« June 2015 | Main | August 2015 »

July 2015

今度は完走「Run&Ride」

Runandride
先週末参加したランニングイベント会場の「播磨中央公園」までの往復は、休日のアシ「ホンダ・APE100」に乗って・・・ということで、前回の神鍋では見事失敗に終わった、ツーリングしてランニングして帰ってくるという「Run&Ride」企画は、2度目のチャレンジにしてようやく無事完走。
今回の行きは受付時間が早朝6時ということもあり、先ずは素直にR176から県道82、17号経由の最短コースで60km弱。で、昼前出発でそんなに急かない帰路はチョット遠回り・・・R372デカンショ街道で一旦トコトコ北上後、前回神鍋でピックアップしていただいたMっちゃんから帰り道にと教えてもらった県道12から602号を通って能勢街道R173を下りてくるというコースをおさらいしつつの80kmチョイ。
途中スピードメーターのケーブルが忽然と抜け落ちるというトラブルに見舞われながらも、かねてよりサイドバッグに仕込んであった応急工具でナントカ対処。それ以外は暑いながらもお天気はサイコー、気持ちの良いミニツーリングとナリマシタ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

グッドモーニングラン in 播磨中央公園サイクルランド2015 お疲れ様でした! 

Gmrun2
先週末の日曜は、兵庫県は加東市の播磨中央公園にて開催の「グッドモーニングsunラン in 播磨中央公園サイクルランド」10kmの部に参加。
真夏の早朝、緑豊かなサイクリングコースを使ってのランイベントということで、暑い中でもまぁ涼しい時間帯での10kmくらいなら・・・と当初は気楽に考えていたところ、実際には結構なアップダウンの連続する周回コースで、いやいやコリャ10kmで十分だわ・・・と連続する登り坂にヒーコラいいつつ、改めて思い直したような次第。・・・てな具合で、ランニングシーズンオフのモチベーション維持としては、短時間ながらもお腹いっぱい楽しめましたデスはい・・・。

グッドモーニングsunラン in 播磨中央公園サイクルランド
10km男子50歳以上の部 第14位(54人中)
記録47分05秒
Net手元計測:49分12秒

GPSウォッチ(Net計測)
1k 5'17"
2k 4'52"
3k 4'43"
4k 4'46"
5k 4'44"
6k 4'53"
7k 4'47"
8k 5'01"
9k 4'55"
9.8k 5'08"
total 49'12"
Gmrun

| | Comments (0) | TrackBack (0)

エアクリーナーの雨対策(暫定版?)

Zentenkou
うっとおしい梅雨が明けたと思ったら、いきなりの猛暑・・・だもんで、灼熱のガレージ奥に鎮座する28番車にモグリ込む気にはナカナカなれず、ツイツイ風通しの良い場所にてまたしてもエイプいぢり・・・。
先日のノーマルエアクリボックス装着がイマイチの結果に終わった、エイプ雨対策の第2弾ということで、近所のバイク用品店にて「全天候型」と称するカバー付の汎用エアクリーナーを購入してチョイ加工。先ずはエイプの場合、キャブレター吸気側が後ろ向きのため、そのまま装着するとモロ進行方向に向いてしまう雨除けカバー開口部の向きを反対にするため、フィルターの吸気側から被せるようになっているカバーを逆向きにして装着。さらに念のため、底になる部分に水抜き用の穴を開け、サイドカバーに干渉しないよう45度エルボのアダプターを介し、やや内向きに取り付けてみるの図(↓)。う~ん・・・ナンカひじょーに吸気抵抗になっていそうな・・・。
で、そんな不安もありつつも、とりあえずは乗り出してみた試運転の結果は、近所を流すくらいなら走り自体には特に問題はなかったものの、巡航中の一定の回転域で、件のカバーが薄手のアルミ製ということもあってか、ぺけぺけぺけぺけ・・・!!という吸気との共振音をたてるのがやや耳触り・・・。
近いうちにもうひと手間、かけてやりましょうかね・・・。
Zentenkou2
Zentenkou1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サイドバッグ風?小物入れ取付

