« November 2012 | Main | January 2013 »

December 2012

2012年度 全リザルト

28arc2012final
早いもので2012年もアッという間に、もう大晦日の夕暮れ時・・・。
昨年同様、またしても年の瀬ギリまで遊び呆けていたツケが、ここ数日でドッと押し寄せた関係上(現時点では今年最後の重要任務「お風呂掃除」がマダだったりして・・・)、今年末もバタバタやっているいつもの調子ではのんびりシーズンを振り返る余裕も無かったワケで、その分大晦日恒例「本年度28番車全リザルト」にて改めて今シーズンの記録を書き残しながら、大急ぎで今年1年を振り返りつつの、当ブログ2012年のシメとさせていただきたく・・・。
今年も1年本当にお世話になりました。どうぞ良い年をお迎えください!!

第15回 ミニ・ジャック ヒストリックカーレース
2012年5月13日 岡山国際サーキット(ドライ)
クラス1 オーバー1500 予選PP 1’54.254  決勝1位(2) BT 1’54.957(FL)

ユーロカップ2012 ユーロ&ジャパンクラシックカーレース 第2戦
2012年5月27日 セントラルサーキット(ドライ)
T-2000クラス 予選3位(3) 1’34.166  決勝3位(3) 1’35.558

アルファロメオチャレンジ2012関西 第2戦
2012年6月10日 岡山国際サーキット(ドライ)
第1ヒート
HSRクラス 予選1位(13) 1’54.730  決勝1位(11) BT 1’55.791
第2ヒート
HSRクラス 決勝1位(11) BT 1’55.688

アルファロメオチャレンジ2012関西 第3戦
2012年9月9日 岡山国際サーキット(ドライ)
HSRクラス 予選2位(14) 1’56.712  決勝2位(14) BT 1’56.470

ユーロカップ2012 ユーロ&ジャパンクラシックカーレース 第3戦
2012年9月30日 セントラルサーキット(ウェット)
T-2000クラス 予選PP 1’49.886  決勝3位(3) 1’54.424

チャオ・イタリア2012 クラシックカーチャピオンレース
2012年10月21日 セントラルサーキット(ドライ)
BT-3クラス 予選PP 1’33.812  決勝1位 BT 1’34.335

アルファロメオチャレンジ2012関西 第4戦
2012年11月3日 岡山国際サーキット(ドライ)
HSRクラス 予選2位(2) 1’53.380  決勝1位 BT 1’53.707

アルファロメオチャレンジ2012 全国統一戦
2012年12月24日 富士スピードウェイ(ドライ)
HSRクラス 予選1位(21) 2’11.901  決勝1位(15) BT 2’11.033

※カッコ内は総合順位 BT→BEST TIME FL→FASTEST LAP

| | Comments (2) | TrackBack (0)

アルファロメオチャレンジ2012全国統一戦 お疲れ様でした!

Arc2012final
クリスマス寒波真っ只中、厳寒の富士スピードウェイにて行われた「アルファロメオチャレンジ2012全国統一戦」は一昨日無事終了。お疲れ様でしたー!!
まぁ「全国統一戦」とはいっても、エントラントのほとんどを現行車輛が占める現在のアルファチャレンジの中にあっては、今や風前の灯の我ら「ヒストリッククラス」ということで、今年の旧車ロメオでの統一戦参戦はとうとう28番車1台のみ・・・完走すればコレ即ちクラス優勝デスワ。で、そんなアウェイ感タップリの中、一時は激しく粉雪が舞い散るという寒さキビシイ天候ながら、午前中の練習走行に、続く昼からの予選・決勝といずれもドライ路面で走行できたのは何よりの幸い。またその予選では突然の謎のエンジンストールに見舞われながらも(コレ早急に原因解明の要アリ)、「レースC」参加25台中の21番手にかろうじて踏みとどまり、その後の決勝も、これまたからくも周回遅れを免れての総合第15位にて無事完走。さらには1年ぶりのFSWながら、終了間際の決勝7周目に自己ベストとなる2分11秒033をひねり出し、今年1年散々苦しんだ2012年シーズン最終戦としては、まずは上出来の自己満足といったところ。
・・・てな感じで、今年も1年どうにかこうにか無事やってこれたのも、コレ一重に周りの皆様の暖かい手助けがあってこそ。28番車、改めて感謝感謝の2012年シーズン最終戦でアリマシタ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

