« May 2013 | Main | July 2013 »

June 2013

ツクバ初走行を振り返って・・・

28tsukuba
「30歳までには絶対ツクバ行こな!!」
・・・なんて地元関西ではまだヒストリックカーレースの「ヒ」の字も無かった20ウン年前、事あるごとに相方27番車と語り合っていたウラ若き20代から幾年月・・・。インターネットなどカケラも無かった往時、唯一の情報源だった雑誌媒体、とりわけエンスー系のカー雑誌などはもうサーキットといえば明けても暮れてもツクバ、ツクバ、ツクバ・・・。「クソッ!日本のサーキットは筑波だけか?!」なんて最果ての中山サーキットから歯噛みする若かりし(バカかりし?)日々などなど・・・。まぁその後イロイロと紆余曲折ありまして、当時の目標だった本チャンJAF戦のクラシックカーレースから若干着地点はズレたものの、予定からは18年ばかり遅れた末にようやくたどり着いたのが、先日のアイドラーズ筑波遠征
そんなオノボリさんがイザ実際に走ってみた筑波サーキットの感想は、一言でいえば
「確かに世間で言われてるダケのことはあるワ・・・。」
全長2kmあまりと決して大きくは無いコースに加え、ピットなどの周辺設備も昔ながらのこじんまりしたものながら、そのひとつひとつにメンテナンスが行き届いており、とにかく「チャンとしている」というアタリマエの気持ちよさ。またコース路面の抜群の舗装状態(車載映像もほとんど揺れ無し)と、エゲつないカントのついたヘアピンコーナー(特に1ヘア)のせいもあってか、規模の割には意外にガッツリとアクセル踏んでいけるというのが、ただのショートサーキットとは全く違う印象。
さすがに1970年開業「西の鈴鹿、東の筑波」と並び賞されてきた歴史はダテじゃない・・・というわけで、できれば今後も定期的に走りに訪れたい遠征地候補の最右翼。とはいえなんせ往復1200kmの行程はいかんともしがたく、とりあえず狙うは鬼大笑いの来年のアイドラーズ。ついでに次回までの宿題は、定番の「ダンロップ&最終コーナー」・・・ただ1年も経ちゃ今回走った感触などは、皆キレイに忘れて果てているような・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

第53回 3000人の吹奏楽

Suisougaku
先週末の土曜日は、京セラドーム大阪にて「第53回3000人の吹奏楽」を観覧。
昨年と違い、今年はチビもトロンボ~ンとやらを演奏するとのことで、3塁側スタンドから球場グランド内をしげしげと眺めるも、遥か遠くで整列するあまりの大人数に、一体どこでナニしているのやら・・・。見物の両親からはその姿は確認できないまでも、ともかく精一杯ガンバッテいたようデス。
で、そんなこんなの演奏終了後は、久々に大阪市内まで出てきたついでに買い物に出るヨメハンと別れ、ドーム内のトイレでチャチャッと着替えて、帰り道はジョギングで・・・。後はいつもの「柳原メンテナンス」にて、いつものメンバーとの「土曜おしゃべりーズ」という・・・ま、後半はいつもの週末の過ごし方でアリマシタ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

継続車検無事完了

Kensasyou
FSWやツクバへの遠征を除き、日々の移動の全てを自走でこなす28番車にとって、コレばっかりは避けて通れぬ2年に1度の恒例行事「車検」が、先日無事終了。
その昔、初年度登録から10年を超えれば自動的に毎年車検が義務づけられていた頃に比べれば、回数的にはずいぶん楽になったものの、そのかわり諸費用は当然2年分ドンとまとめてやって来るわけで、ソレはまたソレで気合いが要るという・・・。ただ肝心の車検整備の方は、常日頃からいつもお世話になりまくっている「柳原メンテナンス」にて、頻繁にレース前点検整備をお願いしている関係上、今回の検査に関してはコレといった重整備もなく、いつも通り陸事のラインを、Jr.曰く「サラッと通してきたダケ」とのこと。
・・・とはいえ、なんせ持ち込むのがこんなヤヤコシイ車、その「サラッと」に並々ならぬ経験・ノウハウが必要なのは自明なワケで、おかげで少なくともあと2年は引き続きナンバープレートをぶら下げていられるようなコト。
そんなこんなで初年度登録の昭和46年より数えることもう42年・・・気がつけばド中古購入23年目の自分が歴代で一番長いオーナーになってシマイマシタ・・・。
28central4

