« February 2010 | Main | April 2010 »

March 2010

1.5WAYから2WAYへ

15way
昨シーズン途中から思い切ってやってみた「後輪ワイドトレッド化」のおかげもあってか、ラップタイムの安定度は幾分なりとも増したとはいうものの、甚だ大人げ無い外観となってしまった割には肝心の走りがイマイチ冴えない28番車・・・。
そんなこんなで、このシーズンオフ中は今までの車載ビデオを散々見直し、また関係各所の皆様からのアドバイスも大いに参考にさせていただきつつ、今シーズンに向け無い知恵絞ってナントカ導き出した答えが「リミテッドスリップデフの2WAY化」。
現行のOS技研製「スーパーロックLSD」導入当初は、トラクションと乗り易さの両立という観点から、アクセルオフ時の効きが緩やかな所謂「1.5WAY」タイプ(↑)をチョイスしていただき、以来コレはコレで素晴らしい威力の恩恵にあずかり続けてきてはいたのだが、「1WAY」ならぬ「1.5WAY」とはいえ、その乗り易さの反面、やはりコーナー進入時のターンインからクリッピングにかけての区間では若干の「待ち」ができてしまうの感はどうしても否めず、ここはひとつ、同じOS技研製「スーパーロックLSD」の中でも、アクセルのオンオフにかかわらず常に同じ効き具合でシッカリ左右両輪に駆動力がかかってくれる「2WAY」タイプ(↓)への変更に踏み切ってみたようなこと・・・。
で、早速先日のユーロカップ2010開幕戦で試してみたところ、今のところドライ路面に限って言えば、当初心配していたようなターンインでのハナの入りの悪さも全く問題なく、全般的にみても乗り易さは今までと比べてほぼ違和感なくイケる感じ・・・。ただ当初のネライどおりに2WAYデフの効果を発揮すべく、コーナー進入時から積極的にトラクションをかけていくには、運転手側の操作に若干の修正が必要な模様・・・ということで、レース当日は朝イチの予選から色々試してみながら、ようやく決勝ラスト2周くらいでコツを掴みかけた気がしたような・・・せんような・・・。
諸般の事情とはいえ、毎度「ブッツケ本番」の悲しさでアリマス・・・。
2way

| | Comments (0) | TrackBack (0)

台湾出張・自動車編

Taiwan147
昨日の「台湾出張・鉄道編」に続いての「自動車編」。
とはいっても、現地工場とホテルの往復の道中で見かける限りは、相変わらずものすごい数のスクーターが走っているのを含め、高雄の街の印象は以前とさして変わらず。強いて言えば、前は頻繁に見かけた「無理矢理4ドアセダン」の数はやや影をひそめ、その分ミニバンの勢力が台頭してきているかな?といった程度。
ただ前回の訪台時には一切見かけなかったアルファロメオには今回数台と遭遇。写真は滞在先のホテルの近所で見かけたそんな1台。ディフューザー風の派手なリアバンパーから覗くデュアルマフラーに「お!?さてはGTAか?」と思って前へ回ってみると、アレ?5ドアやん・・・。帰国後調べてみると、1.9リッターディーゼルターボの所謂スポーツパッケージ仕様というヤツらしい。
クルマひとつとってみても「所変われば品変わる」。
日本ではあんまり見かけませんよね?
Taiwan1472

| | Comments (4) | TrackBack (1)

台湾新幹線

Taiwanexpress
先日の台湾出張の道中、台北-高雄間の移動でこれまでの国内線飛行機に替わり、今回初めて利用したのが、2、3年前に新しく開業した「台湾高速鉄道」。
日本では通称「台湾新幹線」の呼び名もあるとおり、(因みに台北の空港タクシー乗場でも、運転手にフツーに日本語で「新幹線!!」と言えばチャンと駅まで行ってくれました・・・)車輌は日本製のものが導入されているそうで、確かに一旦乗り込んでしまえば車内の雰囲気は、若干の色合いの違いを除けばほぼ日本の新幹線と同じようなモノ。
でもただ一つ、日本の新幹線ではついぞ見かけないのがコレ(↓)
各車輌の壁際に数個づつ設置されている「Emergency Hammer」って・・・緊急時にはコレで窓を叩き割って逃げろっちゅう、クルマ用なら日本でもよくカー用品店などで見かけるのと同じようなモノ。つまり
「何かコトあったら自分の身の安全は、自分で判断して行動してねheart
というコトなのね・・・。
それにしてもこんな凶器にもなりかねんモノ、ぎょーさん壁に吊るしといて防犯上大丈夫なんやろか・・・?
Emergencyhammer

| | Comments (0) | TrackBack (0)

