« November 2014 | Main | January 2015 »

December 2014

2014年度 全リザルト

Noukai2014
いつものメンツでワイガヤの一昨日、年末恒例「柳原メンテナンス」納会も終われば、アッという間にもう大晦日の日も暮れる・・・てなワケで今2014年シーズン。振り返ればリザルト的にも、ラップタイム的にもイマイチだった(いつものコト?いやいやソレは言いっこナシで・・・)とはいえ、それでもおかげさまで大きな事故も無く、ナントカ今年1年、楽しく無事乗りきれたコトに先ずは感謝。また今年も相変わらずのツタナイ内容にもかかわらず、当ブログにおつきあいいただいた皆様方におかれましても、本当にありがとうございました。
で、今年のラストもやっぱり大晦日恒例「本年度28番車全リザルト」にてシメとさせていただきたく・・・。
本年もお世話になりました。どうかよいお年をお迎えください!!

ユーロカップ2014 ユーロ&ジャパンクラシックカーレース 第1戦
2014年3月16日 セントラルサーキット(ドライ)
T-2000クラス 予選PP 1’34.509  決勝2位(2) 1’35.141

2014 GSSジャンボリー IN SUZUKA 第1戦
2014年4月29日 鈴鹿サーキット・フルコース(ウェット)
クラスC BT 3’05.769

第17回 ミニ・ジャック ヒストリックカーレース
2014年5月18日 岡山国際サーキット(ドライ)
クラス1 オーバー1500 予選3位(4) 1’55.000  決勝 リタイヤ

アイドラーズ・ゲームス2014 スプリント第3戦筑波 TM&Kレース
2014年6月15日 筑波サーキット(ドライ)
TM2Tクラス 予選2位(3) 1’10.388  決勝2位(5) 1’09.372

ユーロカップ2014 ユーロ&ジャパンクラシックカーレース 第3戦
2014年7月21日 岡山国際サーキット(ドライ)
T-2000クラス 予選1位(2) 1’55.928  決勝 リタイヤ

チャオ・イタリア2014 クラシックカーチャピオンレース
2014年10月26日 セントラルサーキット(ドライ)
BT-3クラス 予選PP 1’34.522  決勝1位(1) BT 1’35.639(FL)

コルサ・ディ・マッキナ長野2014
2014年11月23・24日 御岳ゴルフ&リゾート(ドライ)
I-Cクラス 2位 合計タイム 4’45.845 (①2’23.735 + ②2’22.110)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

久々の「朝の集まり」

Izumiohtsu
先週末の日曜朝は、毎年の「チャオイタリア」や最近では「Corsa di macchina a Nagano」でもご一緒させていただいている「温泉さん」よりお誘いいただき、阪神高速湾岸線・泉大津PAでの車好きの集いに参加。
この種の気軽なミーティングといえば、今は無き「ツール・ド・箕面」以来久々ということで、この日初対面の方々も多い中、色々とお話を聞かせていただいた皆様におかれましては、その節はお世話になりました。それにしても最近は当の温泉さんをはじめとして、趣味のクルマでもイベントの種類に合わせて何台もお持ちの方も多々おられる中、サーキットだろうがイベント会場だろうが、ドコ行くにも28番車一台っきりという自身のTPOの無さは、サスガに齢50を目前にして我ながらイカガなモノかと・・・。
てな感じで、しばし歓談させていただいた後は、湾岸線をそのまま関空方面に南下して、空港連絡道から、阪和道経由でグルッと一回りするという試運転がてらのプチドライブ。いや~やっぱアウターベンチュリー絞ると、街乗りはラクだワ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

油まみれのクリスマスプレゼント?

Weber40
早いもので閉店してもう半年。それでもナンダカンダで今も繋がる「cafe UNO」常連のご縁というワケで、そんな昔馴染みの一人で今は遠く九州の地にあるYくんより、懐かしのメルセデス190SLのキャブレターについて相談のメールあり。
ウェーバー、ソレックス系のナンかイイ出物の心当たり・・・とくれば、ほなウチに転がってるヤツでよかったら一回試してみる?というハナシの流れで、ガレージの奥からゴソゴソ引っ張り出してきたウェーバー40×2基。元はといえば28番車購入時からついていた40DCOE31と32。後のキャブ換装を機に、これまたナンのご縁か当の「cafe UNO」の置物として余生を送っていたモノで、それがこの度十余年の歳月を経て、今また本来の気化器としてのお座敷がかかったような次第。
で、早速先週末、「バラすなり、掃除するなり好きなように使ってね~!!」と油汚れでコッテコテのキャブ2個を宅配便にて送付。
ちなみに油は油でもソレはオリーブオイルだよ~。
190sl

| | Comments (0) | TrackBack (0)

