« November 2013 | Main | January 2014 »

December 2013

2013年度 全リザルト

28eurocup2013
早いもので2013年も残すところあと数時間。今年も振り返ればイロイロあったけど、おかげさまでどうにかこうにか平々凡々、コレといった大過なく一年を乗りきれたことに、先ずは感謝感謝。
また当ブログの2013年も、相変わらずの走ったり(自動車)、走ったり(自転車)そんでもってさらに走ったり(人間様)の一年ということで、コチラも変わりばえ無しのマンネリの極致。他人様から見れば甚だツマランであろう内容にもかかわらず、今年も当ブログにおつきあいいだきました皆様方におかれましては、本当にありがとうございました。・・・てなワケで、今年最後のマンネリ収め・・・とはいっても、本人にとっては大切な記録簿、大晦日恒例「本年度28番車全リザルト」にて、2013年のシメとさせていただきマス。
本年もお世話になりました。どうか良い年をお迎えください!!

還暦レース大会2013
2013年3月3日 岡山国際サーキット(ドライ)
Mbクラス 予選2位(7) 1’55.653  決勝1位(2) BT 1’54.513

ユーロカップ2013 ユーロ&ジャパンクラシックカーレース 第1戦
2013年3月31日 セントラルサーキット(ドライ)
T-2000クラス 予選4位(4) 1’33.702  決勝4位(4) 1’34.235

第16回 ミニ・ジャック ヒストリックカーレース
2013年5月19日 岡山国際サーキット(ドライ→ウェット)
クラス1 オーバー1500 予選PP 1’54.694  決勝1位(1) BT 2’18.408(FL)

アイドラーズ・ゲームス2013 スプリント第2戦筑波 TM&Kレース
2013年6月2日 筑波サーキット(ドライ)
TM2Tクラス 予選4位(5) 1’09.295  決勝3位(5) 1’09.339

ユーロカップ2013 ユーロ&ジャパンクラシックカーレース 第3戦
2013年9月29日 セントラルサーキット(ドライ)
T-2000クラス 予選4位(4) 1’34.771  決勝3位(3) 1’34.791

チャオ・イタリア2013 クラシックカーチャピオンレース
2013年10月20日 セントラルサーキット(ウェット)
BT-3クラス 予選1位(4) 1’49.565  決勝1位(2) BT 1’48.888(FL)

アルファロメオチャレンジ2013関西 第4戦
2013年11月4日 岡山国際サーキット(ドライ)
HSRクラス 予選1位(2) 1’55.471  決勝1位(2) BT 1’55.132

ユーロカップ2013 ユーロ&ジャパンクラシックカーレース 第4戦
2013年11月24日 セントラルサーキット(ドライ)
T-2000クラス 予選2位(2) 1’33.316  決勝3位(3) 1’34.050

※カッコ内は総合順位 BT→BEST TIME FL→FASTEST LAP

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2013年シーズン、心に留めておきたいこと

Okayamakokusai2
2013年10月27日「JCCAクラシックカーフェスティバル エンデュランス筑波ミーティング」
2013年11月24日「ユーロカップ2013 第5戦」
前者は相方27番車の応援スタッフ、後者は自らがドライバーとしてサーキットに居合わせた2つのレースで相次いで起きてしまった死亡事故。先のツクバでは自分たちのレースを終え、撤収した後に起こった出来事を後日知りました。また先日のセントラルでは、自分たちのパドックすぐそばのコース上での救助活動を、不安な思いで見送った翌日、その日亡くなられたことを知り、いずれもドライバーの確かな技量、万全の安全装備をもってしても、尚不幸にして起こりうる悲劇に少なからぬショックを受けました。
振り返ってこれまでの自らの安全に対する意識、そしてこれから・・・。車輌、身につける装備、体調管理、レースでのマナー・心構え・・・正直まだ自分なりの考えは纏まりません。ただ「モータースポーツは、何かあれば人が死ぬスポーツなんだ。」という当たり前の事実は、自分や自分のすぐ身の回りでも起きうる事として、これまで以上にしっかりと肝に銘じておく。
亡くなられた方々のご冥福を祈り、しっかりと肝に銘じておきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