明後日はアルファロメオチャレンジ2012全国統一戦

Arc2011final
いよいよ明後日、12月24日(月祝)は静岡県は富士スピードウェイにて開催の「アルファロメオチャレンジ2012全国統一戦」。
・・・ということで、今年で2回目となる年末のFSW遠征、現時点では主催者ARCAからのエントリーリストは未発表ながら、事前送付されてきたタイスケによると、今回の参加レース枠は前回のお願いも虚しく、またしても現行車輌最速クラスとの混走となる「レースC」とのお達し。恐らくヒストリッククラスでの参加は自分一人であろうにもかかわらず、遥々遠征参加の旧車1台、ナゼにそこまでして虐めるか?!なんてボヤきたくもなる気持ちはグッと抑え、ここはひとつ「置かれた場所で咲きなさい。」の精神で・・・。
ただ気になる当日の天気予報は、折からのクリスマス寒波襲来とのことで、曇り時々ゲッ!?雪?!の最高気温6℃、最低気温がマイナス2℃って、コレはタイヤ冷え冷え1周目のコカコーラはゼッタイの要注意・・・。となればむしろ、最後尾からの旧車一人旅の方が考えようによっちゃ気楽なモン。
いずれにせよ泣いても笑ってもコレが28番車にとっての2012年の走り納め。寒い中でも事故なくしっかり楽しんで、どうか無事帰って来れますように・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

215ミリの幅、未だ使いきれず・・・

Tirewheel2
サイズアップにより今後増々の負担増となるであろうランニングコストにもメゲす、今シーズン初戦から導入した「215/50R15」サイズのヨコハマADVAN「A050」Mコンパウンド。ところがイザ実際に使い始めてみたところ、当初心配していたタイヤの磨耗度は、少なくとも左リアはものの半年余りでご臨終となっていた(それも取っ替え引っ換えしながら・・・)「195/60R14」の頃と比べ、「意外に持つ」というのがこれまでの印象。
シーズン開幕戦の「Mini Jack」に始まり、ユーロカップの第2戦第3戦雨タイヤ使用)、アルファロメオチャレンジ関西の第2戦第3戦第4戦チャオイタリアと、計6戦の予選・決勝を走りきったにもかかわらず、トレッド面はまだまだあと1、2レースはイケそうな感じ。
もっとも今シーズンの前半戦は、自己ベストとは程遠いラップタイムに七転八倒していた時期だっただけに、頑張っている割にはち~ともタイヤはチビなかったというのも原因のひとつ。また後半戦はややラップタイムも盛り返してきたにも関わらず、タイヤの減り具合はほぼ変わらずというのは、未だ215のタイヤ幅をフルに使いきれていない証拠との指摘も多方面よりアリ。
・・・ということは、まだその分の「伸びシロ」が残っているハズ・・・と、あくまで前向きに考えるのでアリマス。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

台上試運転風景

Worksengine
先週末の土曜日、来週早々に控えた「アルファロメオチャレンジ2012」全国統一戦に向けての点検を終えた28番車を、いつもお世話になっている「柳原メンテナンス」まで引取りに訪れたところ、折しも作業場ではワークスエンジンの台上試運転中・・・。未だ台上とはいえ、アイドリングからの軽いブリッピングでレスポンス良く吹け上がる様は、「ナカナカにイイ感じっすね~」なんてしばし見学。伺えば結構キョーレツなカムプロフィールにもかかわらず、7~800回転あたりでフツーにアイドリングしているエンジン君を眺めつつ、気付けばキャブレターはアコガレの「ウェーバー50」。
「それでも昔のアバルトとかに比べたら、排気量からいうてもカワイイもんやわ。」なんてお話を聞きながら、エンジンの傍らにしゃがみこみ、普段車載状態では見れない角度から改めてキャブの吸気口を覗き込んでみると・・・いや~それでもやっぱりこの口径はデカイわ・・・。
Caburetor

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ウチのは大丈夫か?!