貴重な映像、勉強になります。

S800
つい先日のこと、今年6月のアイドラーズ筑波遠征の際ご一緒させていただいた、ホンダS800(↑)「アンマッチ」さんによる当日の車載映像をユーチューブにて発見。勝手ながら↓に貼付させていただきました・・・というのも、この日の決勝後半戦、28番車の後方から猛然と肉迫されたのが、当のアンマッチさんでありまして、自身数少ないツクバ遠征、それも後方からの動画となればコレは貴重な保存版ということで・・・。
それにしても28番車、トラブル回復直後とはいえ、ヨロヨロと中途半端なライン取りは反省点満載。対する「これぞフルチューン!!」という快音もさることながら、何よりもツクバのヒストリックカー大先輩の車載映像として見れば、コチラは勉強点満載。
ちなみに彼我の排気量差は2倍超・・・やっぱ「エス」は速いなぁ~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チンクェチェントの皮を被った・・・

Beat500
先日の「フロムセブンミーティング」見学のため訪れた嵐山高雄パークウェイ内駐車場でみかけたフィアット500。
シロート衆の28番車がパッと見たところ、ちょいバーフェンとはいえ、いたってフツーのチンクェチェントながら、空冷エンジンのハズなのに見馴れたフロントマスクにはナゼかラジエターグリルらしきモノあり。「へぇ~、こんな種類もあるんですねぇ!」なんて呑気なコト言いつつ歩み寄れば、足元には懐かしの無限ホイール・・・えっ!?なんでこんなトコにフィラーキャップあるの?!と???の連続に陥っていたところ・・・。
「コレ、中身ビートなんですヨ。」と教えていただき、ビックリ仰天!!
これは見せていただかなくては・・・と、前後のエンジン、トランクリッドを開けていただけば、ソコはさらにオドロキの世界。アルミの隔壁で覆われた後席スペースに収まったホンダ・ビートのエンジン(もちろん水冷)もさることながら、足回りからナニからほぼ全てビートのものを移植されたとのことで、それでいて外観はほぼ完全にチンクェチェントというのがスゴイ。さらにインパネには、例のアバルト風メーターパネルならぬ、ビートの特徴のひとつでもある独立式メーターパネルが絶妙に収まり、そんな細部の気の利いた仕上げも含めて「ホンマよぉ~デキてるワ!!コレ!!」と、タダタダひたすら感じ入ってしまったようなコト。
その節はホント、イイモノ見せていただきましたデス・・・はい。
Beat5001
Beat5002

| | Comments (1) | TrackBack (0)

第37回西脇子午線マラソン お疲れ様でした!

Hesohalf3
朝イチから快晴のお天気・・・に伴う放射冷却によるチベタ~い冷え込みも、むしろランナーにとっては好都合。そんな絶好のランニング日和に恵まれた「第37回 日本のへそ 西脇子午線マラソン」は昨日無事終了。お疲れ様でした~!!
昨年同様「ハーフ35~49才男子の部」に参加(嗚呼!このクラスも今年で最後ダ・・・)の今回、初実戦投入となる「新勝負靴」の具合も上々で、ハーフ自己ベストには及ばなかったものの、前回へそハーフを上回るマズマズのタイムにて無事完走。自身2度目のコースということで、アップダウンの場所や程度も予め知っている分、ペース配分もし易く、折からの好天の下、ホント気持ちよ~くハーフ21.0975kmを走れマシタ。ただ途中通過した、気絶しそうなコヤシ臭区間ダケは想定外だったものの、まぁソレもまた一興というコトで・・・。
てな具合で、28番車の2014年ランニングイベントも、コレにて全日程無事終了。今年もケガ無く楽しく走れたコトに、何よりも感謝感謝の年の瀬でありマス。

