« アルファチャレンジ2010関西Rd.4 お疲れ様でした。 | Main | ヒストリッククラス、少数ながらいまだ健在ナリ。 »

祝!岡山国際サーキット2分切り(その2)

29arc2010
我ら岡山国際サーキットを走るヴェローチェ乗りにとっては、遅かれ早かれいずれは越えねばならぬ「2分の壁」。そのラップタイム2分切りを、先日の「アルファロメオチャレンジ関西2010最終戦」にて見事達成されたのが、仲間内の「29番車」。岡山国際サーキット「Under120sec.Club」へようこそいらっしゃいませ~。
とはいいながら、地元セントラルサーキットでは既に1分38秒台のラップタイムを叩き出している関係上、「岡山国際2分フラット=セントラル1分40秒」が学会での定説となって久しい昨今、29番車の岡山国際2分切りは最早時間の問題・・・といったところが、我々「柳原メンテナンス週末おしゃべりーズ」の中での専らの見解。それでも念には念を入れ、タイム出しには絶好のこの時期、車輌セッティングにも万全を期しつつ満を持しての岡山国際アタックということで、イザ走り出してみればそんな壁なぞ最初っから無かったかのごとく一足飛びに1分58秒台に飛び込んでくる・・・っちゅうところが、サスガに仲間内でも段取り上手の「策士」で鳴らす29番車・・・ね?この1分ナントカっていう響きがナントモよぉござんすでしょ?!なんて軽口を叩き合うも、自分の知る限りで振り返れば、ここ何戦かの「アルファロメオチャレンジ関西」に加え、地元セントラルサーキット開催の「ユーロカップ」では発足当初からほぼフルエントリーに近い抜群の出走&完走率で、その毎レースごとに研鑽を積み重ねてきたここ数年の29番車。
地道な努力はやっぱり報われるのデス・・・。

|

« アルファチャレンジ2010関西Rd.4 お疲れ様でした。 | Main | ヒストリッククラス、少数ながらいまだ健在ナリ。 »

Comments

いや~、素晴らしいですねぇ。
やはり人も車も「力」が蓄積されていたのでしょう。
それが一度に爆発しましたね。
来年一緒に走るのが楽しみです。

29番さんがプレッシャーから解放された今、
次戦からは前夜にゆっくり寝られますね。 謎笑)

Posted by: 白猫#35 | November 06, 2010 at 04:10 PM

あわわわ・・・。

あわよくば、また引っ張って頂こうかとおもてましたが、
とても足元にも及ばなくなりにけりでございます~ぅ。(笑wobbly

Posted by: 赤ヒラメ | November 06, 2010 at 07:56 PM

「ラジアルノンスリなし」で2分切りを目指していましたが、、結局岡山2分4秒台・セントラル1分42秒台止まりでした。。ここらが限界なのか…?

Posted by: 147のタマ | November 06, 2010 at 09:49 PM

白猫#35様
正に満を持してというコトで・・・先程の車載映像鑑賞会でも明らかに「ひとつ壁を越した」感のあるドライビングが印象的でした。プレッシャー耐性も合せて1ランク上がったのでは?今後さらなる強敵となること請け合いデスゾ。

赤ヒラメ様
いよいよユーロ最終戦ですね!残念ながら自分は出走できませんが、久々のロータスVSロメオ、楽しみにしております。

147のタマ様
新しい車のことはよく分かりませんが、かなりキビシイ条件のようですね。そろそろ少し緩めてみても、また面白いカモしれませんよ。

Posted by: 28ばん | November 07, 2010 at 01:34 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54708/49948123

Listed below are links to weblogs that reference 祝!岡山国際サーキット2分切り(その2):

« アルファチャレンジ2010関西Rd.4 お疲れ様でした。 | Main | ヒストリッククラス、少数ながらいまだ健在ナリ。 »