Mamacyaribb
長年の旧車レースだけでなく、最近ではそれに向けての基礎体力養成が目的のママチャリ通勤仲間でもある相方27番車が先日体験したショッキングな事件を先ずはコチラにて・・・。
で、同じく古~いママチャリを日々酷使している自分にとってもコレはヒトゴトでは全く無いワケで、お互い同じ奥さんからのお下がり品とはいえ、こちらは嫁入り道具どころかさらに時を遡る大昔、ヨメハンが高校入学時に通学用に購入したというイニシエのシロモノ。さすがに今更ながら不安になり、改めてシートポストのフレーム接合部分を目視点検。こちらはフレームのチューブ同士を直に溶接するのではなく、3つ又パイプのジョイントで固定する方式。見た目にはコッチの方が頑丈そうな気もするが、なんせこれまで風雨に晒されてきた年数が年数なので、その醸し出す雰囲気には、やはりそこはかとなく危険な香り・・・。
とはいえ、果たして今後ドコをどう気を付けてやればいいものやら?とりあえずは普段からフレーム周りの不審な挙動に注意するくらいしかなさそうダ・・・。
Mamachari12

| | Comments (0) | TrackBack (1)

アルファチャレンジ2012全国統一戦にエントリー

28yanagiharam2
来る12月24日(月祝)、静岡県は富士スピードウェイにて開催される「アルファロメオチャレンジ2012全国統一戦」にエントリー。
今年は人間様が走る都合もあり、当初から早々に全日程終了とするつもりだった28番車の2012年シーズンなるも、年の瀬のココへきてやっぱり悪いムシが騒ぐというか、1年のシメはやっぱりヴェローチェで・・・との思いに抗しがたく・・・。
ただここ数日の寒波に加え、当日は全国的にクリスマスイブ・・・よりによってそんな日に一度ならずニ度までも、我がコトながらようやるわ・・・などと呆れつつ、コレで正真正銘ホントにホントの28番車2012年シーズン最終戦は、本年度最初で最後のFSW遠征であります。
28window

| | Comments (2) | TrackBack (0)

第2回神戸マラソンをGPS時計で振り返る

Runningwatch
先日の神戸マラソンに向け購入したランニング用GPSウォッチ、エプソンの「WristableGPS」は、28番車のマラソンの大先輩「ますけん」さんのマネをしてフンパツしたもの。
ただお師匠さんと同じ本格アスリート仕様となる「SS-700S」は、初心者にはまだ早かろうということで、こちらはファンランナー向けの「SS-300G」。ただそんな廉価版とはいえ、ランニング中に自分が今現在1キロあたり何分何秒のペースを刻んでいるかが、おおよそながらでも確認できるというGPS内蔵ならではの機能は、俄かマラソンランナーにとっても便利なコトこの上無し・・・どころか、初マラソンの右も左も分からぬ中、前半の大混雑の群集に翻弄されながらも、ナントカ自分なりのペースを維持できたのはひとえにコレのおかげ。で、その記念すべき初マラソンの記録も兼ねて、1km毎のラップを列挙してみたのが↓。総距離がGPS計測誤差でジャスト42.195kmになっていないのはご愛嬌。
それにしても最初っからこんな文明の利器に頼っていてイイノカ?!いいんです!!始めるのが遅かったんデスカラ!!

