« February 2015 | Main | April 2015 »

March 2015

貴重な映像、勉強になります。(ユーロカップ2015 Rd.1編)

Hamadacerica2
去る3月8日(日)、兵庫県はセントラルサーキットにて開催された「ユーロカップ2015」EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース開幕戦のウィナー「RSハマダ TA22 ケンちゃん セリカ」H社長の決勝車載動画が、お店のHPにある動画コーナーで公開されているのを先日発見。映像のほぼ全編に渡り28番車の走行中の後姿が映し出されていることもあり、早速H社長のご承諾の下↓に貼付させていただきました。2番グリッドからの決勝スタートに始まり、ポールスタートの28番車を抜き去るまでの、自分にとってはホント勉強になる貴重な動画をアップいただき、ありがとうございました。
ま~それにしても今後に向けての課題満載の映像ですな・・・コレハ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2015 GSSジャンボリー IN SUZUKA Rd.1にエントリー

Gsssuzuka4
来る4月29日(水・祝)、三重県は鈴鹿サーキット・フルコースにて開催のスポーツ走行会、「2015 GSSジャンボリー IN SUZUKA Rd.1」にエントリー。
普段の「並んでよーいドン!!」とはまた別のお楽しみということで、キッタハッタは置いといて、自分なりのペースで目一杯、ただただフリーで走るだけでも(・・・というか自分の場合はむしろコチラの方が)恐ろしくも充実感タップリ、サイコーに楽しい鈴鹿フルコース。またそんな屈指の難コースで挑む、数年に1度の自分へのチカラ試しという意味も込めての「GSSスズカ」。
前回は涙、ナミダの涙雨・・・どうか今年はお天気に恵まれますように・・・。

| | Comments (0)

純正ヘッドガスケットへ・・・。

Racemae
今年初めの還暦レース大会で発覚した28番車ナゾの冷却水の減り
その後の観察の結果、現状使用しているメタルヘッドガスケット特有のエンジンブロック外へのクーラント漏れの痕跡など、当初想定内の原因らしきモノが何個所か散見されたものの、その他は特に異常なく、とりあえずしばらくは様子見となっていたようなコト。
ところが先日のユーロカップ開幕戦前の「柳原メンテナンス」点検入庫で、エンジンオイルへのクーラント混入が発覚したとあってはそんな悠長なコトは言っておられず、急遽シリンダーヘッドを下ろしての原因究明をお願いすることに・・・。とにかく一番の心配は、昨年大修理を経験しているシリンダーヘッドへの亀裂発生等による水漏れ、ただこれについては目視の限りでは幸いにして大丈夫とのことで、今回のエンジンは圧縮比もそう高くないこともあり、当面は水密性ではまず心配のない純正ヘッドガスケットへの交換で対処することに相談の上決定。
で、当日のユーロカップ走行後のパドックではモチロンのこと、念のため自走でのガレージ帰還後も、再度クーラント量を点検したところ、特段の減りは確認されずでヤレヤレほっと一息・・・いや~ホント助かった・・・。ただよくよく見れば、ウォータージャケットのエア抜きプラグのトコから、まだホンの僅かながら漏れがあるようなので、コレについてはまた後日対策ということで・・・。
Reservetunk

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お昼休みは「COPPA DE HIMEJI」

Coppadehimeji
先日の「ユーロカップ2015開幕戦」では、いつもの各種レース予選・決勝の合間のお昼休みの時間帯に、クラシックカーによるツーリング&タイムラリーイベント「コッパ ディ 姫路」参加車輛によるセントラルサーキットのデモ走行あり。
公式HPにも「走る自動車博物館」と銘打たれているとおり、突如セントラルサーキットのパドックに次々とその姿を現した往年の珠玉の名車の数々は、当日のユーロカップ参加者の注目のマト。で、そんな中の1台「アルファロメオ1900」(ですよね?)の運転席に、いつものヒストリックカーレースでは28番車の天敵でもある白スパイダーMさんの姿を発見。「あれ~っ!?今日はコッチなんスか?!」てなコトで、絢爛豪華なデモラン前のひととき、コチラはパドックにてお昼のカップ焼きそばなどを掻き込みつつ、大きく手を振ってのご挨拶。それにしても助手席の奥様と二人してホント楽しそうなご様子で、いつものレースでのアグレッシブな印象とは全然違う一面を垣間見させていただいたような次第。
まぁ一口に「旧車趣味」といっても、イロイロな世界がありますデス、はい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ユーロカップ2015 Rd.1 決勝車載映像

