« January 2010 | Main | March 2010 »

February 2010

就寝前に「ジャック・バウアーだっ!!」

Twentyfour
先日のカニツアーの帰りがけ、フトした弾みで仲間内の29番車のお宅から、DVDを2シーズン分まとめてドッサリ借りてきてしまったモンだから・・・。
「寝る前に2話分だけ!」とかろうじて決めてはいるものの、ここ最近は世間でのバンクーバー五輪寝不足ならぬ「24」寝不足中・・・。
一旦ハマると結構影響されやすいもので、つい今しがたも
「キム!!つべこべ言わずにサッサと宿題をやっちまうんだ!!」
なんてジャック・バウアーごっこで遊んでみたりして・・・。
ウチのキム・バウアーは、ワケも分からずぽか~んとしておりましたが・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

電気ドリル壊れる・・・

Drill
日曜大工用の安物ながら、それゆえの軽量コンパクトさから、こみいった場所へのチョットした穴あけ作業に重宝していた電気ドリル(↑)。エアツールが使える環境ならもっと小型でチャンとしたヤツがあるんやけどねぇ・・・なんて思いながらも長年酷使し続けていたところ、先日の作業中ついに「ガコッ!」という異音を発したが最後、それっきりウンともスンとも動かなくなってしまう。
とりあえず分解して故障原因を調べてみたものの(↓)、何かの不具合で固着してしまっている肝心のモーターが非分解式とあってはその場では手も足も出ず。かといって交換部品を調べて修理するにも、同等の新品の値段を考えると・・・・。
で、結局このテのヤスモンは「使い捨て」になってしまうのデス・・・。
Drill2

| | Comments (3) | TrackBack (0)

燃料計、チョットひと工夫

Fuelmeter2
この前の作業で燃料タンクの中身を完全に空にする機会があったので、その後一旦抜いたガソリンを再びタンクに戻す際、空の状態から5リッターづつ量って入れてはその都度、燃料計の針が実際に指し示す位置をメーター上にマーキングしてみたところ(↑)。
一番左の赤い印が残量ゼロで、その右の2個の黄色いのがそれぞれ残り5リッターと10リッター、で、さらにその右側の白色のマーキングが残り15リッターの印。
こうしてみると一目瞭然・・・どうりで満タンからメーターの半分くらいまではやたらと速く減るハズだわ・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

工具箱のステッカー

Toolbox2
「この組合せでステッカー貼ってたヤツって、恐らく自分くらいしかおらんのやろなぁ・・・。」
作業中に目当ての工具がどうしても見つからず、やむなくガレージの奥から久しぶりに引っぱり出してきた、その昔クルマに興味を持ち始めた頃からず~っと使い続けている工具箱のフタを見て、フト思いに至ったコト。
あまりにローカル過ぎて全く伝わらないお話と、重々承知の上ではございますが・・・。

笑える方ダケ笑ってやってクダサイマシ・・・。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

ニッサン・セレナ(その2)

Serena2
仲間内皆で道中ワイガヤ行けるということで、行き帰りのアシには毎回ミニバンのレンタカーを調達している恒例のカニ宴会ツアー
年に一度、普段はあまりご縁のない最新のミニバンを運転できる機会とあって、いつも運転手役を買って出る28番車が先日担当したのが、「おやじ組」・「ファミリー組」で分乗した2台の「ニッサン・セレナ」(↑)のうちのおっさんチーム車。
以前にも乗った2代目セレナのフルチェンジ版となる今回の3代目も、「ホンマにコレで5ナンバーか?!」と呆れるほどの広々した室内空間は相変わらず。また大人7名のほぼ定員乗車状態でも特にパワー不足を感じることもなく、前回好印象だったよく制御されたCVTならではの変速時の空走感の無さや、初めて乗ってもクセのない素直な乗用車的乗り味は健在。・・・てなワケで、帰路の道すがら見かけた日産ディーラーの「3年連続ミニバン販売台数NO.1」なんて横断幕にも何となくうなずけるハナシ。
ただ蛇足ながら今回一番驚いたのは、レンタカー屋さんからの乗り出しで渡されたのがキーすら付かないリモコンのみだったコト。そのリモコンをかざして運転席に乗りこめば、エンジン始動はハンドルポスト脇にある昔のテレビのチャンネルのような丸いスイッチをおもむろにガチャっと回すのみ・・・こんなところ一つとっても「自動車の家電化」は着々と進んでおるようデス。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