第37回西脇子午線マラソン
ハーフ35~49才男子の部:97位
記録:1時間43分18秒

GPSウォッチ(Net計測)
1k 5'18"
2k 4'59"
3k 5'10"
4k 5'03"
5k 4'50"
6k 4'56"
7k 4'41"
8k 4'49"
9k 4'47"
10k 4'53"
11k 4'43"
12k 4'43"
13k 4'53"
14k 4'52"
15k 4'53"
16k 4'51"
17k 4'37"
18k 4'44"
19k 4'31"
20k 4'35"
21k 4'25"
21.35k 1'30
total 1:42'59"
Hesohalf2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「勝負靴」購入(3足目)

Adizeromana7
ナンだカンだで気がつけば、早くも年の瀬12月・・・となれば、人間様が走るランニングの方はシーズン真っ只中ということで、この度久々に大会用シューズを新規導入。
今回は先の「淀川市民マラソン」受付会場に併設された物販コーナーにて買い求めたセール品、アディダスの「adizero Mana 7」。これまでの勝負靴「アディゼロ・じゃっぱぁ~ん」よりはややお安めの価格設定なれど、たまたまピッタリのサイズが残っていたのと、他メーカーよりもお買い得感高しの売価レス率に釣られて購入を決定。
で、先週末の30km走で試し履きしてみたところ、コレといって特にモンダイ無し・・・というか、ランニングシューズに関しては、「合う合わん」の印象くらいしかなく、スピードの乗り方とか性能的コトな全く分からん・・・というのが正直なトコロ・・・。
ま、ともかく明後日の「へそハーフ」はコレでイッテみよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

インパクトレンチ バッテリー交換

Impactwrench1
週末のガレージ作業や、出先のサーキット等で日々活躍してくれていたホイールナット用電動インパクトレンチ。早いもので購入以来もう4年半ということもあってか、ここ最近はどうにも調子が悪く、先日のチャオイタリアでも肝心の場面でウンともスンとも動かなくなり、急遽パドックお隣の白段付きHさんのモノをお借りして、危うくその場を凌いだようなコト。
てなワケで、後日修理依頼に訪れた先の購入元「アストロプロダクツ」店員さんの見立てによると、バッテリーの差込部分の金具が、長年の使用でかなりスリ減って痛んでいるとのこと。すかさず折からセール中の同じインパクトレンチのサラ購入を勧める営業トークをシレッとかわしつつ、それでもそのまま帰るのもナンダカナ・・・・ということで、換えのバッテリーのみ新品を購入。で、帰宅後、件の接触不良のバッテリーのケースを開け、すり減ってややへこんでいた接点金具を、マイナスドライバーで裏側からグリグリッと起こし、荒れた表面をゴリゴリッと削ってならして修理完了。
これにてバッテリー2個での使い回し体制が無事完成と相成った次第。時代遅れのニッカドバッテリー、とりあえずはコレで乗り切りマス。
Impactwrench2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014 フロムセブンミーティング

Fromseven2014
昨日の日曜は、28番車の試運転がてら、京都府は嵐山-高雄パークウェイにて開催の「フロムセブンミーティング」を見学に。
早いもので今年もぼちぼちシーズンオフ・・・そんな中、日程が合えばぷらっと気楽に訪れるには丁度よいイベントということで、自身5年ぶりの参加となったものの、寒いながらも冬晴れのお天気に誘われたか、少しゆっくりめで到着した当日の会場、菖蒲池駐車場は既に満員御礼の大盛況。
参加無料、事前申込無しの気軽なミーティングなれば、それもまた致し方無し。ほな折角のドライブウェイ、一通りサクッと走って撤収しますか・・・のつもりが、立ち寄った別の駐車場にてフィアット500の集まりを発見。ナンダカンダで色々話し込んでしまったような次第・・・その節は吹きっ晒しの寒い中、長々と立ち話のお相手いただき、ありがとうございました。また帰りのパークウェイ走行中にも、久々にお見かけするお馴染みのクルマに遭遇すること度々。すれ違いざまに、お互いパッと手を挙げる一瞬・・・込めた思いは、
少し早めの「よいお年を~!!」
Fromseven20142

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「Corsa di macchina a Nagano 2014」公式DVD ティーザー動画

