« April 2010 | Main | June 2010 »

May 2010

明日はユーロカップ2010第2戦

28eurocup20101
明日はいよいよセントラルサーキットにて、ユーロカップ2010「EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース」の第2戦。
この期に及んでまだ「アレをこうすれば・・・」だの「ココをああしときゃ・・・」だのと、甚だ往生際の悪いのは毎度のこと・・・。とはいえ予め定められたレースカレンダーが厳然として存在する以上、「よっしゃ!コレで全てやりつくした。カンペキじゃ!!」なんて思いでスターティンググリッドにつけるヒトなんて、エントラント中恐らく誰一人として居られないハズ・・・ですよね。
で、気になる兵庫県南部地方の明日のお天気は、予報によると「晴れ時々曇り・降水確率10%」。今現在も窓外に見えるお天気は快晴ということで、どうかこのまま頼んまっせ!との願いを込めつつ・・・。
明日もどうか楽しいレースで、無事帰ってこれますように・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ユーロカップ2010第2戦エントリーリスト発表

Bmw20021
いよいよ今週末に迫ったユーロカップ2010第2戦のエントリーリストが主催者「ツーアンドフォー」より発表アリ。それによると今回の「EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース」のエントラントは総勢28台。そのうちほぼ半数の16台を、アルファロメオにランチア・フルビア1台を含むイタリア車が占め、加えてエスハチ・ベレG・サニトラ27レビンの国産旧車勢が合わせて6台、さらにはBMW&VWのドイツ車組にヨーロッパ&エランの英国車ロータス勢が各3台づつといった顔ぶれ。またクラス別での最激戦区は、28番車の属する排気量1601cc~2000ccまでのチューニング車輌による「T-2000」クラスで総勢8台。今回もズラリと並ぶ常連の強豪揃いの面々に、改めて身の引き締まる思いデス・・・。
そんな中、同じ「T-2000」クラスの超常連、BMW2002(↑)のYさんを今回は1ランク上の「T-2000 Over」クラスで見つけ、「おやっ?」との思いで内容を確認したところ、同じマルニでもナント今度は「BMW2002 Turbo」だ!!・・・というワケで、市販量産車初のターボ車(ですよね?)、「ベンベのマルニ」とくればやっぱり「ターボ」というのは、自分たちの世代にとってはあまりにも有名な組合せ。実は「ここ何戦か来られてないよなぁ・・・」なんて仲間内で話していたのデスヨ・・・。
恐らく自分の記憶する限りではユーロ・クラシック初の「過給機付き」。当日はクラスを超えたタタカイでよろしくお願いしまッス!!

| | Comments (5) | TrackBack (1)

即席ルームランプ?

Soaplight
以前セール品のトルクレンチを目当てに訪れた近所の工具安売り店「アストロプロダクツ」にて、同じく期間セール中の棚で見かけたLED式のハンディライト(↑)。
消費税込みでも千円しない安さに引かれてついでに買ってみたものだったが、実際に使ってみるとコレが結構便利。消費電力の少ないLEDということで、チョットした作業灯としては必要十分な光量の割には乾電池の残量をさほど気にする必要もなく、また手元の暗いところでも付属のフックでそこら辺に引っかけたり、背面の磁石で適当な金属部分に貼りつけたりして使えるのもポイント高し。
さらにその磁石を利用して、普段は28番車の天井にペタッと貼りつけておけば、手軽に取り外し式のルームランプに早変わり(↓)・・・・って実はコッチが主目的やったりして・・・。
Soaplight2

| | Comments (3) | TrackBack (0)

ユーロカップ2010第2戦にエントリー

Eurocuppadock4
来る5月30日(日)、セントラルサーキットにて開催のユーロカップ2010「EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース」第2戦にエントリー。
日程の関係上やむをえないとはいえ、先週のアルファチャレンジから1ヵ月と間を置かずの連チャン参戦ということで、自身苦しい台所事情はヤマヤマなれど、旧車にとっては人車ともにキビシイ梅雨の季節の足音が早くもすぐそこにヒタヒタと迫るこの時期、それまでの気候の良いうちにナントカもう一度ダケ思いっきり走っておきたく・・・。
そんな調子で1週間後の天気予報が早くも気になりだす今日この頃。当日お世話になりますエントラント並びに関係各位の皆様方におかれましては、今回もまたひとつ何卒よろしくお願い申し上げます。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

