« 腰下は◎ | Main | アキレス腱炎 »

「お疲れ」はヘッド側に・・・

Headparts
前回に続いてのエンジン診断、お次は若干モンダイ発生のヘッド編。
永年に渡る酷使のツケが来ていたのは、カムシャフト。エキゾースト側4番のカム山サイド部分に表面の荒れが発生しており、その影響でバルブリフターの接触面が、指で触ってみて分かるほど明らかに削れてしまっていることが判明。うう~・・・カム交換までは想定していなかったぞなもし・・・・。
ただ直打式のカムとリフターの接触部分で、上記のような不具合が発生しているのはこの箇所のみということで、原因はオイル管理等の潤滑面ではなく、所謂「加工カム」特有の経年劣化ではなかろうか?とのこと。
ともあれこのまま放置すれば、またしてもリフター割れ等の重大トラブルに発展していたのは火を見るより明らか・・・なワケで、今回のエンジン総点検、結果的には「丁度エエ具合の開け時」だったようデス・・・。
Camlifter

|

« 腰下は◎ | Main | アキレス腱炎 »

Comments

転ばぬ先の杖・・でございますねぇ。
開けて見ないと分からんもんなんですねーっ‼
(^^;;

Posted by: 赤ヒラメ | February 20, 2012 at 05:49 AM

若干転んでしまっておりますが、それでもまだ最悪の状況は回避できたかと・・・。
今回のようなトラブル箇所であれば、次のレース前点検でも発見していただけたとは思うのですが、それはあくまでも結果論・・・やっぱ3、4年に一回くらいは腰下まで開けてみないと・・・デス。

Posted by: 28ばん | February 20, 2012 at 09:00 AM

エンジン開けたついでに、更なる柳原パワー注入で力持ちエンジンに仕上げちゃって下さい!

私の156TSもエンジン弄りたいのですが、夏のボーナスまでは何も出来そうにありませんf^_^;

Posted by: くろだ@156TS | February 20, 2012 at 08:54 PM

一度開けたらそのまま組むということはまず無いので、また少しばかりハナ薬を効かせていただいているようです。
ことエンジンに関しては、完全おまかせ仕様デス。

Posted by: 28ばん | February 21, 2012 at 08:40 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54708/54022184

Listed below are links to weblogs that reference 「お疲れ」はヘッド側に・・・:

« 腰下は◎ | Main | アキレス腱炎 »