カニカニツアー2010

Kanitour3
先週末の土日は、日頃「柳原メンテナンス」でお世話になっている有志一同による冬の恒例行事「カニカニ合宿in宮津」。
毎年のコトながら、各人美味しくいただく際の作業の煩雑さから「カニは人を寡黙にする」ハズなのにもかかわらず、皆で寄ってたかってワイのワイのと夜中まで、まぁ賑やかな事この上なし。かく言う自分も今年は対二日酔いの最終兵器「ウコンの錠剤」の威力を借りたこともあってか、ガラガラに声が枯れるのにも気付かず、またしてもしゃべりまくってシマッタ・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

燃料タンク周りのレイアウト見直し(その3)

Fuelsystems3
先週末の続きということで、リア周りの低重心化、及び駆動輪への静的荷重のアップを目論んで取り組んでみた、燃料タンク周辺補機類のレイアウト見直しは、やり残していた配管の取り回しと燃料ポンプを駆動させての最終の燃料漏れチェック作業をもってひとまず完了。
ただひとつ気掛かりなのは、燃料タンク本体とそれに付随するコレクタタンクと燃料ポンプが2機、さらに燃料フィルター及び配管、配線リレー類をまとめて全部トランク内右側にある元はスペアタイヤの収納スペースだった場所に押し込んでしまった為、左右の重量配分という視点からみるとやや右側に偏り過ぎのキライがあるということ・・・。まぁソコは普段は右回りのサーキット仕様ということで、ひとまずはお茶を濁しておきたく・・・。いずれにせよこの程度の変更でイマイチ鈍い運転手が体感できるほどの挙動変化がありますかどうか?
ま、無いでしょうな・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

しばらくの間、寂しくなります・・・

Tamy1750gtv3
我らサラリーマンにとっては、いつ何時我が身に降りかかるやもしれぬ「転勤命令」。
突然の東京勤務を仰せつかった相方27番車が、ついこの前帰ってきたかと思ったら、今度は同じ仲間内の1750GTV「たみぃ」君が、この2月をもって同じく東京方面に転勤とのことで、自分を含めて明日をも知れぬ宮仕えの身の上というヤツを、また改めて思い知らされたような次第。今後のレース活動拠点はともかくして、先ずは馴れない土地での生活、くれぐれも体には気をつけて・・・とか言いつつ、本人早速今シーズンの関東地区のレース日程をチェックしてたりで、「よっしゃ!ツクバやったらサポート部隊は任しとき!モナーク前で待ち合わせや!!」なんて軽口を叩き合ってはいたものの、やはりここしばらくはチト寂しくなります・・・。
そして1750GTVといえばもうお一方・・・ここ数年来のアルファロメオチャレンジ関西、またユーロカップのスプリントでは手強いライバル、さらに耐久では頼もしいチームドライバーとしてもお世話になった白31番さんが、このたび長年の相棒である白1750GTV31番車(↓)とのレース活動に一区切りをつけられ、ご自身の元から手放されるとのこと。
「折角ここまで煮詰めてこられた車輌、とりあえずは手元に置いとかれて、またいつの日か・・・」という選択肢もあったハズ・・・なんてのは、当人ならぬ外野の勝手な思いこみ。次の新しいオーナーさんへの引渡しに備え「柳原メンテナンス」で最終整備を受ける白31番ヴェローチェの、自分達にとっても思い出深いゼッケン・ステッカー類が全て剝されたそのマッサラな姿に、やはり長年連れ添った愛車が活躍の機会を得られぬまま留め置かれる事を何よりも潔しとせず・・・という、いかにも白31番さんらしい、その物静かな外見に似合わぬ硬派な体育会系スピリッツを垣間見る思いがこみあげてくるワケで・・・。
いずれにせよ今後の新たなる展開の下、またパドックでお会いできる日を心待ちにする今日この頃でありマス・・・。
311750gtv

| | Comments (8) | TrackBack (0)

