« November 2015 | Main | January 2016 »

December 2015

2015年度 全リザルト

Noukai2015
年末最後の恒例行事、「柳原メンテナンス」納会も一昨日に終え、今年もアッというまに大晦日。
いつもの皆でワイガヤの年の瀬の一夜(今年は早仕舞い狙いの昼開始が、結局深夜までお邪魔してしまいマシタ・・・)の話題は、今年1年の振り返りというよりは、早くも来シーズンに向けてのパドック心理合戦の前哨戦の様相を呈しての大盛り上がり大会。そんな良く知った仲同士ならではのエゲつないやりとりの応酬に大笑いしながら、自らも懸命にチャチャを入れつつ、今年も1年イロイロあったけどナントカ無事(?)に乗り切って、曲がりなりにもこうしてこの場で笑かせてもらっている有難さを改めて感じ直したようなコト。
そんなこんなの本年ラスト、2015年のシメはやっぱり大晦日恒例「本年度28番車全リザルト」で・・・。
本年もお世話になりました。どうかよいお年をお迎えください!!

還暦レース大会2015
2015年1月11日 岡山国際サーキット(ドライ)
Mbクラス 予選1位(3) 1’53.104  決勝1位(2) BT 1’54.831

ユーロカップ2015 ユーロ&ジャパンクラシックカーレース 第1戦
2015年3月8日 セントラルサーキット(ドライ)
T-2000クラス 予選PP 1’36.437  決勝2位(2) BT 1’34.739

2015 GSSジャンボリー IN SUZUKA 第1戦
2015年4月29日 鈴鹿サーキット・フルコース(ドライ)
Bグループ BT 2’43.007

第18回 ミニ・ジャック ヒストリックカーレース
2015年5月17日 岡山国際サーキット(ドライ)
クラス1 オーバー1500 予選1位(2) 1’55.132  決勝1位(1) BT 1’55.719

第49回 SCENE IN THE 60’s
2015年10月4日 中山サーキット(ドライ)
Mbクラス 予選2位(4) 1’08.699  決勝2位(4) BT 1’08.933

チャオ・イタリア2015 クラシックカーチャピオンレース
2015年10月18日 セントラルサーキット(ドライ)
BT-3クラス 予選PP 1’33.234  決勝1位(1) BT 1’34.168(FL)

ユーロカップ2015 ユーロ&ジャパンクラシックカーレース 第4戦
2015年11月8日 セントラルサーキット(ウェット)
T-2000クラス 予選1位(2) 1’42.393  決勝1位(2) BT 1’42.986

※カッコ内は総合順位 BT→BEST TIME FL→FASTEST LAP

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ガラにもなくサプライズなど・・・。

Kobeairport_2
専門学校在学中の仮採用から数えて8年とチョイ。思えばもう随分と長い間、ウチの職場でいつも元気で頑張っていたヤツがこの年末を期に退職。
単身田舎から出てきて日々懸命に過ごしてきた中で、今回自分なりの区切りをつけ、故郷で新たなスタートをきる決心に、日頃ナンヤカヤと話を聞きつつ、エラそうなチャチャ入れてきたボンクラ管理職ができることと言えば、絵にもならん笑顔で送り出してやるくらいしかないワケで・・・。とかいいつつ、送別会の挨拶は構えたつもりが裏目に出たか、ベロンベロンのテイタラク・・・あまりにも申し訳なく情けなく。
「最後はゼータクして飛行機!とうとう片道切符になっちゃいました!!」
・・・なんて笑う、その出発時間をなにげに脳みそにインプットしておき、ガラにもなく見送りにきた本年最終日曜日の神戸空港。
いやはやエイプで行ったモンだから、寒かったのナンのって・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第2回京都高雄マウンテンマラソン お疲れ様でした!

