« April 2015 | Main | June 2015 »

May 2015

エイプがウチにやってきた。

Ape
かねてから懸案の「休日のアシ」導入計画。保管場所、維持費、所有免許等の諸条件から「原付2種」は必須、さらにできることなら初心者にも扱いやすい4stミッション車ということで、まず頭に浮かんだのが、いつもお世話になっている「柳原メンテナンス」Jr.が以前乗っていた「ホンダ・エイプ100」。聞けばこちらも歴代ヨメグルマでいつもお世話になっている「プロバメカニカ」Kやんに売却済みとのことで早速連絡。「それやったら買うた値段でイイよ~」とのありがたや・・で、ついでに実費にて一通りの整備点検をお願いし、この度めでたく購入納車に至った次第。
ただマニュアルミッションのバイクに関しては、仲間内皆が運転を覚えた10代の頃は、こちとら乗り物に全く無縁のバンド人生だったため、その後すっかりオッサン化した10年ほど前、スクーター通勤用にと通った教習所で教わったコトなどスッカリ忘れてしまっており、まぁその運転のぎこちないコトといったら・・・。なので車道の左端をトコトコと、時折後方で痺れを切らした原チャリのオバチャンに追い越されたりしながら悪戦苦闘・・・でもなんか・・・なんか楽しい!!・・・てなワケで、せめてもう少しスマートに乗ることができればと、周りのバイク乗りの方々に会えば手当たり次第に教えを乞うているようなコト。
そんなこんなで遅れてきた「五十の手習い」、はてさてこの先如何相成りますことやら・・・。
Ape1

| | Comments (2) | TrackBack (0)

「SUZUKA SOUND OF ENGINE 2015」に、ロメオのF1来なかった・・・。

Soundofengine3_2
昨日の日曜日は「SUZUKA SOUND OF ENGINE 2015」観覧のため、三重県は鈴鹿サーキットまで。
「心に残るあの音を、鈴鹿でふたたび」・・・と銘打たれたこのイベント、数々の栄光の歴史を飾った往年の貴重な2輪・4輪マシン達による、デモランや模擬レースを見せていただけるということで、中でもお目当ての1台が↑の「フェラーリ F187」。ナンといっても28番車のゼッケン由来のひとつ、往年のフェラーリ2ndドライバーのカーナンバー(因みにもうひとつは偉大なる昭和の大投手の背番号デス)、加えて自身初のF1観戦となった’87鈴鹿ウィナーとなれば、コレはゼヒもう一度ナマで観ておかなくては・・・となったようなコトで、当日は飯田章選手による模擬レース走行等もあり、その姿、懐かしいサウンド共に堪能させていただきました。
そんでもってこの日最大級の期待の1台はモチロン「アルファロメオ179C」。ナンと言いましてもいまだ実物にはお目にかかったことがない「ロメオのF1」。事前のイベント公式サイトで「球根のような独特のフォルム云々」という褒めているのかナンかよく分からん出走マシン紹介を見つけた時から、アナタもう楽しみで楽しみで・・・・昨日は着くなり早速ピットへ直行。で、見つけたのが、アレ?!これF3(↓)やん・・・。
「そうか~っ!ロメオのF3も見せてくれるんか~!」なんて能天気に喜んでいた隣で、見知らぬお客さんがポツリ。
「あ~代わりに持ってきたっていうのがコレね・・・。」
おいおいおいっ!?「代わり」ってどういうコト?!・・・ってヤッパリそういうコトなのね・・・というワケで、名門F1第2期の雄「アルファロメオ179C」は、直前の故障発覚のため急遽来場中止とのこと・・・。故障しとってもエエからせめて持ってきておくれよ・・・なんて思いつつ、実はココロのどこかに予期するものがあったりもして・・・。
いつの日かまたどこかで逢える日を楽しみに・・・だって他ならぬ「ロメオのF1」なんデスカラ!!!
Soundofengine2_2

Soundofengine_2
Soundofengine1_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第18回ミニ・ジャック ヒストリックカーレース決勝車載映像