Sidebag
Sidebag1
その便利さに加え、ギアを選びながらトコトコ走る楽しさに、最早休日のアシとして欠かせない存在となっている「ホンダ・エイプ100」。ただ購入当初から認識していたコトとはいえ、車体への荷物の積載能力がマッタクのゼロというのが、やはりあまりにも不便・・・というワケで、先日タマタマ家にあって使わなくなっていた合皮のショルダーバックを再利用して小物入れを制作。
先ずはガレージに転がっているアルミの端材を適当に組み合わせ、↑のようなフレーム状のモノをこしらえ、コレをシートやタンデムステップを固定しているネジ穴などを利用して、車体後部の左側に取付け。そんでもってこのフレームに、肩紐を取り外した先のカバンをぶら下げてサイドバッグ風モノ入れにしてミマシタの図(↓)。
で、ココに自賠責等の各種書類の写しや雨合羽、遠出の際の地図や最低限の工具などに加え、チョットした買物でのコマゴマしたモノも入れておけるようになり、日常の使い勝手がやや向上したようなコト。
コレでちょっとソコのコンビニ行くのにも、いちいちリュック背負わずに済みますデスヨ、はい。
Sidebag2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今再び・・・「FL」が熱い!!

Fl1
ここ数年相方27番車のお手伝い&運転手で訪れているJCCAクラシックカーフェスティバルは、旧車オーナーのための参加型レースである一方、大盛況の「TSレース」など往年の日本のモータースポーツの歴史を「観るレース」という側面も持ち合わせているのが、遥々関西から遠征する我らにとっての楽しみのひとつ。
そんな中、先日の「JCCA筑波サマー」にて初開催の「FLレース」も、自身その昔の中山時代、ウェストジャパンツーリングカーレースを走るFL-Bの物凄い速さを目の当たりにしていただけに、そのさらに以前の最盛期を彩ったFJ360、FL550の競演とあれば、そらもう俄然期待も膨らむっちゅうモノ。当日は小雨のパラつく生憎の空模様にもかかわらず、20台近くのFLマシンが集結。中でもスズキ3気筒搭載車のエンジンが始動するや、けたたましい2スト特有の高周波の排気音と共に、オイルの焼ける朦々たる煙がパドックのソコココからノロシのように立ち上がり、辺りの雰囲気は早くもFL一色に・・・。もちろんホンダ空冷2気筒搭載車もお馴染みのサウンドを響かせ、各車一斉に予選コースインに向かう図たるや、いや~ナカナカにシビれるモノがありましたデスはい。
それにしても40年以上大昔のフォーミュラカーが、こんなにも多数一体ドコで密かに生息していたのか・・・なんて感心しつつ、傍らでフト見かけた、恐らくは往時現役で参戦されていたであろうドライバーとメカニックのおじいちゃんコンビが、悪天候のパドックで忙しそうに立ち回りながらもメチャメチャ楽しそうにしてはった姿が、本当に羨ましくも印象的な光景でありました・・・。
Fl
Fl3

| | Comments (0) | TrackBack (0)

純正エアクリーナーボックス・・・で大苦戦。

Cleanerbox
先般より懸案となっていた休日のアシ「ホンダ・エイプ100」の雨対策のため、これまでの剥き出し式フィルターに代わる、純正エアクリーナーボックス一式を中古にて調達(↑)。
で、早速先週末コレに換装し「う~んやっぱ純正は収まりがエエねぇ・・・」(↓)なんてアタリマエのコトに感心しつつ、イソイソと試運転に出かけたところ、ナント出だしから明らかに調子が悪く、数キロも行かないうちにエンジンストール・・・。その後何度キックを繰り返しても一向にエンジンはかからず、折からの下り坂での押しがけでなんとかガレージまで帰り着いた時点で汗ダクダク・・・。ええ~っ!?エアクリ換えただけでこんなに変わるの!?と呆れつつも、中古とはいえ折角の購入品を俄かには諦めきれず、試しに中身の湿式フィルターを抜いてみたり、ボックスの蓋を外してみたりして何度かトライしてみたものの、結果マッタク変わらず、ことココに至り体力気力とも尽き果て、この日はあえなくギブアップ・・・。
その後汗だくの風体から「風呂上がりか!?」と見間違われたいつもの「柳原メンテナンス」土曜おしゃべり~ズの面々(皆バイク経験豊富)より数々のアドバイスを受け、少しのことでも街乗りレベルで敏感に変化する小排気量バイクへの自らの認識の無さを、改めて知らしめていただく・・・。また居合わせた某元バイク屋の息子より「症状聞いてる限りでは、ソレそもそも燃料チャンと来てるか?」とのことで、一度大雨に晒されたキャブのフロート室や燃料コックなども、念のため分解点検を勧められたような次第。
・・・てなワケで、とりあえずは不調前の現状に一旦戻してから・・・。また勉強し直して再挑戦ダ・・・。
Cleanerbox1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今年は雨・・・のJCCA筑波ミーティングサマー