Takaomarathon
昨日の休日は、京都「嵐山-高雄パークウェイ」にて開催の「第2回京都高雄マウンテンマラソン」に参加。
普段は車やバイクでしか走れないドライブウェイを、この日ばかりはランナーのためだけに開放して行われる、その山岳コースの累積標高差694mから「日本一ハード」と銘打たれたハーフマラソン。自身も何度かイベント参加のため、28番車では何度か訪れたことがある場所だけに、そのアップダウンの激しさは、ある程度覚悟はしていたものの、イザ実際に走ってみるとそのキツさは事前の想像以上。登りはとにかく歩いてしまわぬよう、一足一足タダひたすらに腕振って、下りはそのまま落下するかのごとくバッタンバッタン駆け降りる・・・を繰り返すこと数度。その度にキロ5~6分台と、3(!!)~4分台を繰り返し、均してみればどうにかほぼほぼキロ5分フラットくらいで無事完走。
・・・てな具合で、今更ながら改めて普段何の気なしにお世話になっている内燃機関の恩恵と、これまた普段は全く気にもしない位置エネルギーの存在を身に染みて思い知ったような、そんな2015年のランニング収めでありマシタ。

第2回京都高雄マウンテンマラソン
ハーフ(男子):131位/724人
男子50歳代の部:16位/135人
記録:1時間45分17秒

GPSウォッチ(Net手元計測)
1k 5'57"
2k 5'02"
3k 4'42"
4k 5'29"
5k 5'25"
6k 4'15"
7k 5'41"
8k 3'43"
9k 5'04"
10k 4'38"
11k 3'58"
12k 5'39"
13k 5'19"
14k 5'02"
15k 6'02"
16k 4'41"
17k 5'34"
18k 4'42"
19k 3'53"
20k 5'08"
21k 4'36"
21.16k 0'16"
total 1:44'58"
Takaomarathon2015


| | Comments (0) | TrackBack (0)

年末恒例?「湾岸線・泉大津PAミーティング」

Izumiohtsu2015
一昨日の日曜は、阪神高速湾岸線・泉大津PAにて車好きの朝の集い。
シーズンオフの冬の休日・・・とはいえ、まだ凍結防止剤散布を心配する程でもないこの時期ということで、昨年に続き1年ぶり、この度も年末の回に参加させていただいたようなコト。まぁ朝とはいっても普段のレースの様に「朝4時起きの4時半出」なんてこともなく、家族の朝食当番余裕で済ませば、のんびりユッタリ阪神高速、空港線から大阪市内経由で湾岸線へとトコトコドライブ。当日現地にてお相手していただきました皆様方におかれましては、その節は大変お世話になりました。
またこの日は朝から快晴、夜半からの放射冷却の影響でエエ感じで気温低く、気圧高しの絶好のサーキット日和・・・ということもあり、PAの食堂にてモーニングのトーストなど齧りつつ・・・
「いや~今日は絶対にタイム出てますヨ~!!」
って一体ドコのダレのやねん・・・?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「ちりも積もれば」とは申しますが・・・。

Rearpanel
車重1トン切りで「軽いですね!!」なんて言っていただけるのは現行車の方々だけ。岡山国際サーキット車検場の重量看貫では「ドコがそんなに重いの!?」と呆れられ、「・・・全部デス・・・。」と答えるしかない28番車。
とにかく少しでも軽くしたいと日々考えてはいるものの、それと相反するボディ剛性などについては全くの見識を持たぬシロウトの悲しさ、「こんなとこブッタ切っても大丈夫なんやろか・・・」なんて不安が先にたち、結局はさして大勢に影響のないところを選んで、チョコマカとした穴明け作業でお茶を濁す程度・・・。
先週末の休日も、ガレージにて日がな一日作業して、秤にかけた切り屑、しめて200グラムとチョイ・・・。
と、とりあえずは見た目のドレスアップということにしておこう・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016年レース日程などなど・・・

Kanreki20154
今年も早、師走半ばに差し掛かり、待望の来シーズン2016年の日程がボチボチ出始める今日この頃。
おかげさまでココ最近は28番車の年式・国籍及び改造範囲内で参加可能な旧車レースが、数ある中から選べる状況。さらに自分が走らずとも応援&お手伝いの1軍帯同遠征が年間4戦に加え、さらにさらに運転手本人がエッチラオッチラ走るマラソン大会までを考慮に入れれば、そう足繁くサーキットに通うワケにもいかぬ都合上、ありがたくも楽しみな反面、さぁ来シーズンはどれに出て、どれを見送るかが悩ましいトコロ・・・。
また厄介なコトに、この中で自分としては一番優先度の低いマラソン大会がダントツに締切が早く、やむをえずココを確定してしまってから、どうか同じ日に楽しみなレースが重なりませんように・・・と願うことも、まだ年間日程が出揃わないシーズン序盤はよくあることで、早速来年もここ1、2年自らの開幕戦と位置付けてきた年初の楽しみ「還暦レース大会」が、「2016大阪ハーフマラソン」とバッティングしてしまったのは、残念ながらもやむを得ないところ。
そんなこんなで、現状で知りうる限りの地元開催及び遠征候補の2016年度日程は以下の通り・・・。もちろんこれ以外にも、今後様々な日程が徐々に出揃ってくるであろう来る2016年。相も変わらず身の上は、しがない窓際リーマン草レーサー。
はてさて来シーズンは如何ほどの参戦が叶いますやら・・・。