エンドバー装着

Endbar
2013年末もいよいよ押し迫り、待望のお正月休みまであと一息のママチャリ改通勤。
そんな毎日の職場の行き帰りに、チョットした変化を・・・ということで、以前ガレージお向かいさんのMっちゃんにハンドルグリップをいただいた折、「こんなんもありますよ。」といただいていたエンドバーをこの度装着。
従来のフラットバーハンドルからの脱却は、実は以前から画策していたものの、ドロップハンドルやブルホーンバーへの換装となれば結構な費用がかかる上、ママチャリ利便性の命ともいえる「前カゴ」を外してしまうに忍びなく、これまでは諦めていたようなこと。それが件のエンドバーを使えば、装着に伴う調整箇所が多い分、工夫次第でナントカなりそうな感じ。
そこで意を決してハンドルバーの両端を短くカットし、ブルホーン風にエンドバーを装着。しかる後にブレーキ&変速レバーを操作しやすい場所に移設し、それに伴いブレーキワイヤーを長いヤツに交換。さらにモンダイの前カゴは、運転操作の妨げにならない様、これまでよりやや背の低いタイプのものを新規購入。で、以上の仮装着状態で近所をチョコっと走ってみては、乗車姿勢と操作性の妥協点を見出すべく、あーだこーだと位置調整・・・。コレに思いのほか手間と時間を要したものの、ナントカ↑↓の状態で落ち着いたような次第。
これにてより楽な乗車姿勢となり、さらに幅が狭くなった分、職場近くの自転車置場のラックへの乗り入れもスムーズに・・・。ただし肝心の通勤時間の短縮については、今のところ特に変化無しデスガ・・・。
Mamachari13

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013年、シメは地味~に・・・

28central7
先週末の日曜は、地元セントラルサーキットにて、来期に向けてのセット出しも兼ねた2013年シーズンの走り収め。
この日メインのお題は「ホイールアライメント」ということで、ピットにて事前に想定していた値に変更後、果たして実際の走りは如何に?・・・と寒風吹きすさぶ冬空の下、いつものレース日とは様子の違うガラガラのコースをひとっ走り。前夜来の雨と、ちべた~い路面温度の影響で、立体交差下がやや湿っぽかったこともあり、生憎「常時全開!!」とはいかなかったものの、全体的な印象での乗り易さは上々で、セッティングの方向性としてはコレもアリか?といった感じ。
ただこの「乗り易さ」っちゅうのがクセモノで、その恩恵を運転手が楽する方に使ってしまうと、乗り易くはなったケド、肝心のラップタイムが一向に上がりましぇん!!というマコトに困った事態を招くワケで、そうならんためには、操る側である人間様のよりメリハリある運転が肝要。・・・てなワケで、さらに午後からもう1枠走りこんで・・・と決心しかかったところで、俄かに上空灰色の雪雲に覆われたかと思うと、辺り一面に粉雪が舞い散り、あっという間に路面はビミョーなハーフウェットに・・・。
となれば、ココは無理せず、残った宿題はまた来年。「う~・・・とりあえずどっか暖かいトコでメシメシ~・・・」なんて寒さに震えつつ、そそくさ撤収と相成った次第。我らしがない場末のりーまん草レーサー、気長に腹八分目くらいが丁度いい塩梅・・・なのデス。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ユーロカップ2013 Rd.4 予選車載映像


以前はバッテリーやビデオテープ容量の都合で、決勝のみの撮影しかできなかった28番車の車載カメラ。それが今シーズン後半戦からの「Go Pro」導入のおかげで、撮影可能時間が大幅に長くなり、以来レース日は予選・決勝ともフルにカメラを回せるようになったようなコト。ただし予選終了後の速やかなカメラ停止を忘れなければデスガ・・・。
ただそれに加え、映像の画質も大幅に向上した分、旧式の自宅PCでは再生処理能力が追いつかず、ユーチューブの動画にまで加工してやっとまともな視聴が可能になるという事態に・・・。ホンマ高画質っちゅうのも良し悪しデスワ・・・というワケで、現時点でのセントラルサーキットのベストラップ、1分33秒316の記録も兼ね、先日のユーロカップ2013最終戦の予選車載映像(↑)。
またこの日は同じユーロクラシックを走る1750GTV「たみぃ」君の秘密兵器、「データロガー」のGPSセンサーを、仲間内での比較研究のため、屋根の上にペタリと搭載(↓)。後日そのGPS位置情報や車速、縦横Gなどなど、サーキット全開走行中、刻々と変化する各種データを同期させた、車載映像DVDを別途こしらえていただき、コレは大変にありがたきシロモノ・・・。
こちらも貴重な資料として、今後の参考にさせていただく所存でゴザイマス。
Digispice

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ハブダイナモ装着

Hubdynamo
早いもので、今年で4回目の冬を迎えるママチャリ改通勤。毎年日の出の遅いこの時期は、朝の出勤時も自転車の前後ランプを点灯しての走行となることがしばしばで、そんな折は、極小の赤いLEDを瞬かせるだけの尾灯はともかく、真っ白いストロボライトを常時点滅させる前照灯は、内蔵の単3乾電池の消耗著しく、その頻繁な電池交換がかなり億劫・・・。またあくまでも自車の存在を示す為のランプということで、通勤ルート上2か所ほどある、街灯の途切れる区間での夜間の前方視界は、後方から追い抜いて行く車や原チャリのヘッドライトの灯りが頼りという状態。
そこでこの度、電池交換要らずで夜間の視界確保を・・・と以前から考えていた、ハブダイナモ式の前照灯を思い切って導入。早速いつもの通勤路で試してみたところ、懸念していたハブダイナモの走行抵抗については、ややタイムは落ちるものの、まぁ慣れればナントカ・・・という程度。ただ肝心のライトの方は、真っ暗闇の中で、前方の路面の一部をそこはかとなくボンヤリ照らすのが確認できるくらい・・・・。あちゃ~!ココはケチらず、もうチョット高級なヤツにしとくべきだったか?と思ったものの、それでも以前よりは全然マシ。
・・・てなワケで、しばらくはコイツで様子をみてみよー。
Ledlight

| | Comments (2) | TrackBack (0)

第36回西脇子午線マラソン お疲れ様でした!

