« March 2013 | Main | May 2013 »

April 2013

ユーロカップ2013「3時間耐久レース」お疲れ様でした!!

Taikyugiulietta2013_2
晴れ渡る青空!連休初日の絶好の行楽日和に恵まれた「ユーロカップ2013・春の3時間耐久レース」は昨日無事終了。お疲れ様でしたー!!
今回の我らが「柳原メンテナンス耐久ジュリエッタ」チームの決勝総周回数は80周、スタートから2時間57分14秒をかけての無事完走。決勝でのタイヤ温存の為、ド中古のA048(!)で出ていただいた(Oセンセ、ホントありがとうございました)予選は総合21番手。でもそこからはいつものチーム一丸、決勝では途中クラッシュした車輌の回収によるペースカー先導が3度も入る中、常に安定したペースで周回を重ね、終ってみれば出走23台中の総合第12位というリザルト。
これにてユーロ3時間耐久でのチーム連続完走記録は「8」。改めまして今回の耐久ドラ5人衆をはじめ、チームクルー及びサポート隊の皆様方におかれましては、本当にお疲れ様でした、また次の機会も楽しくやりましょー!!・・・と結びたいのはヤマヤマなれど、最後にひとつ押しかけチーム監督のザンゲをば・・・。
先述の3度にわたるペースカー導入の2回目のこと、車輌回収完了のタイミングを見誤り、あろうことか追越し禁止解除で他車が皆一斉に全力走行を開始した直後に、自車をドラ交代でピットインさせてしまうという大失態。この日はピットクルー役の相方27番車をして「最悪のタイミング!!」と言われるのもコレ無理からぬコト・・・。
この点、以後重々気をつけますですハイ・・・。
Taikyugiulietta20131

| | Comments (2) | TrackBack (0)

明日はユーロカップ2013「3時間耐久レース」

Taikyugiulietta20114
いよいよ明日、4月28日(日)は地元セントラルサーキットでの「ユーロカップ2013」春の3時間耐久レース。
一昨年の2011年冬の参戦以来、約1年半のお休み期間をおいて久々に登場の我らが「柳原メンテナンス耐久ジュリエッタ」、果たしてその走りっぷりや如何に・・・?!てなワケで、気になる明日の兵庫県南部地方のお天気は、「晴れ時々曇り」降水確率20%とまずまずの予報。そんな中、今回の運転手役を引き受けていただいた耐久ドラ5人衆はモチロンのこと、それを支える信頼のメカ&頼もしいサポートクルー陣も一丸となって臨むは3時間の長丁場。
・・・・と、さらに長~い丸1日かけてのピット裏の大宴会ダ!?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あぁ羨望の「TSサニー」の世界・・・

310sunny
ここ数年相方27番車の応援&お手伝いで訪れているJCCAヒストリックカーレースの花形クラスといえば、スリックタイヤ装着のフルチューニング車輌による「Fレース」と、往年のマイナーツーリングの再来、B310サニー&KP61スターレット(ガンバレKP!!)のこれまた正真正銘フルチューン車輌が激闘織りなす「TSカップ」。先日の富士ジャンボリーでは、関東遠征時にはいつも何かとお世話になっている関西勢の大先輩お二人が、そんな羨まし~いカテゴリーで大活躍。
TSカップ常連の4枚ドアB310、「ROSE Tフォースサニー」(↑)のかーきちやんさんは、今回久々のニュータイヤ投入にエンジンリフレッシュ効果もテキメン!?の自己ベスト更新、おめでとうございます。そしていつもは「S68-1」クラスのホンダS800でおなじみのD5-57さん、今回は普段とはチョット勝手の違うB110「ROSE GULF D-5サニー」(↓)を駆っての「Fレース」総合11位の大健闘。それでも歴戦のベテラン旧車レーサーをして、「アカン!!まだこの速度領域ではナ~ンも起らん!」と言わしめる、TSサニーの強烈なポテンシャルの高さには、今更ながら改めて感じ入るやら、恐れをなすやら・・・。
いつかは自分も・・・?アカン!アカン!アカン!アカン!ムリムリムリムリ・・・!!
・・・なんて妄想するだけで冷や汗も出ようっちゅう羨ましくもオソロシイ世界・・・そんなこの日のFレース総合優勝は、同じく関西勢「マスターフィットカーズ・サニー」Mパパさん、末尾になりましたが優勝本当におめでとうございます。心よりお祝い申し上げます。
110sunny

