« March 2014 | Main | May 2014 »

April 2014

2014 GSSジャンボリー IN SUZUKA Rd.1 お疲れ様でした。

Gsssuzuka3
日頃の行い・・・などとは今更もう申しますまい・・・それにしてもこの時期にココまで降るか!?と呆れるほど終日べったりの大雨に見舞われた鈴鹿サーキットにて行われた「2014 GSSジャンボリー IN SUZUKA Rd.1」は昨日無事終了・・・したかと思った帰り道でのドえらいトラブルについては、その後の経過も含めてまた後日。
ともかく自身5年ぶり、それもフルウェットの鈴鹿フルコースとなれば、先ずは慎重にシンチョーに・・・。前走車が巻き上げる水しぶきで、しばしば目の前真っ白状態に陥りつつも、おっかなビックリの30分2本勝負。で、そんな中でのラップタイムは、折角の雨タイヤの威力も生かせず、まぁ笑ってやってくださいましのベスト3分5秒台。
状況が難しくなるほど、あからさまになるメンタルの弱さ。
生来の「ビビリ体質」、ナカナカもって抜けんモンです・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

明日は「2014 GSSジャンボリー IN SUZUKA Rd.1」

Rainx
職業柄、毎年忙しいこの時期は、いつも休日出勤まじりのゴールデンウィーク。そんな飛び石連休の間隙をついて、明日4月29日(祝)は、三重県は鈴鹿サーキットにて開催の「2014 GSSジャンボリー IN SUZUKA」。
自身久方ぶりの鈴鹿フルコースということで、ここ数週間は明日のこの日ダケを楽しみに、ナンとしても休日を確保すべく職場のデスクにかじりついて頑張っていたのが、あぁ無情なりお天道様よ・・・てなことで、明日の鈴鹿サーキット方面の天気予報は、残念ながら終日雨・・・。降水確率80%とくればコリャもうダメだ・・・とハラを括らなにゃしゃあないワケで・・・。
せっせと積み込む雨タイヤと、フロントガラスには雨除け祈願のお守りを塗~り塗り。
明日はともかく安全運転、タイム度外視、何としても無事に帰って来るノダ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ケーターハム セブン160

K4seven
日本での発売開始の発表以来、ずっと気になっていた「軽自動車規格のセブン」、ケーターハム セブン160の実物に、先日JCCA富士ジャンボリー観戦のため訪れたFSWのパドックにて初遭遇。
軽4のセブンという魅力的なコンセプト自体は、以前から「フレイザー FC-4」が存在しているように、ことさら今に始まったワケではないものの、それが本家本元のケーターハムから正式なカタログモデルとして出てきたとあれば、コレは大いに興味そそられるっちゅうモノ。いずれサーキットからアシを洗った暁には、こんな肩ヒジ張らず、楽~な感じで乗れるライトウェイトで、天気のいい日にご近所をのんびりツーリング・・・なんてのは、まぁもう少し先のお話。
あ、モチロンその頃の中古車価格で購入の前提で・・・。
K4seven2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第17回 Mini Jackにエントリー

Minijack20132
来る5月18日(日)、岡山国際サーキットにて開催の「第17回 Mini Jack」ヒストリックカーレース・クラス1にエントリー。
全国に数多生息するクラシックミニをメインとした年に一度の英国車のお祭りに、我らイタリア旧車も参加できるカテゴリーが新設されたと教えていただき、走り始めた「ミニジャック」も今年で早3回目。毎度この日ばかりは英国風情タップリのパドックにあって、やや場違いな雰囲気を漂わせてしまうものの、そこはソレ。同じ旧式の欧州車同士ということで、見馴れぬややデカめの赤いハコが1台、今年もまたお邪魔をばいたしマス・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