岡山みやげ

Parking
28番車が常日頃お世話になっている「アルファロメオチャレンジ関西」。
ただ「関西」と銘打たれてはいるものの、その主戦場は岡山県の「岡山国際サーキット」というワケで、折角の休日にヨメハンコドモを放ったらかして一人遊びほうけたオヤジの毎度セメテモノご機嫌取りが岡山名物きびだんご。コレのノルマーレ&黒糖バージョンの2箱を買って帰るのがいつものパターン。
ところが先日第2戦の帰路、給油のために立ち寄ったサービスエリアのお土産コーナーで、ふと気づくといつものきびだんごの隣に「海塩入り」なるヤツを発見。「え~っ!?だんごに塩っちゅうのもどんなモンよ・・・」なんて思いつつも、試しに買ってみたところ、コレが意外になかなかイケる!とのことで家族にも好評を得たような次第。
ちょっとした岡山みやげにオススメの一品です・・・。
Kibidango2

| | Comments (2) | TrackBack (0)

アルファチャレンジ関西2010Rd.2 決勝車載映像(その2)

Ttamini2
昨日に続きアルファロメオチャレンジ2010関西第2戦「レースB」の車載映像、その2は決勝2周目の裏ストレートから4周目にかけて(↓)。
スタート直後の陣取り合戦を終え、総合4番手の位置から前を行く「tta OHTANI MINI」(↑)Oさんに必死のパッチで喰らいつくという展開。裏ストレート後半での速度の伸びは若干こちらに分がある(なんせコッチのカマの方が1.5倍もデカイノダ・・・)のを最大限に生かし、続くヘアピン飛び込みを起点として、その先最終コーナーに至るまでのインフィールド区間での駆け引きにナントカ活路を見出そうという魂胆。
まずは定石通りにヘアピン進入でイン側からハナ先をねじ込みつつ・・・で始まったこの先2周回余りに渡るミニvsロメオのクラスを超えた総合3番手争い。この間のインフィールド区間はほぼ全編サイド・バイ・サイド、お互いギリギリ最後の一車分のスペースだけは確保し合いつつの丁々発止のライン取り合戦・・・コレがあるからサンデー草レースはヤメラレマヘン。
とか言いつつ、とにもかくにも前に出てホッとしかけたメインストレート・・・に続く1コーナーの進入で最後に一発!ズバーッ!!とばかりにインを差されて大慌て。防戦一方のレイトブレーキングで堪らずやらかす大ジャダー大会・・・。
いやホン・・・ット、ミニって速いッス。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

アルファチャレンジ関西2010Rd.2 決勝車載映像(その1)

Basisgolf
先週末のアルファロメオチャレンジ2010関西第2戦「レースB」、決勝オープニングラップから2周目にかけての車載映像(↓)。
フロントローセカンドグリッドからスタートの28番車、予選ではお互い相前後して走行していた感触から、予選4番手の「BASIS GOLF5 GTI」(↑)BASISさんには、「1周目の裏ストレートエンドまでコッチがアンタの前でガンバれるかどうかが今日の勝負の分かれ目やな!」なんて話をしていた決勝レース前。ところがいざフタを開けてみれば、真っ先に好スタートを決めアッと言う間に総合2番手に躍り出たのは、参加車輌中ダントツの最小排気量となる予選3番手スタート「tta OHTANI MINI」のO選手なんだから、レースっちゅうのはホント何が起こるかワカリマヘン。
で、そんなスタート直後の混戦を経て、そのままミニ→ロメオ→ゴルフの並びで迎えたオープニングラップの裏ストレート。当初の予想通りここで圧倒的な加速力を誇るVWゴルフが、28番車をあっさりパスしてさらに前を行くミニに迫る・・・。前走ミニのOさんも同じ旧車同士、先述の28番車と同じような思惑もあってか、そうはさせじと若干右側へ寄せ牽制を試みるものの、それでも路肩との間にしっかり車一台分の間隔を残しておくところはサスガ。またその間隙を「ココは自分の勝負ドコロですから!」とばかりに躊躇なくズバッと踏み抜いていくVWゴルフということで、コレはナカナカに役者が揃っておるゾ・・・という感じ。
「おっしゃ!今日はちょっと楽しいレースになるやもしれんで~」・・・なんて期待を胸に抱きつつ、さらにレースB決勝2周目以降へとなだれ込んでいくのでアリマス。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

