« July 2015 | Main | September 2015 »

August 2015

マダマダ先の話ですが・・・。

Shimanecco1
そうはいってもヨメハンにとっては、そろそろ考えていかねばならぬモンダイということで、先週末の土曜日は大阪梅田にて開催の島根県「U・Iターンフェア」へ情報収集のお手伝い。
当初予想していたよりずっと広々とした会場は、老若男女のこれまた思った以上の盛況で、各自治体ごとの相談窓口に加え、過去実際にIターン、Uターンされた方々にナマの体験談をお聞きしたり、個別に相談できるコーナーが設けられていたりと、事前にインターネット等で色々調べてはいた当の本人にとっても、わざわざ出向いた甲斐ある有意義なフェア参加となった模様。
それにしても今更ながらに強くする、ナンダカンダ言ってもやっぱ手に職持ってるヤツは強いワ・・・との思い。
50過ぎて何の資格、特技も無い自分にとっては、コリャ到底ムリな相談だわ・・・。
Uturn

| | Comments (0) | TrackBack (0)

フロントウインカー交換など・・・。

Winker4
先日行った純正リアフェンダーへの交換作業の際、取り外したフェンダーレスキット付属のLEDテールランプと、外品の小型リアウインカーもまとめてゴッソリ純正品に戻したため、フロント側のウインカーだけ従来のモノのまま取り残されたカタチとなっていたウチのエイプ。
サスガにこのままでは見た目のバランス的にイマイチと思い、後日中古の純正品を取り寄せチャチャッと交換。ホンダのエイプといえば、4ミニ界では発売以来根強い人気を保つ(最近はそうでも無いか・・・)現行車種とあって、このテの部品がお手軽かつヒジョーに安価に調達できるのは、ホントありがたい限り。また細々した純正部品も当然まだまだ出るということで、経年劣化でボロボロになっていたスピードメーター取付け部のゴム製のクッション台座も、その安さにつられてついでに新品に交換したような次第。
ちなみにいかにも実用一点張りといったもっさりデザインの純正ウインカー、デカいだけあって周りからだけでなく乗ってる本人への視認性も格段にアップ。おかげで初心者にありがちなウインカーのウッカリ消し忘れが激減イタシマシタ・・・。
Winker3

| | Comments (0) | TrackBack (0)

DAD'S CIRCUIT MEETING 「SCENE IN THE '60」テストデイにエントリー

282015
来る9月6日(日)、岡山県は中山サーキットにて開催されるダッヅレーシング主催「第49回 SCENE IN THE’60」に向けてのテストデイにエントリー。
西日本のヒストリックカーレースでは老舗中の老舗として知られる「ダッヅ中山」ということで、昔っから一度は参戦してみたかったレースだったものの、諸般の事情でずっと叶わず、気がつけば20ウン年の歳月が流れ・・・。それがここ最近、同じダッヅレーシングさん主催の「還暦レース大会」に参加させていただいたりしているご縁もあり、この先もうあと何年走れるかも分からない身となった齢50を期に一念発起。
・・・・とはいえ、まぁなんせナカヤマといえば、自身最後に走ったのが今を去ること25年前、KP61スターレットで参戦していた「NCHK」以来・・・。当然28番車での走行経験は全くのゼロとなれば、コレはもう初めてのサーキットに限りなく近いワケで、まずは事前のリハビリ走行も兼ねつつのテストデイから・・・と相成った次第。
そんなこんなの28番車、2015年シーズン後半戦は「四半世紀ぶりの中山」から・・・はてさて如何なるすべり出しになりますことやら・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヨシムラ チタンサイクロンマフラー(機械曲げ)

Muffler1
外観は極力ノーマル風でいきたい「ホンダ・エイプ100」も、コト走りの楽しさに直結するココだけは・・・ということでマフラー交換。
見た目カッコの好みダケなら、スーパートラップ仕様のダウンマフラーということで、以前より各種中古パーツサイトを徘徊していたところ、タマタマ見つけたヨシムラのチタンサイクロン(↑)。新品ではチョット手が出ないお値段(さらに旧エイプ用は既にカタログ落ち)も、これならば・・・と思わせる納得の価格設定に加え、写真で見る限りは程度も良さげ・・・。またネット上での事前リサーチでは、「エイプ100のお勧めマフラーといえばやっぱりコレ!!」的な大定番銘柄として各所で紹介されていることもあり、見た目も大事だけどナンといっても走ってナンボ、コレも何かの縁と、思い切って購入を決意したような次第。ただ中古現状渡しということで、取り付けに必要なステーが欠品しており、コレだけは補修部品としてメーカーにサラを注文。その到着を待って取付作業にかかったところ、部品発注の対応の良さも含め、サスガの有名メーカー品ということで、フィッティングには何らの問題もなく、アッという間に無事完了の図(↓)。
で、早速試運転に出てみたところ、乗り出しの瞬間から分かる乗りやすさ。中低速域から上の方まで、明らかに従前よりトルクフルになっており、「え~っ!?マフラーだけでこんなに変わんの?!さすがヨシムラ!!ありがとう!ポップ!!」なんて驚きと共にいたく感心してしまったようなコト。また当初はやや心配していた排気音も、低音系の落ち着いた音質で、音量も早朝深夜のガレージ前ではやや気を遣うものの、日中はそれほどでもない程度でまずは一安心といったところ。
いつもなら根っからの買物下手が、今回は珍しくエエ買物がデキマシタ・・・。
Muffler2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