JCCA富士ジャンボリーのパドックにて・・・

Tssunny4
Dankaisr
先日観戦に訪れた「JCCA富士ジャンボリー」のパドックにて。
いつもなら朝イチの受付から粛々と進行するタイスケを睨みつつナンやカヤと用事に追われるも、今回は気楽な観戦者ということで、これを機会にいつもサーキットでお世話になっている先輩諸氏を表敬訪問・・・というか、まぁ皆様お忙しい中での単なるお邪魔虫だったりもするのデスガ・・・。
まずはTSカップの関西組、エントラント中唯一の4枚ドアセダンでTS-2クラス常連の「かーきちやん」さんは、今回も安定した走りでのクラス2番手おめでとうございます。またいつもは激速のエスでおなじみの「Team Direct 5th」hayamiさんは、今年から同じ「直結5速」でもトレードマークのゼッケン57番と共に、遂にコッチの方にも本格参戦されてしまった凄いお方。ただ今回は残念ながら決勝開始早々のフロントガラス破損という不運に見舞われてのリタイヤとなってしまうも、コレもまたレース・・・ですヨネ!!次戦、灼熱のツクバに期待っす。
また関東組のSP311フェアレディ「DANKAIさん」も、総勢7台とエントリー数がやや寂しかったS65レースにあっても、そんなコトはモノともせずの元気一杯の大健闘。さらにはFSWでの関西組といえば忘れちゃいけないFクラス、「マスターフィットカーズ・サニー」Mパパさん。赤旗中断の波乱の予選を見事にリカバリー。決勝でも見応え十分の素晴らしい走りを堪能させていただき、ありがとうございました。
・・・てなワケで、陰ながら自ら数年後の目標としている先輩方それぞれが、ヒストリックカーレースに取り組まれる姿勢の、未だ衰えを全く感じさせないひたむきさに改めて感じ入った一日。
齢50を前にしてマダマダ若輩者の身ながら、自分もまた自分なりのスタンス、自分なりのペースで・・・走る舞台やレベルは違えども、その志だけは精一杯先人を追いかけさせていただく所存でありマスです・・・はい。
Tssunny3

| | Comments (0) | TrackBack (0)

JCCA富士ジャンボリー観戦ツアー お疲れ様でした

Tsfsw2014
道具も運ばず、車も押さず、今日は気楽な見物人・・・というワケで、先週末の日曜日、静岡県は富士スピードウェイにて行われた「JCCAクラシックカーフェスティバル富士ジャンボリー」、いつもの相方27番車の参戦は都合により1回お休みということで、今回は仲間内での日帰り観戦ツアー。
当日早朝に地元大阪を出発し、高速道路を一路東へ・・・で、いつもとは勝手の違う観客用の駐車場に到着したのは丁度TSの予選が始まった頃。そのままメインスタンドから観戦した後、ストレートのアンダーパスをくぐってヘアピンに移動。その後は各人お目当ての車輌の見学や、パドックへの表敬訪問、出展ショップの見物などなど、思い思いの場所へと散るも、結局は決勝スタートからFSW名物ストレートエンドでの攻防が見渡せるいつもの観戦ポイントにいつの間にやら大集合。今回大盛況だったFクラス、そして毎回キョーレツなバトルが楽しみなTSカップを始めとする、各カテゴリーの決勝レースをタップリ満喫したような次第。
特に310サニー&KP61スターレットが世代的にド真ん中の28番車にとって、「TS」はホントいつ観てもシビレル世界。サーキットでその雄姿を目の当たりにしては、「くそ~!!将来設計をドブに叩き込んででもヤッタル!!」なんて心の中で叫びつつ、帰りの車の中では「アカン!アカン!ナニを考えとるんや!!身の程を知りなさい!ミノホドを・・・!!」なんて思い直すのでありマス。
Tsfsw20142

| | Comments (2) | TrackBack (0)

第4回なにわ淀川ハーフマラソン お疲れ様でした。

Naniwahalf
花冷えの土曜日も、ランニングには好都合・・・というわけで、大阪は淀川河川公園にて行われた「第4回なにわ大阪ハーフマラソン」は昨日無事終了。お疲れ様でしたー!!
自身初めての土曜開催大会ということもあってか、好天に恵まれた割にはスタートからイマイチ調子に乗り切れず、記録の方は自己ベストには遠く及ばずという結果に終わるも、それでもナントカ悪いなら悪いなりにイーブンペースで乗り切れたことでとりあえずはヨシとして・・・おきマス。
また河川敷のコースという比較的変化の少ない景色の中、こちらのしんどさを少しでも紛らわしてくれるのが、奇抜な仮装ランナーの存在。今回もレース中盤、「なすび男」(↓)との抜きつ抜かれつで、苦しい中でのひとときをそのユーモラスな姿で楽しませていただきマシタ。

第4回なにわ淀川ハーフマラソン
ハーフ男子(40~49歳):149位
記録:1時間47分14秒
Net手元計測:1時間46分08秒

GPSウォッチ(Net計測)
1k 5'21"
2k 4'57"
3k 4'52"
4k 4'55"
5k 4'52"
6k 4'54"
7k 4'49"
8k 4'55"
9k 4'57"
10k 4'55"
11k 5'03"
12k 5'02"
13k 5'00"
14k 4'58"
15k 4'59"
16k 5'00"
17k 4'57"
18k 5'07"
19k 4'50"
20k 4'54"
21k 4'34"
21.44k 2'07"
total 1:46'08"
Nasubi

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2014 | Main | May 2014 »