Eurocup20153
前回の予選に続き、先日の「ユーロカップ2015」EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース第1戦、決勝車載映像(↓)。
ポールポジションからのスタートをナントカ無難にまとめ、とりあえずは先頭キープの序盤戦。背後にはピッタリ「RSハマダ TA22 ケンちゃん セリカ」H社長は当初の予想通り。その気になれば明らかにいつでも抜ける体勢なのは、ベタ付けで追われている本人がイチバン分かるワケで、まぁそれでもレースのハナっからは来はれへんやろ・・・ということで、普段の走行ラインでしばらくは様子見。いずれドコかで前に出られた後の1、2周を今回の勝負所と想定し、淡々とラップを重ねる前半戦・・・。で、そんな自分なりの作戦で迎えた後半5周回、前を行くダルマセリカのワンテールにナントカ喰らいつかんと目一杯ガンバッテはみたものの、コンマ8秒強のベストラップ差はいかんともしがたく、終わってみればトップとは3秒049差の総合2番手にて無事完走というリザルト。
残念ながら今回も注文通りに軽~くヒネられたっちゅうトコ・・・次こそはもうチョットでもネバるぞ~っ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ユーロカップ2015 Rd.1 予選車載映像

Eurocup20152
先週末、兵庫県はセントラルサーキットにて行われた「ユーロカップ2015」EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース第1戦の予選車載映像(↓)。
毎度恒例、予選では真っ先にコースインしたはいいものの、直後の1コーナーにていきなりスピン・・・。いやはやコッ恥ずかったのナンのって、後続の皆様にはその節は大変ご迷惑をおかけいたしましたデス・・はい。で、気を取り直しての仕切り直し、雨上がりの朝イチということで、最終コーナー立ち上がりの水たまりや、立体交差下にビミョーなウェット部分が残ってはいたものの、その他はほぼドライ路面にてベストラップは4周目の1分36秒437。続く最終5周目も途中までイイ感じだったにもかかわらず、山の上フルターン進入のブレーキミスでコースアウト・・・。
スピンに始まり、コースアウトで終わる・・・なんともバタバタな予選タイムアタック走行でアリマシタ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ユーロカップ2015 Rd.1 お疲れ様でした!

Hamadacerica
前夜来の雨も明け方には無事あがり、曇り空ながらもマズマズの天候の下行われた「ユーロカップ2015」開幕戦は一昨日無事終了。お疲れ様でしたー!!
今回の「EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース」の総合優勝は、「RSハマダ TA22 ケンちゃん セリカ」(↑)駆るH社長。予選2番手スタートから注文通り(デショ?社長!)、鮮やかな逆転劇での総合第1位、おめでとうございます。で、分かっていながら、その注文通りにまたしてもヤラれてしまった28番車(↓)。思えば予選グリッドから昨年の開幕戦とまったく同じ展開、そのポールポジションから今年こそはナントカして逃げおおせんと、自分なりに策を弄してガンバルも残念ながらチカラ及ばず、終わってみれば決勝も昨年と同じく総合2番手にて無事完走というリザルト。
水はけの悪さでは定評のあるセントラルサーキット、雨上がりのウェット部分がビミョーに残る朝の予選では1分36秒台。その後完全ドライ路面となった決勝でもベストが1分34秒台と、タイム的にもいまいちパッとしなかった今回のユーロクラシック。ただここ最近では久々に点火系も水温も気にせず、全くのノントラブルで決勝を走り切れたという1番の収穫に何よりも感謝!ということで、コレを良き兆しと考え、今年も楽しく前向きに頑張ってイコー!!
Eurocup2015