リアフェンダーの続き・・・。

Rearfender3
前回の作業で宿題としていた三角マーク表示板の取り付け。
懸案のエイプ50用取付フレーム枠を、中古とはいえマサカ100cc用に買い直すワケにもいかず・・・ということで、とりあえず手近にあったアルミ板を適当な形に切り出し、取付穴に合わせてポップナッターを打ち込んだものを、フレーム枠の後端にリベット留めして取付台座をこしらえる。
しかる後に新品購入価格税込982円ナリの三角マーク付きフェンダーエクステンションを、急造のアルミ製自作台座にボルトで固定。仕上げは違和感なく収まるよう、リアフェンダーとの接合部分をアルミの台座ごと両手で鷲掴みにしてニギニギしながら、うまくフェンダー全体のカタチに沿うようにして無事完成(↓)。
これにて折角フンパツした新品パーツ、なんとかガレージのこやしにせずに済みマシタ・・・やれやれ。
Rearfender4

| | Comments (0) | TrackBack (0)

グッドモーニングラン in 万博記念競技場 2015 お疲れ様でした!

Banpakukinen
お盆休みド真ん中の先週末日曜早朝は、大阪は万博記念競技場にて開催の「グッドモーニングsunラン in 万博記念競技場」2時間走の部に参加。
競技場内の陸上トラックと外周路を組み合わせた1周1.25kmのコースを、制限時間の2時間で何周回走れるか?・・・というお題で、真夏のランニングにはありがたい薄曇りの天候にも恵まれ、当初予定していたキロ5分チョイ切りのペースを比較的楽に維持でき、2時間をキロ5分フラットペースなら24kmのところを、チョイおまけ付の20周回、トータル25kmにて無事完走。
ゴール寸前にチョコッとだけ走れる大阪ハーフを除いては、これだけの距離を陸上トラックで走るのは初めての経験。またそのトラックと外周の荒れた舗装路面を交互に走るコース設定もあってか、走る前から楽しみにしていた専用の陸上トラックは、ベッタリ平面な上に適度にクッションが効いていて、より顕著に走り易さを体感できたようなコト。また走る前後の着替え等は、冷房の効いたロッカールームが使えるなど、立派な競技場で行われる分、ナカナカに値打ちのあるランイベントでありました。

グッドモーニングsunラン in 万博記念競技場
2時間走男子の部 第34位(128人中)
記録20周回(25km) 2時間02分02秒
Net手元計測:2時間01分57秒

GPSウォッチ(Net計測)
1k 5'24"
2k 5'01"
3k 4'48"
4k 4'51"
5k 4'31"
6k 4'53"
7k 4'54"
8k 4'44"
9k 4'20"
10k 5'02"
11k 4'54"
12k 4'47"
13k 4'50"
14k 4'44"
15k 4'48"
16k 5'04"
17k 4'53"
18k 4'45"
19k 4'34"
20k 4'46"
21k 4'58"
22k 4'37"
23k 4'39"
24k 4'34"
25k 4'48"
25.34k 1'33"
total 2:01'57"
Banpakukinen1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

リアフェンダー取付

Rearfender1
ウチにやってきた時点で、すでにリアフェンダーレス仕様になっていたホンダ・エイプ100。当初の見た目としては、その後ろスカスカ感がもたらす軽快な印象を、コレはコレでアリとしていたのだが、「オッサンがのんびりトコトコ走る」というソモソモの購入に至ったコンセプト(そんな大層な・・・)にはやはりノーマルのリアフェンダーが欲しい・・・と思い直し、お盆休みを前にせっせと集めた中古&新品の純正パーツ群(↑)。
で、「いってらっしゃ~い♪」と田舎に帰るヨメコドモを見送れば、早速ガレージにて脱着作業。組み付ける側のモノが全て純正部品ということもあり、作業自体は特に問題なく速やかに完了・・・するハズが、うっかりミスが1件発覚・・・。中古で入手したリアフェンダー一式、外装は皆てっきり共通部品と思い込み、タマタマ見かけたエイプ50用を購入したところ、フェンダーやウインカーを取り付けるフレームだけは100cc用とは別モノと判明。自車が原付2種であることを表示する三角マーク用のパーツを、リアフェンダー後端に固定するためのネジ穴付の台座が、50用のフレームには溶接されていないコトに気づく・・・。
げ~っ!!折角三角マークだけはサラの純正部品取ったのに、このままでは使えんがな!!・・・ということで、とりあえずナンバープレート以外は50仕様の後姿にて当面の仮完成の図(↓)。
まぁナンと言いましても素人作業、ナカナカすんなりとはいかんモンです・・・。
Rearfender2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「第27回HOTDOG大運動会」5時間耐久にエントリー