Hesohalf1
東経135度(子午線)と北緯35度が交わる地点は、経緯度上の日本の真ん中「へそ」なんだそうで、それにちなんで造られた兵庫県西脇市は「日本へそ公園」をスタート・ゴール会場にして開催された「第36回西脇子午線マラソン」通称「日本へそマラソン」は、一昨日無事終了。お疲れ様でしたー!!
因みにこのすぐ近所にある、我らがホームグランド「セントラルサーキット」の名称も、この日本のへそ→真ん中→英語でセンター→セントラル・・・というチト苦しい読み替えに由来することを知る人は意外と少ない!?・・・なんてサイド情報はともかく、この日は運転手本人が自分の足で走る方の今年の走り収めとして、ハーフマラソンの部に参加の28番車。記録の方は残念ながら自己ベストには届かなかったものの、朝イチから快晴の絶好のランニング日和の中、ケガ無く無事完走できたとこにまずは感謝感謝。
・・・てなワケで、コレにて28番車2013年のランニングイベントは、全て無事終了。来年もまた故障せず、楽しくマイペースで走り続けることができますように・・・。

第36回西脇子午線マラソン
ハーフ35~49才男子の部:172位
記録:1時間47分52秒

GPSウォッチ(Net計測)
1k 5'30"
2k 5'13"
3k 4'58"
4k 5'12"
5k 4'58"
6k 5'03"
7k 4'50"
8k 4'57"
9k 4'57"
10k 5'11"
11k 5'04"
12k 4'55"
13k 5'05"
14k 5'07"
15k 5'08"
16k 5'07"
17k 4'53"
18k 4'48"
19k 4'44"
20k 4'55"
21k 4'48"
21.37k 1'40
total 1:47'13"
Hesohalf

| | Comments (2) | TrackBack (0)

今年のシメは地元にて・・・。

Practice
昨年一昨年と続けて参加してきた年末恒例「アルファロメオチャレンジ全国統一戦」、今2013年度も例年と同じ富士スピードウェイでの開催ということで案内が届くも、残念ながら今回は欠席。
自身年末の恒例行事として楽しみにしていたFSW遠征とはいえ、改めて今シーズンの28番車を振り返るに、現状では年末の楽しい遠足どころか、足元の来る2014年シーズンへ向けての問題課題が、いまだ山積みというのが正直なトコロ。・・・というワケで、残り僅かな年末の軍資金、ココはやはり地元セントラルサーキットでの試運転&セット出しへの投入をもって、少しでも来シーズンへの糧としたく、たった一人のHSRクラスの自分のためにこしらえていただいたステッカーに後ろ髪を曳かれつつも、かような決定に至った次第・・・とかいいつつ、そういや確か3年前の年の瀬も・・・。
ま、相変わらず同じようなところをグルグル巡っとるワケです・・・。
Kaikinsyo

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ユーロカップ2013 Rd.4 決勝車載映像(その2)


前回の続き、先日の「ユーロカップ2013」EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース第4戦、決勝後半戦の車載映像(↑)。
後方から猛烈な勢いで追い上げてきた「なんでんかんでんロータスエラン」(↓)に先行を許し、この時点で4番手にポジションダウン。後はナントカこの目前のエランに喰らいつき、あわよくばさらに前を行く上位陣との三つ巴のドサクサに紛れ・・・なんて手前勝手な思惑通りにコトが運ぶほど世の中甘くなく、一転コチラが追う立場になれば、思いのほかペースの上がらない先行のロータスエラン。レース後ドライバーのFさんにうかがったところ、スロットル系の不具合で、途中エンジンの回転落ちにトラブルが出ていたとのお話。そんなコトとはツユ知らぬ後方28番車、「あちゃ~っ!!コリャもう1回抜かなアカンのか!?」と、事ココに至ってはゼヒも無し、まずは当面のバトルに全力集中!!・・・とこの日2度目の作戦変更。
で、続く決勝後半戦、苦労しつつもどうにかこうにかポジションを回復し、終わってみれば予選から一つ順位を落としての総合第3位にて無事完走という決勝リザルト。
振り返ればここ数戦、寂しく一人旅の決勝が続いていたダケに、順位はともあれ、久しぶりに他車との競り合いを堪能できた1戦ということで、まずは充実の2013年シーズン最終戦でありました。
Lotuselan2

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« November 2013 | Main | January 2014 »