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第344回摂津淀川マラソン お疲れ様でした

Yodogawamarathon1
先週末の日曜は、淀川ランナーズ主催「第344回摂津淀川マラソン」10kmの部に参加。
マラソンシーズンオフのこの時期、近場で参加できる大会を目当てに、インターネット上で探し当てた案内には「事前申し込みなし。当日参加OKの気楽な大会です。」とのことで、それなら「なんちゃって市民ランナー」の28番車でもナントカなるのでは・・・と思い切って出かけてみたようなコト。
ただ当日は朝イチから晴れのいいお天気で気温も高く、またコースとなる淀川河川敷の堤防沿いには日陰となる区間は一切無し。そういえばこんな照りつける陽射しの下で走るのは初めてだったことに、今更ながら気づいたりして、スタート早々ナンボも行かぬうちからいきなりのヘロヘロ状態・・・。さらには途中自分の前でコースを外れてリタイヤする人にウッカリ付いて行ってしまい、気が付けば痛恨のミスコース。それでもナントカ頑張ってコース復帰、とりあえずゴール地点にだけはたどり着いたものの、設定の10kmには700mほど足らずで、オマケで完走扱いにしていただいたような次第。
次こそはコースを間違えずに完走を目指す・・・ノダ。

第344回摂津淀川マラソン
GPSウォッチ
1k 4'53"
2k 4'54"
3k 4'45"
4k 4'38"
5k 4'54"
6k 4'41"
7k 4'54"
8k 5'00"
9k 4'55"
9.31k 1'36"
total 45'14"
Yodogawamarathon2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「LAP SHOT」不調のため・・・

Lapshot7
前々回のレース「Mini Jack」からどうにも調子がよろしくなかった28番車の車載ラップタイム計測器「LAP SHOT」。
以前にもラップタイムが全く表示されなくなりメーカー修理を依頼した経緯があったが、今回は逆に走行中の誤作動で頻繁にあらぬタイムを表示してしまうというトラブル。試しにその「Mini Jack」からの帰路、一般道でLAP SHOTを作動させてみたところ、サーキット走行時と全く同じ症状が再現されたため、コレは明らかにおかしいということで、翌々週のアイドラーズ遠征には、急遽「オートコニサー」Iトー君から同じLAP SHOTをお借りして出かけたようなこと。
で、そのアイドラーズの予選で先ずは一番アヤシイ磁気センサーのみを交換して出たものの、それだけでは誤作動は収まらず、相変わらず全くワケの分からんラップタイムをパカパカ表示するのみ・・・。事ココに至ってコリャもうアカンのは本体だわ・・・となり、続く決勝レースは本体、センサー共にお借りしたもので挑み、ようやくまともなラップタイム表示に戻ったような次第。そんなワケで、シーズン後半戦に向け、まずは手持ちのLAP SHOTの再修理が決定。果たして今回はどんな診断となりますやら・・・。
因みに↓はアイドラーズ遠征帰還後、お借りしたLAP SHOTの返却に訪れた「オートコニサー」にて着々と製作中の新ワークスカー。その完成後のパフォーマンスについては、前ワークスカーだった「オートコニサーアルエッタ」の手のつけられない激速ぶりからしても推して知るべし。またしてもキョーテキの出現ナノダ・・・。
Connoisseorgtam

| | Comments (0) | TrackBack (0)

またも落選「大阪マラソン」

Takimichi
昨年に続き、今年もまた届く「第3回大阪マラソン 抽選結果(落選)のお知らせ」。
昨年まで盛り上がっていた仲間内でのマラソン熱は、今年はチョットお休みということで、今回の応募は28番車のみ。ただそれとは逆に世のマラソンブームは年を追うごとに増々過熱の様相を呈しているようで、抽選に当たれば完走する前から「おめでとう!!」と祝福してもらえるアノ東京マラソンをはじめ、人気の都市型大規模マラソンの抽選倍率は、年を経るごとにウナギ上り。「皆一体ナニが悲しゅうて・・・」なんて思いつつ、自分もシッカリその一員に片足突っ込みかけてたりして・・・。
で、写真はそんなここ最近、こう暑くなってはナカナカまとまった距離を走る気になれない分を、アップダウンで少しでも補うべく、休日ランニングコースに取り入れている近所の山坂道。麓からヒーコラ駆け上がった先にある涼しげな滝を眺めながら小休止・・・しかる後にまた来た道をエッチラオッチラ駆け下りるといった具合。
途中ベテランランナーと思しきおじいちゃんにブチ抜かれたりするのは・・・まぁ日常茶飯事デスガ・・・。
Takimichi2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

idlers Games スプリント第2戦 筑波 決勝車載映像(その2)