前回の予選に続き、先日の「第18回 Mini Jack」ヒストリックカーレース/クラス1・2の決勝車載映像(↑)。
予選総合トップのロータス47GTHさんが決勝は別レースとなる「クラスグッドウッド」のため、総合2番手タイムの28番車がポールポジション。・・・なのはヨカッタが、モンダイの苦手のスタートでまたしてもやらかしてしまい、2番グリッドから好スタートを決められたお馴染み白猫#35さん(↓)が先ずは1コーナー手前でトップに躍り出し、さらには前回覇者のロータスエランFさんにも先行を許して、アッという間に3番手というキビしい展開・・・。それでもナントカ続く2周目で挽回し、さぁこれからスタコラさっさと逃げを打とうとした便所裏ストレートエンドのポストにて赤旗の提示を確認。ありゃ~再スタートだよ、コレは~・・・というわけで一旦ピットロードへ引き上げマス。
で、仕切り直しの再スタート。懸命の鬼の半クラで、どうにかポジションキープで飛び込む1コーナー。・・・でもってあとは当初規定の半分となる4周回に短縮された超スプリントでの決勝レース、展開もへったくれもカンケー無しにて淡々とゴールを目指し、おかげさまでのトップチェッカー。決勝ベストラップ1分55秒719はとりあえずは置いといて、まずは結果オーライの今年のミニジャックでアリマシタ・・・。
Minijack35

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第18回ミニ・ジャック ヒストリックカーレース予選車載映像

Minijack20152
先週末、岡山国際サーキットにて行われた「第18回 Mini Jack」ヒストリックカーレースの「クラス1・2」及びバイアスレーシングタイヤ装着の「クラスグッドウッド」との混走による予選車載映像(↓)。
快晴の朝イチ、まだ気温も上がりきらない時間帯となればコレはもうタイム出しには絶好の条件・・・というワケで、勇躍先頭きってコースに飛び出し、目指せ自己ベスト!!あわよくばユメの1分52秒台・・・と懸命に頑張った予選10周回も、残念ながら目標には遥か及ばぬベストラップ1分55秒132にて予選総合2番手という結果に終わる・・・。
改めて今見れば、確かに全般的にダラ~ッとメリハリ無く運転してしまっている感じで、我ながらイマイチ気合いが感じられないというか、覇気が伝わってこないというか・・・。
いかんいかん、コレぢゃ車が可哀そうダ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第18回 Mini Jack お疲れ様でした。

Minijack2015
朝イチから晴れ渡る青空の下、辺りは見渡す限りミニ・ミニ・ミニ・・・のミニだらけ・・・な岡山国際サーキットにて行われた、年に一度のクラシックミニの祭典「第18回ミニジャック」は昨日無事終了。お疲れ様でした~!!
そんな満場を賑わすクラシックミニ&英国車の中、唯一我らイタリア旧車も参加を認められているクラス1・2混走による「ヒストリックカーレース」の総合優勝は、おかげさまで28番車。
ただラップタイム的にはこの日の絶好のコースコンディションを生かせず、予選、決勝を通じて自己ベストには遠く及ばぬ1分55秒台と全くもって振るわなかったにもかかわらず、今回に関してはそれ以外のほぼ全ての展開に恵まれた結果の久々のトップチェッカー。
てなワケで、無念のリタイヤに終わった昨年とはまた逆の意味で身に染みた「レースはチェッカー受けてナンボ」。
まずは結果オーライを素直に喜びたく思いますデス・・・はい。
28minijack2015

| | Comments (0) | TrackBack (0)

明日は第18回 Mini Jack

Minijack20143
いよいよ明日、5月17日(日)は岡山国際サーキットにて「第18回MINI JACK」。
公式ウェブサイト発表のエントリーリストによると、28番車参戦のスプリントレース「HISTRIC class1/1500 Over」には総勢9台が参加予定。うちロータスエラン・フォードエスコートの英国車勢3台に、我らがアルファロメオ6台という車種構成、はてさて明日はいかなるレース展開になりますことやら・・・。
で、気になる明日の岡山県地方のお天気は「晴れ」降水確率0%と今のところは願ってもない予報。願わくばこのまま絶好のサーキット日和の下、明日もまた楽しくレースして、どうか無事に帰ってこれますように・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「休日のアシ」導入に向け・・・

