« April 2013 | Main | June 2013 »

May 2013

週末は「アイドラーズ」

28garage3
マサカこんなに早く梅雨入りするとは思わなかった!!・・・なんて悔やんでみたところでコレばっかりはどうしようもなく、いよいよ明後日、6月2日(日)は「アイドラーズゲームス」スプリント第2戦参戦のため茨城県は筑波サーキットまで。
地元関西から箱根を越え、お江戸も越えての大遠征。次はいつ走れるやも知れぬツクバゆえ、せめて思い出はドライ路面で・・・との願いも虚し。そう簡単に一見さんを楽しませてくれるほどツクバの神様は甘くはなかったということで、こうなりゃもうしっかり雨対策して、ハラをくくっていくしかない!!と覚悟を決めつつ、それでもまだ気になる茨城県南部地方の日曜の予報は「曇り時々雨」降水確率50%。「日曜日は雨が降ります」とのウェザーニュースのコメントがささくれたココロを逆なでする・・・そんな断定すんなよな・・・。
因みに今回のゼッケンは、同クラス内でのバッティングのため、いつもの「28」の「2」を消して「8」。普段よりは少しばかり軽い背番号で、雨の中精一杯ガンバってきまっす!!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

大盛況!!「Mini Jack 998Challenge」

998challenge1
先日参加した「第16回 Mini Jack」の主役はモチロン、その名の通りクラシックミニ。
で、その数あるミニのレースカテゴリーの中でも毎年物凄い数のエントリーを集めるのが「998チャレンジ」。’85~’91年式までのMINI1000をベースに安全装備以外はほぼ全く改造が許されない(純正ホイールはおろかドアミラーやフロントグリルまで交換不可!)ある意味究極のワンメイク。その徹底したレギュレーションを提示し、かつ厳格に運営しようとするオーガナイザーの姿勢に、多数のエントラントが賛同した結果(この辺りは英国車乗り気質もアリか?)の大盛況と推察するも、やはりナントいってもデカいのは、巷に流通するベース車輌の絶対数の多さではないかと・・・。
なんせこの日の参加総数は50台オーバー(!)ということで、そんな中での予選落ち無しとなれば、決勝ではコース上のスターティンググリッドに全車入りきれるわけもなく、あぶれた車輌はなんとピットスタート(↑)。そんなチョット普段ではお目にかかれない光景をピットから眺めつつ、「ミニやりたがる自動車屋さんって結構聞くけど、なんか分かる気ぃするわ・・・」と隣でつぶやくウチのおとーさんデシタ・・・。
998challenge

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アイドラーズゲームス2013 スプリント第2戦にエントリー

28sekisaisya_2
来る6月2日(日)、茨城県は筑波サーキットにて開催の「Idlers Games 2013series」スプリント第2戦にエントリー。
ここ数年、JCCA主催のJAF公式戦に参戦中の相方27番車の帯同で、年に2度訪れるようになった、関西の田舎モンにとっては憧れのヒストリックカーの聖地「ツクバ」。その度にコース上で繰り広げられる熱戦を、お手伝い役としてピット上や1ヘアのスタンドから眺めるうち、「いずれは自分も・・・」なんてなんとなく夢想しているだけでは、その「いずれ」は永遠にやって来ないコトにハタと気づき、この度地元でのレースを数戦お休みして、長駆大遠征を決意したような次第。
とはいえ、最早JCCAの車輌レギュレーションには到底適合できない28番車、そこで選んだのがオーバーフェンダー付の旧車がSタイヤで走ることができる「アイドラーズ」の「All Japan Trad Makes Trophy」クラス2-T。
いずれにせよ筑波サーキットのコース走行も全くの初めてなら、アイドラーズへの参加も全くの初体験。はてさてこの週末はいかがな珍道中になりますことやら・・・?

| | Comments (6) | TrackBack (1)

大阪城公園ナイトラン(5/24)お疲れ様でした

Nightrun
先週末の悪天候による自動車の不完全燃焼は人間様で挽回!!というワケで(でもないか?)、昨日はトットと仕事を切り上げて、大阪城公園のナイトラン10km。
その名の通り夜7時のスタートとはいえまだまだ気温も高く、終ればまた自転車乗って帰宅せねばならぬ関係上、「今回は軽~くいっとこ・・・」なんて仕事場では考えていたのが、いざスタート会場に到着すれば、その場の雰囲気に自ずから気分もアガるっちゅうモンで、結局は大汗かきかきの終ってみれば10km自己ベスト。
で、帰りの自転車は・・・そらモチロンゆっくりゆ~っくりで・・・。