第2回神戸マラソン
 1k 6:53 スタート直後からトイレには長蛇の列・・・最後までガマンを心に決める。
 2k 6:02
 3k 6:02
 4k 5:55
 5k 6:06
 6k 6:24 JR長田駅付近、「鉄人28号」像には全く気付かず・・・。
 7k 6:01 
 8k 5:48 沿道に○○中学の応援横断幕。中学野球部時代、練習試合の帰りに襲われたっけ・・・。
 9k 5:55
10k 5:56 まだ10km、抑えて抑えて・・・。
11k 5:58 
12k 5:52
13k 5:59 早くも折り返しの先頭ランナーとすれ違い。いまだ往路の凡人一同で一斉にどよめく。
14k 5:46
15k 5:52
16k 5:45
17k 5:49 舞子公園折り返し、あまりの人出に沿道のしぶちゃんの姿は確認不可能。
18k 5:47
19k 5:50
20k 5:48 太腿付根あたりに軽い筋肉痛発生、アレレ?まだ半分なのに大丈夫?
21k 5:40 ハーフ通過。↑が気になるが、ぼちぼちペース上げねば・・・。
22k 5:51 
23k 5:41 筋肉痛は両太腿前面全てに拡大。こりゃこのままイクしかない!
24k 5:36 ここから30kmまでを最速区間にすべく、意を決してペースアップ。
25k 5:36
26k 5:36
27k 5:36
28k 5:45
29k 5:41
30k 5:42 30年ぶりに見る苅藻のガスタンク。懐かしさに思わずナミダ・・・。
31k 5:49 30km通過、ここからは未知の領域ダ・・・。
32k 5:30
33k 5:46
34k 5:51 給食ポイントにてカネテツのちくわを鷲掴み。走りながらむさぼり喰う。
35k 6:01 名物浜手バイパス上り坂、ナントカ歩かずにイケタ!!
36k 5:47
37k 5:14 給食ポイントにて三笠饅頭をむさぼり喰う。もう何でも喰う!
38k 5:58
39k 5:24 難所の神戸大橋を渡りきり遂にポーアイ突入。でもココからが長かった!!
40k 5:43
41k 6:02 一番キツかった区間。前方にガックリうなだれて走る熊の着ぐるみ・・・仮装ランナーは偉大だ。
42k 5:44
42.97k 5:21 ゴール直後、携帯アプリで見ていたヨメコドモからの電話に滂沱の涙・・・子供ドン引き。
total 4:10'43"

| | Comments (2) | TrackBack (1)

ペダル交換(その2)

Pedal2
運動不足解消に・・・と始めた自転車通勤も丸2年半となり、相変わらず元気に稼働中の通勤用ママチャリ改。ただ乗り始めの頃にいただいたアルミ製のカッチョいいペダルは、以前の不注意から右側面をグニャリとヒン曲げてしまっており、まぁそれでも実用には影響無かんべということで、そのままずっと使い続けていたようなこと。ところが先日、廃業した自転車屋さんの在庫から未使用のペダルを分けていただけることとなり、コレを期にめでたく新品に換装と相成った次第。
これまでの華奢なスポーツタイプ(?)とは異なり、今度のは質実剛健、少々歩道の段差に擦ったところで大丈夫そうなヘビーデューティーなヤツ。やっぱ実用車はコレっしょ!・・・てなわけで、愛用のトークリップはそのまま移植して無事作業完了の図(↑)。
で、そんな頑丈さに加え、もうひとつ魅かれたのはペダル側面につくお馴染みオレンジ色の反射板。夜間走行では常時LEDの尾灯を点滅させているとはいえ、ここ最近の冷え込みではサスガにカッターシャツ一丁というわけにもいかず、仕事帰りのサラリーマンの身の上、どうしても闇に紛れ込みがちな服装となってしまうのがこの時期。そんな暗い夜道にて、背後から迫るヘッドライトに向けての視認性には侮りがたい効果アリ・・・というのは、これまでの自動車側の経験からでもありますハイ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新東名にて「白鯨」と遭遇

Kujira
先々月の「JCCAクラシックカーフェスティバル エンデュランス筑波ミーティング」からの帰路、もうトップリ日の暮れた新東名高速道路下り線、静岡SAのパーキングで見かけた懐かしい「クジラ」(↑)。
おまけに往時でもチョット珍しかった2ドアハードトップ(今や死後ですな・・・)ということで、その愛称の由来となった特徴的なフロント周りの造形に加え、真横から見た姿(↓)も記念にパチリ。こうして見ると、ルーフからお尻に向けなだらかにすぼまっていくなんとなくアンバランスなボディラインも、子供の頃よく図鑑で見かけた「くじら」っぽい雰囲気をそこはかとなく醸し出しているような・・・?それにしても、今の肥大化しきった現代車と比べ、あの頃の「いつかは”クラウン”」のまぁなんとコンパクトなこと!
・・・てなワケで、往年の名車を散々堪能しきってお腹一杯のツクバ帰りの最後にひとつ、チョットいいもん見せていただけました。
Kujira2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2012 | Main | January 2013 »