに付け焼刃なコトでは最早ゴマカシすら効かなくなっているという現実を今更ながら痛感したような次第・・・次回こそ精進イタシマス。
・・・てなワケで2年ぶりの「おのぼりさん」気分満喫だった今週末、↓はリハ終わりで買い出しに出た土曜日の夕刻、会場の原宿「アストロホール」(↑)向かいの明治通り沿いの光景。
いつ来ても思うけど、それにしても東京というのはナント人の多いトコロだ・・・。
Harajyuku

| | Comments (2) | TrackBack (0)

明日は第8回 ACC(赤提灯)ライブ2009

Ichiyazuke
いよいよ明日12月12日(土)は自身2年ぶりの「おのぼりさん」ということで、年末恒例のライブイベント「第8回 ACC(赤提灯)ライブ2009」参加の為、楽器担いで東京・原宿のライブハウス「アストロホール」まで。
一昨年の前回出演時と同じく、今回のお題も学生時代のバンドの再結成企画モノ。果たして今年はどんな演奏になりますことやら・・・。
その前に先ずは一夜漬けの個人練習からダ・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ようやくお会いできました。

Fiat5003
当ブログをご覧いただき、しばしばコメントをいただいたこともある方々と、実際にお会いしてお話させていただく機会に恵まれるというのも、イベント参加の楽しみのひとつ。・・・というワケで、先日の「2009フロムセブンミーティング」会場にてお声をかけていただけたのが、↑のフィアット500でお越しになっていた山田さん。この前の「雨のイタジョブ2009」(↓)では生憎すれ違いに終わっていたので、今回が初のご対面と相成ったような次第。
で、早速以前のお住まいがウチの近所ということで地元ローカル話に花咲かせたり、お互いのクルマにハマる意外なキッカケなどなど・・・その節は何かと楽しくお話させていただきマシタ。さらに来シーズンからはサーキット走行デビューも考えておられるという、コレは慢性的若手不足に悩む我らヒストリックカーレーサーにとっては何よりも嬉しいオハナシ。
次回はセントラルサーキットのパドックでお会いできるカモ・・・ですね!!
Fiat5004

| | Comments (2) | TrackBack (0)

フレイザー FC-4

Fraserfc4
この先サーキットからアシを洗ったら乗ってみたい候補のひとつ・・・・とか言いつつ、その現物にはいまだお目にかかったことがなかった「フレイザー FC-4」を、先日の「2009フロムセブンミーティング」会場にて発見。
自分のようなシロウト目にはパッと見「他のセブンに比べれば一回り小さいかな?」くらいしか違いのわからないこの所謂「ニアセブン」最大の特徴は、何と言っても正真正銘の「軽自動車」であるということ。つまりナンバー付車輌では当然避けては通れない、各種税金・保険や有料道路・駐車場代など様々な諸経費に対して「軽」ならではの経済的優遇措置を享受した上で、カタログ値では500Kgを切る車輌重量に国産軽自動車用ターボエンジン搭載という非日常的ライトウェイトスポーツの世界を堪能できるというのは、これまたなんとも魅力的なオハナシ。
オマケにこのサイズならウチの狭い賃貸ガレージでも少しは広く使えそうだし・・・ね。
Fraserfc42

| | Comments (2) | TrackBack (1)

2009 フロムセブンミーティング

Fromseven
昨日の日曜日は京都の自動車愛好家クラブ「フロムセブン」主催による「2009 フロムセブンミーティング」に参加のため、京都洛西は「嵐山-高雄パークウェイ」内菖蒲池駐車場まで。
到着後スタッフの方の誘導に従い所定の場所に28番車を駐車して、先ずは普段ナカナカお目にかかれない参加車輌を端から順番に見学見学・・・。それから朝イチ開店準備中の「スピードショップFⅡ」(↓)ナガタさんへのご挨拶も忘れずに・・・。
「おはようございま~っす!!漫画見ましたよ~漫画!!」
「おっ!お前にしたらエライ珍しいトコ来とるやないか!そうか、あの本見られてしもたか・・・」
「見た見た!見ましたけどアレちょっとカッコ良すぎるんとちゃいます~?!」
「せやろ~、どうせお前らあの顔はシワが少な過ぎる!とか言うとったんやろ!!」
てな具合・・・。
さらには京都の老舗クラブによるイベントということもあってか、会場ではいつもはサーキットやインターネット上でお世話になっている京都方面の方々とも多数お会いすることができ、これまた色々と楽しくお話させていただいたような次第。
フトした思いつきに今年のレースはすでに全日程が終了という気安さも手伝い、今回初めて参加させていただいた「フロムセブンミーティング」。こんなのんびりゆったりのイベントもタマにはいいものデス。
Fromsevenf2

| | Comments (5) | TrackBack (0)

ダメだコリャ・・・

Noise
先日来メーカーに修理を依頼していたビデオカメラは、結局持ち込んだ修理センターでは症状が再現できなかったということで、そのまま自宅へ返送ということに・・・。同封されていた説明によると「本体は正常ですが、たまたまヘッドが汚れていた時に録画されたと思われます。」とのこと。そんなワケで楽しみにしていた先日のユーロカップ2009最終戦の車載映像は、↑のようなノイズ混じりの画像の断片がかろうじて所々に写っているのみで、後は残念ながらほぼ全編に渡って空っぽのな~んも無しダッタ・・・。
とは言え、思い起こせばチビ誕生を口実にしつつ、実は車載用にと購入したウチのビデオカメラ(↓)も、以来修理を重ねながらナンダカンダでもう10年以上。そりゃまぁクタビレてもきますわなぁ・・・。
Videocamera3

| | Comments (2) | TrackBack (0)

只今渋滞中・・・赤松PAで延長戦

Akamatsupa
行楽シーズン中の3連休最終日とカチ合った先日のユーロカップ2009最終戦の帰路は、中国道上り宝塚西トンネルを先頭に30Kmの大渋滞。ここの渋滞は最早慣れっことはいえ、早朝からのレース帰りにノロノロ運転30Kmはサスガにキツく、しばしの休憩と少し早目の腹ごしらえを兼ねて途中の赤松PAに一時退避(↑)。
で、食事も済ませ、仕上げのコーヒーを・・・と向かった自動販売機コーナーの前で、ついさっきまで同じレースを戦っていたユーロクラシックの名物オヤジこと「GT BUG タイプⅢ カルマンギア」(↓上段)のTモトさんと偶然バッタリ。
「あ、お疲れさんッス!」
「お~!自分も休憩か~、エライ渋滞やの~」
なんて具合で、ここまで来れば先を急ぐわけでもなし、お互いパドックでの賑やかさでは人後に落ちない者同士で始まった長い長い立ち話・・・。
そのうち、「なんかどこかで見たクルマが居てるなぁ~思てたら・・・」
てなことで、こちらもユーロクラシックではお馴染み、「ロータスヨーロッパ S2」(↓下段)のLR54さんにサポートの「ミツヤマモータース」社長さんご一行も加わって、思わぬ場所で始まったVW・ロータス・アルファロメオによる「ヒストリックレーサー異業種交流会」。いつもタイスケに追い立てられてばかりのパドックでは、なかなかユックリとは伺えない楽しいお話の数々に、思わず時を忘れて話し込んでシマイマシタ。
Karmannghia3
Lr54s2

| | Comments (7) | TrackBack (0)

« November 2009 | Main | January 2010 »