Hillclimb2
28番車も参加させていただいた先日のヒルクライムイベント「Corsa di macchina a Nagano 2014」。その記念すべき第1回大会の模様を収めた公式DVD、ただいま鋭意制作中!!とのことで、そのホンのサワリの部分として公開されているティーザー動画を↓に貼り付けさせていただきました。
「サスガ本職の仕事!!」の一言に尽きる素晴らしい映像にオドロキつつ、当日のエントラントを始め、今回のヒルクライムに関わる様々な方々のため、多大な労力を厭わず制作に携わっていただいているスタッフの皆様におかれましては本当に感謝の言葉もありません。
いや~コレはホンマ、値打ちあるわ~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

シロウト考え、休むに似たり。

Familia5
亡き母親から譲り受けて早5年と半、ヨメ通勤&家族のアシとして今もって元気に稼働中のヨメグルマ「ファミリア」も、いつの間にやら走行10万キロ超。サスガにもうそろそろ各所にお疲れが出てきてもおかしくない頃・・・なんて思っていた矢先、「なんか最近エンジンの調子、ちょっとおかしいねんケド・・・。」とのヨメハンの言。
聞けば、冷間時のアイドリングや発進時に時々エンジンがストールしそうになるとのことで、とりあえずプラグを点検してはみたものの、電極は至ってキレイなもんで、念のため新品に交換したところで、当然の事ながら症状に変化なし。さてはスロットル周りか、エアフロセンサー辺りの不良か?・・・なんていってるうち、ヨメ通勤途中にも頻繁にエンジンがしゃくり出したらしく、こりゃ悠長に構えとられんワということで、いつもお世話になっている「プロバメカニカ」Kやんにお助けコール。
で、早速車を引き取ってもらったのが金曜日の夜で、翌週月曜には完成納車。いつもながらの早ワザに驚きつつ、原因を訊けば、エアフロとスロットルボディを繋ぐインテークのダクトが経年劣化でちぎれてしまっていたとのことで、ナルホドそんなトコからエア噛んだら、そら調子も悪いわな・・・と納得したようなコト。それにしても自らも一度はエンジンルームをそれらしく見渡したりしていたのに、肝心の異常個所はアッサリ見落としていたという、まぁシロートの目なんてそんなモノ。ともかく当初危惧していた大がかりな修理にならずにホッと一息。
そういえばマツダの中心ラインアップとして名を馳せたのは遠い昔、最近は街中でもトンと姿を見かけなくなった「ファミリア」も、いまだ我が家では、その手頃なサイズとキビキビした走りでヨメコドモもお気に入りの一台。
マダマダもうひと踏んばり、頼んまっせ!
Familia6

| | Comments (0) | TrackBack (0)

うっかりミスで煙もくもく・・・。

Tachadapter
先日の「チャオイタリア2014」本番直前、翌日のレースに向けガレージにて洗車・積込、その他モロモロ準備に勤しんでいた時のこと。
この前の点火系リニューアルの際に必要となり、とりあえず仮設置していたタコメーター用の信号変換アダプターのことをフト思いだし、モノはついでとチャチャッと配線の取り回しを変更して移設本設置の作業終了。・・・・したつもりで、タコメーターの動作確認のためエンジンを始動したところ、アレ!?メーター動かんやん?!なんで?・・・とか言ってるうちに、見ればキョーレツな刺激臭とともに、件のアダプターの裏側から大量の白煙がもくもくもくもく・・・。
「あっら~!!こりゃエラいこっちゃ~!!」という予想もしない展開に、慌てて電源を落として配線の再チェック。とはいってもCDIとタコメーターを結ぶ回転信号線にアダプターを割り込ませれば、あとは本体にイグニッション電源を入れ、アースを落とすダケのこと、そんな・・・間違えるハズは・・・・。
あ・・・間違えてマシタ・・・。
改めてよくよく見ればアダプターからタコメーターの回転信号入力用端子に繋ぐべき配線が、誤ってメーターアース用端子に・・・。メーターのアース自体はボディアースできているため、ココには何も繋いでいなかったのウッカリ忘れてしまっていたことに起因する配線ミス。そらショートするのがアタリマエ・・・。だ~!!電源入れる前にチェックしていれば~!!なんて嘆いてみても後の祭り。それでも慌てて電話した購入先の「キノクニ」に幸い同じアダプターの在庫アリということで、あとはタコメーター本体にダメージが及んでいないコトを祈りつつ、即日発送を依頼。おかげでレースにはギリギリで間に合い、どうにか事無きを得たような次第。
やれやれ相も変わらず、進歩の無いことデス・・・はい。
Tachadapter2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2014 | Main | January 2015 »