アルファチャレンジ2010関西Rd.2 お疲れ様でした。

156gta
風薫る5月・・・なんて表現が正にピッタリくる爽やかな快晴に恵まれたアルファロメオチャレンジ関西2010第2戦は昨日無事終了。お疲れ様でしたー!!
今回の「レースB」総合優勝は「グランドスラム ジラフ GTA」(↑)のAさん。昨シーズンまでの一般ラジアルタイヤ装着の「AR150-1」クラスから、今年はSタイヤ装着OKの「AR300」クラスへステップアップされてのエントリーということでラップタイムも大幅にアップ、サスガにこの前のような具合にはいきませんでした・・・。参加車輌中唯一の予選1分52秒台、決勝ベストラップも1分53秒フラットを叩き出しての見事なブッチギリでのポールtoフィニッシュ。おめでとうございます。
続く総合2位には宝塚の独車系チューニングショップ「BASIS」N社長駆るワークスカー「BASIS GOLF5 GTI」が入り、予選セカンドグリッドからのスタートとなった28番車はさらにその後方、決勝は総合第3位にて無事完走。前半戦は組んず解れつサイドバイサイドの大バトル合戦。そこからナントカ抜け出した後半は、前方視界を微かに見え隠れする前走車の後姿を、それこそ目を三角にして懸命に追いかけるという(結局追いきれませんデシタガ・・・)久々に攻め一本のレース展開。おかげさまで楽しい充実の一日を過ごさせていただきました・・・。
28arc2010

| | Comments (7) | TrackBack (0)

明日はアルファロメオチャレンジ関西2010 Rd.2

Arcpadock3
いよいよ明日、5月16日(日)は岡山国際サーキットにてアルファロメオチャレンジ2010関西第2戦。
主催者ARCA発表のエントリーリストによると28番車出走の「レースB」は、旧車ロメオによるヒストリッククラスが9台、新世代のFFアルファによるモデルナクラスが7台、さらに欧州車全般が対象となるETCCクラスの7台を加えて総勢25台による混走レース。毎度お馴染み旧車組の強豪はモチロンのこと、普段馴染みが薄いが故に未知数とはいえ、恐らく相当なツワモノ揃いであろうことは間違いない現行車輌の面々に、アルファチャレンジ前特有のなんともいえない緊張感に包まれつつ、オツムの方は俄かにいつもの戦闘モードに切り替わる。
気になる明日の岡山県北部地方のお天気は、「晴れ時々曇り」降水確率10%と現在のところは願っても無い予報・・・てなワケで、ちょっと遅くなったけれども28番車の岡山国際サーキット今シーズン一発目。
どうか楽しくレースして、無事に帰って来られますように・・・。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

継続はチカラなり・・・?

Taikyugiulietta20107
先週末の土曜日、「柳原メンテナンス耐久ジュリエッタチーム」撮影記録班のカラシ君による先日のユーロカップ3時間耐久の車載映像を、今度はピットウォールからドライバー目線に視点を変えてもう一度、またまた3時間耐久で延々見させていただいて思ふコト・・・。
以前に比べて明らかに少なくなったステアリングの舵角から一目瞭然で伝わってくるハンドリングの改善具合。またピット裏では二言目にはやれ「イカ焼きがどーした」とか「フランクフルトはまだか」とか騒ぎつつも、シメるトコロはバシッとシメて沈着冷静、コチラも以前と比べてさらに迅速で確実さを増したドライバー交代作業。その他諸々の様子を改めて映像で見るにつけ、「やっぱし何事にも根気強く取り組み続けてみるモンダ・・・」なんて思いを今更ながら新たにしつつ・・・そんな仲間内同士、極めて自画自賛な夜は更けていったのでありマシタ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

高いトコロからシツレイします・・・

2831
次戦アルファロメオチャレンジ関西2010第2戦を今週末に控え、恒例のレース前点検をお願いに訪れた「柳原メンテナンス」での一コマ・・・。
我らサーキット派ヴェローチェ乗りにとっては、ある意味一つの究極の姿ともいえる「アルファロメオ2000GTAm」とのツーショット。パドックでの左右ヨコ並びの風景にはしばしばお目にかかれるものの、こんな風に上下タテ並びの図というのは「なんかちょっとケッタイな眺めですねぇ・・・」なんてGTAmオーナーのOさんとお話させていただきつつ、手にしたデジカメでパチリといっとく。
高い場所から恐縮デス・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