Jcca2015
先週末は、茨城県筑波サーキットにて開催の「2015JCCAクラシックカーフェスティバル筑波ミーティングサマー」・・・ということで、今年もその「S68/75レース」に参戦する相方27番車のお手伝い。
今回の夏のツクバは朝から生憎の雨模様・・・そんなウェットコンディションでの予選総合7位は、S68-2クラス3番手。さらに続く決勝も雨の中、途中他車コースアウトによる赤旗中断を挟んでの9周+3周の2ヒート、結果は総合8番手、S68-2クラス4位と、常日頃からのツクバ走行経験が圧倒的に少ない我ら遠征組にとっては悩ましい、終始雨量が刻々と変化する不安定な路面状況下での大健闘、ホントお疲れさまでした。
・・・てな具合の2015年JCCAツクバサマー、因みに↓は今回初開催の、往年の和製ミニマムフォーミュラ「FL」(フォーミュラリブレ)による「FLレース」参加車輛と、往路道中の新東名・静岡SAにてバッタリ遭遇の図。丁度それまで積載車を転がしながら、隣の相方27番車との話題で持ちきりだった「FL」がいきなり目の前に現れビックリ仰天。ドラ・メカ共に当初より大注目だったコチラにつきましては、また後日改めて・・・。
Fl27

| | Comments (0) | TrackBack (0)

週末は7月恒例「JCCAツクバ」

Tsukubasummer
今週末の土日は「2015JCCAクラシックカーフェスティバル筑波ミーティングサマー」S68/75レースに参戦の相方27番車の積載車運転手&お手伝いで、茨城県は筑波サーキットまで。
毎年夏と秋、年2回開催のJCCAツクバ、前回秋の「エンデュランスミーティング」では自身の地元レースである「チャオイタリア」参戦のため帯同かなわずだったので、今回は久々1年ぶりのツクバ詣で。昨年より前日の練習走行も行うようになったため、地元大阪からの出発は土曜早朝。自宅最寄駅より始発に飛び乗り、会合地点の駅周辺にてピックアップ・・・その後西名阪香芝SAでトラックのハンドルを引き取れば、あとはタダひたすらに東へ東へと一目散。名阪国道→東名阪→伊勢湾岸→新東名→東名→首都高→常磐と一気に駆け抜ける片道およそ600kmの旅路。
今年もしゃべり過ぎてウッカリ高速分岐を間違えんよう気をつけて・・・楽しく安全運転で行ってきま~す。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大阪×、神戸×で淀川へ・・・。

Yodogawamarathon4
抽選に当たったダケで、完走もしないうちから「おめでとうございます!!」と周りの祝福を受けるのは「東京マラソン」くらい・・・というのは今やもう過去のお話。
その東京マラソン開催をキッカケに始まったランニングブームは、その後一向に衰えることを知らず、こちら関西でも大阪、神戸、京都の三都市の名前を冠した都市型巨大マラソンは、東京ほどではないにせよ、いずれも抽選倍率4~5倍の狭き門。・・・となれば、そりゃ無理もなかんべな・・・というワケで今年の秋のフルマラソン大阪・神戸は昨年同様いずれも落選。慌てて先着順エントリーの「大阪・淀川市民マラソン」に申し込むというのも、これまた昨年と同じパターン。
まぁコレばっかりは縁のモノ、来年2月の東京・京都に期待を繋げつつ、この秋もまた「置かれた場所で咲きなさい」の精神で・・・とか言いつつも正直なトコ、ハーフやその他のランイベントで散々走っているだけに、もう淀川河川敷は飽きちゃったなぁ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2015 | Main | August 2015 »