前回に続き、先日のアイドラーズゲームス・スプリント第2戦筑波、「Trad Makes&K」レース決勝車載映像の「その2」。
12周で行われたスプリント決勝後半戦は、TM-3クラス「AtoZ★スカイライン」Wさんに必死のパッチでついていくという展開。とはいえなんせコチラはこの日がツクバ初走行・・・となれば周りのエントラントの方々は皆先生というワケで、少しでも引っぱってもらいつつ、あわよくば・・・なんてガンバってはみたものの、そうは世間は甘くなく、結局その後の順位は変わらず、総合5番手にて無事完走。以前から話には聞いていた「決勝では抜きどころが難しい」というツクバの洗礼も、これまた実際に身をもって知る初体験というようなコト。
またさらにそんな決勝レースの最後の最後、チェッカー確認後のフィニッシュラインをウッカリ少し先にあるものと勘違いしてしまい、危うくクーリングラップで前車を追い越してしまいそうになるという大失態。その節は大変失礼をばいたしました・・・。
Atozskyline2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

idlers Games スプリント第2戦 筑波 決勝車載映像(その1)


先週末のアイドラーズゲームス・スプリント第2戦筑波、「Trad Makes&K」レースの決勝車載映像。
第1コーナーに向かってイン側がポールポジションとなる筑波では、予選総合5番手は3列目のイン側・・・をアウト側ポールの地元のクセで危うく隣の6番グリッドにつきそうになるのを、応援に駆けつけてくれた相方27番車の誘導で辛くも回避しての決勝スタート。
苦手なスタートをナントカ無難に・・・残念!!こなせず、早速順位を落とすオープニングラップ。続く序盤は前を行く「ガレージゴトウ☆リンクサニー」(↓)をひたすら追うという展開。JCCAでもお馴染みの車輌ということで、その走りっぷりは観客席から何度も見かけていることもあり、その時の記憶も呼び戻しつつ、懸命に喰らいついていくもナカナカ突破口を見いだせず・・・。そうこうする内に12周レースの丁度折り返し、6周目の2ヘアでの混乱に乗じてどうにかこうにかポジションアップ。
さらに前をいくハコスカ「AtoZ★スカイライン」の後姿を、これまた懸命に追う後半戦に続きマス・・・。
B10sunny

| | Comments (0) | TrackBack (0)

idlers Games スプリント第2戦 筑波 お疲れ様でした!

Idlers2013
週間予報外れた~っ!雨降らんかった~っ!!・・・と思わず叫びたくもなる嬉しい誤算。朝イチからの曇り空が、午後からは初夏を思わすお日様までその姿を見せるという好天に恵まれた「アイドラーズゲームス」スプリント第2戦筑波は、一昨日無事終了。お疲れ様でしたー!!
今回の「Trad Makes&K」レース総合優勝はTM-3クラス、オレンジ色S30フェアレディZのUさん。自分から見ればあわや周回遅れか・・・!?という遥か彼方の第1位ということで、決勝では全くその後姿は拝めずでしたが、見事なポールtoウィンおめでとうございます。続く総合第2位にはTM-2Tクラス優勝となる「リカーショップ有馬屋セリカ」のワークスセリカさんが入り、総合第3位はラットなビートル、酸化鉄レーシングさんの「VW T-1@酸化鉄」。さらに総合4番手のハコスカは、関東の雄シマダレーシングさんちの「AtoZ★スカイライン」、さらにさらにのその後方となる総合第5位、TM-2Tクラス3位にて無事完走というのが、「柳原メンテナンス1750GTV」今回はゼッケン8の28番車のリザルト。
記念すべきツクバ初走行は、願ってもなかったドライ路面で予選タイムは1分9秒295。決勝ベストラップは1分9秒339というのが、今後の28番車としてのツクバ目安タイム。・・・てなワケで、元はといえば個人的一念発起で始まった今回の関東大遠征企画・・・にもかかわらず、迅速な設営・撤収が功を奏し、往復の首都高渋滞も無事潜り抜けての足掛け2日間、いつもの調子で皆でワイガヤ楽しく終えることができたのも、一重にサポート隊をつとめていただいた、柳原メンテナンスJr.&フクダオートFさんのメカチーム、そして相方27番車、d-tech tanaka君にマグワイヤーさん、N崎さんの応援部隊のご尽力あってこそ。
この場を借りまして改めて篤く御礼申し上げますデス・・・はい。
Fairladyz3
Workscerica
Sankatetsuvw
Atozskyline

| | Comments (7) | TrackBack (0)

« May 2013 | Main | July 2013 »