73spider2014
来る9月20日(日)、岡山国際サーキットにて開催の「第27回HOTDOG大運動会」5時間耐久レースに、今年もベローチェ&スパイダーのロメオ2台体制で参戦される、山陰は「白猫#35」さんチーム・・・・のうちの1台、「73番車」水色スパイダーを担当する耐久ドラの一員として、ありがたくも昨年に続いてお誘いをいただき、今回もお世話になりマス。
真夏の8月開催だった昨年は、途中豪雨降りしきる中、屋根の無い車で、まぁソレはソレで貴重な体験をさせていただきマシタが、9月開催となった今年はできれば爽やかな秋晴れに恵まれますよう・・・。てなワケで、いつまでたっても相変わらずの「永遠の左ハンドル初心者」の28番車、今度こそは左手で思わずドアの内貼りを叩かぬよう・・・無事5時間の完走に向け、シッカリとタスキを繋げることができますよう、精一杯ガンバル所存でゴザイマス・・・はい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

夏の鯖街道ツーリング

Touring3
先日お世話になった夏の滋賀BBQ大会への往復は、今年からチョットしたツーリングも兼ねつつの、休日のアシ「ホンダ・エイプ100」にて・・・。
まず初日の土曜は炎天下の昼過ぎにガレージを出発、R171上り渋滞をジッとガマンの子となって、油照りの京都市街を南北に通り抜ければ、その先は夏山の緑深い「鯖街道」。朽木方面へと続くR371の峠道を、のんびりペースでトコトコ走り、道の駅「くつき新本陣」にて小休止。後は県道23号を安曇川沿いに下って高島市の「フクダオート」までという、片道およそ100kmちょいの行程。
翌日曜日の帰路も、高速道路はモチロンのこと、湖西道路すら通行できない「原付2種」ということで、行きと同じルートにて・・・。ただ帰りの真っ暗な山道は、昼行燈のごときヘッドランプ1個では、老眼持ちの初心者の身にはいささか心もとなく、夕方は少し早めに失礼させていただき、その節は後片付けもせずにスミマセンでした・・・。おかげ様で日没直前ギリギリで京都市内まで辿りつくことができ、また幸い両日ともお天気に恵まれたこともあり、今回の原付ソロツーリングもナントカ無事完走。
ちなみにこの日、満タンで出かけて現地到着後、帰りに備えて念のために給油したところ、ナント2リッターしか入らず・・・こりゃモノ凄い経済性ダ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夏の恒例、BBQ大会

Bbq2015
先週末の土日は夏の恒例行事、滋賀県は湖北「フクダオート」さんでのBBQ大会。
今年も三々五々、ご家族も交えたお馴染みのメンバーが集い、暑いながらも楽しいひととき。また子供たちにとっては、前夜の花火大会に始まり、BBQと湖水浴で散々遊んだその後は、これまた夏の風物詩、お楽しみのスイカ割大会で1日をシメるという充実のメニューは本年も変わらず。
一方おっさんチームの28番車、いつもの雑魚寝前夜祭にて気持ちよ~く飲ませていただいているうちに、またしてもいつも通りの記憶無し・・・。で、翌日はノンアルビールを片手に汗だくの焼肉三昧・・・の後は、うだる様な午後の熱気の中、工場用扇風機の風を浴びつつ、福田さんちの老犬「こじろー」(↓)の傍らにて、同じ様な感じでぐだ~っと昼寝三昧・・・。
てな具合で、今回も正に「喰っちゃ寝ぇ、喰っちゃ寝ぇ」のリラックスしきった真夏の休日でアリマシタ・・・。
Kojiroh

| | Comments (0) | TrackBack (0)

エアクリーナー最終仕様(?)

Aircleaner3
先日来アレコレ試してみているエイプ100のエアクリーナー、お次はコレ。
吸気効率と全天候性の両立を考えれば、できれば濾過面積が広くとれるデカいエアクリを、シート下の雨がかかりにくい場所に収めたく、また折角購入したノーマルのエアクリボックス付属の純正コネクティングチューブを有効活用できるということもあり、選んだのが武川の一番シンプルなフィルターキット。
で、早速取り付けてみた先日の試運転での印象は、巡航から加速時のスロットル開度1/2近辺でややエンジン回転の反応が鈍く、加えてアイドリング時のエンストが頻発。またこれらの症状が、まだ涼しかった往路の早朝に目立って出ていたことから、燃調が全域でやや薄めと判断。・・・てなワケで、帰宅後キャブレターのニードルクリップを3/5段目から2/5段目に1段下げて、その辺を試走してみたところ・・・うん、まずまずの調子と相成ったようなコト。
また見た目の好みもあり、本来は外すよう指定されている純正サイドカバーを装着したままなので、雨天時もよっぽどの降りでなければフィルターの水濡れに関しては、まず大丈夫かと・・・。
とりあえず吸気系はコレで最終仕様としたいトコロです・・・。
Aircleaner4

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2015 | Main | September 2015 »