« 台湾出張・自動車編 | Main | ユーロカップ3時間耐久参戦決定 »

1.5WAYから2WAYへ

15way
昨シーズン途中から思い切ってやってみた「後輪ワイドトレッド化」のおかげもあってか、ラップタイムの安定度は幾分なりとも増したとはいうものの、甚だ大人げ無い外観となってしまった割には肝心の走りがイマイチ冴えない28番車・・・。
そんなこんなで、このシーズンオフ中は今までの車載ビデオを散々見直し、また関係各所の皆様からのアドバイスも大いに参考にさせていただきつつ、今シーズンに向け無い知恵絞ってナントカ導き出した答えが「リミテッドスリップデフの2WAY化」。
現行のOS技研製「スーパーロックLSD」導入当初は、トラクションと乗り易さの両立という観点から、アクセルオフ時の効きが緩やかな所謂「1.5WAY」タイプ(↑)をチョイスしていただき、以来コレはコレで素晴らしい威力の恩恵にあずかり続けてきてはいたのだが、「1WAY」ならぬ「1.5WAY」とはいえ、その乗り易さの反面、やはりコーナー進入時のターンインからクリッピングにかけての区間では若干の「待ち」ができてしまうの感はどうしても否めず、ここはひとつ、同じOS技研製「スーパーロックLSD」の中でも、アクセルのオンオフにかかわらず常に同じ効き具合でシッカリ左右両輪に駆動力がかかってくれる「2WAY」タイプ(↓)への変更に踏み切ってみたようなこと・・・。
で、早速先日のユーロカップ2010開幕戦で試してみたところ、今のところドライ路面に限って言えば、当初心配していたようなターンインでのハナの入りの悪さも全く問題なく、全般的にみても乗り易さは今までと比べてほぼ違和感なくイケる感じ・・・。ただ当初のネライどおりに2WAYデフの効果を発揮すべく、コーナー進入時から積極的にトラクションをかけていくには、運転手側の操作に若干の修正が必要な模様・・・ということで、レース当日は朝イチの予選から色々試してみながら、ようやく決勝ラスト2周くらいでコツを掴みかけた気がしたような・・・せんような・・・。
諸般の事情とはいえ、毎度「ブッツケ本番」の悲しさでアリマス・・・。
2way

|

« 台湾出張・自動車編 | Main | ユーロカップ3時間耐久参戦決定 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54708/47944419

Listed below are links to weblogs that reference 1.5WAYから2WAYへ:

« 台湾出張・自動車編 | Main | ユーロカップ3時間耐久参戦決定 »