Helmet
Helmet2
かろうじてナンバーは付いているものの、普段のアシとしてはサスガにもうほぼ用をなさぬ28番車・・・だもんで、現状公共交通機関を除く専らの移動手段は、通勤のアシでもある「ママチャリ改」ヨメグルマ「ファミリア」。ただこの休日のヨメグルマ借り出しにおいては都度イサカイが絶えず、とはいえこの上さらに自分専用の3台目のクルマなど到底ムリムリ・・・という状況で考えついたのが、荷物の運搬や全天候性はとりあえず置いといて、今のガレージの空きスペースにギリギリ収まる原付2種の導入計画。
で、早速以前スクーター通勤時代にいただいたヘルメットを久々に引っぱり出してサッパリと掃除したり(↑)、心当たりの車種の寸法をインターネットで調べ、ホントに無理なく28番車のガレージに収まるかどうかを確認したり(↓)・・・。
そんなこんなの連休明けの今日この頃でありマス・・・。
Bikespace

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ミッシヨントラブル・・・

Missioncase
先月末の鈴鹿走行会でのこと・・・キンチョーの連続ながらも楽しいフルコース2本の走行を終え、この日の退出路となっていた東コースショートカット手前で順番待ちをしていたところ・・・。
「アレ?1速入れへんがな・・・。」
仕方なく2速発進でピットまで戻っては来たものの、さぁ帰りはどうしたものか?
幸いチェンジレバーがローギアに入らないコト以外は、特にミッションに異常はなく(なんせたった今まで2~5速をフルに使って気持ち良く全開走行していたノダ・・・)、ここでシロートが闇雲にガチャガチャやって今度は1速から抜けなくなったりでもしたら目も当てられん事態に陥るため、意を決してそのまま1速ギアは使わずに家まで帰ってきたような次第(渋滞無くてヨカッタ!!)。
で、後日早速「柳原メンテナンス」に転がり込み、ミッションを分解していただいての診断は、ワーナーシンクロのコーンリング割れということで、忙しい最中にもかかわらず即日部品を手配していただき速やかに修理完了。
おかげさまで週末のミニジャックにはナントカ間に合いそうデス。
Mission3

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「昭和型ロボ」はオドロイタ!!

Cima
先日タイヤ交換に訪れた、近所の「グランドスラム」の駐車場にて。
隣でボンネットを開けたまま停まっていた日産シーマ(・・・ですよね?)のエンジンルームをフト見てビックリ!
手の入る隙間どころか、ほぼ全面がカバーで覆われていて、もはやナニが入っているのかもよくワカランではないかコレハ・・・。いやはや最近のクルマってスゴイことになっとるのね~・・・なんて思わず感心してしまったような次第。
こりゃプラグひとつ替えるのもタイヘンそうだ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第23回武庫川ユリカモメウルトラ70kmマラソン お疲れ様でした!

Yurikamome2015_2
行楽日和にはチトもの足りぬ曇り空も、ランニングには好都合・・・てな連休ド真ん中の昨日、兵庫県は武庫川河川敷コースにて行われた「第23回武庫川ユリカモメウルトラ70kmマラソン」無事終了、お疲れ様でしたー!!
前回の無念のリタイヤから丸1年・・・今年こそはと臨んだ武庫川河川敷70kmは、おかげさまで制限時間内での嬉しいウルトラ初完走。「とにかくキロ6分ペースでイケるトコまで・・・」は昨年と同じながら、今年はそれに加えて「エイドではガッツリ歩きながら十分に水分&食糧補給」「その代わり他では死んでも歩かない!!」を念頭に、それでもラスト10kmはヘロヘロの歩くようなペースになりつつも、なんとかゴールまでたどり着けたようなコト。
河川敷の10km区間を7往復するコース設定のため、最後のゴールゲートに導き入れるランナーの識別用にラスト7往復目に渡される赤いタスキを見て、最後の応援の声をかけていただける沿道のスタッフの皆様や見知らぬ数々のランニングクラブの方々にどれだけ励まされたことか・・・今思い出しても最後10kmはホンマにシンドかったダケにありがたみもヒトシオ・・・その節は本当にお世話になりました。

第23回武庫川ユリカモメ70kmマラソン
男子50歳代の部:49位/283人中
記録:7時間24分59秒

lap sprit time lap time
10k 1:02"18
20k 2:02"30 1:00"12
30k 3:03"25 1:00"55
40k 4:05"01 1:01"36
50k 5:08"45 1:03"44
60k 6:13"51 1:05"06
70k 7:24"59 1:11"08