 1月17日 新春鈴鹿ゴールデントロフィー (応援)
 1月31日 還暦レース大会 (岡山国際)
 3月13日 アイドラーズ・ゲームス (筑波)
 4月 3日 ユーロカップ開幕戦 (セントラル)
 4月17日 GSSジャンボリーin鈴鹿 Rd.1
 5月15日 ユーロカップ第2戦 (セントラル)
        ミニ・ジャック (岡山国際)
 6月19日 アイドラーズ・ゲームス (袖ヶ浦)
 9月18日 ユーロカップ第3戦 (セントラル)
        アイドラーズ・ゲームス (筑波)
 9月25日 GSSジャンボリーin鈴鹿 Rd.2
10月16日 チャオイタリア (セントラル)
11月20日 ユーロカップ最終戦 (セントラル)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Fender MUSTANG BASS

Mustangbass
先週末の日曜は、今年最後の「FULL-COUNT」練習日。
「次回は手ぶらで来るように。」との事前の指令通り、いつもの練習スタジオ入りしたところ、手渡されたのが↑のフェンダー・ムスタングベース。バンマス・テツさんの以前からのオススメの逸品、丁度自分好みのサンバースト色の程度の良い出モノが見つかったとのことで、この日のために持ってきていただいたもの。
通常34インチ(864mm)のロングスケールモデルが圧倒的多数を占めるエレキベース界の中にあって、このムスタングベースは珍しい30インチ(762mm)のショートスケール。そのおよそ10cmの違いはデカく、見て「小っちゃっ!!」持って「軽っ!!」というのが、とりあえずの第一印象。で、早速練習で使ってみたところ、やはりネックの長さからボディから全体的に一回り小さい分、なんせ弾いててラク。特にショートスケール故の各弦のテンションの緩さもあって(さらにウチは半音下げ)、ピッキングの感覚的には、いつものジャズベースと比べれば、ホント軽~く撫でる様に弾くくらいで丁度良い感じ・・・てな個人の感想はともかく、肝心の出てくる音の方も概ね好評ということで、今後はコチラをフルカウントでのメイン機材としてありがたく使わせていただくことに決定した次第。
元々エフェクターもな~んも使わず、ストラップにシールド1本とチューナーのみの機材構成な上に、さらにこの度の楽器の小型軽量化も加わり、おかげさまで移動の面でもこれまで以上に楽になりそうデス。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「FULL-COUNT」 ライブ映像 at CHICKEN GEORGE

Chickengeorge1
先月の22日(日)、神戸三宮のライブハウス「CHICKEN GEORGE」にてオープニングアクトを務めさせていただいた、28番車の所属するおやじバンド「FULL-COUNT」のライブ映像(↓)。
当日客席の定点設置カメラにて撮影していただいた映像を、まことに勝手ながら自分たちの出番時間だけ編集させていただきました。いくつになっても人様の前での演奏は、いつも緊張で舞い上がってしまうのも含め、普段の生活にはない非日常の体験をさせてもらえる楽しい時間。
よろしければご笑覧のホド・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

燃料携行缶ノズル交換(2本目)

Keikoukan
先日の今シーズン最終戦終わりの帰り支度中、いつものように自走での帰路の燃料を携行缶から補給しようとしたところ、給油ノズルの蛇腹部分からポッキリ・・・。とりあえずその場はガムテ補修で急場をしのぎ、後日近所のホームセンターで新しいノズルを調達したような次第。
車輌側の燃料タンク位置の関係上、手持ちのジョウゴを介してはいても、ノズルを急角度で折り曲げるようにして給油するため、経年劣化で硬化したノズルは、気をつけてはいても、どうしてもポキリと逝きやすく、ある程度は消耗品との割り切りが必要となるのは無理からぬコト。・・・とはいえ、それにしても今回ばかりはツイこの前サラに替えたはず・・・と思って調べてみたら、ナント11年も前の出来事デシタ・・・。
こりゃ十分に「耐久消費財」だわ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2015 | Main | January 2016 »