« May 2012 | Main | July 2012 »

June 2012

泥除け交換

Cyarifender3
相変わらず毎日の通勤のアシとして元気に稼働中のママチャリ改。
ただなにぶんママチャリとしては結構なペースでの過走行というコトもあってか、前カゴや泥除けといった実用車ならではの便利装備にかかる負担は相当なモノのようで、泥除けが割れたり、取付ステーが折れたりなんてコトは日常茶飯事・・・。なので前カゴの固定は金属ステーのみで剛結せず、一部をタイラップ吊りにすることで振動を逃がして、とりあえずの対策としているものの、泥除けの方は壊れる度にテキトーなアルミ板のパッチ当て修理でお茶を濁すのみ・・・。先日も出勤途中に真っ二つに割れた後輪泥除けを、応急のガムテ補修しての帰り道。JRの踏切をガタガタと越えたところで、折れた泥除けもろとも後輪に巻き込んでしまい、バキバキバキバキ!メリメリぐしゃ・・・と↑のような状態・・・。
サスガにこう頻繁に壊れれば、ママチャリならではのルックスに未練を残しつつも、後輪の泥除けに関してのみは取付方法を根本的に見直さねばならんということで、従来より走行時の振動がモロに伝わりにくいであろう↓のようなタイプの泥除けに変更。
う~ん、また一層アヤしい自転車になってシマッタ・・・。
Cyarifender4

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ラジエターフィン修正

Radiatorrepair
夏場の渋滞突入時における水温上昇対策第2弾は、ラジエターの「目立て」。
ツイこの間新調したと思っていたアルミラジエターもいつの間にやらもう7年選手・・・となれば、柔らかいアルミ素材ゆえ、脱着時などにチョット当たったりするだけで簡単にできてしまうフィンの倒れ部分も、それなりに増えてきているようなコト・・・。そこでそんなラジエターコアに風が通りにくくなってしまっている部分を修復することで、少しでもラジエターの機能回復を図ろうという算段。
で、探せば便利な道具があるもので、↑のラジエターフィン修復用プライヤーをネット通販にて購入。コレでもって走行風の当たらない停止中は頼みの綱となる電動ファンの裏面辺りを中心にセッセと目立て作業に勤しむこと数時間・・・。結果↓の写真がその作業前と修復後。サスガに専用工具というだけあって、倒れたフィンをつまんで起こせる分、マイナスドライバーなどを突っ込んだりするよりもはるかに使い勝手がよく、完全修復にはホド遠い出来ながら、遠目でみればまぁマズマズといったところ?
果たしてこの地道な作業、渋滞時の水温安定に効果アリや無しや・・・?
Radiator
Radiator2

| | Comments (4) | TrackBack (0)

第52回 3000人の吹奏楽

Brassband_3
昨日の土曜日、ムスメが出るというコトで、ヨメハンと二人、会場の京セラドーム大阪まで・・・。
それにしてもまだ超のつく初心者のハズなのにナゼ?!と訝りつつも、言われるままに開演前の席に着いた時点でヨメハンが一言。
「今日は賑やかしで踊るだけやから。」
オイオイそれを先に言ってくれよ・・・。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

全員落選・・・大阪マラソン

Eurocup20122
27fsw3
「第2回大阪マラソン 抽選結果(落選)のお知らせ」・・・ってもう開ける前から分かるタイトルのメール。
かねてより5倍とも6倍とも云われていた競争率からすれば、かような結果にも納得できようものの、今回あえて割高なグループエントリーはせず、各々で申し込みをしていた仲間内の残る3名、誰ぞ当たってるやろ・・・と問い合わせてみたところ、コレがまぁ全員仲良く討ち死にということで・・・。
恐るべし昨今のマラソンブーム・・・それにしても相変わらずウチのチームワークは抜群だね~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本の夏はやっぱりコレ

Pocketbike
6月も半ばを過ぎればそろそろ休日のガレージ作業の大敵、「蚊」の季節の到来・・・となれば、虫除けにはヤッパリ昔ながらのコレ!っちゅうことで、近所のドラッグストアにて特売中の「フマキラー蚊とり線香本練りジャンボ」powered by「涼やかな香りの天然香料入」を購入。
効能書きによると、「品質本位に選んだ材料を丹念に練り込んだ「本練り」のこだわりが、香りにも色合いや風合いにも生きています。なつかしいあの頃の、しっとりと情感のある夏の夜に"タイムスリップ"してみたい方におすすめ。」とのこと・・・う~ん正にこれからの夜なべ作業にはピッタリ!!ってナンのこっちゃ?!
因みに↑は、蚊とり線香の缶だけではあまりにナンなので、手近にあったいただきもののポケバイもろとも撮影してミマシタの図。改めて見るとなんかシュールな取り合わせダ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