無事帰って参りました。

Kaohsiung4
週明けからの台湾・高雄への出張も無事終了し、昨日無事帰国。
いや~やっぱ日本語が通じるってイイわ・・・なんて改めてつくづく思う28番車の面倒を現地でみてくれたのが、前回訪台時にもお世話になった台湾出向中のベテランと、その交代要員として愛車アルファ147の1.6TSを泣く泣く手放し、同じく海外出向の身の上となった2人の職場の元後輩。
自身生来の寒がり体質ゆえ「コッチはやっぱり暖かいなぁ!」なんて久しぶりに再会した彼らに話しかけたところ
「いや、今日は20℃以下なんで寒いです。」
なんて平気な顔してのたまふ・・・なんでも冬場は15℃くらいでダウンを着込む生活が身についているっちゅうんだから、人間「慣れ」というはオソロシイ。
そんなこんなで↓は宿泊先ホテルのロビーで見かけた天気案内板・・・
Weathernews
・・・の隣にあった気温の説明欄?(↓)
ナンボ暖かいトコとはいえ、気温28℃は「Comfortable」とはチョット違うやろ・・・。
Temp

| | Comments (0) | TrackBack (0)

台湾出張

Passport
所詮しがないサラリーマン、「行け」と言われりゃ行かねばならぬ・・・・。
てなワケで、今週末まで留守にします・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ユーロカップ2010 Rd.1 決勝車載映像(その2)

Porsche911carrera
昨日に続いてユーロカップ2010「EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース」第1戦、決勝3~4周目の車載映像(↓)。
出だしの陣取り合戦でナントカ総合2番手の好位置につけたのも束の間、早くも3周目の裏ストレートでアウト側からズバッと抜いていかれたのは、この日の28番車に比べて持ちタイムでも地力に勝る「ポルシェ911」(↑)の0選手。それでもどうにか喰らいついていこうと、続くインフィールド区間では懸命にガンバったものの、その後の最終コーナー立ち上がりからメインストレートにかけての区間でアッという間にぶっちぎられてしまい万事休す・・・。
それにつけても、やっぱりいつの世もポルシェ911は速い!!・・・なんて今更ながらの事実を、また改めて目の当たりにした1日でアリマシタ・・・・。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

ユーロカップ2010 Rd.1 決勝車載映像(その1)

Fairladyz2
先週末行われたユーロカップ2010「EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース」第1戦、決勝オープニングラップから2周目にかけての車載映像(↓)より。
レッドシグナル消灯でのスタート直後、正に大排気量RR車の真骨頂ともいえる抜群のスタートダッシュを決め、セカンドグリッドから一気にトップへと躍り出た「ポルシェ911」を、負けじとすぐさま次の裏ストレートエンドで抜き返すポールスタートの「タコ麓組合EXP30Z」(↑)、さらにはその2台のドサクサにナントカして紛れ込まんと、予選4番手スタートから懸命に喰い下がる28番車・・・・という展開で始まった序盤1周目の陣取り合戦。
続く最終コーナー立ち上がりで若干アウトにはらんだ911のインを運良くかわせたものの、その先をいく先頭オレンジ色の30Zはすでに視界の遥か先、その姿をかろうじて見え隠れさせながら次第に点となりつつあり・・・。それでもこの時点では当初願ってもなかった総合2番手の好位置、「あわよくばこのまま・・・」なんて手前勝手な思いがツイ頭を過ぎるのが人情というモノ。
でもまぁ、そうは問屋が卸しませんわなぁ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

行ってきました京セラドーム・・・AC/DCサイコー!!

Ticket
積もる仕事をチャチャッと切り上げ、地下鉄乗ってイザ向かうは「京セラドーム大阪」・・・てなワケで、行ってきました「AC/DC Black Ice Tour 大阪公演」。
いや~ヨカッタ!!
若干髪の毛が寂しくなった以外は、そのトレードマークのスクールボーイスタイルも昔っから全く変わらない「永遠の半ズボン小僧」アンガス・ヤングの御年54歳とはとても信じられぬパフォーマンスもさることながら、その後方をガッチリ固めるドラム・ベース・サイドギターから繰り出されるコレまた抜群にタイトで骨太なノリたるやソリャもうアナタ・・・。キャリア30数年を小細工一切無しのハードロック一筋、常に現役で第一線をはり続けてきたバンドの出す音は、やっぱ説得力が全然違いますデスはい・・・。
久しぶりにホンマモンちゅうヤツを堪能させていただきました。
さ、明日からまたガンバロー!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

ユーロカップ2010開幕戦 お疲れ様でした。

Fairladyz
春先とはいえこの時期、山間部の放射冷却はキツイ!!・・・てなことで、明け方からの厳しい冷え込みはあったものの、それ以外は終日晴渡る青空という絶好のレース日和に恵まれたユーロカップ2010開幕戦は、昨日無事終了。お疲れ様でしたー!!
今回の「EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース」の総合優勝は「タコ麓組合EXP30Z」(↑)のYさん。エントラント中ただ一人1分33秒台というダントツの予選タイムをもってしての見事な決勝ポールtoフィニッシュ、おめでとうございます。
続く総合2位には予選3番手スタートから決勝1分33秒617のファステストラップを叩き出しての怒涛の追い上げを見せた「ポルシェ911」のOさんが入り、28番車はさらにその後方、約14秒差と大きく水を開けられての総合第3位にて無事完走。自身今年度一発目、とにもかくにも無事に走って帰ってくることができ、まずは幸先のよいスタートといったところ・・・。
それにしても今回の30Zに、少し以前の常勝マシンmexc-sフィアットX1/9、さらに昨年度全戦優勝のオートコニサーアルフェッタと・・・ユーロクラシックはオレンジ色が強い?!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