ようやく慣れてきたような?

Familiasport201
母親から譲り受けて以来、約9ヶ月が経過したヨメグルマ「ファミリア」。
その名の通り、ヨメハンの通勤&買い物のアシが主要な用途ということで、自分ではなかなかまとまって運転する機会も無かったせいもあり、最近まで運転操作に対するクルマの動きがどうもイマイチしっくりきていなかったのが、このところようやく慣れてきたような感じ。
ペダルの踏み込みや舵角の入れ具合に応じて反応するクルマの挙動が、コチラの思惑とほぼシンクロするようになり、ヨメグルマ「ファミリア」もやっとこさ自分に馴染んできたといったところ。そうなると「スポルト20」なんていう若干性格を走りに振ったグレードのせいか、今までは先代ヨメグルマ「ビスタ」に比べてチョット動きが硬いなぁ・・・なんて感じていた足回りの感触も、逆にそれが幾分頼もしくも思えてくるんだから素人のインプレッションなんてエエ加減なモノ。
ともあれ、パッと見のジミ~な外観に似ず、運転手の操作次第ではナカナカ機敏にシャキシャキ動いてくれるイイクルマでありマス。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

信号待ちにて・・・

282007
「あ~っ!かっこい~!!」
先日28番車で近所をウロついていた時のこと・・・信号待ちで並んでいると不意に聞こえてきた子供の叫び声。
見ると向かいの歩道から真っ直ぐにコチラを指差す幼稚園児と思しき男の子が一人。傍らのお母さんには「もうホントにこの子は・・・どうもスミマセン」みたいな感じで苦笑いで会釈されたりして、コチラも何だか嬉しいような照れくさいような・・・。
その少し前にはこんな場面に出くわしたこともあって、こと就学前くらいの年齢層に限って言えば、基本的に「乗り物好きの子供」というのは今も昔もそう変わらんような気がする・・・とはいえ、「若者のクルマ離れ」なんてことが言われて久しい昨今、またこのところは何でも「エコ」な風潮ということで、今後世の中の風当たりがますます厳しくなってくるであろう排ガス規制前の旧車が、庶民でもナントカ負担できる現状程度の税負担で公道を走れるのは、この先そう長くは無いような気もするワケで・・・。
今に世のお母さん方には「○○ちゃん!!あんなのは見ちゃダメ!!」なんて言われちゃうんでしょうかねぇ・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

燃料タンク周りのレイアウト見直し(その2)

Fuelsystems2
先日の作業に引き続いての燃料タンク周りのレイアウト変更、今回はコレクタタンクとメイン用燃料ポンプの位置決め及び設置と、それに伴う燃料ポンプ駆動用リレーの移設・配線まで。
こうして収まる所に収まってしまえばナンてことないようにみえるものの、相変わらずの現物合わせでの行き当たりバッタリ作業ということで、後の整備性や配管の取り回しの都合も考慮しつつ、あーでもないこーでもないと取付場所を試行錯誤。場所が決まれば決まったで、これまた現物合わせでエッチラオッチラ取付ステーをこしらえたりと、寒風吹きすさぶ中、ややもすれば思考能力も減退しがちということもあり、結構な手間と時間を喰ってシマッタ。
てなワケで、残すは燃料配管の引き直し作業のみ。再来週ぐらいには試運転までイケる・・・かな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2010 | Main | March 2010 »