エキゾースト遮熱対策、再び・・・

Exhaustjackets
エンジンOH後初めての夏を前にして、水温管理にやや不安アリの28番車。・・・とは言っても、サーキットでも公道でも、ラジエターに風のよく当たる走行中であればこれまで通り全く大丈夫。モンダイは停まっている時で、以前なら少々渋滞にハマろうが、水温は高め安定ながらも85℃を超えることはまず無かったのが、先日のユーロカップからの帰路では気温はそう高くなかったにもかかわらず、日曜夕方お決まりの中国道の渋滞で止まったとたん、水温計がみるみるうちに90℃近くまで上昇し、たまらず高速バス停留所に緊急避難。渋滞緩和と水温が落ち着くまで小一時間ほど足止めをくってしまったようなコト・・・。
そこで当面の対策として、以前エンジンルーム内の熱害防止に効果はあったものの、あまりの耐久性の無さに外してしまっていたエキマニの遮熱処理を再び・・・。ただし今回はすぐに緩んでボロボロになってしまわないよう、細長い耐熱バンデージをエキマニにグルグル巻きつける従来のものではなく、幅広の遮熱材でエキマニを包み込み、合わせ目の要所要所を付属の金具で固定するタイプのものを選択。
で、早速ガレージにてエキマニを取り外し、お向いのMっちゃんに貸していただいた新兵器「ワイヤーツイスター」を駆使しての針金巻き固定も併用しつつ無事装着完了、後は耐熱ペイントで軽く仕上げして車輌に組付ければめでたく完成というところ(↑)。
本格的な夏到来に向けさらに根本的対策は必須と覚悟しつつも、コレで少しでも効果が出てくれれば・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

トンだ闖入者

Maenori
先週末参加した「アルファロメオチャレンジ関西2012」第2戦の朝のこと。
岡山国際サーキットでのレースの際は、サーキット内のロッジに前泊して、あらかたの走行準備は前夜のうちに済ませている(↑)こともあり、朝イチの受付でもらった計測器を車に取り付けてしまえば、後は予選準備にかかるお昼前まではチョットした空き時間・・・。
この日は仲間内の参加もなく、一人ピット内にて手持無沙汰にしていたところ、虫の知らせか何故かフト気になり、何気なくエンジンフードを開けてみたところ、ハッ!と振り向いた子猫と目が合ったんだからタマラナイ。朝っぱらからのビックリ仰天は向こうも同じだったらしく、慌ててエキマニの奥に隠れたのはいいけれど、「お~いシッポが見えてるゾ~!あきらめて出て来~い!!」なんて、散々呼んでみたところで、かわいそうにコチラの手の届かないエンジンルームの隅っこでブルブル震えるばかり(↓)で、一向に埒が明かず・・・。そうこうしている内に周りの方々も気づいてくれ、皆でわいわい朝のピット内がチョットした騒ぎに。エンジンをかけてみようにも、慌てて飛び出した子猫がファンベルトに挟まれたりしたらタイヘン・・・で、結局ジャッキアップした車体の隙間から手を伸ばして逃げようとした隙に、居合わせた別の方に上からサッとつまみだしていただき事なきを得たような次第。
そういえば前夜の戸締りの際、シャッターの支柱が1本だけ行方不明で、一箇所開けっ放しにしていたのを思い出す。加えて車内のバケットシートの隙間には、朝ごはん用のおにぎりが1個だけコロリと忘れ去られており・・・・。
いや~それにしても、そのままエンジンかけなくてヨカッタ!!
Isourou

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アルファチャレンジ関西2012Rd.2 決勝車載映像(その2)


昨日の第1ヒートに引き続き、先日の「アルファロメオチャレンジ関西2012」第2戦のレースB、今回は決勝第2ヒートの車載映像(↑)。
第1ヒートの着順がそのままスターティンググリッドということで、アウト側6列目11番グリッドから始まる決勝第2ヒート。今度はスタートから同じ旧車同士「SRSアルファ」(↓)I田さんとの一騎討ち。ついさっきの第1ヒート同様、序盤の陣取り合戦のドサクサにまぎれて逃げきりを図るも、サスガに2度目ともなればそうは問屋が卸さず、ルームミラーにジワジワと大写しになる黄色のヴェローチェ・・・。うひ~!!今度はジックリ腰据えてキタ~!!てなプレッシャーからレース中盤、ただでさえ遅いアトウッドコーナーをツイ慎重に入りすぎてしまうという凡ミスを見逃してくれるワケもなく、続く裏ストレートにて彼我の順位はアッサリ逆転。2ヒート制6周の超スプリント、残る周回を後方から懸命に喰らいつくも、その差は付かず離れずといった苦しい展開に、最早これまでか・・・と諦めかけた最終ラップで、前車突然のスローダウンという意外な決着。結局第2ヒートはスタート時のポジションと変わらず、総合第11位にて無事完走・・・と、終わってみれば前戦ユーロカップ同様、結果オーライのタナぼた続きだったのはイイとしても、内容的にはマダマダ今後への宿題が満載といった感の、今年上半期の最終戦でアリマシタ・・・。
Srsalfa_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アルファチャレンジ関西2012Rd.2 決勝車載映像(その1)