大阪城公園ナイトラン5/24
10k男子の部 132位
記録 48'05"

GPSウォッチ
1k 5'16"
2k 5'02"
3k 4'59"
4k 4'28"
5k 4'52"
6k 4'54"
7k 4'56"
8k 4'46"
9k 4'41"
9.92k 4'05"
total 48'06"

Nightrun1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第16回ミニ・ジャック ヒストリックカーレース決勝車載映像


先週末行われた「第16回Mini Jack」ヒストリックカーレース・クラス1の決勝車載映像。
朝イチからの曇り空の下、それでもどうにかドライ路面でもってくれた予選から一変して、決勝は大雨。そんな悪天候ではとりわけ優位となる折角のポールポジションを、またしても失敗スタートでフイにしてしまったのは大反省点・・・。すかさず前に出られた「クーパーズレジェンドS子ちゃん」(↓)のKさんをナントカかわしたその後は、’05年製造の大中古品とはいえ腐っても雨タイヤの威力を借りて、ただひたすらにスタコラサッサと逃げを打つというレース展開。結局終わってみればその後はずっと一人旅での8周回にて無事完走。
いやはやそれにしても雨の中、とにもかくにも無事でなによりデシタ・・・。
Fordescort

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サプライズお土産で点数稼ぎ?

Teddybear
行き届いたレース運営だけでなく、毎年趣向を凝らした参加賞もいただける「ミニジャック」
今年は可愛らしいイベントオリジナルのテディベアということで、こりゃ子供のお土産に最適ですがな!!・・・てなワケで、いつもの岡山国際サーキット帰りのお土産に、珍しく気の利いた一品を加えることによって、僅かながらでも家族に対するポイントを稼ごうという魂胆・・・は、果たしてそれなりの効果があったような・・・?無かったような・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第16回Mini Jack お疲れ様でした!

Minijack2013
まぁそれにしても最近の天気予報はよぉ当たるワ・・・てなコトで、朝イチのドンヨリした曇り空が、キッチリ午後からはジャジャ降りの雨に変わる岡山国際サーキット。そんな生憎の天候の下行われた「第16回Mini Jack」は昨日無事終了。お疲れ様でしたー!!
今回の「ヒストリックカーレース・クラス1」の総合優勝は、おかげさまで28番車。ただ、今にも雨が降り出しそうな中、辛くもドライ路面で走ることができた予選では、1年ぶりのサラタイヤ投入にもかかわらず、運転手の気持ちばかりがカラ回りの1分54秒694と自己ベストには遠く及ばず。また昨年は旧車用のバイアスレーシングタイヤ(スリック除く)装着車輌による「クラスグッドウッド」との混走だったヒストリックカーレースは、今年からは決勝のみ各クラスでの単独開催となり、大雨の中での我ら「ヒストリックカー・クラス1」の決勝は、出走僅か6台というチト寂しいレースに。果たして来年もあるのだろうか?このクラス・・・。
ともあれ、最悪のコンディションにもメゲず、とにもかくにも無事に家まで帰り着けたのが、先ずは何よりも喜ばしいコト。「無事コレ名馬」なんちって・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

明日は第16回Mini Jack

28ymente2
いよいよ明日、5月19日(日)は「第16回Mini Jack」
絶好の季節に行われる大好きな岡山国際サーキットでの旧車レースということで、自身今シーズン前半戦の最重点レースと位置づけていたにもかかわらず、明日の岡山県地方の天気予報は無情にも「曇りのち雨」。午後からの降水確率が70%ともなれば、参加カテゴリーの「ヒストリックレース・クラス1」の路面状況は、タイスケ通りの進行として朝8:15からの予選はギリギリでドライ路面が期待できるとしても、続くお昼過ぎ13:20から始まる決勝のウェットレースについては、コレはもう今から覚悟しておかねば・・・。
ともかく我等素人草レーサー、順位・タイムも大事なれど、先ず第一の目標は「無事に走って無事帰る」。
どうか明日も楽しくレースして、事故なく無事に帰ってこれますように・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