GPSウォッチ(Net計測)
1k 6'29"
2k 6'07"
3k 5'56"
4k 6'08"
5k 6'06"
6k 6'01"
7k 6'04"
8k 5'55"
9k 6'03"
10k 5'58"
11k 5'58"
12k 5'52"
13k 5'57"
14k 6'11"
15k 5'54"
16k 5'55"
17k 6'10"
18k 5'59"
19k 6'02"
20k 5'52"
21k 5'56"
22k 6'00"
23k 6'02"
24k 6'08"
25k 6'05"
26k 5'57"
27k 6'04"
28k 6'04"
29k 6'09"
30k 6'05"
31k 6'09"
32k 6'06"
33k 6'06"
34k 6'10"
35k 5'58"
36k 6'05"
37k 6'13"
38k 5'57"
39k 6'09"
40k 6'03"
41k 6'06"
42k 5'58"
43k 6'12"
44k 6'19"
45k 6'08"
46k 6'14"
47k 6'20"
48k 6'19"
49k 6'16"
50k 6'11"
51k 6'26"
52k 6'17"
53k 6'18"
54k 6'25"
55k 6'18"
56k 6'21"
57k 6'34"
58k 6'50"
59k 6'26"
60k 6'34"
61k 6'53"
62k 6'39"
63k 6'39"
64k 7'04"
65k 6'45"
66k 6'55"
67k 7'31"
68k 7'38"
69k 7'19"
70k 7'06"
71.47k 3'14
total 7:22'55"
Yurikamome20151

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2015 GSS ジャンボリー IN SUZUKA Rd.1 車載映像

Gsssuzuka20151
先日行われた「2015 GSSジャンボリー IN SUZUKA Rd.1」Bグループ1本目(上)と2本目(下)の車載映像(↓)。
現行のギア比で臨むのは、ドライ路面では初めてとなる鈴鹿フルコース・・・なので、とりあえずは出たトコ勝負の変速ポイント。この日ばかりは勝ち負け無しの走行会ということで、いつもの予選全開走行時よりやや低い7000回転シフトで、早め早めにシフトアップしていくところまではヨカッタが、肝心の5速最高回転到達区間となる表裏2本のストレートエンドでは、その当初の目論見どうりのMAX7000回転では足らないことが判明。特に最高速の出るメインストレートエンドでは、28番車にとって「ココ一発」領域の7500回転でもまだホンの一瞬だけ「待ち」の時間が出てしまうという・・・あの長~いストレートのFSWでもそんなトコまで回しきれなかったコトを思い出せば、位置エネルギーがもたらす下り坂パワーや恐るべし・・・。
てな具合でやや想定外の事態も交えつつ、年に一度の慣れぬ名うての高速コース、いつものおっかなびっくりな走行ながらも、それなりに大汗&冷や汗かきかき十二分に満喫したような次第・・・で、ベストラップは2本目に出た2分43秒007。
来年も良いお天気に恵まれますよう・・・でもって、次回は目指せ42秒台ダ!

| | Comments (6) | TrackBack (0)

「2015 GSSジャンボリー IN SUZUKA Rd.1」お疲れ様でした!

Gsssuzuka2015
昨年の冷たい雨とは打って変わり、終日晴れの穏やかなサーキット日和に恵まれた一昨日、三重県は鈴鹿サーキットにて行われた「2015 GSSジャンボリー IN SUZUKA Rd.1」は無事終了。お疲れ様でしたー!!
待望のドライ路面では自身6年ぶりとなる鈴鹿フルコース30分×2は、1本目のベストラップが2分43秒333、続く2本目が2分43秒007ということで、とりあえずはめでたく自己ベスト更新とはなったものの、それまでの28番車の進化(?)を考えると、運転手の老化はありこそすれ、タイム的にはもうチョットいっときたかったな・・・というのがホンネのところ。
ただ自分にとっては走ってイチバンに楽しい鈴鹿フルコースは、裏を返せばそのほぼ全てのコーナーが何かあれば即全損という恐ろしいトコロ・・・。
「あともうチョット・・・」のところで来年のお楽しみにしておくのが、分相応の楽しみ方なのかもしれません・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« April 2015 | Main | June 2015 »