先週末行われた「アルファロメオチャレンジ関西2012」第2戦のレースB、決勝第1ヒートの車載映像(↑)より・・・。
予選タイム1分54秒730は総合13番手、アウト側7列目からスタートの28番車。その苦手なスタートをどうにか無事こなしたとはいえ、すぐ後方予選15番手スタートの「SRSアルファ」I田さんは言わずと知れたスタート巧者。1・2コーナーはナントカ凌いだものの、続くアトウッド(通称:すり鉢)の進入からたちあがりにかけてが、「うわ~!!抜群に速いー!!」というわけで、その先の裏ストレートエンドにてたまらず先行を許す・・・。この日は続くインフィールド区間でのみ多少のアドバンテージを感じていた28番車、「コレは序盤のドサクサのうちに前に出ておかねばマズイ!」ということで直後のリボルバーからパイパーコーナー(通称:便所裏)にて半ば強引にポジション回復。あとはひたすら前を行く「ユニコルセ145ANDARE」(↓)M選手を懸命に追いかける・・・・もジワジワ離されていく~・・・という展開。
で、結局その後は波乱無く、総合11位にて無事完走という決勝第1ヒート、僅か6周の超スプリントレースでアリマシタ。
Mr200145

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アルファチャレンジ2012関西Rd.2 お疲れ様でした。

28arc2012
本格的梅雨入り前の滑り込みセーフ!!といった感の好天に恵まれた、アルファロメオチャレンジ関西第2戦は昨日無事終了。お疲れ様でしたー!!
今回の関西戦も「速い方チーム」のレースBにて出走の28番車、トップグループは1分45秒台という遥か彼方の別世界ということで、予選13番手スタートの決勝第1ヒートは総合11位・・・で、その11番グリッドから走り出す第2ヒートはそのまま順位変わらず、これまた11位にて無事完走というリザルト。215タイヤでの地元岡山国際2戦目、今年こそはベスト更新を・・・と気合を入れて臨んだものの、予選タイムは1分54秒台後半と全くふるわず、決勝に至っては1分55秒台がやっとという有様では、イカニモな見た目のオーバーフェンダーが逆に恥ずかしくもなるワケで・・・。
とはいえ、どんなカタチであれ、とにもかくにも無事に終えることができた2012年シーズン前半戦にまずは感謝しつつ、来る後半戦での飛躍に向け、また気を取り直してガンバッテいこー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

明日はアルファロメオチャレンジ関西2012 Rd.2

Srsgiulia4
明日、6月10日(日)は岡山国際サーキットにて「アルファロメオチャレンジ関西2012」第2戦。
主催者ARCAより昨日ようやく発表されたエントリーリストによると、28番車の参加する「レースB」は総勢・・・「え!?メッチャ少ないやん?!」の僅か18台、そのうち旧車は当の28番車と今回久々のお手合わせとなる「SRSアルファ」I田さん(↑)の2台のみというサビシサ・・・。うわ~コレは冗談抜きにドベも十分ありうるなぁ・・・なんてビビリつつも見れば、入梅直後の6月という時期もあってか、他カテゴリーへのエントラントも軒並み20台をわれこむといった閑散たる状況。とはいえ参加する側にとっては、空いている分走行中の他車との接触などのリスクは確実に減るワケで、その辺はまぁ考え方次第なわけデス。
で、そんなコトより断然気になる明日のお天気。岡山県北部地方の予報は現在のところ「曇りのち晴れ」降水確率10%。願わくば文字通り「梅雨の晴間」となってくれますよう期待を込める今シーズン上半期最終戦。どうか今後に繋がる納得のいくレースをして、無事に帰って来れますように・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