明日はユーロカップ2010開幕戦

Sunnytruck
いよいよ始まる28番車の2010年シーズン・・・というワケで、先ず今年の一発目は明日3月14日(日)、地元セントラルサーキットにて開催のユーロカップ2010開幕戦。
主催者ツーアンドフォー発表のエントリーリストによると、28番車が今年もお世話になる「EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース」へのエントリーは、開幕戦としてはほぼ例年通りの総勢21台。そのうち半数強の13台という大所帯を我等アルファロメオ勢が占めるのもいつものコトながら、ここ最近とみに活況な国産旧車界ということもあってか、今回は超常連のエスハチHayamiさんに加え、ハコスカGTRにサンマルZ、さらにはセリカにサニトラと、いわゆる国産旧車のメジャーどころがズラリと揃う明日の開幕戦。↑はそんな中のユーロ常連さんの1台「ペコズ☆EXP☆凡蔵 サニトラ」、今年はその名の通りの「EURO&JAPAN」で、またさらにバラエティ豊かな面々となりそうな予感?
で、気になる明日の兵庫県南部地方のお天気は、今のところ「晴れ・降水確率0%」と願ってもない予報。どうかこのまま、コノママデ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

免許更新

Text
コレを忘れたらエライコッチャ!!・・・てなワケで、3年ぶりの運転免許更新のため一日休みを取得して、向かうは門真運転免許試験場。
以前の不始末のおかげで「違反運転者講習」はタップリ2時間。それでも更新後の免許証の有効期間は青色免許の3年のまま。
ゴールドまでの道のりはマダマダ遠いッス・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

開幕戦のタイヤは如何に?

A048a050
昨シーズン後半戦から使っているヨコハマADVAN「A050」と、さらにその前の’08年シーズン最終戦から翌年序盤戦にかけて「冬場用」として試しに使ってみた後、ホイールから外して保管していた同じヨコハマADVANのコチラは「A048」Sコンパウンド
先日改めて双方の残り溝を確認してみたところ、どちらもまだナントカ大丈夫・・・で、来週のユーロカップ開幕戦はサテどちらでいくべか?ズラリ並べた2セット計8本の中古Sタイヤを前に考えるコトしばし・・・。てっとり早く行くなら去年からの流れで既にホイールに組込済の「A050」、とはいえ来週のユーロ開幕戦の次は5月16日のアルファロメオチャレンジ関西第2戦。Sコンが使えそうな機会は次戦を逃すとまたしばらくは無さそうだし・・・。カタログ落ちで今やトラの子の「ゼロヨンパー」とはいえ、いかに温存しようと賞味期限切れにしてしまっては文字通り「宝の持ち腐れ」。てなワケで、今回は思い切って「A048」Sコンに組み替えていくことに決定。
・・・なんて思案の末、結局は雨降って使うのはコッチやったりして・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

トルクレンチ

Torquewrench
これまでずっとサーキットでは借りモノのトルクレンチ、普段は自前の「手ルクレンチ」で締付けていたホイールナット。
せめてホイールナット締付用ぐらいはいずれは自前のトルクレンチを・・・・なんて思いつつ、現状とりたてて急を要する工具でもないこともあり、今までナカナカ手が出せずにいたところ、先日近所の工具量販店「アストロプロダクツ」のチラシにて、プリセット型トルクレンチ通常売価3,980円のところ、セール期間中につきさらに1,000円引きのニーキュッパ(!)というヤツを発見。で、その安さに思わずつられて購入に至ったものがコレ(↑)。・・・とか言いつつ、こんな激安品で果たしてホントに使えるのだろうか・・・。
ま、とりあえずはこれで普段のタイヤ交換作業の時でも、トルクレンチでゴチッとな・・・。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

ユーロカップ2010開幕戦にエントリー

Eurocuppadock3
1月は行き、2月は逃げる・・・そして3月の声も聞き、いよいよ始まる28番車の2010年シーズン。
・・・てなワケで、来る3月14日(日)セントラルサーキットにて開催のユーロカップ2010「EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース」の第1戦にエントリー。今年も参加カテゴリーはこれまでと変わらず、排気量1601cc~2000ccの改造車輌による「T-2000」クラスにて。
今シーズンもセントラルサーキットのパドックで、はたまたコース上で度々お世話になるでありましょうエントラント並びに関係者の皆様方におかれましては、本年もまた昨シーズン同様何卒ひとつ、よろしくお願い申し上げる次第でゴザイマス・・・。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

« February 2010 | Main | April 2010 »