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ユーロカップ2015開幕戦にエントリー

Sidesill
来る3月8日(日)、地元セントラルサーキットにて開催の「ユーロカップ2015」EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース第1戦にエントリー。
ここ最近参加数の減少著しく、昨年の最終戦ではとうとう現行車との混走になってしまっていた「ユーロクラシック」も、昨日受理書とともに送られてきたタイスケによれば、どうやら今シーズンの開幕戦は普段通りの単独開催となった模様。また気になるエントリーリストについては今年も同封は無く、当日のリザルトについても、ここ何年かの慣行となっている後日暗証番号付きのWEBのみでの開示とのこと。いつも思うに、ナゼにそこまで内輪の秘密にせねばならんのか?これでは今後新規にエントリーを計画している人にとっては、一体どんな車が何台くらいエントリーしていて、どれくらいのタイムで走っているのか?を事前に知る術が全く閉ざされていることになると素人考えには思うのだが、果たして主催者「ツーアンドフォー」の真意や如何に?
因みに↑はこのシーズンオフにようやくお願いできた永年の懸案事項、ボロボロに腐ったサイドシルの板金修理、遂になるの図。コレで少しはシャキッとしたボディが、見事サーキットでのタイムアップに繋がるか!?・・・どうかはコレまた別問題なのではゴザイマスガ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第35回篠山ABCマラソン大会 お疲れ様でした!

Sasayama20152
朝イチから終日、生憎の冷たい雨に見舞われた「第35回篠山ABCマラソン大会」は一昨日無事終了。お疲れ様でしたー。
自身40代最後のフルマラソンは、初めての完全ウェットレース。冷たい雨に打たれ、低体温症でリタイヤされる方も多々おられた中ということもあり、記録は残念ながら自己ベストには遠く及ばなかったものの、それでもナントカおかげさまでの無事完走。今にして思えば、スタート地点から雨除けと保温のために羽織っていたビニール合羽を、結局最後まで捨てずに走り切ったのが大正解。それでもゴール直後は両手指が全く動かず、更衣テント内での着替えにも往生したホドで、もし普段の大会の格好で走り出していたら後半どうなっていたことやら・・・。また同じ篠山マラソンを走られた「ますけん」さんにスタートまでの待ち時間、ヒーターの効いた車で暖をとらせていただけたのも、寒い中本当に助かりました。ゴール後は近場の銭湯にでも・・・なんて誘い合っていたにもかかわらず、あまりに冷たい雨風の中ではお互いとてもそんな余裕もなく、「と、とりあえず今日は帰りましょう・・・」と電話連絡を入れた後は、とにかく一刻も早く暖房の効いたトコへ・・・とホウホウの態にて帰りのマラソンバスに転がり込み、早々に会場を後にしたようなこと。
てなワケで、慰労会はまたの機会に改めて・・・。

第35回篠山ABCマラソン大会
未登録男子:1083位
記録:3時間45分39秒
Net:3時間41分42秒

GPSウォッチ(Net手元計測)
1k 5'57"
2k 5'20"
3k 5'19"
4k 5'14"
5k 5'09"
6k 5'06"
7k 5'09"
8k 5'08"
9k 5'09"
10k 4'59"
11k 5'08"
12k 5'04"
13k 5'11"
14k 5'01"
15k 4'52"
16k 5'12"
17k 5'10"
18k 5'11"
19k 5'09"
20k 5'09"
21k 5'17"
22k 5'09"
23k 5'09"
24k 5'14"
25k 4'45"
26k 5'14"
27k 5'15"
28k 5'01"
29k 5'16"
30k 5'11"
31k 5'13"
32k 5'06"
33k 5'04"
34k 5'09"
35k 5'08"
36k 5'09"
37k 5'03"
38k 5'10"
39k 5'05"
40k 5'08"
41k 5'06"
42k 5'11"
42.90k 4'36"
total 3:41'41"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2015 | Main | April 2015 »