耐久仕様にチョット一工夫

Taikyugiulietta20106
普段参加しているスプリントレースとは少し違い、耐久レースではコース上でのドライバーのガンバリだけでなく、それに加えレース中に必ず何度かは行われるスタッフによる諸々のピット作業もチームのリザルトを左右する非常に大切な要因。
そんな耐久レース中の作業の一つであるピットイン時の燃料補給の際、ウチの耐久ジュリエッタの場合その燃料キャップの構造上、給油する度にいちいち燃料キャップの鍵穴にキーを差し込んで回し、そのキーを持ち手にしてキャップを外さなければならず、ただでさえ迅速な作業が求められる耐久レース中にヒジョーにめんどくさいコトこの上なし・・・。というワケで「ほな最初っから合鍵差したまま走ったらエエやん!」とのチーム員の意見を取り入れ、先日のユーロカップ3時間耐久レースからの対策としたのが↓の写真。
燃料用のキーをキャップの開閉ノブとして差しっぱなしで固定し、ついでに落下防止用のワイヤーでボディと繋げておくの図。おかげでこの「合鍵改燃料キャップノブ」をひねるだけで燃料キャップを開閉できるようになり、給油担当者からも概ね好評を得た模様。
ピットインと同時にクイックチャージャーで一気に燃料補給・・・とはナカナカいかない、サンデー草レーサー寄せ集めチームならではの牧歌的風景ではありマスガ・・・。
Fuelcap

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サーキットデビューお疲れ様でした!

Circuitdebut
先日のユーロカップ3時間耐久のピット裏にて、同日併催のフリー走行枠「エキサイティングラン」への出走を控え、リアシートやフロアマットその他諸々の重量物を取り外してサーキット走行準備中のアルファロメオ・ジュリアスプリントGTV。
ドライバーはこの約2年前、2007年12月開催の同じユーロカップ3時間耐久で我らが「柳原メンテナンス耐久ジュリエッタ」チームのドライバー役をお願いしたNさん。あの日耐久ジュリエッタで初めて体験されたサーキット全開走行の楽しさを、今度は思う存分ご自身の愛車で・・・となるのはコレ当然の成り行き(?)。ならば初走行は仲間内皆が揃っている3時間耐久開催日の「エキサイティングラン」がよろしかろうということで、この日ついに待望の段付きヴェローチェでのサーキットデビューと相成った次第。
その注目の初走行では途中ちょっとしたハプニングに見舞われはしたものの、それでも無事ほぼ規定の周回をこなされ、今後への課題も含めて次回以降に繋がる充実の一日となったのでは?
ウッシッシッシッシ・・・ようこそいらっしゃいました!コッチの世界へ、お一人様ごあんな~いっ!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アルファロメオチャレンジ関西2010 Rd.2にエントリー

28arc20091
来る5月16日(日)、岡山国際サーキットにて開催のアルファロメオチャレンジ関西2010第2戦にエントリー。・・・とかいいつつ今回はちょうど連休のカラミもあってか、いつもと比べて思いのほかエントリーの締切が早く、締切翌日になってようやくウッカリしていたコトに気づき、慌てて手続きに走ったようなことで、どうもスミマセン・・・。
で、今回の28番車の仕様変更はコレといって特になし。それよりもまずは前回のユーロカップでは「チョット掴みかけたかな?」程度だった2WAYデフの乗り方を、少しでも自分のモノにするというのが当面の課題。あとは残り溝がかなりアヤしくなってきている手持ちの「A050」がナントカ最後までもってくれれば・・・。
ともあれ昨シーズンのアルファチャレンジ関西最終戦からおよそ半年ぶりと久しぶりの岡山国際サーキット。果たして如何なりますことやら・・・。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

休日出勤の朝は・・・

Starbucks
毎年ゴールデンウィークのこの時期といえば、ヨメコドモは実家に帰り、オヤジは一人残って休日出勤というのが恒例のパターン。そんな束の間の独身気分、せめて朝くらいはちょっとゼイタクに・・・というワケで、少し早めに家を出て朝ごはんは勤務先近くでノンビリいただくというのも、これまた毎年恒例のパターン。
そんな出勤前チョットゆっくりしたい時に行くのが、休日朝ともなれば趣味のクルマやバイクが三々五々現れる(この日はヴィンテージ・ハーレーの集まりらしきものアリ)近所のスターバックス(↑)・・・ではなく、そのもう少し先にある「コメダ珈琲店」(↓)。完全連休モードのお洒落なスタバの雰囲気は、テイアウトするならまだしも、勤務中丸出しのヨレヨレのスーツ姿で一人過ごすにはチトつらい・・・ということで、折角の路上のエンスーな風景は通りすがりに眺めるだけでグッと我慢。
で、しかる後のコメダにて「トースト&ゆでたまご+コーヒー」という絵に描いたようなモーニングセットを、備え付けのスポーツ新聞を読みながらひたすらパクつく・・・やっぱオッサンにはコッチの方が落ち着くワ・・・。
Komedacoffee

