« ユーロカップ2010 Rd.3 決勝車載映像 | Main | 今年2度目のツクバへ・・・ »

使ってみました、ウォータースプレー(その2)

Cap
夏の水温対策に「使ってみましたウォータースプレー」、その2はチョット恥ずかしい失敗編。
サーキットでの初使用となった先日のユーロカップの予選終了後、ウォータースプレー用の水タンクとして車室内に設置していたポリ容器が内側にベッコリとヘコんでしまっているのを発見。考えてみれば、今回取付けたヤシオファクトリー「岡ちゃんスプレー」の場合、配管の途中に逆流防止のワンウェイバルブが入っているため、噴射によって密閉されたタンク内の水が減れば、その分だけ柔らかいポリ容器が負圧でヘコんでしまうというのは、コレ至極当然の帰結ナリ。・・・ということで予選終了後のパドックにて、応急的にエア抜き(正確にはエア入れ?)の穴を、タンクの一番上となるフタの部分に開けてみるの図(↑)。
ところがこの穴を開けたフタのつく場所が、水タンクの進行方向に向かって前側(↓)。・・・ということは、スタート直後の満タン状態でブレーキングによる減速Gがかかれば、当然その穴から水が溢れ出してくるワケで・・・こんなコトにも気付かんなんて、我ながらなんとアサハカな・・・。てなワケで、ココの部分に関しては今後の要改善ポイントとなったような次第。
因みにこの水漏れの件、当日の車載映像にも、画面左下からチャプチャプ湧き出るのどかな噴水としてシッカリ記録されてオリマシタ・・・・。
Watertunk

|

« ユーロカップ2010 Rd.3 決勝車載映像 | Main | 今年2度目のツクバへ・・・ »

Comments

so informative, thanks to tell us.

Posted by: CeltScest | September 30, 2010 at 08:05 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54708/49545013

Listed below are links to weblogs that reference 使ってみました、ウォータースプレー(その2):

« ユーロカップ2010 Rd.3 決勝車載映像 | Main | 今年2度目のツクバへ・・・ »