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「第21回ふれ愛3時間走・光明池」お疲れ様でした

Komyoike
一昨日の日曜は、大阪府和泉市は光明池緑地にて開催の「第21回ふれ愛3時間走・光明池」に参加。
緑地内の光明池大橋とその南側を回る1周1.8kmのコースを、午前10時のスタートから午後1時の終了合図までの3時間のランニング、お疲れ様でしたー。・・・ということで、結果は3時間での総走行距離、18周+1.2kmの33.6km、参加262名中の19位、男性153名中の16位にて無事完走。当日は朝から心配されていた雨も無く、後半は晴れの良いお天気。また周回コースは若干のアップダウンはあったものの、緑に囲まれて景色も良く、その半分弱が脚に優しい未舗装の遊歩道ということもあり、シーズンオフの長距離走としては絶好のロケーション。また歴史ある大会らしくエイドも使いやすく、終了後にはお弁当の配布アリというのもいいところ。ただ肝心の走りの方は、後半追い込んだつもりが全くのペースが上がらずで、ヘロヘロになってしまったのは今後に向けての反省点。
ともあれ、この週末はサーキットにてクルマで3時間のお手伝い・・・のその前に、一足先に生身の人間での3時間耐久デシタ。
Komyoike1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ユーロカップ2013「3時間耐久レース」にエントリー

Taikyugiulietta20113
来る4月28日(日)、地元セントラルサーキットにて開催のユーロカップ2013「3時間耐久レース」に、「柳原メンテナンス耐久ジュリエッタ」チームの参戦が決定。・・・となれば、いつものごとく押しかけチーム監督兼雑用係を買って出る28番車のまず最初の任務といえば、恒例のメンバー招集からというワケで、GW初日の日曜日という一家団欒逆風必至の日程をモノともせず、集いし今回の耐久ドラ5人衆は、チームオーナーのOセンセを筆頭に、地元レギュラー組からはスッドのシブちゃんとd-tech tanakaくんのポイントゲッター2名に加え、ある時はパドックでジャンボフランクを焼く男、そしてまたある時はオシッコ我慢で環状線段付き爆走男のN崎さんにお願いイタシマス。で、恒例のゲスト枠1名は、前回に引き続きこちらもお馴染みの白猫#35さんに、遥々山陰の地から馳せ参じていただくという布陣。さらに忘れちゃいけない、それを側面からガッチリサポートしていただくピットクルー陣も含めまして、今年も目指せ3時間の無事完走。
さぁ後は当日必要なSタイヤ6本、如何にしてガメて来る・・・じゃなくてどうヤリクリするかの算段ダ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

JCCA富士ジャンボリー お疲れ様でした

27fsw2013
先週末は「JCCAクラシックカーフェスティバル富士ジャンボリー」S68/75レースに参戦する相方27番車の応援&お手伝いでFSW詣で。当日は風がキツかったものの、絶好のレース日和に恵まれた一日、結果は「S68-2」クラス5位にて無事完走のお疲れ様でした。
今回も幸いにして深刻なトラブルも無く、我等サポート部隊のイチバンの大仕事といえば、朝イチのFSW恒例、パドックから遥か彼方の車検場までのエッチラオッチラ車押しくらいなモン。あとはその車検で指摘されたチョットした部分の手直しに加え、走行毎のタイヤエア圧チェックにホイールナット増し締めと、忘れちゃいけない燃料補給、さらには予選走行後のプラグチェックとキャブのジェット交換といったルーティン作業をタイスケを睨みつつ淡々とこなすのみ・・・だったとはいえ、こちら裏方チームもとりあえずはお疲れ様でしたということで・・・。
また長躯遠征とはいえ、さらに遠方のツクバよりは帰り時間に余裕もあるということで、本チャンのS68/75レース終了後も居残って、かねてより楽しみにしていたFクラス・TSクラスを皆で観戦。やはり富士といえば110&310サニーの往年のマイナーツーリングということで、どちらも期待に違わぬ好レース。特に最終TSレースのラストラップ、TSサニー三つ巴のトップ争いは圧巻の一言。いや~久々にシビれるレースを見せていただきました。
Fswstart

| | Comments (2) | TrackBack (0)

週末は「JCCA富士ジャンボリー」・・・のお手伝い

27fsw2012
今日明日の土日は、「JCCAクラシックカーフェスティバル富士ジャンボリー」S68/75レースに参戦する相方27番車の応援・お手伝い&積載トラック運転のため、前泊乗り込みで静岡県は富士スピードウェイまで。
地元関西ではここ数日4月とは思えぬ寒さが続いた中、気になる静岡県御殿場地方の週末のお天気は、ようやく春らしいポカポカ陽気が戻る「晴れのち曇り」とまずまずの予報。また今回の宿泊先では、同じく富士ジャンボリーに参加されるヒストリックカーレースの諸先輩方との前日宴会もアリとのことで、コチラの方も楽しみ楽しみ・・・。なんせ今回は気楽なお手伝いの身なモンでして・・・ウッシッシッシ・・・。
・・・とかいいつつ、それでも静岡遠征往復の安全な道中は、コチラの責任担当範囲。さらに折からの春の交通安全運動期間中ということで、その点にダケはシッカリと気を引き締めつつ、チョイとひとっ走り行ってまいりや~す。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ホンダN360レーシング