カットオフスイッチのステッカーなど・・・

Sparksheet
先日設置し直したサーキットブレーカー用ケーブルの車外操作位置を表示するステッカーを貼付(↑)。確か同様のものを大昔から貼ってあったハズが、恐らくは以前の板金修理の折にでも剝がされたと推察するも、はてさていつ頃のコトだったのやら・・・?
ともかくサーキット走行派にはお馴染みの「赤色のスパークを青色の三角形で囲んだ記号」の画像データをネットから採取、それを基に手持ちのカッティングシートを切り貼り工作してペタリといっとく。ついでに同じ赤色のカッティングシートで矢印を2つ切り出し、最近バンパーを装着したおかげで見えにくくなっていた牽引フックの在処を、イザという時にサーキットオフィシャルの方にも容易に見つけ出してもらえるように貼っておくの図(↓)。
因みにその下の写真はさらについでのシール貼り作業のオマケ・・・郷土愛に燃える(?)ムスメからのたっての要望に応え、ご登場いただいた島根県観光キャラクター「しまねっこ」。
何卒ご利益がありますように・・・だんだんにゃ~。
Hookarrow
Hookarrow2

Shimanecco

| | Comments (2) | TrackBack (0)

カットオフスイッチ用ワイヤー取付

Cutoffwire
サーキット走行中のトラブル発生時における安全確保のため、車輌の全電気回路を速やかに遮断できるよう28番車にも装備しているサーキットブレーカー。非常用の装備という性格上、車外からも操作可能にするため、車室内に設置したカットオフスイッチに、車外から引き込んだ操作用のワイヤーを連結しておくのが一般的な方法。
ところが昨シーズンオフにそのカットオフスイッチを移設した際、ウッカリ車外操作用のワイヤーを外したままにしてしまっていたことに気づき、丁度ガレージ引越の整理中にタマタマ出てきた車種不明のボンネット開閉用ケーブルを利用して新たに設置し直したところ。
後はこれまたいつの間にやら剝したマンマで忘れていた識別用の稲妻ステッカーも貼りつけておかねば・・・。
Cutoffwire2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アルファロメオチャレンジ関西2012 Rd.2にエントリー

28okayama2012
来る6月10日(日)、岡山国際サーキットにて開催の「アルファロメオチャレンジ関西2012」第2戦にエントリー。
前戦ユーロカップ同様、こちらも開幕戦は欠場のため、28番車にとってはこれが今シーズン初のアルファロメオチャレンジ。参加台数の関係上、ここ最近のロメオチャレンジではレース区分は現行最高峰カテゴリーとの混走の上、関西戦では夏場に限らず常時採用されるようになってしまった苦手な2ヒート制ということで、今回もナカナカにしんどいレースとなりそうな予感。・・・なんてボヤいてみたところで、泣いても笑ってもコレが28番車の今シーズン上半期の最終戦。
ナントしてでも自分なりの満足がいくカタチで、気分良くシメたいもんです・・・。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

ユーロカップ2012 Rd.2 決勝車載映像(その2)


先日のユーロカップ2012「EURO&JAPANクラシックカーレース」第2戦、決勝前半戦に続いて後半部分の車載映像。
この日の決勝ファステストラップで追い上げて来られた亀トラMさんのアルファスパイダー(↓)にアッサリ先行を許し、それでもナントカ喰らいついていこうとガンバル後半戦。後方からアノ手この手でチャンスのカケラでも拾えればと懸命に周回を重ねるも、前車との地力の差はいかんともしがたく、総合4番手の順位のまま迎えた最終ラップ。その前を行くスパイダーの突然のスローダウンで、終わってみれば予選順位どおりの総合第3位にて無事完走という結果・・・本当にレースは何が起こるかわかりまへん。
ただそんな「タナぼた」なリザルトとはウラハラに、またしても今後に向けての課題宿題が山積みとなってしまった今回のレース。昨夜の反省会でも「ついていくのが精一杯で、手も足も出てないやん」とのキツ~い指摘に、悔しながらもぐぅの音も出ず・・・。「でもまだ打つ手があるというのは楽しみなコトなんやで・・・」とは相方27番車の暖かいお言葉でアリマシタ。
Morispider

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ようやく自分のペースが・・・?

Yodogawamarathon
これまで長年慣れ親しんできた自動車はナントカなっても、生身の人間のほうはどうにも・・・といったわけで、年初以来走っては故障を繰り返していた28番車運転手のランニング生活。
そんなこれまでの反省も踏まえ、その後は「運動不足解消」の初心に戻り
①2日連続では走らない
②あくまでも距離は控えめに・・・
③ガンバって追い込むのは週1回
などなど、とにかく無理だけはゼッタイにしないように心がけたところ、先月は久しぶりに故障知らずの1ヵ月を過ごすことができ、ようやく自分なりのペースが見えてきたかな?といったところ。
今後もこれに油断せず、無理せずジックリ続けていこー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2012 | Main | July 2012 »