| | Comments (2) | TrackBack (0)

カッティングシートでお化粧直し

Cuttingsheet
先日のユーロカップ3時間耐久レースでも大健闘をみせてくれた我らが「柳原メンテナンス耐久ジュリエッタ」のボディは現行で2代目。初代となる水色メタリックのボディは、’04年夏「Tipoオーバーヒートミーティング」の45分耐久でクラッシュさせてしまい、現在の黒いボディに「ハコ替え」。ただ「アクリルウィンドウの移植がメンドくさい」等の理由で、ドアだけは初代のものをそのまま使っていたところ、この「ブラック&水色メタリックのツートンカラー」がチームメンバーにはいたって不評・・・。
そこで今回、耐久ゲストドラとして参加していただいた「d-tech tanaka」さんに特別にお願いして、そのカッティングシート貼りの腕前でもって一肌脱いでいただきましょう!ということで、耐久レース本番の前日「柳原メンテナンス」までご足労いただき、水色メタのドア4枚分をボディと同色の黒にカッティングシートで施工していただくことに(↑)。翌日はレースで朝早いにもかかわらず、当のドライバーに夜遅くまで作業していただき、その節は本当にありがとうございました。
で、そんな突貫工事の末、見事完成なって晴れて「フツーの外観」を取り戻したジュリエッタの勇姿がコチラ(↓)。全体が黒一色となったボディに、車輌製作当初からチームオーナーたっての取付ご要望だったアルファロメオ75用バンパーの赤色が絶妙なアクセントになって、こりゃナカナカかっこエエがな!!・・・てな具合でチームメンバーの皆さんからも大好評を頂き、メデタシメデタシとなった次第。
確かにこうして改めて見ると、歴代アルファロメオ・ベルリーナの中でも所謂「トランスアクスル系」の代表格ともいえる「アルフェッタ」と、「ラストFRアルファ」の呼び声高い「75」の間に挟まれてか、それともただ単にその地味~ないでたち故なのか、イマイチ人気がパッとしない2代目ジュリエッタも、コレはコレでナカナカ捨てたモンじゃない・・・なんて思えるのは身びいきに過ぎるでしょうか?
Taikyugiulietta20105

| | Comments (0) | TrackBack (0)

自分レプリカ(その2)

Minicar
・・・といっても今回は実車ではなくミニチュアのオハナシ。
一昨日の仕事帰りに立ち寄ったいつもの「CAFE UNO」にて、「はいコレ!持ってきてくれはったよ。」とカウンターの上にマスターがポンと置いてくれた↑のミニカー。実はコレ、トライアンフTR4乗りの「UNO」常連さんで模型造りの名人でもある「TR4A」さんが、ナント自分のためにこしらえていただいた28番車のミニチュア。
ベースは以前缶コーヒーのオマケでついてきたアルファロメオGTA。この全長僅か40ミリ程のミニカー(・・・ということは縮尺はおよそ1/100!!)を、文字通り微に入り細に渡って28番車仕様に仕立て直していただいたその出来栄えは、コレはもうスバラシイ!!の一言。とりわけ実際1/1の現車を長年アレコレ考えを巡らせては施工してきた当の本人から見れば、そのあまりにも忠実な実車の再現ぶりには本当にただただ驚くばかり・・・。おかげさまで自分にとっては決してお金では買えない宝物になりました。TR4Aさん本当にありがとうございました!!
因みにこのミニチュアの制作過程は、TR4Aさんのブログ「エンスーフィッシャマン」にてその準備編から後編を経て完成編までの計5回に渡って公開されております。自称「米粒職人」TR4Aさんによる圧巻の作業内容、よろしければとくとご覧あれ・・・。
Minicar1

| | Comments (10) | TrackBack (1)

« April 2010 | Main | June 2010 »