諦めきれずに直談判

Workbooth
195→215へのタイヤサイズ変更に伴い、以来ずっと画策し続けてきた現行7Jのホイールリム幅拡幅計画。ナントカして安価に収めようと思いついた計画もあえなく絵に描いた餅と消え、こりゃもう大枚ハタいてホイールの特注か?はたまたいっそのこと車輌側のP.C.D値の変更か?・・・なんて思いつめていたところ、先日のユーロカップ開幕戦のパドック出展スペースにて、当のホイールメーカー「WORK」のブースを発見。おぉ!ココで遭ったが百年目・・・てなワケで、予選と決勝の合間の時間を利用して、今は雨タイヤ用として使っている件のホイールをエッチラオッチラ持ち込んで、ダメもと承知で再度の直談判に及んだようなコト。
で、当日対応していただいた担当者の方に後日詳しく調査していただいたところ、やはり現行リムでは手持ちのホイールへの交換に対応できるものはなく、どうしてもというのであれば、ディスク側の加工が必要とのことで、価格はもちろんのこと、強度面からもお勧めいたしかねますとのこと。もしかしてメーカーの古い在庫の中に・・・なんて淡い期待は、やはり甘い考えだったのネ・・・。
ともあれ年代モノの中古品のヤヤコシイ注文にも、イヤな顔ひとつせず丁寧に調べていただいたWORKの担当者の方には改めまして感謝の念、その節はありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

タイヤ戦線在庫無し!?

A0502013
次戦「Mini Jack」もいよいよ今週末に迫り、昨シーズン導入以来、思いのほか長持ちした215幅のA050も、どうやらこの辺りが限界ということもあり、遅ればせながら重い腰を上げる今シーズンのサラタイヤ投入。
・・・てなワケで、早速連休前にいつもお世話になっている近所のタイヤ屋さんに発注をかけたところ、休み明けに折り返しの電話連絡。ナント「215/50R15」のA050Mコンパウンドのメーカー在庫が現状皆無とのことで、そらエライこっちゃやがな・・・。とはいえサスガにグランドスラムのヒトに「ほなBSのイレブンSで・・・」とも言えず、当面は希望サイズの幅を拡げつつ、全国の販売店さんの在庫を当たってもらうことに・・・。
で、そんなスッタモンダをしていただいた結果、今回導入のサラタイヤは従来よりワンサイズ小さいA050「205/50R15」のMコンパウンド。関東の販売店在庫に残っていた4本とのことで、昨日の日曜日に無事到着。
ヤレヤレなんとか間に合ったヨ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第16回 Mini Jackにエントリー

28minijack2012
来る5月19日(日)、岡山国際サーキットにて開催の「第16回 Mini Jack」にエントリー。
その名が示す通り、クラシックミニをメインとした英国車のためのサーキットイベントなれど、その中の「ヒストリックカーレース」のみが、「1975年までに製造された英国車、フランス車、イタリア車」にまで門戸を拡げられており、気候の良いこの時期、また昨年参加した際の好印象も手伝って本年も参戦とした次第・・・。
参加カテゴリーも昨年と同じく、Sタイヤ装着可の「クラス1・排気量1500ccオーバークラス」にて。
どうか当日は良いお天気に恵まれますように・・・・。
Minijack2012

| | Comments (0) | TrackBack (0)

CLOSER TO THE EDGE

Closertotheedge
一昨日の連休谷間の夕の刻、「え!?オマエもう帰んの!?」といった顔であっけにとられる公認会計士の血走った視線を振り切って、かねての打ち合わせ通りいつもの「CAFE UNO」マスターの車に転がり込む本町スタバ前・・・。てなワケで、シネマート心斎橋での2週間限定上映終了ギリで観て参りました「CLOSER TO THE EDGE マン島TTライダー」。
事前の評判に違わず、ことバイクに関しては完全門外漢の28番車(なんせ免許すら小型2輪限定)でも、その凄まじさは素人なりに十分伝わってくるというか、昔ならともかくコレは日本ではありえん世界だワ・・・というのがイロイロな意味でつくづく感じさせられたコトデス・・・。で、そんな地域限定・期間限定上映となれば「類は友を呼ぶ」。同日同所にシブちゃん家ご一行もいらしてたようで・・・。
いえいえそんな・・・アツアツお二人の邪魔なんぞは決していたしませんデスよ。(オッサン丸出し)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

「還暦記念レース2013」DVD届く

Kanrekidvd
今年3月、岡山国際サーキットにて開催された「還暦記念レース2013」の模様を収めたDVDが、主催の「DAD’S RACING」さんより届く。
朝イチの受付・ドラミの様子から、シメの閉会式までの1日を映像でまとめた105分、肝心のクラス別レース・走行会の模様は、コース各所からのカメラでタップリ全周回ということで、いつもの自前の車載動画はともかく、自らが走るレースの外撮り映像というのは、普段ならほぼ全く目にすることができないだけに、コレはホントにありがたきご配慮。
いい記念になりますとともに、モチロンいい勉強にもなりましたデス。
Kanrekidvd1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2013 | Main | June 2013 »