« February 2011 | Main | December 2011 »

March 2011

当面の休止のお知らせ

2011garage
今回の巨大地震発生から2週間・・・今尚日々報道される目を覆わんばかりの被害状況には本当に言葉もありません。
現状では直接的な被害を受けていない関西在住の身としては、この先の災害救援・復興に向け、微力ながらもでき得る範囲でのご支援は言うに及ばず、先ずもっては目の前の自分自身の日々の生活を変わらず精一杯頑張っていく以外に無いわけですが、正にそんな日常の一部とはいえ、内容的には遊び・趣味一辺倒の、ましてや自分としては気楽な「おとぼけキャラ」で通してきた当ブログをこの時期、公のネット上に向け配信することに対しては心情的にやはりキツいというのが正直な所であり、さりとて一方では折角続けてきた自身に向けての大切な記録という面もありつつの、そんなこんなで自分なりに考えに考えた結果、当ブログの更新は当面の間休止することにしました。
思い返せば2004年9月の開設以来6年半、当ブログにお付き合いいただいた皆様方におかれましては、本当にありがとうございました。またその中でも被災地域の方々には心よりお見舞い申し上げます。ネット上ではしばらくお休みとなりますが、カタチはどうあれ「オヤジサラリーマンの草レース的生活」はまだまだ続きます。この先もパドック等でお見かけの際には、よろしければ声などかけてやってください。
それではまた・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

チューブホルダー

Tubeholder2
先日ちょっとした配線関係の小物を調達しに訪れた近所のオートバックスにて、↑のような「配線チューブホルダー」なる品を発見。
本来の用途は電気配線をまとめたコルゲートチューブを見栄え良く固定するためのモノ・・・を陳列棚の前で何となく眺めつつ、その形状とネーミングからフト思いついたのが、夏場の水温対策用に装備しているウォータースプレーシステムのビニールチューブ固定具としての流用。現状のタイラップ留めだと、柔らかい素材のチューブをどうしても締めつけ気味に固定してしまうのが以前から気になっていたところ、コレだとそんな管路抵抗も抑えつつエンジンルーム内に収まりよくスッキリ配管できるようなコトで、運転手の精神衛生上にも非常によろしかろうと・・・。
・・・なんてホンの些細な自己満足の世界でアリマス・・・。
Tubeholder1
Tubeholder

| | Comments (0) | TrackBack (0)

内装変速機のグリス・・・ダウン?

Derailer2
先日の後輪ベアリング交換作業の際、良かれと思い詰め込みまくったグリスのせいで、却ってペダルの回転が重くなってしまった通勤用ママチャリ改の内装2段変速機(↑)。当面はグリスが各部品に馴染むにつれ、幾分なりとも症状が軽減されることを期待しつつ、その日一日は様子を見たものの、コリャあまりに重た過ぎるワ・・・ということで、翌日には早くも再度グリスアップならぬグリスダウン作業をするハメに・・・。そこで一旦モンダイのグリスでテンコ盛りになった遊星ギア周りやハブのラチェット機構部分をパーツクリーナーで完全に脱脂してやると、テキメンに驚くほど軽く回る回る・・・。コレは物凄く速くなるカモ・・・なんて期待が一瞬よぎるも、「ママチャリでソコまで攻め込んでどうすんねん!?」ということで、やはりココは通勤快速らしく耐久性重視!!と思い直し、当初ベアリングに封入したものよりは若干柔らかめのスプレーグリスを軽~く吹きつけておいたようなコト(↓)。おかげでまた回転はやや重くなったとはいえ、当初よりは全然マシ・・・で、さらに1週間ほど経過をみたところ、今度はそれなりにグリスの馴染みが出てきたようで、まずは快調な仕上がりといったところ。
やはり何事もホドホドが肝心なようで・・・。
Derailer1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ユーロカップ2011開幕戦にエントリー

Eurocup20101
3月も半ばにさしかかり、毎年春はのんびりスタートの28番車にとっても遅ればせながらいよいよ2011年のシーズン開幕近し・・・・。というワケで、来る3月27日(日)地元セントラルサーキットにて開催のユーロカップ2011「EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース」にエントリー。1975年まで(同型車に限り1979年まで可)の欧州及び日本国内で生産された車両によって争われる「ユーロクラシック」も、早いもので数えること今年で9年目。参加カテゴリーは例年通り、排気量1601cc~2000ccの改造車が対象となる「T-2000」クラスということで、エントラント並びに関係者の皆様方におかれましては、本年もまた何卒ひとつよろしくお願い申し上げます・・・なんて久しぶりのパドックにて交し合うシーズン初めのご挨拶もまた楽しからずや。
さぁ今年もまた一年、自分なりのスタンスで精一杯ガンバッテイコー!!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

フェンダーミラー塗装

Fendermirror4
以前とりあえずの様子見ということで、黒のカッティングシートを貼りこんでみたフェンダーミラー
ただ素人作業の悲しさ、当面パッと見の雰囲気が確認できた色目はともかく、そのあまりのツギハギだらけの仕上がりはいかんともしがたくシーズンオフの懸案事項となっていたところ、ここへ来てようやく暖かい日も差し始めた頃合を見計らいつつの昨日は、ガレージ前にて缶スプレーを持ち出してのフェンダーミラー塗装作業。
・・・とはいったものの、青空自家塗装にはまだ少し時期が早かったようで、チャチャッと適当に足付け・下塗りした後は、ツイ横着してスプレー缶をお湯で温めたりせず、そのままサッとつや消し黒で吹きつけるのみで済ませてしまったので、仕上がり具合はまぁそれなりといったところ・・・。
とかナントカやってるうちに3月も1週間が過ぎ、気がつけばシーズンインは目前。
こりゃあんまりノンビリやっとれんワ・・・。
Fendermirror3

| | Comments (4) | TrackBack (0)

後輪ベアリング交換

Rearbearing
通勤用ママチャリ改のハブベアリング交換、先日の前輪作業に続いてのお次は後輪編。
当初の予想通り、後輪車軸側にはブレーキやスプロケ・内装変速機などがくっついている分、脱着作業にはやや手間取ったものの、こちらもなんとかハブ最深部にあるベアリングのワンにまで辿り着き、前回同様汚れ落としの必殺パーツクリーナー攻撃の後、改めてタップリのグリスと共に無事新品ベアリング球の封入に到る(↓)。
コレにてようやく駆動系からと思われる走行時の異音はほぼ全て解消。おかげでペダルもさぞかし軽~くなるかと思いきや、ところがドッコイさにあらずで、イザ走り出せば期待とはウラハラになんだか妙な抵抗感を伴う重~い感じ・・・。そういえばやたら静かになったのはいいが、今まではチキチキチキ・・・と軽快だったペダル空走時のラチェット音までもが消え失せてしまい、耳を澄ませばニチニチニチ・・・なんていういかにも抵抗感タップリの音が微かに聞こえる程度・・・。
振り返れば今回の作業中、ベアリング球交換のついでに良かれと思い、かたっぱしから内部にグリスを塗り込んでみた内装変速機の辺り・・・アレはやらずもがなの行為でアッタカ・・・?
Rearbearing1

| | Comments (2) | TrackBack (0)

SUBMARINE

Submarine4
仕事で昨日まで広島県は呉市に出張。
呉と言えば海上自衛隊・・・というコトで出張先の現場へと向かう道すがら、普段なかなか見られないチョット珍しい光景をば・・・。
前回の出張でも帰りにこんな施設に寄り道してたりして・・・
実は結構キライな方じゃないんデス・・・。
Submarine3

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« February 2011 | Main | December 2011 »