N360
先日のユーロカップ2013開幕戦開催中のセントラルサーキットでのこと。
朝イチのパドックに、チョコンとその愛らしい姿を現したのは、休日の「Cafe UNO」や土曜の「柳原メンテナンス」などでお会いした時は、いつも楽しいお話を聞かせていただいているTさんの「ホンダN360」。この日はサーキットでの試運転も兼ねて、午前のフリー走行枠「エキサイティングラン」に出走とのこと。・・・ということで、サーキットで「ホンダのエヌ」とくれば、注目度は抜群。それもクラシックカーレースのパドックとあれば、この車とのセイシュンの1ページ(・・・どころか何十ページ?!)というヤツを過ごされた年代の方々にとっては、コレはもう黙っちゃおれんというワケで、そんな懐かしのエヌを前に、早朝のパドックにて期せずして繰り広げられるベテランズミーティングの図(↓)。
クラシックカーレースの世界では若輩の自分たちの年代にとって、エントリーカーとして思い出深いのさらに後年の水冷世代・・・てな感じで、それぞれの年代毎に共通言語として盛り上がれる車種があるっちゅうのは、やっぱエエもんですなぁ・・・。
N3602

| | Comments (4) | TrackBack (0)

ユーロカップ2013 Rd.1 決勝車載映像


先週末行われた「ユーロカップ2013」EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース第1戦の決勝車載映像。
去年から持ち越しの古タイヤながら、ヒーコラひねり出した予選タイムは、セントラル自己ベストとなる1分33秒702。それでも決勝では2列目イン側、総合4番手グリッドからのスタートとなってしまう、ここ最近のユーロクラシックの厳しさよ・・・。
そんな群雄割拠の今シーズン開幕戦、苦手のスタートでいきなり喰われてしまったのは、ナント2列後方の4列目グリッドからスタートの2台。「えっ!?」と思う間もなく前に出られた「RSハマダ TE27 ハギちゃんトレノ」の勢いに、一瞬怯んだコチラの心のスキを見透かしたかのごとく、続く1コーナーアウト側からズボ~ッ!!と差し込んでくる「D-5ホンダS800 57 Y’s Parts」hayamiさんは、相変わらずのキレ味でアッいう間の4台抜き。・・・なんて感心してる場合ぢゃない!!と懸命のリカバリーで、ナントカ序盤のうちに元の総合4番手まで持ち直し、「さぁこれから!」といった矢先の大スピン大会にて万事休す・・・。
立体交差前での横向き停車という後続の方々への大迷惑となりつつも、どうにかこうにか無事にコース復帰。それでもメゲずに後半戦をガンバったものの、結局終わってみれば最初と同じ総合4番手にて無事完走。
いやはやなんともバタバタな2013年ユーロ開幕戦でアリマシタ・・・・。
Hagichante27
Teamd51

| | Comments (3) | TrackBack (1)

ユーロカップ2013開幕戦 お疲れ様でした

Japangpcelica
先日来心配されていた雨もなく、花曇りの空ながらまずまずのお天気に恵まれた「ユーロカップ2013」開幕戦は昨日無事終了。お疲れ様でしたー!!
今回の「EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース」の総合優勝は「RSハマダ 日本GP セリカ」(↑)のSさん。朝の予選ではあわや32秒台?!という1分33秒040の最速ラップを記録されての堂々のポールtoフィニッシュ、おめでとうございます。続く総合2番手には28番車の天敵アルファロメオスパイダー(↓)のMさんが入り、第3位には「RSハマダ TE27 ハギちゃん トレノ」のHさん。で、28番車はそのさらに後方、トップから27秒319遅れの総合第4位にて無事完走というリザルト。
ただ「無事」とはいったものの、途中立体交差手前のオイルに足元をすくわれ、またしてもやらかしてしまった大スピン。下りブラインドコーナー先の路上ド真ん中にて、どてっ腹をさらして停車してしまった28番車が全くの無傷で帰還できたのも、コレ一重に見事な危険回避能力で、狭い間隙を次々とすり抜けていっていただいた後続車の皆様あってこそ・・・。
その節は大変ご迷惑をばおかけいたしました・・・。
Alfaspider2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2013 | Main | May 2013 »